革小物

LAST CROPS(ラストクロップス)の財布の評判を紹介

LAST CROPS(ラストクロップス)のメンズ革財布の魅力は?人気商品や評判を紹介ラストクロコップスは「ワイルドスワンズ」を立ち上げた鴻野3兄弟の長男が立ち上げらブランドになります。

同ブランドとワイルドスワンズを比較する一説には、革小物マニアを納得させるブランドがワイルドスワンズ、革小物マニアを驚嘆させるブランドがラストクロコップス、ということが囁かれているようです。

それだけ素材にこだわり、クオリティを高めたブランドだということでしょう。それだけに、コアな客層から支持されているブランドになります。

そんなラストクロコップスとは、どのようなブランドなのでしょうか。同ブランドが取り扱う革財布の魅力と共に、特徴や歴史などをご紹介していきたいと思います。

ブランド名LAST CROPS(ラストクロップス)
生産国日本
設立年2006年
価格帯7,000~130,000円
革素材牛革・馬革

ラストクロップスってどんなブランド?

ラストクロップス

コアな客層から高い支持を受けているラストクロップスとは、一体どのようなブランドなのでしょうか。

その特徴や歴史について、見ていきましょう。

特徴

ラストクロップスの革財布は、選び抜かれた素材を使用して、クオリティにこだわった商品を提供している点が特徴のブランドです。

革製品マニアを納得させ、驚嘆させる品質を目指しており、革小物ファンの間でも注目されているブランドになります。

歴史

ラストクロップスの歴史は2006年に日本で創業されたブランドです。

もともとはワイルドスワンズというブランド名でしたが、鴻野3兄弟の長男が独立させたのが、このラストクロップスというブランドになります。

購入する年齢層

ラストクロップスの革財布を購入する年齢層は、20代後半から50代前半が多いようです。

その中でも、特に革製品にこだわりを持っている男性が購入している傾向にあります。

印象

ラストクロップスの革財布は、知名度が低いという印象です。雑誌などに掲載されることもあるようですが、一般的にはあまり知られていないようです。

しかし、ラストクロップスはマニアックなブランドなので、知名度の低さがマニアたちには魅力的に映るのかもしれません。

また、唯一の店舗は製作に集中するため、月曜~水曜日は予約がなければ対応をすることができない可能性もあるというほど、熱を入れています。このことから、情熱的な製品を扱っているブランドだという印象も受けることができるでしょう。

