短期・長期?それとも大学・大学院留学?アイルランド留学の種類・費用・ビザ申請について!

日本人には少しマイナーなアイルランド留学。古くから留学生を受け入れていているアイルランドは教育の水準も高く、世界中から留学生が集まる国です。日本人が少ない分、英語をしっかり学べるので穴場の留学先です。ここでは、アイルランド留学のビザ申請と、短期留学、長期留学、大学留学など留学の種類ごとの特徴や費用を解説します。アイルランド留学だけでなく、イギリス留学を検討している人も比較して参考にしてみてください。

アイルランド留学のビザ申請について

アイルランド留学をする場合に取得が必要なビザについてご紹介します。

尚、ビザの条件については年々変わります。ビザについては、取り扱い、条件などを間違えると、入国できないなどトラブルになる可能性があります。実際に留学する際は、アイルランド大使館のオフィシャルサイトなどで、ご自身でよく確認してください。

事前のビザ申請は不要

日本国籍を持つ人がアイルランドに留学する場合、短期や1年以上の長期を問わず、日本国内での事前のビザ申請は不要です。

語学学校や大学などに留学する場合は、空港などの入国審査で必要書類を提示して入国管理官が学生として入国できるか審査します。

学生の入国審査の場合必要な書類は以下の通りです。

・留学する学校の入学許可書

・学費を支払ったことを証明する書類(領収書など)

・英文の銀行残高証明書

※滞在費を証明するもので、手持ちの現金やクレジットカードで認められる場合もあります。

・帰国便のチケット(Eチケットのコピーも可)

※長期留学の場合など、入国審査官の判断で帰国便チケットが未購入でも認められる場合もあります。

90日未満は学生ビザ不要

90日未満の留学の場合、観光扱いとなるため入国後の手続きは不要です。

ただし、入国時に入国審査官の判断で、1ヶ月の滞在しか認められない場合もあります。その場合、1ヶ月以内に最寄りの警察署かThe Garda National Bureauなどで延長申請が必要です。パスポートに押されたスタンプに記載されているので、入国時にしっかり確認しましょう。

90日以上は外国人登録が必要

90日以上滞在する場合は、入国後1カ月以内に外国人登録が必要です。登録は入国管理局(GNIB)や最寄りの警察署で行います。この登録を行わないと、ビザが切れてしまうので早めに行いましょう。

外国人登録の方法を確認しましょう。

銀行口座開設

外国人登録を行うためには、銀行口座が必要です。

口座を開く銀行は学校が指定した銀行で、以下の書類を持参します。

・スクールレター

・保険加入証明書

スクールレターは、銀行口座をつくりたいと学校に申し出れば発行してもらえます。保険加入証明書は、アイルランドの住所が書かれたものが必要な場合もあるので、アイルランドに行った後に発行可能か事前に保険会社に確認しておきましょう。

口座の手続き後に、キャッシュカードや暗証番号、オンラインバンキング解説に必要な書類が別々に送られてきます。揃うまでに、数週間かかる場合もありますが、外国人登録は1ヶ月以内に必要なのでできるだけ早めに口座開設しましょう。

口座開設ができたら、口座に3,000ユーロ以上を入金しその残高証明書(イーステートメント)をオンラインバンキングで発行してもらいます。その証明書を外国人登録の際に持って行きます。この手続きも、通常は数日で発行されますが、稀に時間がかかる場合もあるので要注意です。

ただし、制度の変更で6ヶ月未満の滞在の場合、銀行口座を開くことができなくなりました。口座は滞在資金証明のために必要なため、3ヶ月以上6ヶ月未満の滞在の場合、別の方法で資金力の証明が必要です。語学学校や、留学カウンセラーなどに事前に相談しておきましょう。

GNIB(入国管理局)での手続き

外国人登録はダブリンに滞在している人はダブリンのGNIB(Garda National Immigration Bureau/ 入国管理局)、それ以外のエリアの人は滞在地を管轄している警察署で行います。

登録に必要な書類は以下の5つです。

・パスポート

・住所証明のためのスクールレター

・保険加入証明書

・3000ユーロの残高証明書

・登録費300ユーロ(クレジットかデビットカードでの支払い)

書類がひとつでも足りないと、手続きができないので注意しましょう。

アイルランド留学の種類について

短期留学

アイルランドの短期留学は外国人登録や、事前のビザ申請が不要で気軽に留学ができます。語学学校は1週間程度のごく短期から受け付けている学校もあり、学校や仕事の長期休暇を使って留学することも可能です。首都のダブリンは、ヨーロッパ圏からの留学も多く、様々な文化に触れることができます。

短期留学の場合、短い時間なので現地の家庭にホームステイするなど、短い時間で英語や文化にたくさん触れられるプログラムが人気です。また、語学留学だけでなく、乗馬などアイルランド文化を体験できる留学プログラムも人気です。

費用

アイルランドに短期で留学する場合の費用は1ヶ月で20~30万円程度です。3ヶ月で50~70万円程度。この金額は滞在費、入学金、授業料の合計です。この他に渡航費、観光などで使うお小遣いを合わせた金額が費用の目安です。

学校によって学費が変わる場合もありますし、地域によって物価の差もあります。アイルランドの短期留学はホームステイが多いですが、ホームステイの場合、平日2食、休日3食ついているのが一般的です。予算なども考えながら、留学先や滞在方法を決めましょう。

