革小物

オークバークのおすすめ革財布は?経年変化(エイジング)の特徴は?

英国伝統のオークバークは、品質や希少性が高く、貴族や国に納められていた歴史を持つ、格式あるものです。

現代では、特にヴィンテージな風合いが人気の秘密となっているオークバークですが、その経年変化の魅力はどのようなところにあるのでしょうか。

オークバークの特徴と併せて、オークバークを使用したおすすめの革財布についてもご紹介したいと思います。

オークバークとは?

オークバークの革質

広く聞かれるようになりつつあるオークバークですが、一体どのような特徴や魅力があるのでしょうか。

オークバークの革質や製法などについて、ご紹介していきます。

革質

オークバークは牛革のショルダー部分をベースに、英国で紀元前より続く製法をルーツとして、オーク(樫の木)のタンニンを使用して革なめしてを作るという、アナログな製法で生み出されています。

そのため、オークバークは自然の温もりを感じるような質感が特徴的で、一般的に取り扱われている牛革や馬革とはひと味違う質感を楽しむことができるでしょう。

製法

ココマイスターから販売されているオークバークの革財布は、紀元前から続く製法をベースに、保護されたオークの木を使い、薬品を一切使わずに製造した比較であるオークバークを表裏に贅沢使用しています。

1年という長い歳月をかけて完成するオークバークは、ヴィンテージ感のある色味と、オークそのものの色が染み出て着色され、非常に深みのある風合いを感じられる点が特徴です。

また、ヴィンテージ感を持ちながらも、ロウ仕上げによって光沢が出て艶のある表情を持っている魅力があります。

どれくらいの年齢層がよく購入するの?

ココマイスターから販売されているオークバークの革財布は、20代~60代の男性が購入している印象を受けます。

カジュアルコーディネートの他、ビジネススーツとの相性も良いため、年齢層を問わないと言えるでしょう。

傷つきやすいの?

オークバークはロウ仕上げが施されているため、基本的には傷はつきにくいようです。しかし、ロウは1ヶ月ほどではがれてしまうため、メンテナンスが必要になってくるでしょう。

また、オークバークの弱点は水分と乾燥になるため、防水スプレーやクリームでのメンテナンスを行うようにすると、長く愛用していくことができます。

オークバークシリーズのおすすめポイント

オークバークシリーズのおすすめポイント

ココマイスターから販売されているオークバークの革財布は高い人気を誇り、レビューも最高評価が並んでいます。

評価の中にはオークバークの革財布で気に入っているポイントや、他の人におすすめしたいポイントについて書かれているものもいくつかありました。

そこで、ここではオークバークシリーズのおすすめポイントをご紹介していきます。

他の革財布では楽しめない香り

オークバークはオーク(樫の木)でなめしていることから、自然の風合いを感じることができる点が魅力となっています。

財布を開いたときに感じるほのかな木の香りは、より自然を楽しむことができるポイントです。

ブライドルレザーのようなロウ仕上げ

オークバークはブライドルレザーを彷彿させますが、実はどちらも英国の革であるという特徴があります。

仕上げや経年変化はブライドルレザーと似ている部分もありますが、製法が違うため、質感や風合い、香りなど、大きく違うと感じる点も多いようです。

自然の温かみを感じたいという方には、オークバークの革財布がおすすめされています。

プレゼントにも最適

ココマイスター

オークバークの革財布は幅広い年齢層に支持されているため、誕生日や父の日などのプレゼントとして贈るアイテムとしても最適です。

現在ではココマイスターのみで取り扱われているということもあり、珍しいモノを好む男性からも注目されるでしょう。

オークバークの革財布は経年変化を楽しむことができるため、経年変化に期待している方にもおすすめです。

革の表面に浮かび上がったロウが日々馴染んでいき、光沢感が増し、色味も深くなっていきます。

経年変化

オークバークの経年変化

オークバークの経年変化はブライドルレザーを彷彿させるような点が特徴です。

革と木のコンビネーションから生まれたオークバークは、何千年も経ったかのような自然な風合いの経年変化を見せてくれます。

表面のロウは日々の使用で馴染んでいき、オークの渋い色合いが深まったり光沢感が増します。

徐々に色味は深まっていき、ヴィンテージ感のある風合いへと変化しながらも上品な印象を与えてくれるところは、ハイエンド皮革ならではの特徴です。

このように想像をしながらお手入れをしていくことで、より一層愛着が湧き、エイジングを楽しんでいけるでしょう。

お手入れ方法

クリスペルカーフのお手入れ方法

革財布は、使用している革素材によってお手入れの方法が変わってくるものです。いいかげんなお手入れをしてしまうと、劣化や破損に繋がることもあるため、長く愛用したい場合は適切なお手入れを心掛けましょう。

