ヘルスケア

赤ちゃんから大人まで安心して飲める「ミルミル」「ミルミルS」便秘への働きは?

ヤクルトが展開する商品はお腹に優しいイメージがありますよね。

その中でも「ミルミル」「ミルミルS」が便秘予防に役立つということで注目を集めています。

どうして「ミルミル」「ミルミルS」が便秘予防に関係してくるのでしょうか?

こちらでは、「ミルミル」「ミルミルS」に秘められているお腹への働きを掘り下げていきます。

また、「ミルミル」と「ミルミルS」との違いやそれぞれの気になる口コミについてもご紹介しますので、気になる方はご購入の際の参考にしてくださいね。

「ミルミル」と「ミルミルS」

「ミルミル」と「ミルミルS」はそれぞれヤクルトから展開されている「はっ酵乳飲料」となります。

小さな容器がトレードマークのヤクルトに乳酸菌が含まれているのに対し、ミルミルにはビフィズス菌が含まれています。

それでは、「ミルミル」と「ミルミルS」とではどのような違いがあるのでしょうか?

それぞれから得られる働きの違いと、特徴について見ていきましょう。

ミルミルってどんな飲み物?

  出典:Yakult

まずミルミルは、程よい甘さとスッキリとしたミルク味が美味しい飲むタイプのヨーグルト(内容量100ml)です。

1.値段

価格は地域によって異なることがありますが、メーカー希望小売価格としては100円(税別)です。

また、コンビニやスーパーなど身近なお店での購入が可能となっています。

2.成分

成分としてはタンパク質3.2g、脂質1.7g、炭水化物15.6g、ナトリウム41mg、カルシウム106mg、ビタミンA27μg、そしてビフィズス菌BY株(1本100mlあたりに120億個)が含まれており、酸素を遮断する5重構造のブリック型紙容器に入っています。

3.便秘にオススメな理由と特徴

ミルミルが便秘にオススメな理由そして特徴として挙げられるのが、120億個ものビフィズス菌BY株が含まれている点です。

このビフィズス菌BY株は、プロバイオティクスとして生きたまま腸に届きます。

プロバイオティクスとは、菌が生きたまま腸に届くだけでなく体にとって嬉しい働きをもたらす微生物のことをいいます。

通常のビフィズス菌が胃や小腸などの大腸までの消化器官で死滅してしまいますが、プロバイオティクスとされる微生物はその心配がなく大腸での働きをしっかりと得られるのです。

そんなビフィズス菌BY株は、直接生きて届いた大腸に存在する善玉菌を増やしたり悪玉菌の働きを抑制してくれます。

ミルミルSってどんな飲み物?

  出典:Yakult

ミルミルSはヨーグルト味が特徴の飲むタイプのヨーグルト(内容量100ml) で、先にご紹介しましたミルミルの「プレミアムバージョン」として位置付けられています。

ミルミルが飲むタイプのヨーグルト(ミルク風味)でミルミル特有の味がするのに対し、ミルミルSはよりヨーグルト風味の味に仕上がっています。

1.値段

だいたいの製品では「プレミアムバージョン」となると通常のものより値段が少し高くなるイメージがありますよね。

しかしミルミルSの場合には、ミルミルと同じ価格の100円(税別・メーカー希望小売価格)となっていてお得感があります。

ミルミルSも地域によって価格が異なることがあります。

また、ミルミルがスーパーやコンビニでの購入が可能ですが、ミルミルSはヤクルト販売店・宅配のみの購入となっていますから注意が必要です。

2.成分

脱脂粉乳、還元麦芽糖水あめ、ポリデキストロース、甜茶(てんちゃ)エキス、香料、甘味料(スクラロース)、安定剤(ペクチン)、ガラクトオリゴ糖液糖(1.0g)、コラーゲン(100mg)、ビタミンE(8mg)、ピロリン酸鉄(4mg)、ビタミンB6(1.2mg)、葉酸(200μg)、ビタミンB12(2.4μg)、カルシウム(100mg)、食物繊維(2.5g)、脂質(0.1g)、タンパク質(3.2g)、炭水化物(10.6g)、ナトリウム(40mg)、そしてミルミルと同様にビフィズス菌BY株(1本100mlあたりに120億個)がブリック型容器に入っています。

