【産経オンライン英会話】ビジネス英会話のカリキュラムが豊富!

産経オンライン英会話は、「産経」と名前がついている通り、産経新聞社のグループ企業である産経ヒューマンラーニング株式会社が展開しているオンライン英会話になります。誰でも知っている大手新聞社のグループ企業が運営しているので、信頼性が高く、レッスン内容やコンセプトも手堅くしっかりとしています。産経オンライン英会話は、さまざまなカリキュラムの中でも特にビジネス英会話を得意としています。ここでは産経オンライン英会話について詳しくご紹介します。

産経オンライン英会話とは

産経オンライン英会話のしっかりとしたバックグラウンド

産経新聞社といえば誰でも聞いたことのある日本の大手新聞社として有名です。資本金31億円、従業員数およそ5,000名で、東京都千代田区に本社を置く大手新聞社になります。産経オンライン英会話は産経ヒューマンラーニング株式会社という産経新聞社のグループ会社が運営しています。

産経ヒューマンラーニング株式会社は2012年に設立され、産経デジタル・ヒューマンホールディングス・トランスコスモスの3社による共同事業会社として運営されています。3社それぞれが新聞・教育事業・IT分野におけるエキスパートとして共同で英会話学習をバックアップする体制を整えているので、初めての方も安心してレッスンを受けることができます。

また、産経オンライン英会話は日本のオンライン英会話スクール業界では初めてISO 29990を取得するなど、高品質な英会話レッスンを提供するスクールとしての評価も得ています。

レッスンの時間帯と料金

産経オンライン英会話のレッスンの時間帯は、早朝5時から深夜1時までとなっています。

料金プランは月額制とチケットプランが用意されています。

月額制の料金プラン

月額制では、毎日25分または50分プラン、もしくは週末50分プランの3つのプランから好きなものを選択することができます。

料金は毎日25分プランが5,980円、毎日50分プランが9,800円、週末50分プランが5,980円になります。1レッスンあたりの単価が一番安いのが毎日50分プランで、単価は158円になります。また、週末50分プランの週末とは金土日を指します。

チケット制の料金プラン

チケットプランには3つのコースが用意されており、プラス1チケットプラン、プラス15チケットプラン、プラス30チケットプランなどがあります。

チケットプランは定額制プランに申し込んだ方のみが、追加で購入できるものになります。

例えば毎日25分プランを受けている方で、「余裕のある日には1レッスンだけでなくもっとレッスンを受けたい」と考えている方は、チケットプランでチケットを購入することで、レッスンをさらに追加して受けることができます。

レッスンには上限がなく、例えばプラス15チケットプランでは4,300円の料金で15レッスンを追加することができます。

この場合1レッスンあたりの単価は187円となります。

支払い方法はクレジットカードまたはPayPal、銀行振込に対応しており、教材費は無料となっています。

厳しい採用基準をクリアした、優秀な講師陣

産経オンライン英会話には、およそ250人の講師が在籍しており、ほとんどがフィリピン人講師になります。

産経オンライン英会話の講師の採用率はわずか5%となっており、会話スキルや指導スキルなど様々な基準が設けられ、厳しい選考過程をクリアした優秀な講師のみが活躍しています。

選考には5段階の過程が設けられ、書類選考や1時面接、模擬レッスン等を通じて講師の学歴や職歴、発音や教え方などが厳しくチェックされています。

英語が話せるようになるための体制

産経オンライン英会話では、独自の英語教育体制を確立しています。

特に注目すべきなのは、SOE(Sankei Online English)メソッドと呼ばれる教育体制と充実した教育カリキュラムです。

SOE(Sankei Online English)メソッドとは

SOE(Sankei Online English)メソッドとは、3つの柱からなる「英語が話せるようになるための体制」のことです。

1つ目がストラクチャー(構造)の「S」で、用意された教材の順番にじっくりと学習を進めていくことで、コミュニケーションに欠かせない構文力を身に付けることができます。また発音を自分で矯正できる、発音用自習教材も利用できます。

