ニキビ対策の基本は洗顔にあり!正しい洗い方とおすすめの洗顔料とは?

「ニキビが全然なくならない」「おでこやほっぺにできたニキビの治し方はどうすればいいの?」と、いつになってもニキビに悩まされている人は多いですよね。

そんなニキビができたとき、どんなケアをしていますか?

ニキビの薬を塗ったり、ニキビ用の化粧水を使ったりと、ニキビケアの方法はいろいろありますが、基本は「洗顔」です。

正しい洗顔をするだけで改善することもあるくらい、ニキビ対策にとって洗顔は重要なのです!

今回は、正しい洗顔のポイントとニキビ肌におすすめな洗顔料についてご紹介します。

ニキビが出来る原因とは?

ニキビは中学生や高校生の10代にできる思春期ニキビと20代以降にできる大人ニキビに分かれ、ニキビが出来る原因は様々です。

思春期ニキビはホルモンバランスの変化によって皮脂の分泌が過剰になることで、主におでこを中心とした顔周りにニキビが出来やすくなります。

一方で、大人になってからのニキビは口周りにできやすく、生活習慣の乱れやストレスからホルモンバランスが乱れることによって引き起こされることが多いです。

いずれにしても、なんらかの原因で肌の皮脂が多くなり、皮脂や汚れが毛穴に詰まることでニキビや吹き出物となってしまうのです。

まだ皮脂が詰まった状態であれば、「白ニキビ」や「黒ニキビ」と呼ばれる、ニキビの初期段階の炎症を起こしていない状態です。

しかし、この皮脂が詰まった毛穴にニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖することによって、炎症を起こしたニキビになり、「赤ニキビ」や「黄ニキビ」となります。

一度、炎症を起こしたニキビはなかなか治りにくく、炎症がひどい場合には、赤みや色素沈着、凸凹したクレーターといった「ニキビ跡」になってしまいます。

ニキビ跡になってしまうと、自分の力で治すことは困難になるため、ニキビ跡を消すにはレーザー治療やイオン導入といった治療をクリニックや美容皮膚科で行う必要があります。

