短期・長期?それとも大学・大学院留学?フィリピン留学の種類・費用・ビザ申請について!

フィリピン留学のビザ申請について

留学で必要なのが「ビザ」です。ビザは、外国人がその国で滞在することや、就学や労働などを許可する書類です。フィリピン留学の場合もビザが必要です。

 

フィリピンの留学の場合、語学学校の留学と大学や専門学校などの高等教育機関では、必要なビザが違うので、2つにわけて詳しく見てみましょう。

 

尚、ビザの取得条件などは変わることがあります。ビザの取得などに不備があると留学できなくなることもあります。実際に留学する場合には、在日大使館などで、正確な情報をご自身で調べるようにしてください。

語学留学のビザ

フィリピンの語学学校に留学する場合、基本的には事前のビザ申請は不要です。日本国籍を持つ人がフィリピンへ入国すると、自動的に30日間の観光ビザが発給され滞在が許可されます。

30日の観光ビザの発給条件

入国時に、観光ビザを発行してもらうためには、以下の条件を満たしている必要があります。

 

  • パスポートの有効期限が滞在日数+6ヶ月以上あること
  • 帰国用の航空券又は第三国への出国用の航空券を持っていること
ビザの延長

30日を超えて滞在する場合は、観光ビザを現地で延長します。延長は1ヶ月か2ケ月ごとに行います。手続きは移民局で行いますが、基本的には語学学校が代行して申請してくれます。

 

ビザ延長のための料金は、何度目の延長かによって変わります。1回ごとに約3,000~5,000ペソです。その他に、学校によっては代行手数料がかかる場合があり、大よその相場は200~500ペソです。このビザ延長費用は、回数を重ねると合計で結構な費用になるので、長期留学の場合はこの費用も予算に入れておきましょう。

 

観光ビザの延長で最大1年まで滞在が可能です。第三国へ一度出国した場合は、また30日の自動付与の観光ビザからスタートです。

SSP(Special Study Permit)

観光ビザは「観光」が目的なので、それだけでは語学学校に通うことができません。1日でも、現地の学校に通う場合はSSP(Special Study Permit/特別就学許可書)が必要です。SSPは観光ビザで入国した人の就学を特別に許可するビザです。

 

SSPは、現地到着後に語学学校が代行で申請してくれます。その際に、5×5cmの証明写真が必要ですが、短期の留学でなければ現地で撮影したほうが安いです。一度目は6ヶ月までの許可なので、それ以降滞在する場合は延長で申請します。また、学校が変わるとSSPが新たに必要です。

 

SSPを申請してくれない学校もありますが、そのような学校は政府の許可を受けていない可能性が高く、後々問題が起きやすいです。そのような学校には、通わないようにしましょう。また、家庭教師をつける場合も、SSPは必要です。万が一、SSPを持たずに、学校に通い、摘発された場合、多額の罰金がかかり、国外退去処分になるので必ず取得してください。

 

その他、フィリピンに59日以上滞在する場合には、ACR(Alien Certificate of Registration、6ヶ月以上滞在する場合はECC(Emigration Clearance Certificate)がそれぞれ必要です。どちらも移民局で手続きをしますが、手続きは語学学校がサポートしてくれるのが一般的です。

大学・専門学校留学のビザ

高等教育機関に正規留学する場合に必要なビザは「学生ビザ 9(F)」です。「学生ビザ 9(F)」の発給対象者は18歳以上で、事前にフィリピン大使館や総領事館での手続きが必要です。

 

ビザ申請後、「認証手続き」が必要です。日本で発行された公文書をフィリピン国内で使うための手続きです。ビザ手続きや、認証手続きの詳細の方法は、フィリピン大使館ウェブサイトで確認しましょう。

フィリピン留学の種類

フィリピン留学は短期留学から大学留学、大学院留学まで様々あります。それぞれの特徴を見てみましょう。

短期留学

フィリピンは1週間程度のごく短期から気軽に留学できる場所です。もちろん、他の国でも短期の留学はできますが、フィリピンは日本から近く飛行機で4時間程度。しかも、時差が1時間なので時差ぼけの心配がなく、時間を有効に使うことができます。ビザの事前申請も不要なので、その点でも短期で気軽に留学できます。

 

また、フィリピンの語学学校はマンツーマンの授業が多いので、短期間でも自分の学びたいところを凝縮して学ぶことができます。

 

費用が安いのもフィリピン留学の特徴です。欧米に比べ、人件費や物価が安いので語学学校の費用や、生活費が安く済みます。安く済む分、何度か繰り返し留学する人もいます。

 

通常のレッスンに加え、シニア留学、子供留学、親子留学等のコースを提供している学校が多くあります。もちろん、TOEICなどの英語試験の対策や、ビジネス英語を学ぶこともできます。

 

フィリピンの語学留学の費用は1ヶ月10~12万円程度です。これが、学費と入学金、一人部屋で過ごした場合の寮費が含まれます。この他に食費や、渡航費、ビザの費用などがかかります。マンツーマンのレッスンが受けられて、ホテルの様な寮も多いので費用としてはかなり安いです。その他の生活費も、日本に比べ1/4程度の物価でかなり安いです。

