英会話・留学

「留学したい!でもお金がない…」そこで注目!!海外留学の奨学金制度

「海外へ行って勉強したい!」という夢を持っている方は多いと思います。海外留学するとなると、資金が必要です。親もなかなか留学資金までは出してくれませんし、若いうちから海外留学できるお金を貯めるのはもっと大変です。し

かし、留学をあきらめる必要はありません。留学するために利用できる奨学金制度もあります。ここでは、海外留学の奨学金制度について説明しますので、海外留学を考えている方はぜひ参考にしてください。

奨学金制度とは?

お金の面で学生を支援してくれる制度

奨学金制度は、経済的な理由により学校で学ぶのが困難な学生に対して、国や自治体、公的機関、民間団体などが金銭の補助を行うというものです。奨学金が利用できれば、お金がないからと言って、学ぶことをあきらめる必要がなくなります。

奨学金には給付型と貸与型の2種類がある

奨学金には、給付型のものと貸与型のものがあります。給付型ではお金をそのままもらうことができるため、返す必要がありません。一方、貸与型ではお金を借りることになりますから、返済の義務があります。

給付型の奨学金は、成績優秀な学生が学ぶことを促進するために設けられているものです。そのため、給付型の奨学金では、通常、成績などの条件が厳しくなっています。学びたいからと言って、誰でもが奨学金をもらえるわけではないのです。しかし、実際に学びたい意志はあるけれど、成績があまり良くないという学生もいます。そのような学生にも広く学ぶ機会を与えるために、貸与型の奨学金も用意されています。

給付型も貸与型も学生を支援してくれるものになりますが、お金をもらうのとお金を借りるのとではやはり大きな違いがあります。奨学金の利用を考えるときには、まずは給付型の奨学金が利用できないかどうかを検討してみましょう。

留学を支援してくれる奨学金もある

多くの人が奨学金の利用を考えるのは、高校卒業後、大学に進学するときだと思います。奨学金は日本の大学に進学するときだけでなく、海外の大学や大学院に留学するときにも利用することができます。

留学となるとお金がかかるというイメージがありますから、「自分には到底無理。」と思っている学生さんも多いかもしれません。また、海外留学するためには、「まずバイトしてお金を貯めて…」と、かなり長期計画で頑張らなければならないと思い込んでいる学生さんもいるのではないでしょうか?しかし、留学の際にも奨学金を活用できます。まずは利用できる奨学金がないかどうかを探してみましょう。

留学奨学金は留学前に確保

日本国内の大学に進学する場合には、もし学費が足りなくなっても、アルバイトして収入を得ながら勉強するということができます。しかし、留学の場合には、ビザの種類にもよりますが、現地でアルバイトするということも簡単にはできません。つまり、留学する場合の方が、奨学金を利用する必要性は高いとも言えます。

海外の大学に留学する場合、現地に行ってから奨学金を受けるという方法もあります。しかし、奨学金は通常はその国の学生が優先になりますから、日本人学生が他の国の奨学金を受けられるケースはあまりありません。留学する際に奨学金を利用したいなら、日本にいる間に、日本人学生を対象としたものに申し込みして、あらかじめ確保しておくのがいちばんです。

まずは応募してみることが肝心

留学奨学金の種類は豊富で、給付型のものもたくさんあります。留学奨学金を利用するには、条件をみたしていることはもちろん、応募した上で、審査に通る必要があります。応募者が多い奨学金であれば審査に通過するのも難しくなりますが、奨学金の種類によっては、たまたま応募者が少ないといったこともあり得ます。条件をみたしているものがあれば、ダメ元で応募してみましょう。うまくいけば、遠い夢だった海外留学がすぐに実現する可能性もあります。

どんな奨学金があるの?

JASSOの奨学金

JASSO(日本学生支援機構)は、学生に対する奨学金事業を行っている独立行政法人で、様々な奨学金を用意しています。海外留学の際に利用できる奨学金には、次のようなものがあります。

奨学金制度名海外留学支援制度(大学院学位取得型)
運営機関JASSO(日本学生支援機構)
対象修士又は博士の学位取得を目指して海外の大学に1年以上留学する学生
金額月額8万9000円~14万8000円(留学先によって異なる)
支給期間修士の場合には原則2年、博士の場合には原則3年
返済の要否返済不要
年齢条件修士の場合35歳未満、博士の場合40歳未満
成績等の主な条件留学先の主要言語が英語である場合には、TOEFL得点がPBT600点、iBT100点又はIELTS7.0以上
募集人員128名(平成28年度実績)

地方自治体の奨学金

都道府県などの地方自治体の中には、主にその自治体の居住者を対象に、留学費用の支援を行っているところがあります。

【埼玉県】

奨学金制度名「埼玉発世界行き」奨学金(学位取得コース)
運営機関グローバル人材育成センター埼玉
対象海外の大学・大学院への学位取得を目的として留学する埼玉県在住の人
金額100万円
支給期間1回のみ
返済の要否返済不要
年齢条件40歳未満
成績等の主な条件留学先の大学等において学習や研究を行うのに十分な外国語の能力があること(TOEFL等のスコアを添付)
募集人員10名以内

【福井県】

奨学金制度名(公財)福井県アジア人材基金 長期海外留学等支援奨学金
運営機関(公財)福井県アジア人材基金
対象・福井県内の大学・短大・高専・大学院に在籍する学生

・福井県内の高校を卒業し福井県以外の国内の大学・短大・高専・大学院に在籍する学生

金額月額5万円、渡航費等10万円
支給期間最長12ヶ月
返済の要否返済要(但し、福井県内の企業等で3年間就業すれば返済免除)
年齢条件18~35歳
成績等の主な条件在籍している大学等の推薦書が必要、小論文あり
募集人員30名程度