オークバークを用いた革財布のお手入れ方法とは、一体どのようなものなのか、ご紹介していきたいと思います。

購入後約1ヶ月はお手入れ不要

ココマイスターから販売されているオークバークの革財布は、購入当初から革の表面にロウが施されているため、これがはがれるまではお手入れする必要がありません。

ロウがはがれはじめた後、定期的にクリームや防水スプレーを用いる

オークバークは水分と乾燥が弱点とされているため、ロウがはがれた後は、定期的に防水スプレーやクリームで保護する必要があります。

ブラシやクロスで表面や毛穴に付いた汚れを取り、防水スプレーを適量使用してください。また、乾燥が気になった際は防水スプレーの前に、ココマイスターで販売されている「コロニルシュプリームクリーム」を全体にまんべんなく塗り、しっかり乾拭きをしましょう。

縫製部分やファスナー部分にクリームが溜まったままの状態で放置してしまうとシミの原因に繋がるため、しっかり乾拭きすることがポイントです。

オークバークシリーズの長財布

オークバークシリーズの中でも人気が高く、おすすめされている財布をご紹介していきたいと思います。

ブリストル

オークバーク・ブリストル

オークバーク・ブリストル

オークバーク・ブリストル

オークバーク・ブリストル

オークバーク・ブリストル

価 格73,000円
サイズ(cm)縦10.0×横19.1×厚2.3
素 材外装:オークバーク(英国)

内装:オークバーク(英国)・ヌメ革

仕 様ラウンドファスナー式長財布
札入れ2
小銭入れ1
内ポケット2
背面ポケットなし
カードポケット8
カラーチャコールウッド・ウッドバーン・イングリッシュオーク・オイルブラウン・ブラックリーフ
生産国日本

ラウンドジップ式の特徴の一つである大容量ポケットに加え、オークバークならではの質感や経年変化を楽しめる革財布です。

小銭入れポケットも設けられているため利便性が高く、周囲からも一目置かれる革財布として活躍してくれるでしょう。

オークバーク・ブリストルの詳細へ

ウェスターリー

オークバーク・ウェスターリー (1)

オークバーク・ウェスターリー (1)

オークバーク・ウェスターリー (1)

オークバーク・ウェスターリー (1)

オークバーク・ウェスターリー (1)

価 格70,000円
サイズ(cm)縦9.5×横19.3×厚2.5
素 材外装:オークバーク(英国)

内装:オークバーク(英国)・ヌメ革

仕 様小銭入れ付折り畳み長財布
札入れ1
小銭入れ1
内ポケット4
背面ポケットなし
カードポケット15
カラーチャコールウッド・ウッドバーン・イングリッシュオーク・オイルブラウン・ブラックリーフ
生産国日本

オークバークを全面に使用した、贅沢な折り畳み式の長財布になります。カードポケットが豊富に設けられており、カードを多く持ち歩きたい方におすすめです。

より自然の風合いを楽しみたいという方に向いている革財布だと言えるでしょう。

オークバーク・ウェスターリーの詳細へ

ワイルドショップ

オークバーク・ワイルドショップ

オークバーク・ワイルドショップ

オークバーク・ワイルドショップ

オークバーク・ワイルドショップ

オークバーク・ワイルドショップ

オークバーク・ワイルドショップ

オークバーク・ワイルドショップ

価 格70,000円
サイズ(cm)縦9.5×横19.2×厚2.2
素 材外装:オークバーク(英国)内装:オークバーク(英国)・ヌメ革
仕 様小銭入れ付折り畳み長財布
札入れ1
小銭入れ1
内ポケット3
背面ポケットなし
カードポケット13
カラーチャコールウッド・ウッドバーン・イングリッシュオーク・オイルブラウン・ブラックリーフ
生産国日本

