男性化粧品

男性にもオーガニック化粧品はおすすめ?無添加・無香料だと安心なの?

オーガニックという言葉が入っているだけで体に良さそう、安心感があると感じます。

男性向けのコスメもオーガニックと書かれているものが増えてきましたが、オーガニックコスメは実際に人気なのでしょうか?

今回はオーガニックコスメの特徴にも迫っていきます。

オーガニックと無添加って何が違うの?

オーガニックと無添加、どちらも似たような意味合いを持っているように感じますが一体何が違うのでしょうか?ここでは、2つの違いについて解説します。

オーガニックコスメとは?

オーガニックコスメのオーガニックという言葉は有機という意味を示します。

天然のものだけを使用して作られたコスメという意味になります。

自然に存在するものをそのまま使っているという印象を持つとわかりやすいでしょう。

体に優しく、自然由来のものからできているコスメがオーガニックコスメなのです。

オーガニックコスメは天然のものを使用して作られているので、長持ちがしません。

そのため少量で使いきれるコスメがおすすめです。

またオーガニックコスメと言われて100%信頼するのも危険です。

使用している天然成分がアレルギーを起こすものだったらお肌がかぶれてしまいます。

無添加化粧品とは?

オーガニックコスメに対して無添加化粧品はどのように違うのでしょうか?

無添加という言葉から考えて、添加物を使用していない化粧品ということになります。

添加物には防腐剤や着色料などが有名ですが、これによってお肌にトラブルが発生することもあります。

無添加化粧品では添加物は使われていませんが、中には化学物質が使用されていることがあるので注意が必要です。

どの添加物や化学物質が人体やお肌に影響を与えるのか?という、正しい知識を得て無添加化粧品を選ぶようにしたいです。

結局どっちがおすすめなの?

オーガニックコスメと無添加化粧品の比較をしてきましたが、結果的にはどちらが良いのでしょうか?

オーガニックコスメは天然のものしか使っていないのでお肌には安心ですが、アレルギー症状を引き起こす恐れがあったり長持ちがしないというデメリットがあります。

対して無添加化粧品は添加物を使用していないので安心ですが、化学物質は使用されていることがあるので何が含まれているのか自分でも慎重に吟味する必要があります。

よって、どちらにもメリットとデメリットが存在すると考えておいた方がよいでしょう。

100%安心のものは存在しない?

無添加とオーガニックの違いを見てきましたが、両者ともにメリットとデメリットがあり100%全ての人に安全であるとは言い切れません。

そして、安心と思われる言葉でも実は100%安心ではないということもあるのです。

「オーガニック」に明確な定義は存在しないって本当?

今日本においてもオーガニックコスメがお肌や体に良くて安心と言われ店頭に並んでいますが、実は日本にはオーガニックコスメであるときちんと認証する機関が存在しません。

ちなみに、海外にはオーガニックコスメであるかどうかを判断する機関が存在します。

そして、オーガニックと謳っておきながら天然成分を配合しているのはたった1%分で、残りの99%は合成界面活性剤や防腐剤などの化学物質でできているということもあるのです。

ほんのわずかでも天然成分が使用されていることでオーガニックと呼ばれてしまっているので、その真相はわからない部分が多々あるということになります。

そのため、オーガニックと書かれているだけで飛びつくのはコスメにおいても食品においても危険だということを理解しておきましょう。

無添加にも明確な定義が存在しないの?

オーガニックと同じように注目されているものに無添加がありますが、無添加もオーガニックと同じように明確な定義が存在しないのでしょうか?

無添加は合成成分が一切使われていないものと思われがちですが、旧厚生省が指定したアレルギー反応を起こす危険性のある化粧成分を抜いたという意味になるので、無添加だから100%安心とも言い切れません。

無香料=安心というわけでもない

続いて、無香料と書いてあると添加物が使用されていないようだから安心と思われることが多いですが、こちらも安心とは限りません。

無香料は無臭という意味を指しているのではなく、香料が配合されていないということを意味しています。

そのため、無香料と書かれている化粧品でも表示を見てみると、香料の名前が載っていることもあります。

無香料だから安心という考えも捨てて、本当に安心なものを見極められるようにしないといけません。

無添加の旧指定成分と天然成分ってなに?

無添加については旧厚生省が毒性が強いかどうかで成分を判断しています。

そして旧指定成分や天然成分に区分されていくわけですが、この基準や問題点はどうなっているのでしょうか?

