男性化粧品

男性のニキビと吹き出物って何が違う?保湿や化粧品で対策できるの?

男性にはオイリー肌である人が多いですが、その分ニキビや吹き出物で悩んでいる人も多いはずです。
男性の肌の悩みで一番多いのが、このニキビをはじめとした吹き出物に関する点でしょう。
そんな肌荒れの原因と、スキンケアでの対策でしっかり予防しましょう。

男性のニキビと吹き出物って何が違うの?

まずは、ニキビと吹き出物の違いについて観ていきましょう。

思春期のニキビ

ニキビは10代の思春期、成長期に多くできるものです。

特に皮脂がたくさん分泌されやすい鼻や胸元といった部位にできやすいです。

思春期の頃は成長ホルモンの分泌が活発になるので、皮脂量も多くなります。

皮脂が多く分泌されすぎると毛穴からしっかり排出できないまま残るものもあるため、それがニキビとなります。

ニキビは思春期が終わる頃には自然と少なくなると言われています。

吹き出物は大人ニキビに分類される

一方吹き出物は大人になってからできるものです。20代以降にできる大人ニキビのことを指しています。

吹き出物はフェイスラインにできやすく、あごから頬にかけて目立つようになります。

そして、吹き出物は繰り返しできやすいという特徴を持っており、できる原因としては皮脂量ではなく肌の乾燥と言われています。お肌が乾燥して固くなることで毛穴がつまり吹き出物となります。

大人ニキビの中にも段階別に分かれる

吹き出物とは大人ニキビのことを指していますが、ニキビの症状によって段階が分けられます。

初期ニキビ

男性ホルモンのバランスの乱れやお肌のバリア機能の低下によって毛穴が固くなり収縮している状態です。

角栓によって毛穴が塞がれてしまい、皮脂が溜まりやすくなっています。

ただ、この初期ニキビについては目で見て気づくのが難しいと言われています。

白ニキビ

白ニキビになると皮脂が毛穴に詰まりやすい状態から徐々に溜まり始めている状態に変わります。

コメドという呼ばれ方もされ、目で見てニキビとわかります。

黒ニキビ

黒ニキビになると詰まっていた皮脂が顔を出し、空気にさらされることによって酸化して黒くなっている状態を指します。

黒ニキビも、まだ初期のニキビと考えて良いとされているので白ニキビと同じように対応していくことになります。

赤ニキビ

赤ニキビは炎症を起こしているサインです。

この赤ニキビを放置していると、ニキビ跡となって残りやすいです。炎症を抑えるために皮膚科で薬を処方してもらうのが一番です。

黄色ニキビ

赤ニキビがさらにひどくなって中に膿が溜まっている状態です。

重症のニキビとなるので、皮膚科を受診して薬を処方してもらうしかありません。

ニキビ跡ができる確率も赤ニキビに比べると高くなるので要注意です。

紫ニキビ

紫ニキビになると炎症が最悪の状態にまで到達していることになります。

毛穴の中に膿だけでなく血も混ざっている状態で、跡となって残る確率が非常に高くなります。

ニキビ跡(クレーター)

ニキビが悪い段階へ進んでいけばいくほど、ニキビ跡がクレーターとなるリスクが高まります。

クレーターになってしまうと治療を受けない限り、自然には治ってくれません。

一番ひどい状態とされる紫ニキビを放置していると、このクレーターとなりやすいです。

ニキビや吹き出物ができる原因は?