2つ目はオポチュニティ(機会)の「O」です。早朝から深夜まで好きな時間に学習する機会を得ることで、実践練習を積みやすくなっています。産経オンライン英会話では、スマホやタブレットなどインターネットへの接続環境さえあれば、どこでも好きな場所でマンツーマンレッスンを受けることができます。

最後がエンカレッジメント(励まし)の「E」です。産経オンライン英会話には優秀な講師が揃っており、生徒の英語学習を強力にバックアップしてくれます。場を明るく盛り上げたり、シャイな日本人を優しくフォローしたりして、英語が話せる楽しさ伝えるスキルを持ち合わせている講師陣が、生徒の背中を後押ししてくれます。

産経オンライン英会話の充実したビジネス英語カリキュラム

多くのオンライン英会話では、「仕事で使える英語を学びたい」と言う社会人向けにビジネス英会話コースが設けられています。

産経オンライン英会話の特徴はそうした社会人向けに、ビジネス英会話コースだけでなく職業別英会話コースも設け、充実したカリキュラムを提供しているということです。

職業別英会話コース

職業別英会話コースでは、外国人と多く接する機会のあるレストランや鉄道会社で働く方、タクシー運転手の方などが、外国人のお客様に気持ちよく施設を利用していただくための様々な英会話表現を学ぶことができます。

例えば鉄道会社で働く方の場合、外国人観光客に尋ねられがちなこととしては、券売機の使い方や目的地への行き方があると思います。

現場で働く人の中には、こうした問い合わせになんとかジェスチャーを交えて対応しているけれど、本当は外国人のお客様に満足していただけるような正しい表現を学びたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

鉄道のカリキュラムの場合、レッスンは全部で45回となり、そのような駅での接客に使える英語表現を学ぶことができます。切符の買い方について説明したり、トラブルに遭遇した外国人のお客様に対応できるような英語表現を学ぶことが目的になります。

テキストは「自動券売機の使い方を説明する」「子供料金を伝える」など、さまざまなテーマが用意されています。例えば「自動券売機の使い方を説明する」の回では、券売機や目的地、路線などの進出単語を学び、駅で切符購入時に想定される会話のやり取りを確認します。そして講師とともに実践練習したり、ロールプレイを行ったりして、効率よく英語表現を身につけることができます。

ビジネス英会話コース

またビジネス英語カリキュラムでは、レベル別に初級・中級・中上級などのコースが用意されており、それぞれ75から100テーマのレッスンを受けることができます。

ビジネス英会話コースでは、それぞれのレベルに応じた目標が設けられており、初級コースであれば「中学レベルの文法を活かしながら自己紹介などができること」、また中上級コースあれば「会議やプレゼンテーションなどでより難易度の高い英語表現ができること」というのが目標になります。

 

その他にも、産経オンライン英会話には下記のような特徴があります。

  • レッスン単価が1番安いのは毎日50分プランで、1レッスン158円で受講可能
  • TOEICなどの試験対策コースもある
  • レッスン後に先生からフィードバックをもらえる
  • 日常英会話コースやビジネス英会話コースの以外に、フリートークコースや中学生向けの学校教科書準拠コースなども設けられている

まとめ

産経オンライン英会話は、バックグラウンドがしっかりしているため安心してレッスンを受講できます。

レッスンは、SOE(Sankei Online English)メソッドを基本とし、特にビジネス英語に力を入れているのが特徴です。

ビジネス英会話コースでは、仕事で使えるさまざまな英語表現を学ぶことができます。

ビジネス英語を習得することができれば、自身のキャリアアップにもなりますし、事業を営んでいる方であれば、ビジネスチャンスは大きく広がることでしょう。

また、職業別英会話コースでは、レストラン、鉄道会社、タクシー会社などの職種に合わせた英語を学べるので、実践に即した英会話力を身につけることができます。

学んだ英語を使うシーンが想定できると、習得スピードも速くなります。現場ですぐに役立つ英語を学ぶことができるのも産経オンライン英会話の魅力です。

産経オンラインの公式サイトへ

この記事を書いたユーザー

yuri
旅行大好き☆食べること大好き☆オーストラリアと韓国に留学経験!!特技は韓国語♡何より大阪を愛してやまないアラサーwoman yuriの記事一覧

PICKUP

トップへ