ミルミルと同じ数だけのビフィズス菌BY株が配合されている一方で、ミルミルよりも多くの種類のビタミン類や栄養素そしてオリゴ糖がミルミルSに含まれていることが分かりますね。

ガラクオリゴ糖:オリゴ糖の中でもビフィズス菌を増やすものになります。

葉酸:水溶性のビタミンで、日常生活の中では不足しがちな栄養素です。不足すると貧血に繋がります。

ビタミンB6:赤血球内に含まれるヘモグロビンの合成に関係するビタミンです。また、不足すると肌荒れ、口内炎、皮膚炎、末梢神経炎の原因となります。

こうした働きのある栄養素を同時に得られるミルミルSは、便秘予防のために飲み続ける中でサプリメント的な役割も果たしてくれますね。

3.便秘にオススメな理由と特徴

プロバイオティクスの働きが得られるミルミルに対して、ミルミルSではプロバイオティクスの他にプレバイオティクスそしてシンバイオティクスの働きが期待できる点が便秘にオススメな理由とミルミルSならではの特徴になります。

まず、プレバイオティクスとは、ビフィズス菌BY株の餌となりそれらの増殖を促進することで、腸内環境の正常化をはじめとした健康維持に役立つ成分を指します。

プロバイオティクスの補助的な働きを持つ成分がプレバイオティクスと考えても問題ありません。

オリゴ糖や整腸作用の得られる食物繊維がプレバイオティクスにあたります。

また、こうしたプレバイオティクスとプロバイオティクスの両方が配合されているものや、両方を同時に摂取することをシンバイオティクスといいます。

したがって、ビフィズス菌BY株とその餌となるオリゴ糖・食物繊維を同時に得られるミルミルSは、シンバイオティクスの相乗効果からビフィズス菌BY株の働きを効率良く得られる飲料となっています。

ミルミルとミルミルSとの相違点

ミルミルからはプロバイオティクスを、ミルミルSからはプロバイオティクスに加えてプレバイオティクスが得られるシンバイオティクスを得られるという点が、便秘予防における相違点になります。

ビフィズス菌BY株とオリゴ糖・食物繊維とのシンバイオティクスによる相乗効果から、ミルミルSのほうが効率良くビフィズス菌の働きを得られると言っても過言ではありません。

もちろん、ミルミルには含まれていない栄養素やビタミン類がミルミルSに含まれている点、それぞれの入手方法・味も相違点として挙げられます。

実際に試した人の口コミは?

便秘を解消する目的でミルミルあるいはミルミルSをはじめるにあたり、実際に試した人の口コミが気になりますよね。

そこで、以下では実際に試した人の「良い口コミ」「悪い口コミ」の両方をご紹介します。

ミルミル

いい口コミ
  • 「自然に便秘が治りました」
  • 「便秘改善のために定期的に飲んでいる」
  • 「腸内環境が正常になり、下痢をほとんどしなくなった」
  • 「ヤクルトよりも効き目が高い」

ビフィズス菌の働きから自然と腸内環境が整っている口コミが多く見受けられます。ビフィズス菌BY株を豊富に含んでいるミルミルだからこそですね。

  • 「風邪予防になります」
  • 「お肌の調子が良い」
  • 「肌荒れしにくい気がします」

腸内環境を正常な状態にすることによる便秘予防効果以外にも、プロバイオティクスならではの嬉しい働きも!それだけ腸内環境が与える体への影響は大きなものなのですね。

悪い口コミ

「お腹に良いものの、値段が高くて続けられない」

便秘予防効果をはじめとしたプロバイオティクスを得続けるには、毎日1本を飲み続ける必要がありますから、1本あたり100円は人によっては割高に感じられるようですね。

  • 「味が苦手」
  • 「にんじんが入っているから独特の味がする」

にんじん汁が使用されていることによるミルミル特有の味が合わないという意見も。毎日続けるには合っている味のものでないと厳しいですね。

ミルミルS

いい口コミ
  • 「便秘の悩みが解消されました」
  • 「飲んだ次の日から絶好調」
  • 「下痢や便秘になる回数が減った」
  • 「ガスが溜まりにくくなった」
  • 「毎日お通じが来るようになりました」