ニキビ予防の基本は「正しい洗顔」を毎日行うこと

何度も同じ場所にできて繰り返すニキビやニキビ跡にならないようにするためには、ニキビや吹き出物を作らないようにすることが、一番の対処法となります。

そのためには、ニキビのもととなる皮脂詰まりをなくすために、「洗顔」を丁寧に正しく行いましょう。

皮脂や汚れをしっかり洗い落とすことで角栓をなくし、アクネ菌の増殖を防ぐことができます。

きちんと洗顔をした上での、保湿も重要となります。洗顔をした後は、化粧水と乳液やクリームで肌にうるおいを与えましょう。

背中や首元、デコルテにできたニキビも顔にできたニキビと同じく、「しっかり洗って、保湿をする」といった基本のケアを行うことで、ニキビ対策ができますよ。

正しい洗顔方法とポイント

洗顔がニキビケアの基本といっても、間違った洗顔を行っていては治るニキビも治りません。

正しい洗顔の仕方と洗顔の際に気を付けるポイントについてみていきましょう。

(1)下洗いをする

いきなり石けんをつけて洗顔するのはNG。まずはぬるま湯で下洗いをしましょう。このとき、お湯の温度がポイントです。

オイリー肌のニキビ肌であれば34~38℃くらい、乾燥肌の大人ニキビの場合は30~34℃にします。温度は洗い終わりまで一定に保ってください。

これよりお湯の温度がぬるすぎると皮脂や汚れが落ちづらくなり、熱すぎると皮脂が落ちすぎて乾燥の原因になります。

実はこのぬるま湯での下洗いで汚れの7割はとれると言われ、とても大切な手順なのです。

もし一日に何度も洗顔するという人は、洗顔料を使いすぎると乾燥するのでこの下洗いだけでもOKです。

(2)しっかり泡立てる

次に洗顔料を手に取り、適度に水を加えながら泡立てます。

メレンゲのような、できるだけ細かい泡を作るため、空気を含ませて泡立てます。泡立てネットを使うと簡単にそのような泡が作れておすすめです。

洗顔料をよく泡立てることによって、泡の粒子が細かくなり毛穴に入り込んで余分な皮脂や汚れを取ってくれます。

さらにたっぷりの泡には手と肌との接触をカバーし、刺激を和らげる効果もあります。

(3)Tゾーンから優しく泡で洗う

泡ができたら最初は皮脂の多い額から鼻筋にかけてのTゾーンへのせます。小さな円を描きながら優しく洗いましょう。

その次に頬からアゴにかけて、Uゾーンへ泡をのせていきます。UゾーンはTゾーンにように洗うのではなく、洗顔料をなじませたり、マッサージするようなイメージで洗ってください。

最後に残った目元や口元ですが、ここは皮膚が薄くとても繊細な部分です。そのため泡をのせるだけでも十分です。

泡をのせるときに気を付けたいのがごしごし洗いです。しっかり洗って汚れを落とそうという気持ちは分かるのですが、かえって肌に刺激を与えてしまい逆効果です。

ニキビができている場合は悪化させる原因になり、こすることで剥がれた角質が毛穴に入り込み、新たなニキビの原因になることもあります。

だから泡で洗うイメージで、手が肌に触れないよう優しくなじませるように洗うのがポイントです。

(4)十分にすすぐ

洗顔が終わったら今度はすすぎです。最低でも20回、髪の生え際まですすぐようにしてください。

もしここで洗顔料が肌に残ってしまうと、それがまた肌荒れやニキビの原因になります。洗顔の倍の時間をかけるようなイメージでしっかり行うことが大切です。

すすぐ際も、決してゴシゴシと刺激を与えるのではなく、顔に水をかけるような感じで洗顔料を落としていきましょう。

その後は清潔なタオルで、優しく水気をとります。このときもこするのではなく、ポンポンと軽く叩くようにして水気を取ってください。そして十分に保湿をして、肌の水分を補いましょう。

洗顔料の選び方が大切!おすすめの種類とは?

ニキビができやすかったり、すでに炎症を起こしている場合は、刺激の少ない洗顔料を選ぶ必要があります。「ニキビ用」とされる洗顔料を目印に探してみましょう。

ただし大人ニキビの場合、乾燥によって引き起こされる場合が多いです。

もし洗顔で必要以上に皮脂や潤いが奪われると、肌が過乾燥の状態になり、余計に皮脂を分泌したり、毛穴周辺が過角化してニキビの発生や悪化へつながることがあります。

そのため大人ニキビの場合「汚れをしっかり落とす」「さっぱりした洗い上がり」と書いてあるものには注意しましょう。

洗浄力が強すぎて刺激になる場合があるからです。汚れだけ落として潤いは残せるような洗顔料を使用するのがベストです。

洗顔料の種類はおおまかに分けると、

  • 固形石けん
  • 洗顔フォーム
  • ジェルタイプの洗顔料
  • 泡で出てくるタイプの洗顔料
  • 洗顔パウダー

があります。それぞれの特徴についてみていきましょう。

固形せっけん

固形石鹸は添加物が少なく、油分も少ないので泡切れがいいのでおすすめです。肌がそこまで乾燥していないのであれば、浴用の固形石けんを使っても構いません。

洗顔フォーム

洗顔フォームはチューブ型の容器に入ったものです。ニキビ用のものを選ぶ際注意したいのが、イオウが入っているかどうかです。

イオウには肌を乾燥させる効果があるため、10代の皮脂分泌が活発な思春期ニキビには効果的です。反対に乾燥が原因の大人ニキビの場合おすすめできません。

ジェルタイプ

ジェルタイプの洗顔料はアミノ酸など美容成分が入っているものもあります。中には泡立たないタイプもあります。

肌を傷めず、必要な皮脂や潤いを残して汚れを洗い落とせるようなものを選びましょう。

泡で出てくるタイプ

いちいち泡立てる必要がなく、手軽なのは最初から泡で出てくる洗顔料です。急いでいるときも助かるアイテムですが、界面活性剤や発泡剤などが含まれていることがあるので注意が必要です。

