ドッグフードは国産?それとも外国産がいい??国産ドッグフードおすすめ【3選】

普段自分の口に入る食材に関して、国産か外国産かを基準で選んでいるという人は少なくないかと思います。

食品偽造といった問題が大きく取り上げられる世の中ですし、食の安全性は自分できちんと吟味する必要があるのかもしれません。

一方で、家族の一員である愛犬のドッグフードに関してはどのような基準で選んでいますか?

ドッグフードにも国産・外国産はもちろんありますが、実はそれぞれ特徴や規定が違っているようです。

国産のドッグフード

国産か外国産かでドッグフードを選んでいる人も多いかもしれません。

一方で、私たちの口に入る人間用の食材、特にお肉やお野菜などを選ぶ際、国産であることを重視する人は少なくはないかと思います。

たしかに国産のお肉やお野菜は安全性が高いと考えられており、「国産」と記載されていたり産地がしっかり記載されていたりすると安心もできますよね。

しかし実は、ドッグフードに関していえば、国産のものよりも外国産のものの方が評判を集めているようです。

国産ドッグフードの特徴って?

ホームセンターやペットショップなどで店頭に並んでいるたくさんのドッグフードの中には、比較的安価なものも多くありますよね。

実はこれらの中には、成分表示を詳しく記載せずにあやふやにしているものも多いそうです。

また、こういったものの多くには化学合成添加物が使用されており、ワンちゃんの健康を阻害する恐れもあると考えられています。

一方、国産のドッグフードは原料に穀物を多く使用しているとも言われています。

穀物は私たち人間の身体には重要な意味を持つ成分ですが、犬にとっては必ずしもそうとは限りません。

むしろ穀物を摂取すると、犬に必要な動物性たんぱく質の吸収を阻害してしまうこともあるそうです。

また、犬は穀物をうまく消化できないと言われており、穀物を摂取しすぎると実際に腸内環境を悪化してしまうとも考えられています。

犬にとってドッグフードは毎日のごはんです。

しかしこういった犬の健康によろしくないと言える添加物や成分を多く含むものを食べ続けていれば、体に悪影響を及ぼすこともあることは否定できません。

もちろん国産のドッグフードのすべてにこういった傾向があるわけではありませんが、なかにはこのような声もあるということは確かなようです。

国産と外国産

外国産のドッグフードに比べて、日本のドッグフードは規定が緩いと言われています。

例えば原料として使用しているお肉を見てみても、外国の方が規定が厳しく、人間用として使用できないお肉には認可が下りないといった点などが例として挙げられます。

また、含有されている添加物の名前を記載する必要性なども規定があるようですし、原材料として使用できる素材もしっかりと定められているとか。

このように、基本的には外国産のドッグフードは日本産のものよりも先進国の立場にあると考えられているのです。

一方、外国産のドッグフードとは言っても、あくまでヨーロッパやアメリカ産のドッグフードに限ります。

特に中国産のものは注意が必要です。

というのも、少し前に中国産の原材料を用いたペットフードを食べた犬や猫が死んでしまったという悲惨な事故が起きています。

この時のペットフードの中には悪質な成分が多く含まれていたことが分かっており、この事件が一因となって日本でもドッグフードの安全性の見直しが図られたようです。

そのため、たしかに中国も外国ですが、ここでいう「外国産のドッグフード」という枠組みからは外れているということは頭に入れておいてください。

なぜ外国産のほうがいい?

愛犬家の方々や獣医さんの中には、国産ではなく外国産のドッグフードを推奨している人も多く見受けられます。

これには先述した規定の厳しさのほかにも、主原料の違いが理由として挙がっているようです。

と言いますのも、先ほどちらっと述べたように、国産のドッグフードの中には穀物を多く使用しているものも多く見られます。

これは炭水化物の成分を補うために用いられているようですが、なかにはかさましとして多く使っているものもあるようです。

一方で、外国産ドッグフードの多くは主原料にお肉メインの動物性タンパク質を使用しているそうです。

そもそも犬は雑食系の動物とはいっても、肉食寄りなのでタンパク質の中でも動物性のものが適していると言われています。

このような犬にうれしい成分を多く含んでいるという点からも、外国産のドッグフードを選ぶ人は少なくはないようです。

しかし一方で、国産のドッグフードが外国産のものと比べて劣っているとは一概に言えません。

実際に、外国産のものの中には粗悪品はあるようです。

ただ、全体的に見ると、国産のドッグフードは外国産のものに一歩及ばないという考えがまだ根強いように思えます。

おすすめの国産

外国産のドッグフードが基本的に支持されてはいますが、なかには「国産にできるだけこだわりたい」という人も少なくはないのではないでしょうか。

実は国産のドッグフードには、外国産のものに負けないほど上質なものも多く販売されています。

なかでも、特に安全性、嗜好性を高めながら、原材料へのこだわりが強いドッグフードが支持されているようです。

そこで最後に、特におすすめしたい国産のドッグフードを厳選して3つ、その特徴を合わせて紹介していきたいと思います。

鶴亀長寿

  出典:鶴亀長寿 official

「鶴亀長寿」は、すべて国産の原材料にこだわり、できるだけ無農薬、減農薬で栽培・収穫された穀物を使用して製造されています。

産地は季節によって違うこともあるようですが、たとえば鶏肉は宮崎県産、カツオは鹿児島県産、ハト麦は福岡県産など、原材料地も明確に示されているので安全性も高く評価できると言えます。

酸化防止剤や合成保存料、合成着色料などの添加物は一切使用していなく、放射性物質の検査もクリアしているようです。

口コミの中には、ドライフードを食べなかったワンちゃんでも夢中で食べていた、と言った投稿が見られました。

ドッグフード「鶴亀長寿」ってどうなの?価格は?評価は??

PRIMO

  出典:primo official

「生食に最も近いドライフード」として、原材料や製造法にこだわって作られています。

実際に原材料には多種の生肉を50パーセント以上使用しているほか、フレッシュなバージンオイルを使用し1度だけ加熱することで油の酸化を防ぎ、新鮮さを保っているそうです。

また、熟練のドライフード職人の手腕もあって、低温・低圧で処理することで、栄養価が高い無添加のドッグフードに仕上がっているようです。

ドライフードはベーシックタイプからシニア・ダイエット用まで展開されています。

ドットわん

  出典:ドットわん official

「ドットわん」はドライフードからおやつ、トッピングまで展開している国産ドッグフードメーカーです。

なかでもドライフードは厳選した原材料を使用した「総合栄養食」であり、茹でる、炊くといった下処理を加えたのち低温で仕上げたという、ワンちゃんの消化吸収にも重点を置いた製造が魅力となっています。

鳥や豚、魚などの原材料別に商品を展開しているほか、ミニサイズもあるのでワンちゃんの嗜好性を確かめながらあげることができるのも嬉しいですね。

ドッグフード「ドットわん」ってどうなの?価格は?評価は??

まとめ

いかがでしたか?

国産か外国産かは、愛犬の健康を考える飼い主さんにとって悩みどころではあるかと思いますが、それ以外に原材料や添加物の有無などをしっかり確認することも大切だと思います。

「国産だから」「外国産だから」といった枠組みが絶対に正しいわけではないので、ぜひ一度立ち止まって、他の要素も確かめてから購入を検討してみてください。