短期・長期?それとも大学・大学院留学?ニュージーランド留学の種類・費用・ビザ申請について!

目次 ※クリックで開閉します

人口より羊の数が多といわれるニュージーランドは、大自然のなかでのんびり英語を学ぶことができます。アウトドアアクティビティーも盛んで、アウトドアが好きな人には特に人気です。

 

ニュージーランドは教育や社会保障に力を入れていて、大学や語学学校の質が高い国です。特に、大学は国立のみで、法律でこれ以上設置しないように制限しているため、高い質が保たれています。

 

ここでは、ニュージーランドの留学のビザ取得方法と、留学の種類ごとの特徴を詳しくご紹介します。色々な留学の形があるので、最初から英語留学と決めてしまわずに、幅広く見てみましょう。

ニュージーランド留学のビザ申請について

ニュージーランドに留学する場合ビザが必要です。必要なビザの種類は3ヶ月未満の短期と、それ以上の長期で違います。それぞれ詳しく解説します。

 

尚、ビザの手続きは変わる場合があるので、実際の留学前はご自身でニュージーランド大使館のオフィシャルページなどで確認してください。

3ヶ月未満の場合

3ヶ月未満の場合、観光ビザで留学することができます。観光ビザは、日本国籍を持った人がニュージーランドに入国した時点で自動的に発行されるため、事前の申請は不要です。そのため、3ヶ月未満の短期で留学する場合は、事前のビザ手続きが不要です。

 

観光ビザの場合、事前手続きをすれば最大9か月まで延長が可能です。しかし、この場合でも、学校に通えるのは3ヶ月間(12週間)までです。また、18カ月のうち、観光ビザで入国できるのは9カ月までという制限があるため、延長で9カ月滞在した場合は、その後9カ月ニュージーランドに入国することができなくなるので注意が必要です。入国後の手続きも可能ですが、その場合ビザ申請料が有料です。

【観光ビザ申請の必要書類】

 

・申請用紙(Visitor Visa Application INZ1017)

 

・パスポート

※有効期限は滞在期間より3ヶ月以上必要です。

 

・パスポートのコピー

※顔写真があるページのコピー2部と、出入国のスタンプが押してあるページのコピー1通ずつが必要です。

 

・証明写真2枚(パスポートサイズ)

 

・ニュージーランドから出国する時の航空券
※第3国へ出国する場合は、その国のビザの証明も必要です。

 

・滞在資金の証明

※本人名義で1ヶ月以内発行された残高証明(NZ$1000×滞在月数以上)が必要です。

 

・入学許可書又は領収書

※学校に通う場合のみ必要です。

 

・胸部レントゲン検査

※6カ月以上滞在予定の場合、ニュージーランド移民局指定の病院で検査が必要です。

3ヶ月以上の場合

3ヶ月以上の留学の場合には、学生ビザが必要です。学生ビザを取得した場合、フルタイム(週20時間以上)のコースに登録し通う必要があります。学生ビザを申請するためには、学校の入学許可書が必要です。また、ビザの期間は申し込んだ学校のコースの期間のみです。

 

大学や専門学校に学位取得目的で通う場合は、週20時間までの就労が可能です。語学学校の場合も、条件等が整えば同様の20時間まで就労が可能です。

 

ニュージーランド留学の場合、学生ビザ以外にワーキングホリデービザで留学する方法もあります。30歳までという年齢制限がありますが、自由度がとても高いビザです。1年間の滞在中仕事は無制限でできて、学校に半年間通うことができます。フルーツの収穫など、指定の季節労働をすれば、さらに3ヶ月滞在延長が可能です。ただし、ニュージーランドのワーホリビザは一生に一度しか取得できません。

【学生ビザ申請の必要書類】

 

・申請用紙(Visitor Visa Application INZ1012)

 

・パスポート

※有効期限は滞在期間より3ヶ月以上必要です。

 

・パスポートのコピー

※顔写真があるページのコピー2部と、出入国のスタンプが押してあるページのコピー1通ずつが必要です。

 

・申請料金

※日本国内は無料、ニュージーランドでの申請は有料

 

・証明写真2枚(パスポートサイズ)

 

・ニュージーランドから出国する時の航空券
※第3国へ出国する場合は、その国のビザの証明も必要です。

 

・滞在資金の証明

※本人名義で1ヶ月以内発行された残高証明が必要です。金額は、36週未満の滞在の場合はNZ$1,250×滞在月数、それ以上の場合、1年につきNZ$15,000以上の残高が必要です。

 

・入学許可書又は領収書

 

・海外旅行保険又は、医療保険に加入している証明書

 

・胸部レントゲン検査

※6カ月以上滞在予定の場合、ニュージーランド移民局指定の病院で検査が必要です。

ビザの申請はオンラインか郵送で可能です。学生ビザは通常発行に3週間程度かかります。それ以上の時間がかかる場合もあるので、早めに申請をしましょう。

ニュージーランド留学の種類について

短期語学留学、長期語学留学や、大学など、留学の種類ごとの特徴を見てみましょう。

短期留学

ニュージーランドは3カ月以内であれば、事前のビザ申請なしで留学することができます。1週間の短期から旅行の延長線上で留学が可能で、時差が3時間と少ないため、短期間でも時差ぼけを感じず、時間を有効に使うことができます。

 

