10代の思春期ニキビに人気の化粧水は?ドラッグストアでも買える?

10代思春期ニキビにおすすめの化粧水ランキング!ドラッグストアでも買える?

ニキビが治らないせいで

  • 外に出るのがはずかしい。
  • どうしてこんなに頑張っているのに治らないんだろう。
  • 自分のケアは何が間違っているの?

と、気持ちが落ち込んでしまいます。

10代のころにできる思春期ニキビは青春のシンボルと言われますが、実際に悩んでいる身からしたらそんなことどうでも良いですよね。

ストレスを溜めてはいけないとわかっていても、勉強に部活に忙しい中学生や高校生の学生生活の中でおでこや鼻にできるニキビはあるだけでストレスになってしまいます。

 

そんな思春期ニキビをケアしたい人は、毎日のスキンケアがとても重要です。

ここでは、思春期ニキビをケアする化粧水の選び方や使い方に加え、10代のあなたでも買うことができるおすすめの化粧水をご紹介します。

目次 ※クリックで開閉します

思春期ニキビのケアは化粧水の使用が大事

過剰な皮脂分泌によって引き起こされる思春期ニキビですが、毛穴詰まりを解消するためのスキンケアとして洗顔が重要とされることが多いです。

でも、洗顔をすることで肌に必要な皮脂を洗い流していることは知っていましたか?

皮脂は肌の水分を逃さないために必要なものです。

皮脂を洗顔で落とすということは、肌に水分を留めることができなくなる状況になるので、化粧水を使用して水分を補給してクリームで皮脂の代わりに水分を逃さないようにすることが大切になります。

正しく化粧水を使ったケアができるように、まずは思春期ニキビができる原因から順を追って紹介していきます。

思春期ニキビの原因

思春期ニキビの原因は、10代の成長期のころのホルモンバランスの変化によって皮脂分泌が過剰になること。

第二次性徴の時期に成長ホルモンの影響で皮脂の分泌が過剰になるだけでなく、男の子なら男性ホルモンの増加、女の子なら女性ホルモンの1つであるプロゲステロンの増加が原因で皮脂分泌が多くなり、毛穴が詰まりやすくなります。

過剰に分泌された皮脂は毛穴に詰まり、詰まって酸化した皮脂にアクネ菌が増殖して、ニキビができてしまうのです。

 

思春期ニキビの特徴は、もともと皮脂分泌が多いおでこや鼻といったTゾーンにできやすいこと。肌質がオイリータイプの人も出来やすい傾向にあり、多すぎる皮脂は洗顔で適切に落とすことが大切です。

化粧水を使わないと乾燥ニキビになることも

化粧水の役割は肌に潤いを与えること。

洗顔をしたあとの肌は、皮脂がないことで肌から水分が逃げてしまう状態になっています。

そのため、肌に潤いを与えるために化粧水でスキンケアが大切になるのです。

肌が乾燥していると、お肌は肌から少しでも水分を逃さないようにいつも以上に皮脂を分泌してニキビを作るサポートをしてしまいます。

自分がオイリー肌だと思っているあなたも、実は乾燥からくる皮脂の過剰分泌でできる乾燥ニキビと思春期ニキビが重なってできているかもしれません。

化粧水は男子も使った方がいい?

思春期ニキビの特徴として、女子よりも男子の方が悩みやすい傾向にあります。

それは男性ホルモンの働きによって、女子よりも皮脂の分泌が多くなりやすいためです。

だから、化粧水のスキンケアは女子だけでなく、男子もしっかりと行う必要があります。

「スキンケアをしたことがない」という人も多いと思いますが、ニキビを予防するためにはスキンケアデビューをしてみましょう。

思春期ニキビに効果的な化粧水の役割

思春期ニキビに化粧品が必要なことはなんとなくわかったと思いますが、ここからはニキビ専用の化粧水の役割について詳しく紹介していきます。

通常の化粧水は肌の水分を逃さないこと、肌に潤いを与えることを目的として使用しますが、ニキビ専用の化粧水の役割はそれだけではありません。

 