ミルミルと同様に便秘予防効果が得られるミルミルSですが、シンバイオティクスによる相乗効果から即効性を感じられる意見も!

  • 「風邪やインフルエンザから守ってくれる」
  • 「酷いアレルギーの症状が改善された」
  • 「髪の状態が良いみたい」
  • 「妊婦さんには必要な成分が入っていて嬉しい」

美容効果を得ながら、アレルギー症状や風邪予防が軽くなったと感じられるのはとても嬉しいですね。

また、ミルミルSに含まれる不足しがちなビタミン類や栄養素は、特に妊婦の人に必要となるものばかりですから、それらを同時に得られるというのも魅力的です。

悪い口コミ
  • 「美味しいけど排便効果はイマイチ」
  • 「頑固な便秘に全く変化なし」

中には、便秘予防効果を得られないという口コミもあります。飲む前と飲んでからの実感が得られるかどうかには個人差がありそうですね。

「どこでも買えないのがマイナス点」

スーパーやコンビニなどでも入手できるミルミルに対し、ヤクルト販売店・宅配でしか購入できないという点がミルミルSのデメリットとして挙げられます。得られる成分や栄養素そして働きが高い反面、手軽な入手経路が絶たれるので一長一短かもしれません。

注意点

ミルミルとミルミルSは良い点・悪い点がそれぞれありますが、飲用する際に気を付けたい注意点は共通しています。

効率良くその働きを得るためには知っておきたい注意点について見ていきましょう。

1.継続的な飲用を

ミルミルとミルミルSは便秘予防効果が得られますが、一度にたくさん飲んだからといって得られる働きが高まるというわけではありません。

むしろ、1日1本を継続的に飲むことこそが一番大切です。

いつ飲んでも問題はありませんが、「朝起きてすぐ」が腸をより活発にできるベストタイミングとなりますよ。

また、効果を得られるかどうかには個人差がありますから、まずは「1日1本」の習慣を最低1週間の期間試すことをお勧めします。

それでも違いを実感できない場合には、合っていなかったと判断して控えるようにしましょう。

2.牛乳でお腹を壊す体質の人にはあまり適していない

ミルミルとミルミルSは共に乳酸菌飲料ですから、牛乳でお腹を壊す体質の人にはあまり適していないと言えます。

口当たりが良く美味しいミルミルとミルミルSですが、下痢気味になった場合には「体質に合っていない」と判断して飲用を中止してくださいね。

ミルミル、ミスミルSでお腹にアプローチ!

便秘を予防するには、善玉菌の増殖そして悪玉菌の抑制といった腸内環境の正常化へのアプローチが欠かせません。

プロバイオティクスであるビフィズス菌BY株が含まれている「ミルミル」「ミルミルS」だからこそ、優れた便秘予防効果が得られます。

嫌な便秘を予防するための新しい習慣としてミルミルやミルミルSの飲用を考えてみてはいかがでしょうか?入手方法や味、そして得られる栄養素などが異なりますから、毎日続けやすい方を選びたいですね。

どちらを選ぶか考える際には、こちらでご紹介しました内容を参考にしていただければ幸いです。

参考文献 一般社団法人全国発酵乳乳酸菌飲料協会 はっ酵乳乳酸菌飲料公正取引協議会

    ABOUT ME
    asamin
    九州出身♥自然大好き!旅行大好き!フットワークが軽いのが自慢です! nanairoでは、美容と健康を担当しています(^^)