コーディネート

ラストクロップスの革財布は、主にカジュアルコーディネートに向いていると言えるでしょう。

ビジネスシーンに使用することも可能ですが、デザインによっては不向きになるため、最も向いているコーディネートはカジュアル系になります。

価格

ラストクロップスの革財布を公式オンラインショップで調べてみると、価格帯として7,000~130,000円程度となっているのが分かります。

コードバンをふんだんに使用したフルコードバンの革財布は80,000円を超える高値で販売されていますが、その品質の高さは他の一般的なブランドを凌ぐほどでしょう。

革の種類

ラストクロップスの革財布は、主に牛革と馬革を使用しているようです。主にコードバンを使用した財布が人気です。

また、ミネルバボックスやサドルレザーなどの革素材を使用したものもあるため、革小物マニアには魅力の一つになるでしょう。

一番人気の素材であるコードバンは「ホーウィン社」のシェルコードバンになるため、その品質の高さは保証されていると言えます。

ラストクロコップスのおすすめポイント

ラストクロップス、おすすめ

ラストクロコップスが注目されるポイントは数多くありますが、実際におすすめされているポイントはどのようなところなのでしょうか。

ラストクロコップスの革財布のおすすめポイントについて、ご紹介していきたいと思います。

シンプルなデザイン

ラストクロコップスの革財布はシンプルなデザインが魅力的になります。

派手なデザイン性を持たず、革本来の味わいと質感によって、革財布の良さを楽しむことができるブランド革財布です。

同ブランドが追い求めている「より良い素材を追求し、クオリティを高めたこだわりの強い製品展開」を実行していると言えるでしょう。

シンプルの中にある高級感や、美しさを楽しみたいという方に向いています。

品質の高さ

ワイルドスワンズは品質の高さに定評があるブランドでした。その魂を継承しているラストクロコップスも、品質の高さには自信があるようです。

例えば、コバと呼ばれる処理は丁寧で、綺麗な仕上がりとなっています。さらに、ラストクロコップスは選び抜かれた素材を使用し、革が厚い点が魅力です。

品質にこだわりを持つ方からの評価も高く、革小物マニアの間でも評判の革財布となっています。

経年変化を楽しめる

ラストクロコップスの革財布は経年変化を楽しむこともできます。

使い込むほど手の脂が染み込んでいき、輝きを増していく特徴を持ち、革質によっては、顔が映りこんでしまうほどの光沢を放つこともあるようです。

また、同ブランドのステッチは特殊な技術で革の表面よりも落とし込んでいるようで、縫い目へのダメージが少ないとも言われています。

そのため、革小物マニアも納得の行く経年変化を楽しめるのではないでしょうか。

楽天市場で見る

ラストクロコップスのQ&A

ラストクロコップスの革財布を購入する前に、購入を後悔しないためのQ&Aをご紹介したいと思います。

一問一答形式でご紹介していきますので、ぜひ、購入する前の参考にしてください。

ビジネススーツ用としても使えるの?

ラストクロコップスの革財布はビジネススーツとの相性が良いでしょう。

ただし、デザインが限定されてしまうこともあるため、じっくり選び、失敗のない革財布を購入する必要があります。

また、同ブランドの革財布は大きめで、革も分厚い特徴があるため、内ポケットやお尻のポケットに入れて持ち運びすることができません。その点も考慮する必要があるでしょう。

女性受けはいいの?

ブランドとしての知名度を重視する女性からの受けはイマイチです。ブランド力を意識する女性に合わせた革財布を選ぶ場合には、別ブランドの検討をおすすめします。

しかし、質やデザインを重視する女性からの受けは良いでしょう。品質やデザインに注目してもらえるようにすることで、ブランド重視の女性から目を向けられることもあるかもしれません。

また、どことなく男らしさを感じさせる印象があるため、ラストクロコップスの革財布を好む女性は多いと言えそうです。

彼氏や夫へのプレゼントにも向いている?

男性へのプレゼントは向いていない場合が多いでしょう。

理由はいくつかありますが、そもそもラストクロコップスがマニア向けブランドである点が挙げられます。革製品に強いこだわりを持ち、細部までじっくり見るような方に向いているでしょう。

しかし、使用されている素材やクオリティの高さを重視する場合には、同ブランドの革財布は向いていると言えます。

返品や交換はできるの?

購入者都合での返品は一切受け付けていただけません。なお、商品に不備があった際には、商品到着後3日以内に連絡することで、返品・交換を受け付けていただけるようです。

ラストクロコップスの評判

ラストクロコップスの革財布についてご紹介してきましたが、ここからは、より購入者や使用者に近い評判をご紹介していきたいと思います。

ぜひ、購入する際の参考にしてください。

良い評判

  • 品質が高い
  • 革にこだわりを持っている人にはたまらない革質
  • シンプルなデザインで飽きがこない
  • 経年変化をじっくり楽しむことができる

ラストクロコップスの良い評判は上記のような内容が中心でした。

良い評判の中でも、革にこだわりを持っている方からの評価は高く、革財布としての質に関して高評価を並べる方が多く見られました。基本性能が高く、こだわり抜かれた革に魅力を感じ、経年変化を楽しめるという仕様に、多くの方が魅了されています。

特に、経年変化は使用している革素材によって変わるため、購入者それぞれが革を選ぶ姿勢が必要になってくるようで、革小物マニアの間では革素材を選ぶまでに時間がかかるようです。

純粋に、上質な革素材の経年変化を楽しみたい方には、ワルピエール社のマレンマをおすすめできるでしょう。

悪い評判

  • ブランドの知名度が低い
  • 革が分厚い
  • 価格帯が高め
  • シンプルなデザインが多く、華やかなデザインが少ない

悪い評判として、知名度の低さや、革の分厚さなどが多く挙げられていました。

ラストクロコップスは雑誌掲載をされることもあるブランドではありますが、万人受けする革製品を扱っているというよりは、革小物マニアの間で評判になる製品を作っているという特徴があります。

そのため、一般的な知名度は低く、ブランド名を上げても知っているという方は少ないでしょう。ブランド力を重視する方には向いていないブランドになります。

また、革が薄く、内ポケットに入れて持ち運びたいという方にも向いていないブランド革財布です。ラストクロコップスの革財布は革が分厚く、耐久力や高級感を追及している特徴を持っています。

