革小物

フランス製のお洒落なメンズ革財布は?厳選おすすめブランドを紹介

おしゃれな街フランスでは、一流ブランドも数多く生まれています。

ルイヴィトンやカルティエなどと聞くと高級ブランドであり、日本でも人気があります。

そんなフランスのブランドは革財布にもこだわっています。高級ブランドであるという点だけでなく、革財布の質にも力を入れています。

そんなフランス製の革製品の特徴やブランドごとの情報をまとめていきます。

芸術の国と言われているフランスでは、斬新なデザインのものやシンプルでありながらも高級感を漂わせた革製品が多く存在します。

ブランドごとに個性が強く出ているのも、フランスブランドの特徴と言えます。

そして、表面上のデザイン性だけでなく、使用する革や細かな細工などにもこだわりを持って作られています。

日本人でも聞いたことのあるハイブランドが集中していますが、その分質も高くなっています。

よって、1つの財布をじっくりと使い続けたいという人にはおすすめのブランドが並んでいるでしょう。

厳選したおすすめのフランス製ブランドを紹介

LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)

設立年1854年
価格帯5万円~10万円
革素材牛革、水牛革、馬革、山羊革など

ルイ・ヴィトンの特徴

ブランドとしては長い歴史があるルイヴィトンですが、日本人の中でも知らない人はいないというほど知名度も高くなっています。

ルイヴィトンはバッグや小物なども多く展開しており、その中の財布も品揃えが豊富で男性に人気があります。

型押しレザーを使用している財布に関しては、普通のレザーよりも丈夫になっています。

そのため型崩れなどせずに長年愛用できます。

購入される年齢層も10代以降と幅広くなっています。

みんな知っているブランドであるため、安心感もあるでしょう。

価格は製品によってばらつきがありますが、男性向けの財布はシンプルなデザインになっているので、いかにもルイヴィトンという感じがせずにさりげなく持つことができます。

ルイ・ヴィトンのおすすめポイント

  • メンズラインはシンプルでありながらも、ルイヴィトンのロゴが入っている程度になっている
  • 少し堅めに仕上がっているので、ポケットに入れても型崩れしない
  • シンプルなので飽きの来ないデザインが嬉しい

ディオールオム

設立年1946年
価格帯5万円~8万円
革素材牛革

ディオールオムの特徴

ディオールオムはあのクリスチャンディオールのメンズラインとして登場しました。

ディオールオムでは財布以外にも香水や小物、バッグ、スーツなど男性の身だしなみを整えるために必要なものを揃えています。

基本的には柔らかい革を使用しているので、使い始めから手に馴染むようになっています。

硬い革が苦手な人にはディオールオムの財布は快適でしょう。

デザイン性は優れており、柄があるというよりは色でメリハリをつける、さりげなくオシャレ感を演出するといった感じになっています。

シンプルだけど大人の男性を魅了するようなデザインになっています。

ディオールオムの財布は20代や30代といった若い男性に人気があります。

年を取っても使えるデザインにはなっていますが、若い中落ち着いた財布を持ちたい人に選ばれています。

価格の幅が広く設定してあるので、自分の欲しいタイプの財布はいくらぐらいなのか相場を調べておきたいです。

長財布についてはカードポケットが充実しているので、薄めの財布にはなりますが収納力は抜群と言えます。

鞄や衣類の中ではかさばらないので、いつでも快適に持ち歩くことができるでしょう。

ディオールオムのおすすめポイント

  • 若い世代の男性を中心に人気がある
  • シンプルかつ洗練されたデザインで、大人な男性を演出してくれる
  • 財布のラインナップが豊富なので価格帯にも幅があるが、どれも機能性とデザイン性では満足させてくれる

Dior Homme(ディオール・オム)のメンズ革財布の魅力は?人気商品や評判を紹介

カルティエ

設立年1847年
価格帯3万円~10万円
革素材カーフレザーなど

カルティエの特徴

1800年代に生まれたカルティエは歴史あるハイブランドです。

世界中の貴族や王族に愛されてきたブランドでもあります。

メンズの財布について見てみると、全体的にシンプルなものが多いです。

ロゴが隅にワンポイントで入っていたり、さりげなくロゴの型押しがされているようになっています。

よって、カルティエの財布は若い人よりも30代以降の人に人気があります。

シンプルでありながらもロゴで主張するといった感じのデザインが多くなっているので、年齢を重ねてきた人にはぴったりです。

カルティエの財布に使用されている革は他のハイブランドで使用しているものよりも上質と言われています。

少し硬く感じますが、その分財布の形をキープしてくれます。デザイン性とカラーから、ビジネスシーンにも活用できます。

カルティエのおすすめポイント

  • 30代以降の大人な男性に人気のデザインが多い
  • 厳選された革のみを使用しているので、長年使ってもくたびれずに愛用できる
  • 製品によってサイズやデザインも少しずつ異なり、それぞれに良いところがある

Cartier(カルティエ)のメンズ革財布の魅力は?人気商品や評判を紹

ゴヤール

設立年1853年
価格帯10万円~15万円
革素材不明

ゴヤールの特徴

ゴヤールはルイヴィトンやカルティエなどに比べると、知名度は低くなっています。

しかし、財布の質は素晴らしく、知る人ぞ知るハイブランドとなっています。

価格もルイヴィトンよりも高くなっており、本当に質の高い優れたものを使いたい人にはおすすめです。

また、他の人が持っているものとは違うブランドの財布を持ちたいという時にもゴヤールはぴったりでしょう。

ゴヤールではトワルゴヤールという、絹や麻などを使ってできた生地を使用しており、水に強く丈夫という特徴があります。

うっかり財布を濡らしてしまったという時にもゴヤールの財布はビクともしません。

さらに、ゴヤールではマーカージュといって、自分が購入した財布にイニシャルを刻印してくれます。

世界に1つだけのオリジナルな財布が出来上がります。

ゴヤールのおすすめポイント

  • 財布にイニシャルの刻印ができる
  • ハイブランドでありながらも他の人とは差をつけたい時にはぴったりなブランド
  • 日本では芸能人の間で使用されていることが多いので、扱っている店舗も増えてきた

GOYARD(ゴヤール)のメンズ革財布の魅力は?人気商品や評判を紹介

カミーユ・フォルネ

設立年1945年
価格帯10万円~25万円
革素材アリゲーター、リザード、牛など

カミーユ・フォルネの特徴

カミーユ・フォルネではさまざまな種類の革を使って、1つ1つ個性豊な製品を作っています。

革質や縫製の技術が素晴らしく、財布マニアの間でも高く評価されているブランドです。

入手困難な財布とも言われているので、欲しいと思ったら入手方法を調べないといけません。

30代から50代とおしゃれでありながらも大人の男性らしさを出してくれる財布を求めている人にとってはぴったりのブランドです。

カミーユ・フォルネのおすすめポイント

  • 水や耐久性の面では弱いが、革の質は上質で仕上がりも美しい
  • 年齢的に落ち着いてきた男性におすすめのデザインになっている財布が多い
  • 価格が一気に跳ね上がるが、本当に良いものを持ちたい人にはぴったり

カミーユ・フォルネのメンズ革財布の魅力は?人気商品や評判を紹介

まとめ

フランス製のブランドは知名度の高いものもあれば、マイナーだけれど上質なものなどがあります。

ブランドごとに仕上がりやこだわりは違います。

まずは、財布のデザインや革質などからチェックしてみると良いでしょう。

ABOUT ME
hori
nanairoでは、転職、カードローン、脱毛、通販などのジャンルを担当させてもらっています。