【フィリピン留学】どこの都市にする?おすすめの人気都市まとめ

格安で学べる英語留学先として人気のフィリピン。直行便がある首都マニラまでは、飛行機で約4時間の距離で、近くで気軽に行ける留学先です。

フィリピン留学といえば、首都のマニラや、リゾート地として有名なセブ島が人気ですが、実はそれ以外にも学べる場所はあります。

ここでは、フィリピン留学の人気の都市やおすすめの穴場などを詳しくご紹介します。

フィリピンのどこで学ぶ?

留学する上で、どこで学ぶのか?はとても大切な要素です。

マニラのようにとても便利で、日本人のビジネスマンなどとの出会いも多い場所や、セブ島のようにアクティビティーも楽しめるリゾート地に行けば楽しみながら英語を学ぶことができます。

また、本気で英語を学びたい人や、人が多い場所が苦手な人には、田舎の街でじっくり学ぶ方法もあります。それぞれの街の特徴を見てみましょう。

セブ

フィリピン留学のダントツ!人気ナンバー1はセブ島です。セブ島は、世界的に有名なビーチリゾートで、郊外にはとてもきれいな海がたくさんあります。日本から飛行機の直行便で約4時間半と気軽に行ける距離にあり、日本との時差は1時間で、時差ぼけなどの心配もないので短期留学にも向いています。リゾート地なので、治安も比較的よく安心して過ごすことができます。

リゾートで遊びながら英語も学べるため人気で多くの多くの留学生が集まります。そのため学校の種類も多いのが特徴です。日本人が経営する語学学校や、集中して英語を学べる学校、遊びの時間もゆっくり取れる学校など、目的に併せて学校を選ぶことができます。人気の場所なので、日本人も多いという欠点はありますが、その点には特にこだわりがなくフィリピンの留学先を探している人はセブがおすすめです。

マニラ

マニラはフィリピンの首都で、政治や経済の中心地です。首都なので、日本企業のオフィスがあるなど、現地に住んでいる日本人も多くいて人脈づくりに適している場所です。ショッピング施設等も充実していて、生活に必要なものは何でもそろいます。

また、首都にはフィリピンの中でもレベルが高い大学が多くあります。その影響で語学学校にも多く優秀な講師が集まりやすく質が高い授業を受けることができます。もちろん、語学学校の数も多く、様々なニーズにあわせて選ぶことができます。

日本から飛行機の直行便で4時間程度です。時差も1時間なので、日本との連絡にも支障がありません。

マニラはデメリットもいくつかあります。治安が悪いことや、都市部なので空気があまりよくないこと、そして物価が比較的高いことです。特に、治安についてはかなり注意したい場所があります。もちろん、普通に生活していれば問題がない場合がほとんどですが、フィリピン人でも「マニラは治安が悪い」と思うくらいなので、留学先に選ぶ場合はその点は知っておいたほうが良いでしょう。

バギオ

「本気で集中して英語を学びたい!」という人におすすめなのがバギオです。首都マニラから北に約210kmのところにあり、「フィリピンの軽井沢」とよばれる、避暑地です。海抜1,520mの高地にあるため、最高気温でも26℃程度と涼しいのが特徴です。

夏は暑いイメージのフィリピン。その暑さを避けて、夏には大統領がマニラからバギオに移動します。そのため「夏の首都」とも言われている場所です。

マニラやセブに比べると、語学学校は少なめですがその分本気で学びたい人が多く集まるのがバギオです。平日は、リゾート地や栄えている場所には行けない場所にあるので、誘惑がすくなく学習に集中できます。

ただし、都市部ではないためインターネットの環境があまり整っていません。日本のように簡単にアクセスできないため、ネット環境が必要な人はマニラやセブがおすすめです。

クラーク

クラークはバギオとほどよい田舎にあるため、じっくり英語を学びたい人におすすめの街です。首都のマニラから北にバスで2~3時間程度の場所にあるパンパンガ州のアンヘレス市の中にクラークがあります。元々は、アメリカ空軍の基地があった場所です。

街は田舎の雰囲気で、観光をする場所はあまりありません。しかしクラーク空港はLCC(格安航空会社)が多く就航している空港で、香港やマレーシアなどに格安で旅行することができます。

治安もよいですが、やはりバギオと同じくインターネットの環境が整備されていないため、自由にインターネットを使うことは難しい場所です。インターネットを使って仕事をしている人、日本とやりとりをしたい人はその点を考慮したほうが良いでしょう。

イロイロ

パナイ島にあるイロイロは教育に力を入れている都市として有名で、大学が多くあります。フィリピン屈指の名門・フィリピン大学もこの街にあります。

語学学校の数は、他の都市に比べ少なめです。しかし、大学がある分、優秀な人材が集まりやすく、語学学校の講師の質が高いのが特徴です。遊ぶ場所が少ないですが、治安もよく自然もほどよくある場所で、集中して英語を学びたい真剣な学生たちに人気です。

マニラからは少し距離があり、飛行機で1時間程度かかります。2015年にAPECが開催されたため、他の田舎のエリアに比べると発展しています。アジアでも有数のリゾート地といわれるボラカイから近く、週末に遊びに行くことも可能です。

バコロド

ネグロス島にあるバコロドはフィリピン国内で「最も住みやすい街」に選ばれるほど魅力的な街です。農業が盛んで、治安がとても良く暮らしやすいのが特徴です。

マニラからは飛行機で約1時間、セブ島からは約30分程度の距離にあります。日本からは乗り継ぎが必要で少し時間がかかります。その分、日本人が少ない場所で、韓国人留学生が多くいる場所です。

大きな都市ではありませんが、小さめのショッピングモールやレストランはあるので、生活に困ることはありません。リゾートでアクティビティーを楽しみたい人や、娯楽をたのしみたい人には少し物足りないかもしれません。のんびりした環境で、ゆっくり学びたい人におすすめの場所です。穴場で、リピーターも多い街です。

その他の街

その他にもいくつか留学におすすめの街があります。

ターラックはクラークから北に2時間ほどのところにある、田舎の街です。娯楽がほとんどなく、田舎で集中して英語を勉強したい人におすすめです。

タガイタイは、「第2の避暑地」といわれる街で、ここも田舎ですが治安がよく落ち着いて英語を学ぶことができます。山や湖があり、自然が大好きな人や、暑さが苦手な人におすすめの場所です。

スービックはアメリカ海軍の基地があった場所です。1996年にAPECの首脳会議が開かれて発展してきました。比較的新しい観光地として人気がある場所です。首都マニラからは約130kmの場所にあります。

まとめ

フィリピン留学で人気なのは、やはりセブやマニラです。海外にあまり行ったことがない人などは、セブが治安もよく、語学学校も多いのでおすすめです。

バギオやイロイロなどじっくり学べる穴場もあります。田舎の街でも、週末に時間をかければ遊びに行くこともできるので、本気で学びたい人は田舎を選んでみるのもひとつの手です。

場所を選ぶ上で、ひとつ注意したいのはインターネットの環境です。日本ほど整備されていない場所が多くあります。ただし、ネット環境は年々進化しているので、気になる場合は現地の語学学校に問い合わせてみましょう。