ストレス

ストレスは何においても悪影響な存在ですが、ニキビなどの肌荒れも招きます。

強いストレスを感じることでホルモンバランスが乱れて、アンドロゲンというホルモンが分泌されるようになります。

このアンドロゲンによって皮脂量が増加するためニキビができやすくなります。

睡眠不足

睡眠不足になると成長ホルモンがきちんと分泌されなくなります。

これによってお肌のターンオーバーが正常に行われなくなり、きちんと排出されなかったものが蓄積され吹き出物となります。

脂っこい食生活やファーストフード

食生活は吹き出物に大きな影響を与えます。吹き出物の原因や皮脂です。

食事で脂っこいものやファースフードを多く食べていると、その分たくさん脂を摂取することになります。

食べ物によって皮脂が過剰に分泌されてしまうために吹き出物ができやすくなるので悪循環です。

オイリー肌による皮脂分泌

肌質には個人差がありますが、オイリー肌である人は通常よりも多く皮脂を分泌していることになるので、それだけ毛穴に皮脂がつまりやすくなり吹き出物ができる傾向にあります。

乾燥肌による皮脂分泌

オイリー肌で吹き出物できるのはイメージとしてわかりますが、その反対に乾燥肌でも皮脂は分泌されて吹き出物の原因となります。

お肌が乾燥すると毛穴の入口が狭くなってしまうので、皮脂が正常に排出されなくなります。

そのため、皮脂や汚れが毛穴に詰まり、吹き出物となってしまいます。乾燥肌でも吹き出物に悩むことはあるんです。

洗顔などのスキンケアをしていない

吹き出物は余分な皮脂や汚れが溜まってできるものです。

そのため、日頃からきちんと洗顔やスキンケアをしていないとできやすくなります。流した方が良い汚れはしっかり取っておくべきです。

ニキビ予防のための生活習慣

バランスの良い食事をとる

脂っこいものばかり食べているニキビの原因になります。

そこで、和食を中心として野菜をしっかり食べてビタミン類を多く摂取するようにしましょう。

ニキビ予防にはビタミンが欠かせません。

食物繊維を食べて便秘解消しておくと老廃物を溜めずに済むので、忘れないようにしましょう。

十分な睡眠をとる

睡眠不足によってニキビはできやすくなるので、たっぷり睡眠を取ってお肌の代謝を促しましょう。

特に夜の10時~2時の間に成長ホルモンが多く分泌されるというので、この時間帯に深い眠りについておくとよいでしょう。

運動をしてストレスを発散

ストレスがニキビの原因になり、運動不足によって代謝が悪くなるので、運動をしてストレスも発散していくとニキビ予防につながります。

代謝がよくなるとお肌のターンオーバーも促進されます。

汗をかいてリフレッシュすることでストレスも発散できるので、運動をして体を動かすようにしましょう。

ニキビ予防のためのスキンケア対策とは?

やさしく洗顔を行う

ニキビを予防する上で大切なのがゴシゴシこすらずに優しくお肌のケアをすることです。

よって、汚れを落とすための洗顔も優しく行いましょう。

洗顔の回数は朝晩の2回にして、しっかり泡立ててからその泡でお肌を包み込むようにして洗いましょう。

そして、洗い流す時に熱いお湯も厳禁です。ぬるま湯で泡が残らないように流します。

化粧水や乳液による保湿でも対策する

洗顔できれいに汚れが落ちたら、保湿が欠かせません。そこで、化粧水や乳液は必ず使用しましょう。

保湿成分であるセラミドやビタミンC誘導体などが入っているスキンケア商品を選ぶと、より保湿を効率よくしてくれます。

化粧水だけで済ませるのではなく、乳液もセットで使うようにしましょう。

まとめ

男性はニキビや吹き出物で悩む人が多いですが、ニキビと吹き出物には違いがあること、原因は肌質だけでなく生活習慣も関係していると言えます。

また、ニキビは悪化すると最終的にクレーターとなるお肌が修復不可能になってしまいます。

そうなる前にニキビの予防を始めましょう。

ニキビ予防には睡眠をたっぷり取る、バランスの良い食事をとる、スキンケアでは洗顔の方法や保湿にこだわるといった点に気をつけてみましょう。

ABOUT ME
toshi
趣味は自然観賞や映画を見ること。 週末に飲むビールが大好きです! nanairoでは主にMen'sの記事を担当しています。