旧指定成分と問題点

旧指定成分の前に指定成分について説明します。指定成分は厚生労働省が毒性が強いと判断した102種類の成分のことを指しています。

主にガンや皮膚病を起こすリスクが高いとされている成分が選ばれています。

そして、2001年以降は指定成分も旧指定成分も全て記載するようにと義務付けられました。

しかし、旧指定成分にどんな成分が含まれるのか知らないと、指定成分の中に紛れてしまって本当に危険な成分をチェックすることができなくなってしまいます。旧指定成分が指定成分として認められるためには、その成分によってガンなどの症例が増えた場合に限ります。

そして、数年間のデータを取りながら本当に有毒と判断されない限り指定成分として認定されないという現実もありました。

少しでも危険性のある成分を指定成分として認定したために、本当に体に有害とされている成分との判断がつかなくなり、あやふやになってしまうという事態が起こっているので自分の身は自分で守るようにしないといけません。

旧指定成分以外なら安心なの?

ここまで見ていると旧指定成分以外なら安心ということ?

という話になってきますが、旧指定成分以外の中でも2001年の3月までに指定されなかっただけということだけで、まだまだ危険な成分は潜んでいると考えられます。

こうして考えると化粧品を選ぶ際に何を基準に選べばよいかわからなくなってしまいますが、

  • オーガニックや無添加という言葉の定義
  • 旧指定成分や指定成分という言葉の意味
  • どのような成分なら安心できるのか

ということについては基礎知識として知っておいてもらいたいです。

天然成分とはどのようなものがあるの?

旧指定成分や指定成分に含まれるものを見ているとたくさんあってキリがなくなるので、ここでは天然成分と呼ばれているものをピックアップして紹介します。

①シリカ

シリカゲルとして知られていますが、エイジングミネラルとも呼ばれ私たちの体内にも存在しています。

病気の予防や健康を維持するために欠かせない天然成分となっています。

②プラセンタ

プラセンタは胎盤のことを指しており、生体を支える大切な存在でありお肌の調子を整えてくれる働きもあります。

有害物質が体内に侵入してくるのも防いでくれる、とても重要な成分となっています。

③オリーブ

オリーブといえばオリーブオイルが日本人にとっても馴染みがあると思いますが、スクワランやビタミン類が豊富なのでお肌を保湿してくれます。

さらにお肌への刺激が少なくて済むので、お肌が弱い人にも安心して利用してもらえる成分です。

④スクワラン

スクワランはお肌になじみやすい天然保湿成分であり、化粧品には向いています。

浸透力が高く保湿効果に優れているので、スクワラン配合の化粧品を使用しているとお肌の状態が整ってくると言われています。

⑤シルク

シルクは私たちのお肌と近い必須アミノ酸を含んでいるので、お肌につける際にも相性が良いです。

さらに紫外線や乾燥からお肌を守る力もあるので、天然成分の中でも活用したい成分になります。

⑥アロエ

アロエは昔から重宝されてきた天然成分ですが、今もなお注目を浴び続けています。

傷口につけると回復が早くなり、炎症を起こしているお肌を優しくケアしてくれます。

さらに保湿力にも優れているので、お肌に潤いも与えてくれるとされています。

⑦和漢

和漢はすぐに効果が現れるというものではなく、一人ひとりの状態に合わせてお肌本来の力を感じさせてくれる天然成分です。

有名なものにはドクダミエキスがあります。

抗菌作用に優れたものやお肌をいたわる力のあるものなど、和漢に含まれる植物は信頼できます。

⑧シアバター

シアの木から取れる天然のオイルがシアバターですが、オレイン酸を豊富に含むので保湿力に優れています。

さまざまな肌トラブルにも対応している天然成分です。

⑨カミツレ

カミツレはカモミールのことを指しています。カミツレには保湿をしながらお肌の炎症を抑えてくれる力があります。

そして、日焼けによってできてしまったシミのケアもしてくれる素晴らしい天然成分です。

⑩アルガンオイル

最近聞くようになったアルガンオイルは希少価値の高いオイルで、オメガ6という必須脂肪酸やビタミンE、サポニンなどを豊富に含みます。

そのためエイジングケアには欠かせない成分として注目されています。

⑪蜂蜜

食べてもおいしい蜂蜜はビタミンやミネラル、アミノ酸などを豊富に含み栄養バランスも取れた天然成分です。

保湿力が高いだけでなく、お肌を生き生きとさせてくれます。

毒性判定のある成分にはどのようなものがあるの?