肌の乾燥を防ぐ

洗顔後の肌は皮脂汚れが落ちてつるっとした状態になると思いますが、実は水分が少なく毛穴が開いた状態なのです。

このまま放置をしてしまうと、開いた毛穴にまた皮脂や汚れが溜まったり、肌の乾燥によって毛穴詰まりが起きて、ニキビができてしまう事にもなりかねません。

だから、洗顔後は肌の乾燥を防ぐために、しっかりと化粧水で肌を引き締めて、うるおいを与えてあげることが大切です。

毛穴が引き締まって潤いを与えることで乾燥ニキビ対策にもなります。

皮脂分泌のコントロール

洗顔が終わったあとの肌が乾燥した状態になると、肌を守るために皮脂分泌が過剰になってしまいます。

せっかく洗顔で汚れと皮脂を洗い流したのに、乾燥を防ぐために皮脂を過剰に分泌してベタベタした肌になってしまっては意味がありません。

過剰な皮脂分泌を抑えるために、化粧水で肌に水分を与え、皮脂分泌量をコントロールすることが大切です。

ニキビ菌の殺菌

ニキビケア用の化粧水には、ニキビ菌を殺菌するための有効成分が入っています。

化粧水に含まれた成分を肌に浸透させることで、ニキビ予防ができます。

洗顔料にも殺菌成分は含まれていますが、洗顔は洗い流してしまうので、化粧水を肌にしみこませて、成分を肌の奥に届けてあげることが必要です。

皮脂の酸化防止

毛穴に溜まった皮脂の酸化を抑えるのにもニキビ専用の化粧水は役立ちます。

 

ニキビには様々な種類のものがありますが、押して痛いタイプの赤ニキビと呼ばれるニキビの中には過酸化脂質という酸化した皮脂が溜まっています。

ニキビ専用の化粧水に含まれるビタミンC誘導体などの抗酸化作用(※)を持つ成分は、過酸化脂質の生成を邪魔してニキビのできにくい肌作りのサポートをしてくれます。

※抗酸化作用とは、酸化を防ぐ作用のことです。

化粧水の正しい使い方

思春期ニキビにも化粧水が必要だと分かったところで、化粧水の正しい使い方をみていきましょう。

すでに使っている人も間違った使い方をしている可能性がありますので、再度確認してみてくださいね。

  1. 手のひらに化粧水をとります。
  2. 内側から外側にむかって手のひらで抑えるようにして、顔全体につけていきます。
  3. 指の腹をつかって、目のまわりや鼻のわき、口元など細かい部分になじませます。
  4. 両手で包み込むような感じでフェイスラインや頬になじませます。

このような手順で化粧水のつけ忘れがないように顔全体になじませます。

化粧水をつけるタイミングは朝晩の2回、洗顔後に行いましょう。

化粧水のあとは水分を逃さないケアをする

化粧水を使ったあとは、補給した水分を逃さないためのケアが大切です。

乳液や保湿クリームなどの油分を含んだクリームを化粧水のあとに塗るようにしましょう。

化粧水で肌が水分を補給しても、そのまま放置してしまうとあっという間に肌から水分が蒸発してしまいます。

蒸発してしまうと過剰な皮脂の分泌を促してしまう可能性がありますので、化粧水を付けたあとのケアもとても大切です。

思春期の皮脂が多い時期なので保湿クリームとまではいかなくても、乳液を塗ってから軽くティッシュオフするのがおすすめですよ。

思春期ニキビにおすすめ化粧水ランキング

思春期ニキビにおすすめの化粧水の選び方としては、ニキビ予防と保湿がどちらも行えるものを選ぶようにしましょう。

効果的な化粧水を選ぶポイントは

  • ニキビ用化粧水や思春期ニキビにおすすめされているものを選ぶ
  • オイルカット処方のものを選ぶ
  • 有効成分を含んでいる
  • 無理のない範囲で購入できるもの

の4つ。

自分の肌に合う、使い続けやすい化粧水を選んでいきましょう。

1位:ルナメアAC スキンコンディショナー

ルナメア

価格:2,138円(税込)

容量:120ml

 

ニキビ予防成分「グリチルレチン酸ステアリル」と「トコフェロール酢酸エステル」、うるおい成分をミックスした化粧水。

肌にうるおいを与えながら、ニキビを予防してくれます。

有効成分をナノサイズにして届ける富士フィルムの独自技術「アクネシューター」によっての原因まで直接有効成分が浸透していきます。

ノーマルタイプとしっとりタイプの2種類が用意されていますが、10代の思春期ニキビにはノーマルタイプがおすすめ。

1,080円でお試しできる1週間お試しセットが大変お得なので、使用感を確かめるためにも1度はお試し頂きたいおすすめセットになっています。

 -チェックポイント-

ニキビ予防の有効成分が独自のナノ化技術により患部に届きます。1,080円でのお試しセットでお得感も満載!