洗顔パウダー

洗顔パウダーも種類が豊富です。肌のタイプや洗い上がりが選べます。洗浄力も強いものから弱いものがあるので、状況に応じたものを使えそうです。

ただし洗顔ネットを使わないとしっかり泡立たないものもあります。洗顔ネットは安価で手に入るので、それを利用したっぷりの泡で洗うようにしましょう。

ニキビ肌へおすすめの洗顔料

オルビス 薬用 クリアウォッシュ

  出典:オルビス

肌のバリア機能を高める紫根エキスや、ニキビ・肌荒れを起こさないようにする甘草エキスなどを配合。100%オイルカットで浸透型コラーゲンやヨクイニンエキスで乾燥からも肌を守ります。

へたらない泡で毛穴の奥のつまりも取り除き、美容成分が角層まで届きやすい状態へ整えます。アミノ酸系洗浄成分なので優しい洗い上がり。

  • 無着色、無香料、オイルフリー
  • アレルギーテスト済み、ノンコメドジェニックテスト済み
  • 120g入り1300円

ロゼット洗顔パスタ アクネクリア

  出典:ロゼット

海泥とガスールのWクレイが毛穴の汚れを吸着、余分な角質を除去。さらに消炎成分のグリチルレチン酸ステアリル、和漢植物配合で肌荒れ、ニキビを防いで潤いのある肌へ導きます。泡立ちはきめ細かく、クリーミーです。大人ニキビ対策にもおすすめ。

  • 無着色料、無鉱物油
  • 120g入り600円

ノブ A アクネソープ

  出典:常盤薬品

肌に必要な潤いは守りつつ、ニキビの原因となる余分な皮脂や汚れをすっきり洗い落とすニキビ専用の固形石けんです。肌荒れを緩和するグリチルリチン酸2K、オウバクエキスを配合。

無香料、無着色、オイルフリーの低刺激処方なので、敏感肌の方にもおすすめです。

  • ノンコメドジェニックテスト済み
  • 70g入り800円

ジェントルスキンクレンザー

  出典:セタフィル

ジェルタイプの洗顔料。泡立ちませんが、優しい感触で肌に負担をかけず汚れだけを落とします。必要な潤いはしっかり残すので、ツッパリ感のないしっとりした洗い上がり。

無香料、低刺激性なので敏感肌でも使いやすく、健やかな肌へ導きます。

全身にも使え、大容量なところがうれしいですね。

  • 473mlで2450円

ファーストクラッシュ

  出典:エイボン・プロダクツ

中学生や高校生をはじめとした思春期ニキビに悩んでいる人に人気のファーストクラッシュ。

「洗顔」「保湿」「トリートメント」がセットになった3-in-1といった新発想の洗顔料となっております。

部活や勉強で忙しくても、この一本さえあれば、洗顔と保湿いったニキビ対策の基本を行うことができます。

また、スキンケアが面倒だとおもっている人や普段スキンケアをしない男性にもおすすめです。

スクラブなしの低刺激タイプとなっていますので、ニキビが出来た肌や敏感肌の人も安心して使えます。

  • 無着色、ミネラルオイルフリー
  • 180g入り3,714円

まとめ

何度も繰り返しますが、にきびを予防するためには何よりも「洗顔」が大切です。

ただし、汚れを落とそうと思ってごしごし洗うのは厳禁。洗いすぎは必要な油分まで奪ってしまい、乾燥してかえってニキビや肌荒れの原因になることもあります。

今回、お伝えした洗顔方法と洗顔料の選び方を参考にし、毎日の洗顔をより効果的なものにしましょう。

そして、基本のニキビケアに加えて、十分な睡眠をとったり、バランスのよい食事を摂ったりするなど、生活習慣の改善も心がけ、内面からもニキビ予防をしていきましょう。