天然成分の次に、毒性判定のある成分にはどのようなものがあるのか紹介していきます。

①アルキル硫酸エステルナトリウム

ラウリル硫酸ナトリウムという名前の方が目にしたことがあるかもしれませんが、歯磨き粉やシャンプー、ボディソープなどに当たり前のように使用されている成分です。

皮膚障害やアレルギーを引き起こす要因になると言われている成分なので、皮膚に使用する際には注意しないといけません。

②アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム

こちらもアルキル硫酸エステルナトリウムと同じように私たちの身の回りに溢れている化粧品や日用品に多く使用されています。

お肌に必要な皮脂までも取ってしまう力があるので、乾燥肌の原因にもなります。

また発がん性物質の疑いもあるので気をつけたいです。

③ポリオキシエチレングリコールモノ脂肪酸エステルPEG

化粧品やクリームなどにはポリエチレングリコールという名称で書かれているケースが多いです。

こちらも発がん性物質の疑いがあり、肝臓や腎臓の機能障害を起こす場合もあるので体には害となると言われています。

④ポリオキシエチレンアルキルエーテルPOER

こちらは保湿剤や乳化剤としてシャンプーや乳液などの化粧品に使用されています。

比較的安全と言われていますが、100%体に安全であるかどうかはまだはっきりと解明されていません。

⑤ジエタノールアミン〈DEA〉、トリエタノールアミン〈TEA〉

こちらも私たちが毎日使用する日用品に含まれている成分です。

摂取をし続けると、体内でニトロソアミンという発ガン性物質を生成する可能性があると言われています。

皮膚や粘膜には刺激が強く、肝臓や腎臓の機能障害を起こすこともあります。

⑥プロピレングリコール〈PG〉

元は工業用の不凍液として使用されていた成分ですが、化粧品や入浴剤などの日用品に乳化剤や保湿剤として使用されるようになりました。

他の有害物質の経皮吸収を促進することもあるので、要注意です。

⑦オルトフェニルフェノール〈OPP〉

化粧品に多く含まれており、防腐剤の役目を持っています。

経皮吸収によって皮膚や粘膜が腐食してしまうことがあり、寿命が短くなるとも言われている成分です。

発ガン性もあるので、できるなら使用したくない成分です。

化粧品を選ぶ時には成分もきちんと確認しよう

化粧品を選ぶ際には成分も1つ1つ細かくチェックしましょう。

カタカナばかりの成分で混乱してしまいますが、中には人体に影響を与えるものも入っています。

化粧品のパッケージに無添加、オーガニック、無香料といったワードが載っていると、それだけで安心と思って選んでしまいがちですが、裏の成分表示を見てみるとそれ以外の成分も多く含まれています。

どんな成分が人体に良くないのか知って、その反対に体に良いと言われている天然成分にはどんなものがあるのかも知識として知っておきたいです。

気になる成分についてはすぐに調べて安全かどうか確認してみましょう。

男性にもおすすめなオーガニックコスメってあるの?

天然成分と毒性の強い有害物質について紹介してきましたが、最後に男性でも使用できるおすすめのオーガニック化粧品ブランドを紹介したいと思います。

HANAオーガニック

HANAオーガニックではクレンジングから美容液、シャンプー、日焼け止めなど体に使用するあらゆるものを販売しています。

そのどれもがオーガニックコスメと言われているので、お肌に安心な成分でケアをしたい時にぴったりとなっています。

自律神経の乱れや酸化、常在菌のバランスの乱れという3点に注目し、私たちの体に本来備わっている自然治癒力を活かしてお肌の再生力を高めてくれるのでおすすめです。

HANAオーガニックの詳細情報

HANAオーガニックの詳細や商品情報は下記の記事で紹介しています。

よろしければご参照ください。

まとめ

オーガニックコスメと聞いて安心してしまいがちですが、オーガニックや無添加、無香料といった言葉の定義や現実を知ると安心はできなくなります。

本当に体に良い天然成分は何なのか、また毒性の強い成分にはどのようなものがあるのかを知っておくことが大切です。

有害物質が含まれたものは私たちの周りに日用品として溢れています。

コスメを選ぶ際にも成分の1つ1つに注目しながら、本当に信頼できるものを選んで使用しましょう。

ABOUT ME
toshi
趣味は自然観賞や映画を見ること。 週末に飲むビールが大好きです! nanairoでは主にMen'sの記事を担当しています。