【豊田市】

奨学金制度名豊田市トレヴェリアン基金奨学生
運営機関豊田市トレヴェリアン基金
対象英国への留学を希望する豊田市在住・在学・在勤の人、市外の大学に在学しているが親が豊田市在住の人
金額5000ポンド以内
支給期間1回のみ
返済の要否返済不要
年齢条件18歳以上30歳未満
成績等の主な条件英国の大学において、学習を行うために支障のな

い英語力(最低でも英検準1級程度)

い)

募集人員2名

【大阪府】

奨学金制度名おおさかグローバル奨学金
運営機関大阪府国際化戦略実行委員会
対象海外の大学に学位取得目的で留学する大阪府内の高校等の卒業生及び卒業見込みの生徒
金額50万円以内
支給期間1回のみ
返済の要否返済不要
年齢条件23歳未満
成績等の主な条件TOEFL iBT 45、

TOEFL ITP (PBT) 450、

TOEFL
Junior Standard725、

TOEFL
Junior Comprehensive315、

IELTS 4.0、
英検2級、
国連英検B級、

TOEIC 520
又は
GTEC for Student 550以上

募集人員20名以内

【熊本県】

奨学金制度名熊本県海外大学進学給付金
運営機関熊本県総務部総務私学局私学振興課
対象世界大学ランキング50位以内の大学に入学した熊本県内の高校等の卒業生及び卒業見込みの生徒
金額100万円
支給期間1回のみ
返済の要否返済不要
年齢条件21歳未満
成績等の主な条件TOEFLiBT90以上若しくは IELTS6.5以上
募集人員若干名

外国政府等奨学金

外国政府や政府関連団体が、その国の大学に留学する日本人を対象に支援を行っている留学金制度もあります。

【イタリア】

奨学金制度名イタリア政府奨学金
運営機関イタリア文化会館東京(問い合わせ先)
対象イタリアの国立の大学・美術学院・音楽院・研究所等、イタリア政府認定の教育・研究機関
金額900ユーロ(授業料は原則無料)
支給期間1~9ヶ月間(受入機関によって異なる)
返済の要否返済不要
年齢条件18~36歳
成績等の主な条件少なくともイタリア語中級(B2:ヨーロッパ共通フレームワーク基準)レベルが必要
募集人員未定

【カナダ】

奨学金制度名ヴァニエ・カナダ大学院奨学金
運営機関カナダ大使館広報部学術交流係(問い合わせ先)
対象カナダの大学院でフルタイムの博士課程に在籍または入学が決定している学生、カナダの高等教育機関への入学申請を済ませている留学生
金額年額5万カナダドル
支給期間最大3年
返済の要否返済不要
年齢条件なし
成績等の主な条件大学の受入基準による
募集人員未定

【メキシコ】

奨学金制度名メキシコ政府奨学金
運営機関メキシコ大使館学術交流・教育・科学技術部(問い合わせ先)
対象学士課程、4年制大学卒業生、修士課程、博士課程、専門課程、研究者、大学教員、芸術家、スペシャリスト等
金額修士レベル 月額8,412.00ペソ

博士レベル 月額10,956.00ぺソ

支給期間プログラムの期間によって異なる
返済の要否返済不要
年齢条件なし
成績等の主な条件大学等で勉学、研究を行うために必要なスペイン語の能力を有すること
募集人員25名

【オーストラリア】

奨学金制度名エンデバー奨学金
運営機関オーストラリア大使館(問い合わせ先)
対象オーストラリアで大学院課程のコース(修士・博士課

程等)に進学する人

金額博士課程 272,500豪ドルまで、修士課程 140,500豪ドルまで
支給期間博士課程4年まで、修士課程2年まで
返済の要否返済不要
年齢条件18歳以上
成績等の主な条件IELTS 6.5以上、TOEFL PBT580(TWE 4.5以上)

TOEFL iBT79、CAE 176

募集人員未定

民間団体奨学金

民間団体でも奨学金制度を用意しているところがあります。

奨学金制度名経団連グローバル人材育成スカラーシップ奨学金
運営機関(公財)経団連国際教育交流財団
対象財団の指定する日本の大学の2年、3年、4年又は大学院博士前期課程(修士課程1、2年生)の学生かつ留学期間中、財団の指定する日本の大学・大学院に籍を置く者
金額年額100万円
支給期間1年
返済の要否返済不要
年齢条件なし
成績等の主な条件TOEFL iBT61以上又は IELTS5.0以上
募集人員30名程度
奨学金制度名TOEFL® テストスカラシッププログラム
運営機関ETS(Educational Testing Service)
対象「TOEFL Go anywhere from here」

(http://www.toeflgoany where. org/)に登録されている大学・大学院や機関に在籍している人

金額7000USドル
支給期間1回のみ
返済の要否返済不要
年齢条件なし
成績等の主な条件TOEFL iBTのスコアを保持(スコア制限なし)
募集人員6名程度

まとめ

海外留学に利用できる奨学金は、探してみるとたくさんあります。給付型の奨学金を利用すれば、返済不要のお金を支援してもらうことも可能です。留学を考えているなら、上記を参考に、まずは利用できる奨学金がないかどうか調べてみましょう。

ABOUT ME
yuri
旅行大好き☆食べること大好き☆オーストラリアと韓国に留学経験!!特技は韓国語♡何より大阪を愛してやまないアラサーwoman