オークバークを全面に使用することで、表裏の一体感を楽しむ事ができる贅沢な長財布になります。カードポケットが豊富に設けられておりますが、ササマチ型のシャープなフォルムはポケットの中でも頬張らず、持ち運びに便利です。

オークバーク・ワイルドショップの詳細へ

オークバークシリーズの2つ折り財布

バットクーム

オークバーク・バットクーム

オークバーク・バットクーム

オークバーク・バットクーム

オークバーク・バットクーム

オークバーク・バットクーム

価 格52,000円
サイズ(cm)縦9.2×横11.1×厚3.0
素 材外装:オークバーク(英国)

内装:オークバーク(英国)・ヌメ革

仕 様小銭入れ付二つ折り財布
札入れ2
小銭入れ1
内ポケット1
背面ポケットなし
カードポケット6
カラーチャコールウッド・ウッドバーン・イングリッシュオーク・オイルブラウン・ブラックリーフ
生産国日本

一般的な二つ折り財布よりもカードポケットが多い点や、中身が見やすい小銭入れポケットが特徴的で、利便性の高さを感じることができます。

二つ折り財布ならではのコンパクトさによって、使用できるシーンは多いでしょう。また、オークバークの質感や経年変化といった楽しみはそのままになっているため、コンパクトで利便性の高い革財布を求めている方に向いています。

オークバーク・バットクームの詳細へ

その他の革アイテム

前述の革財布の他、オークバークを用いた革アイテムも販売されています。

革財布と併せて使用することで、こだわりのある男を演出することもできるため、他の革アイテムも併用することをおすすめします。

パッチウェイ

オークバーク・パッチウェイ

オークバーク・パッチウェイ

オークバーク・パッチウェイ

オークバーク・パッチウェイ

オークバーク・パッチウェイ

価 格32,000円
サイズ(cm)縦7.3×ヨコ横11.5×厚1.9
素 材外装:オークバーク(英国)

内装:オークバーク(英国)・ヌメ革

仕 様カードポケット付コインケース
札入れなし
小銭入れ1
内ポケット2
背面ポケットなし
カードポケット2
カラーチャコールウッド・ウッドバーン・イングリッシュオーク・オイルブラウン・ブラックリーフ
生産国日本

コンパクトなサイズ感によって、スーツの内ポケットやジーパンの背面ポケットに収納して持ち運べるコインケースです。

カードポケットとフリーポケットがそれぞれ2つ設けられているため、お札を折り畳んで入れたり、カード類を複数入れたり、様々な使い方ができます。

オークバーク・パッチウェイの詳細へ

マークスベリー

オークバーク・マークスベリー

オークバーク・マークスベリー

オークバーク・マークスベリー

オークバーク・マークスベリー

オークバーク・マークスベリー

価 格26,000円
サイズ(cm)縦7.5×ヨコ横11.0×厚1.8
素 材外装:オークバーク(英国)

内装:オークバーク(英国)・ヌメ革

仕 様フリーポケット付名刺入れ
札入れなし
小銭入れなし
内ポケット2
背面ポケットなし
カードポケット1
カラーチャコールウッド・ウッドバーン・イングリッシュオーク・オイルブラウン・ブラックリーフ
生産国日本

オークバークの味わいや風合いによって、強い存在感を与える名刺入れです。

名刺ポケットが1つ設けられ、その他にフリーポケットが2つ設けられています。頂戴した名刺を収納したり、いざという時のクレジットカードを収納しておいたりすることができます。

オークバーク・マークスベリーの詳細へ

まとめ

オークバークは1年かけて完成する革であり、他の革素材では味わえない自然の風合いや、経年変化を楽しめる貴重な革です。

財布を開くと香りがするというレビューも多く見られ、牛革や馬革特有の香りが苦手な方でも受け入れやすいと言われています。

ABOUT ME
hori
nanairoでは、転職、カードローン、脱毛、通販などのジャンルを担当させてもらっています。