また、ニュージーランド政府が留学生受け入れに取り組んでいて、サポート体制が整っています。語学学校の質も高く、短期でも英語力をしっかり身につけることができます。

 

ニュージーランドは、英語を学びながらアウトドアアクティビティーを楽しめるコースも多くあります。もちろん、ビジネス英語や、英語試験対策など英語をしっかり学ぶコースもあります。

費用

費用は1週間で20~30万円程度、1ヶ月で30~50万円程度が目安です。3ヶ月の留学の場合、60~80万円程度が目安です。1週間でも渡航費などはかかるので、期間が短くなると費用は少し割高です。

長期留学

教育機関の質が高いニュージーランドは、長期でじっくり英語を学びたい人にもおすすめです。ニュージーランドでは、留学生を受け入れるためには国の認可が必要で、学校ごとの教育の質のばらつきが少ないのが特徴です。

 

ニュージーランドの英語は独特ななまりがありますが、学校ではイギリス英語の正しい発音を学ぶことができるので安心です。英会話講師の家にホームステイするプログラムなどもあり、本気で英語を学びたい人におすすめです。

 

長期の留学であれば、英語と併せて、芸術や様々なスポーツなどを学びスキルアップすることも可能です。

費用

長期の語学留学の費用は半年で100~130万円程度、1年間で250~270万円程度が目安です。滞在方法や、学校、住む都市によっても金額が変わってきます。

大学留学

ニュージーランドの大学は全て国立です。数が少なく8校しかありませんが、その分、教育レベルが一定以上に保たれているので、質の高い教育を受けることができます。大学は総合大学で、それぞれの大学で、文系から、理系まで幅広いコースを提供しています。

 

ニュージーランドの大学は、日本と違い3年制で、短期で学士号を取得することができます。ただし、大学に入学してからすぐに、専門分野を学ぶため、日本の高校を卒業してすぐには大学に入学できません。短大卒業程度か、大学1~2年修了してから、ニュージーランドの大学に入学するのが一般的です。

 

高校卒業した後に留学する場合は、ファウンデーションコースという大学入学準備のコースで学びます。ファウンデーションコースは約9カ月で、専攻分野の基礎や、レポートの書き方、ノートの取り方などを学びます。

 

学校やコースによって変わりますが、入学時はIELTSで6~7程度の高い英語力が求められます。英語力が足りない場合は、条件付の入学許可をもらい語学学校や、ファウンデーションコースで学んでから大学に入学するという方法もあります。

費用

大学留学の費用は、年間200~400万円前後です。学部や都市によっても滞在費用が変わります。

大学院留学

ニュージーランドにある全ての大学に大学院が設置されています。大学と同じく国立で、8校しかないため高い教育レベルが保たれています。

 

ニュージーランドの大学院は、一般的に修士コースは1~2年で、最短1年で修士号が取れるのが特徴です。期間が短いため、少ない費用で修士号を取ることができます。様々なコースがありますが、農業、畜産、海洋学などニュージーランドらしい分野が特に人気です。

 

また、短期で修士レベルを学べる資格コースもあります。ポストグラジュエート・サーティフィケートは半年、ポストグラジュエート・ディプロマは1年間で学ぶことができるため、短期で大学院レベルを学びたい人にはオススメです。

 

ニュージーランドの大学院に入学するためには、優秀学士号以上など高いハードルがありますが、ポストグラジュエート・ディプロマで、良い成績を残せば、修士課程や、博士課程に進むことも可能です。

費用

大学院留学の費用は1年で200万円前後~400万円程度です。学費は、理系のほうが平均で40~50万円程度高くなる傾向があります。

休学・認定留学

最近は大学在学中に短期留学する人は増えていて、それほど珍しいことではなくなってきています。そこで、半年から1年の長期で学校を休学して留学して学ぶ学生も増えています。

 

大学生の長期留学の場合、大学付属の語学学校を選べば、英語+学部の単位を1~2科目取ることも可能です。また、日本の大学では、海外の大学の単位を卒業の単位として認める大学も増えてきています。このような認定留学の場合、休学ではなくなるので卒業が長引かなくて済む場合もあります。

 

もちろん、専門科目を英語でネイティブたちと学ぶのは簡単ではありませんが、その分達成出来た時に得るものは多いです。

費用

休学留学や、認定留学の費用は長期留学や大学の費用を参考にして下さい。

専門スキルアップ留学

社会人の留学は、専門スキルを学べるコースもおすすめです。マーケティングや、ツーリズム、パティシエの技術などを学べるコースや、ニュージーランドの看護師等の資格を取得してニュージーランド移住を目指せるコースもあります。特に、ニュージーランドは福祉に強いため、福祉施設の見学プログラム等も人気です。

費用

費用は期間や、コースによって大きく異なるため、各学校、プログラムに問い合わせてください。

まとめ

ニュージーランドは、国をあげて留学生のサポートをしています。語学学校も留学生を受け入れるためには認可が必要だったり、大学も簡単に設立できなかったりするなど国が教育レベルの質を担保する政策を行っているため、全体的に質が高い学校が多いです。

 

レベルが高いため、大学や大学院などは、入学するためのハードルが高いのも事実です。しかし、英語の条件付入学や、ファウンデーションコースなどで、大学に入れる実力を身につけてから、進学する方法など幅広くチャンスもあるので、最初からムリとあきらめずにチャレンジしてみましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