【カナダ留学】どこの都市にする?おすすめの人気都市まとめ

一番人気の留学先アメリカのすぐ隣にあり、移民を多く受け入れている国カナダ。バンクーバーなどの大都市はアメリカの国境に近い街が多く、アメリカ留学を考える人が選択肢の一部として留学を検討する人も多いです。

自然豊かな街や、日本人が少ない穴場の街、そしてフランス語も学べる街など、様々な選択肢があります。そこで、ここではカナダ留学の人気の都市をご紹介します。それぞれの都市の特徴を知って、目的にあった留学先を選びましょう。

カナダのどこで学ぶ?

ひとくちにカナダといっても、とても広く面積はなんと日本の26倍以上です。広すぎて、どこがいいか迷ってしまいますよね。

日本人に有名なのはバンクーバー、トロント、モントリオールなどで観光や経済で発展している街です。意外に知られていないのが、首都のオタワ。その他にも、穴場の留学先がいくつかあります。それぞれの特徴を詳しく見てみましょう。

バンクーバー

西海岸の南端に位置していて、アメリカからもすぐの場所にあるバンクーバーは、カナダ第3の都市です。「世界一住みやすい街」ランキングの常連で留学生にも人気の都市です。アジアやアメリカからの移民も多くいて、異文化を受け入れる雰囲気があります。

ショッピングセンターやスタジアム、高層ビル群など都市機能がありながら、山や海がすぐ近くにあり自然と都市のバランスが取れています。物価もアメリカに比べると安く、全体的に生活しやすい街です。バス、スカイトレインやシーバスなどの公共交通機関も充実しています。

留学生が多いため、語学学校も多く幅広い選択肢があります。日本食など日本の物も手に入りやすい環境です、その反面、日本人留学生が多いというデメリットもあります。

トロント

トロントはカナダ最大の都市で、五大湖のひとつオンタリオ湖の北側にあります。アメリカからも近く、特に移民が多い街で人口の約半数が移民です。そのため、異文化を受け入れる雰囲気があり、留学生も暮らしやすい街です。

カナダ経済の中心地で、日系企業も多く進出しています。近くにナイアガラの滝がある観光地としても人気で、その他にメジャーリーグやNBAなどのスポーツや、アートなど様々な文化を楽しめる街です。規模が大きな美術館や博物館もあり、週末過ごす場所もたくさんあります。

交通機関は、地下鉄やバスがあり市内の移動は便利です。大きな都市ですが、日本の都市部より物価が安く生活しやすい環境で人気です。

また、語学学校の数も多く、様々な選択肢からニーズに合わせて選ぶことができます。大都市のため、日本人が比較的多い環境ではあります。

ビクトリア

カナダの南西にあるバンクーバー島の南端にある街です。イギリス風の建物が多く残り、風情ある街並みです。また、カナダの中では暖かい気候で、三方を海に囲まれていることなど、カナダ人にも人気の街です。フェリーを使えば、バンクーバーや、アメリカのシアトルまで数時間以内で行くことができます。

他の都市に比べ、移民が少なく多くが白人です。そのため、英語を母国語とする人が多いので英語学習には向いている環境といえます。移民は少ないですがビクトリアの人は、穏やかな人が多く、外国人も快く受け入れてくれる人が多いです。

学校は都市部にくらべ少ないですが、その分日本人も少なく集中して学ぶことができます。滞在費や学費は都市部に比べ安めです。

カルガリー

南部にあるカルガリーは、アルバータ州で一番大きな街で、カナダ全体でも5番目の大きさです。ロッキー山脈など自然環境も近くにあります。

カウボーイの街として有名で、馬車レースやロデオ大会などが開催されます。1988年には冬季オリンピックが開催されたことでも知られています。

都市機能が揃っている割に、物価が安いので生活しやすい環境です。消費税も5%で、他の地域に比べ安いです。

語学学校は街全体で8校と少なめで、初・中級レベルで集中して英語を学びたい人向けです。語学学校が少ないために、日本人も少なく英語漬けの環境を望む人にはおすすめです。

モントリオール

モントリオールはカナダで2番目に大きな街で、人口は約350万人です。モントリオールがあるケベック州は、公用語がフランス語です。そのため、英語留学には向いていないと思われがちですが、逆に語学教育が盛んな街で英語学校も多くあります。

日本人留学生も少ないため、英語に集中できる環境です。ただし、語学学校は基礎英語中心です。

フランス語圏では、パリに次ぐ第2の都市でもあり「北米のパリ」とも呼ばれています。カナダにいながらフランスの雰囲気も味わえる街です。石畳や、教会など、風情ある街並みが広がっています。F1グランプリや、国際ジャズフェスティバルなど文化的なイベントも多く開催されます。

ウィスラー

北米のスキーリゾートといえば、このウィスラー。スキーやスノーボードの世界的な聖地として有名な街です。カナダの南西にあり、バンクーバーから北にバスで約2時間の場所にあります。冬以外もハイキングやゴルフなど、アウトドアアクティビティーができます。

街の規模としては人口約1万人と小規模ですが、観光客が多く訪れるため生活に必要なものは揃っていて生活しやすい環境です。

語学学校は私立の3校のみで少ない環境ですが、アウトドアアクティビティーを楽しみながら留学したい人におすすめの街です。学校が少ないため、日本人留学生が少なくネイティブの環境で英語をじっくり学びたい人にも向いています。また、ウィンタースポーツの専門学校もあります。

ウィニペグ

ウィニペグはマニトバ州の州都で最大の都市ですが、人口は約65万人で大きすぎないちょうどよい規模の街です。経済発展が続いていて、近代的なビルやショッピングモールなどもあり生活に必要なものも充実しています。周辺には湖や多くの川もあり自然豊かな環境で、都市と自然のバランスがとれています。

語学学校は公立が3校、私立が1校で、大都市にくらべ少ないですが、日本人は少ないです。特に語学学校以外は、日本人がほぼいないので、英語漬けの環境でしっかり英語を学ぶことができます。公立の学校は、カレッジ付属の学校で、全体的に語学学校の教育レベルが高いのが特徴です。

人口増加が続いているため家賃は少しずつ高くなってきていますが、語学学校の学費は少し安めです。

オタワ

カナダの首都で、政治の中心地です。規模としてはカナダ第4の都市です。モントリオールとトロントの間にある町で、休日にはどちらにも観光に行けます。治安のよいカナダの中でも、特に治安がよく安心して生活できる街です。

オタワはオタワ大学など、レベルの高い教育機関が集まる街ですが、日本の知名度が低く日本人留学生が少ない穴場です。日本人以外のアジア人も少なく、カナダ人が多いため英語学習には向いている環境です。語学学校は、他の大都市に比べれば少し少なめです。

まとめ

カナダは、バンクーバーやトロントなどの、かなり大きい街を除けば日本人が少ない環境も多いのが特徴です。日本人が多い大都市では、移民も多いので、世界の文化に触れることができるメリットもあります。

また、カナダは自然豊かな街が多く、ウィスラーのように、アウトドアスポーツをしながら英語を学べる街もあります。小さい街は語学学校が少ない場合が多いですが、学費や物価が安いことが多いので自分のニーズにあう学校があれば小さい街を選ぶのもおすすめです。

留学先の街選びは、全ての人にあてはまる「この街がベスト!」という街はありません。どんなことを学びたいか、どんな留学にしたいか、目的を明確にして、自分にあう場所を選びましょう。