2位:オルビスクリア 薬用クリアローション

オルビス

価格:1,620円(税込)

容量:180ml

オイリーでべたつきがちな10代の肌にもおすすめのオイルカット処方の化粧水。

紫根エキスと甘草エキスが肌の調子を整えながら、ニキビのできにくい健やかな肌をつくります。

コラーゲン、ヨクイニンエキス配合の高保湿で、乾燥ダメージからも肌を守ります。

ニキビのできにくいノンコメドジェニック処方となっているのもおすすめポイント。

トライアルセットなら、1人1回限りですが、1,200円(税抜)でオルビスクリアをお試しできます。

-チェックポイント-

ニキビ専用の化粧水の中でも容量が多く、コスパの高さが人気です。

3位:ファンケルアクネケア 化粧水

ファンケルアクネケア化粧水

価格:1,620円(税込)

容量:30ml

ニキビを根本からケアしたい人におすすめの化粧液。

漢植物成分とアケビアエキス配合で、肌バリアを高めるとともに、ニキビ跡による色素沈着も防いでくれます。

肌の油分と水分を整え、肌にうるおいを与えながらニキビのできにくい肌へ導きます。

ノンコメドジェニックで思春期ニキビにも使えます。

お試しセットなら、初回限定1,000円(税込)送料無料でアクネケアシリーズをお試しできます!

 -チェックポイント-

量が少なくコスパはあまり良くありませんがニキビケアに必要な成分がぎっしり詰まった化粧水です。

4位:草花木果どくだみ 整肌化粧水

草花木果

価格:3,024円(税込)

容量:180ml

植物由来成分で肌を整え、過剰な皮脂を吸着してくれる、オイリー肌や思春期ニキビにおすすめの化粧水。

ニキビへの有効成分は「トラネキサム酸」と「グリチルリチン酸塩」を合わせた成分を配合。

さっぱりタイプとしっとりタイプの2種類があり、清涼感がありべたつきやすい肌にはさっぱりタイプがおすすめ。

10日間トライアルセットなら、1,296円(税込)の送料無料で草花木果どくだみをお試しできます!

5位:シーボディ VCローション

シーボディVCローション

容量:60ml/180ml

ニキビや毛穴に働きかける、「最新型ビタミンC誘導体」が含まれたニキビ用ローション。

皮脂分泌を抑えてくれるので、オイリー肌の人にもさっぱりと使いやすく、肌のうるおいをキープしてくれます。

またニキビケア成分の「サリチル酸」や「カンゾウ根エキス」などが含まれているため、肌の調子を整えて、ニキビのできにくい肌へ導きます。

VCスターターセットなら、1,800円(税抜)送料無料でシーボディシリーズをお試しすることができます。

ドラッグストアでも買える!思春期ニキビに人気の化粧水

思春期ニキビにおすすめの化粧水を紹介しましたが、中高生にとっては少し値段がお高めなのが気になるところ…。

おこずかいやバイト代の範囲で買いやすい、ドラッグストアでも買える市販のプチプラ化粧水をご紹介します。

口コミで人気の高いものばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

ナチュリエ ハトムギ化粧水

ハトムギ

価格:650円(税抜)

容量:500ml

天然ハトムギエキスを配合し、肌にうるおいを与えながら、肌トラブルの少ない肌へ導きます。

たっぷりと惜しみなく使える500mlの大容量で650円というコスパの良さが人気の理由。

口コミでもニキビケアにおすすめと中高生に人気なので、一度使ってみる価値ありです。

DHC薬用アクネコントロール フレッシュローション

DHC

価格:1,000円(税抜)

容量:160ml

殺菌と角質を柔らかくする効果をもつ「サリチル酸」が配合された、思春期ニキビを予防する化粧水。

10代のベタつきがちな肌を整え、さらさらとして肌をキープします。

アルコールフリーの代わりにメントール誘導体が含まれているため、さっぱりとした使い心地。

口コミでもオイリー肌が改善され、ニキビが気にならなくなってきたと評価されていました。

ノブA アクネローション

ノブA

価格:1,296円(税込)

容量:100ml

アクネ菌の増殖を抑える「感光素201号」とニキビ予防の「アラントイン」を配合した化粧水。

思春期ニキビ向けに作られたシリーズのため、さっぱりとした使い心地なのにしっかりと保湿します。

無香料・無着色、オイルフリー、ノンコメドジェニックで低刺激な処方となっています。

まとめ

最後に思春期ニキビにおすすめの化粧水について、重要なポイントをまとめてみました。

  • 思春期ニキビは男女ともに化粧水でケアすることが重要
  • 化粧水は朝晩2回と洗顔後に、優しく肌になじませるように行う
  • ニキビケア成分の含まれた化粧水で、乾燥対策ができるものを選ぶ
  • 皮脂を抑制してくれるタイプやオイルカット処方のものがおすすめ
  • ドラッグストアでもニキビケアにおすすめの化粧水を購入することができる
  • 積極的にニキビケアしたいなら、ニキビケアシリーズになっているものがおすすめ

思春期ニキビは10代の学生を悩ませる要因の一つです。

ニキビを予防するためには、毎日のスキンケアでニキビのできにくい肌を作ることが重要です。

洗顔だけでなく、化粧水で肌をしっかりと保湿し、ニキビに悩まない肌を作りましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