ラストクロコップスの売れ筋商品ラインナップ

ラストクロコップスの革財布は素材にこだわり、高いクオリティを実現していますが、日々使用する財布はその使用感も重要なポイントです。

そこで、ラストクロコップスの売れ筋商品をピックアップし、その特徴を表にしてご紹介していきたいと思います。

長財布

STEED Maremma

長

長2

価 格55,000円
サイズ(cm)W19.5×H10.0×D3.0
素 材牛革(マレンマ/ショルダーレザー)
仕 様小銭入れ付き二つ折り長財布
札入れ1
小銭入れ1
内ポケット1
背面ポケットなし
カードポケット8
革の仕様マレンマ/ショルダーレザー
カラークロ・チョコ・ナチュラル
生産国日本

イタリアの老舗タンナーとして名高い「ワルピエール社」のマレンマを使用した、小銭入れ付き二つ折り長財布です。

使用しているマレンマとは「湿地」を意味しており、ワルピエール社が製造しているオイルレザー「ブッテーロ」と比較すると、2倍以上のオイルを入れた、オイル感たっぷりのレザーとなっています。

そのため、経年変化のスピードが速く、お手入れもしばらくは乾拭きだけで良いため扱いやすい点が特徴的です。

また、収納するためのポケットもしっかりと設けられているため、財布としての機能性も高めだと言えるでしょう。革が分厚く、耐久性に優れている点も魅力です。

二つ折り財布

LC SPANKER I Limited Edition

11 (1)ew (1)

キャプチャ (1)eq (1)

価 格48,000円
サイズ(cm)W9.3×H10.5×D3.3
素 材内装:牛革(サドルプルアップ)

外装:牛革(ルガート)

仕 様小銭入れ付き二つ折り財布
札入れ2
小銭入れ1
内ポケットなし
背面ポケットなし
カードポケット3
革の仕様牛革
カラーネイビー・ワイン・ブラウンゴールド
生産国日本

ベルギー創業のタンナー「タンナリー・マズール社」の2種類の革を用いて作られた、小銭入れ付き二つ折り財布になります。

マズール社を代表するサドルプルアップレザーは、オイル感が特徴の革素材になっています。なお、サドルとは馬の鞍を指し、プルアップとは皮革を曲げたりすることで、オイルが皮革の繊維中を移動し、色の濃さが変わることを意味しているようです。

また、もう一つの革であるルガートは、透明感と深みのある自然な色ムラに加えて、ショルダー特有の深いトラシワが綺麗な模様として強調されている点が特徴的だと言えるでしょう。艶やかで自然な光沢を持たせた強い銀面は、革財布をはじめとする革小物に向いています。

革素材の良さの他、使用面でも一般的な二つ折り財布に劣ることはありません。カードポケットの収納力に物足りなさを感じる方もいるようですが、カードを選別できる方には向いている革財布でしょう。

小銭入れ

LC TONGUE Maremma

da (1) dad (1)

sasa (1) daad (1)

価 格17,500円
サイズ(cm)W10.5×H7.5×D2.5
素 材牛革(マレンマ)
仕 様カードポケット付コインケース
札入れなし
小銭入れ1
内ポケットなし
背面ポケットなし
カードポケット1
革の仕様マレンマ
カラークロ・チョコ・赤茶・ナチュラル
生産国日本

イタリアの老舗タンナーとして名高い「ワルピエール社」のマレンマを使用した、シンプルなコインケースになります。

皮革の量を増やすことで手間をかける時間も増やし、ラストクロコップスが製作する従来のコインケースよりもマレンマを楽しめるコインケースとなっている点が特徴です。

コインケースとしての機能の他、カードポケットを一つ設けているため、クレジットカードやICカードを入れておくことで、利便性が増すでしょう。

マレンマ特有の経年変化の速さにも注目できるコインケースです。

まとめ

ラストクロコップスは「より良い素材を追求し、クオリティを高めたこだわりの強い製品展開」を実現しているブランドだと言えます。

しかしその反面、革の分厚さに賛否両論があったり、価格帯に不満があったりなど、悪い評判も相応にあるようです。

それでも、革小物マニアの間では軒並み高い評価を得ているブランドになるため、革にこだわりを持っている革財布を使用したいという方に向いているでしょう。

楽天市場で見る

ABOUT ME
hori
nanairoでは、転職、カードローン、脱毛、通販などのジャンルを担当させてもらっています。