長期留学

フィリピンは欧米に比べ格安で留学できるので、長期留学も人気です。フィリピンの語学学校は基本的に寮付きが多いのですが、ホテルを改装して使っているところが多く留学中ホテル暮らしの気分を味わえます。学校によっては、毎日部屋の掃除をしてくれるところもあり、欧米の留学にくらべ整った環境で英語学習に集中できます。

 

フィリピンの場合、就学許可のビザは現地で取得しますし、滞在の延長も現地でできます。そのため、実際にいってから気にいったら滞在を延長して長期留学にすることも可能です。学生ビザには厳しく、国内で延長出来ない国もあるので、この点は魅力的です。

 

フィリピンは、英語が公用語ですがフィリピン語も話すので、英語力がちゃんとつくのか心配な人も多いかもしれません。しかし、フィリピンの語学学校はマンツーマンや、資格対策コースを用意していているので、結果が出やすいといわれています。4か月程度でもTOEIC200~300点上げる人や、700点レベルになる人も多いです。

 

長期留学も1ヶ月あたり10~12万円程度が目安です。滞在費、入学金、授業料の代金で、この他に渡航費と、食費など生活費がかかります。

大学留学

最近はフィリピンの大学留学も人気です。フィリピンの大学はなんといっても、費用が安いのが特徴です。語学学校は1ヶ月で10万円程度かかりますが、大学の学費は数万円程度です。生活費等を含めても、年間の留学費用が50~60万円程度が一般的です。

 

欧米に留学すると、年間数百万円はするので、費用を安く抑えて大学に留学することができます。日本の大学よりも安いので、費用が高くて日本の大学を諦めた人もフィリピンなら学べるかもしれません。

 

授業はもちろん英語で行われます。大学の授業なので、専門用語もでてくるのでハイレベルです。TOEICでハイスコアな人でも、実践だとついていくのが難しい場合もあるので、現地の語学学校で学んでからの進学がおすすめです。最近は、語学学校併設の大学も増えています。

 

フィリピンの大学は、世界中から留学生が集まるので、フィリピン人だけでなく東南アジアなど様々な国の人々と交流できます。世界的な視野や、国際感覚を身につけたい人にもおすすめです。

大学院留学

フィリピンの大学院も積極的に留学生を受け入れています。フィリピンには欧米や日本に引けを取らないハイレベルな大学もあります。特にフィリピン大学は、フィリピン最高峰の名門校で、世界の大学ランキングでも日本の国公立大学より上に位置しフィリピン大統領も多く輩出しています。

 

その他に富裕層が多く通うアテネオ大学や理系のデ・ラサール大学なども有名です。この大学は、鹿児島の名門ラサール高校と同じ系列の学校で、早稲田大学とも協定がある国際的な大学です。

 

大学院の留学費用は、大学の費用を参考にして下さい。欧米に比べるとかなり安いです。

休学・認定留学

日本の大学に在学中に、休学して長期留学をしたいという人も多いのではないでしょうか。休学すると、その分卒業が後ろ倒しになってしまいますが、最近では留学の期間も、在学期間に認める「認定留学」制度がある大学も増えています。その制度を利用して、留学すると、長期留学しながら4年間で日本の大学を卒業することができます。認定留学制度については在学している大学に確認しましょう。

 

フィリピン留学単に英語を学ぶだけでなく、先進国ではない国を若いうちに体験することで異文化理解ができ国際感覚を身につけることができます。ある意味、整備されていない場所がある国で、生活した経験は就職の際のアピールポイントにもなるでしょう。

 

費用は語学学校や大学の費用を参考にして下さい。

専門スキルアップ留学

社会人が留学する場合は、専門スキルをアップするスキルアップ留学もおすすめです。格安で英語を学べるだけでなく、質の高いインターンシップができる国としても人気のフィリピン。人件費が格安なため、国際企業のコールセンターなども多くあります。その他に、NPOや社会法人団体なども積極的にインターンシップを受け入れています。

 

また、ビジネススキルを身に付けながら、英語も学べるコースなども多くあります。英語だけよりも、ビジネスですぐに使えるスキルも併せて身につけることで、転職の際の強いアピールポイントになります。

 

また、1年で取得できるMBAのコースもあります。短期間で、高いスキルを身につけたい人にはオススメです。ただし、現地の人と英語で学ぶため高い英語力が求められます。

まとめ

フィリピンは語学留学の場合事前のビザ申請が必要なく、日本からも近いので気軽に留学できる場所です。全体的に、学費や滞在費が安い分、長く留学したり、幅広い選択肢があります。語学学校留学も安いですが、大学留学はさらに安いので予算が限られているけれど英語圏に留学したい人は選択肢として考えてみることをおすすめします。

 

フィリピノ語も話すフィリピンで英語が身につけられるのか不安に感じる人も多いかもしれません。しかし、人件費が安い分、マンツーマンの授業も多く留学した人の英語力の伸びが平均的に高い傾向があります。

 

もちろん、学校によって学費や授業の質の差もあるので、事前にしっかり調べて留学しましょう。

この記事を書いたユーザー

yuri
旅行大好き☆食べること大好き☆オーストラリアと韓国に留学経験!!特技は韓国語♡何より大阪を愛してやまないアラサーwoman yuriの記事一覧

PICKUP

トップへ