長期留学

アイルランドの留学は教育の質が高い学校が多く、3ヶ月以上の、長期語学留学にもおすすめの国です。日本人にマイナーな国だからこそ、英語上達のチャンスが多いです。他国の留学生や現地の人と交流する時間が長くなり、英語力だけでなく、国際感覚も身につけることができます。

アイルランドはなまりが強いから語学習得に向いてないと思っている人も多いかもしれません。しかし、アイリッシュ・イングリッシュはイギリス英語とアメリカ英語の両方の影響を受けていて、どちらも同時に学べるというメリットがあります。イギリス英語のような抑揚が、アイリッシュ・イングリッシュでは少なめで英語初心者には聞き取りやすいといわれています。

費用

語学学校に半年通った場合の費用は100~130万円程度が目安です。1年で200~250万円程度が大よその目安です。この他に、渡航費とお小遣いがかかります。

学費は、コースや、週の授業数などによっても費用が変わります。予算が少なめの人は、レッスン数を減らして、現地の人と交流する時間を多めに取って、実践の場のコミュニケーションでその時間をカバーするという方法もあります。

大学留学

アイルランドの大学は古くから留学生を受け入れてきていて、世界中の人と交流することができます。日本の総合大学のような大学は7校だけで、全て国立です。その他に、工学、技術を学ぶInstitute of Technology(州立大学)と、Independent Collegeとよばれる専門学校のようなカレッジがあります。

国立大学は日本に比べ少ない数だからこそ、入れる人数も限られ質の高い教育が担保されています。各大学、小規模のため、教授と生徒の距離が近いことも特徴です。その分、ディベートなど積極的な授業参加が求められます。

アイルランドの大学は、国立大学と、Institution of Technology、Independent College、それぞれシステムが違います。アイルランドでは日本とは違い、1年目から専門的なことを学びます。

就業年数はコースによって違い、Independent Collegeでは最短で1年のコースもあります。国立大学やInstitution of Technologyでは、普通学士号は3年、優等学士号は4年、その他のコースで5~6年かかるものもあります。このように、日本の大学との違いもあるので、アイルランドの大学に留学する場合は事前にしっかりシステムを調査して自分にあった大学を選びましょう。

費用

アイルランドの大学の留学費用は1年で200~380万円程度です。この他に、渡航費や小遣いなどがかかります。

費用の幅が大きくあるのは、何を勉強するのか、度の大学を選ぶのかなど、人それぞれで変わってきます。文系は比較的安く、理工学系、医学系などは文系の倍など費用が高くなります。

この他に英語圏以外からの留学の場合、ファンデーションコースという英語スキルを補うコースを受講しなければならない場合があります。その費用は別途かかるので、その点も頭に入れておきましょう。

大学院留学

アイルランドの大学院は、大学やコースによって、かかる期間が違います。修士課程と博士課程それぞれ1~3年で、1年で取得できる大学も多くあります。4年間のコースで修士、博士の区別がない大学もあります。その場合、修士にあたる資格Postgraduate Diplomaや、Postgraduate Certificateの資格を取ることもできます。

国立の場合、都市部と地方でレベルや、入学基準なども変わります。私立の場合は、それほど大きな差はありません。アイルランドは、大学院の数が少ないので、留学を考えている場合学ぶ分野や難易度などを事前にしっかり調べておく必要があります。

アイルランドの大学院は、留学生も積極的に受け入れています。英語で大学院レベルについていくために、入学時には高い英語力が求められるので、準備段階で英語の学習もしっかりしましょう。

費用

アイルランドの大学院は、大よそ大学と同じくらいの金額です。大学留学の費用を参考にしてください。

休学・認定留学

大学に在学している学生の場合は在学中に留学するという方法もあります。在学中に留学する方法は、ふたつです。ひとつは、休学してイギリス留学する方法です。もうひとつは、在学している大学の認定留学制度を利用する方法です。

認定留学制度は、大学と提携している海外の大学に留学し単位を日本の大学の卒業単位として認めてもらえる制度です。認定留学制度は、アメリカ、イギリス、オーストラリアの大学と提携している場合が多く、アイルランドと提携している学校は少ないですが、提携している学校もあるので確認してみましょう。ただし、認定留学の場合、全ての単位が認められるわけではないので、留学前に大学に確認しておくことをおすすめします。

大学で学ぶ語学力が足りずに、語学学校への留学を選んでしまう人も多いですが、大学によっては入学準備のファンデーションコースでレポートの書き方などを学ぶことで大学に入学できる場合もあります。英語を学ぶのではなく、英語で何かを学んだという経験は就職の時にも強みになります。あきらめずに、大学留学も検討してみる価値はあります。

費用

休学・認定留学の費用も、大学留学の費用と同じです。ただし、認定留学の場合、在学している大学の奨学金などがある場合もあります。

まとめ

アイルランド留学は、短期から大学、大学院の留学まで様々です。学生ビザは事前の申請が不要で、その点では留学しやすい国です。古くから多くの留学生を受け入れてきた国で、全般的に教育システムやサポートがしっかりしていて安心です。

全体的に日本人が少ないのも魅力です。大学や大学院などもイギリスより、費用が安く、英語初心者が聞き取りやすく学びやすい英語を話すので、イギリス留学を考えていた人はアイルランドも検討してみる価値がありますよ♡