英会話・留学

留学に保険は必要?【東京海上日動の海外留学保険】

留学保険をどの会社にしたらいいか悩んでいませんか?

東京海上日動は損害保険の国内最大手でサポートが充実しています。その分、少し保険料は高めですが、実績や口コミの評価が高く安心できる保険会社です。

ここでは、東京海上日動の海外留学保険について、その特徴や内容を詳しくご紹介します。保険料金の例や、申込方法などもご紹介します。

東京海上日動の海外留学保険

  出典:東京海上日動

東京海上日動のおすすめポイント

東京海上日動は日本最大手の損害保険会社で、他社に比べてサービスが充実していることが最大の特徴です。大手で、実績もあるため安心感が高いといえます。口コミを見ても、平均的には「対応がよい」「支払いがスムーズ」など、好印象のものが多いです。

提携病院は世界80都市以上にあります。日本語対応が可能なサポートデスクも世界55都市にあり、このネットワークの広さは大手ならではです。

提携病院では、キャッシュレスメディカルサービスで、現地で代金を支払わずに医療を受けることができます。提携外の病院でも、事前にサポートデスクに連絡を入れて保険料が支払われる見込みのものであれば、病院から直接東京海上日動に請求してもらうことができます。窓口での現金は不要なので、医療費が高額になりがちな、海外ではこのサービスがとても助かります。

東京海上日動のダイレクトコールサービスは24時間対応です。海外からの場合、時差などを気にせずに対応してもらえるので安心です。さらに、他社では電話対応をコールセンターなど他社に委託しているところも多いですが、東京海上日動はグループ会社の専任スタッフが対応してくれます。そのためか、トラブルが起きた場合の対応がわかりやすくスムーズという口コミが多くありました。

万が一のトラブルの場合にも、GPSやマッピングシステムなどを駆使して、症状にあった近くの病院を紹介してくれます。さらに、成田空港、新千歳空港内にも提携クリニックがあるので、出発前や帰国後に体調を崩した場合も安心です。

保険加入証明書(付保証明書)は7か国語で作成可能です。英語以外の、ドイツ語や中国語圏へ留学する場合に助かるサービスです。

東京海上日動のデメリット

東京海上日動のデメリットは、他社より保険料が高めだということです。突出して高いわけではありませんが、サポートや補償内容が充実している分、保険料も平均的に高くなります。

「少しお金がかかってもしっかりした補償をつけたい!」という人や、「海外旅行に慣れていなくて不安」という人にはおすすめです。価格は高めですが、万が一のことがあった時に「入ってよかったと思った」という声が多い保険会社です。

保険・補償内容

東京海上日動の海外留学保険は6ヶ月以上2年以内の範囲で申し込むことができます。6ヶ月未満の留学の場合は通常の海外旅行保険に留学生対象の補償を付けることができます。

海外留学以外にも、ワーキングホリデー、インターンシップ、ボランティア、駐在、海外派遣、長期出張などでもこの保険を使うことができます。現地で就職した場合や永住の場合は保険の対象外です。

補償される内容は以下の項目です。

・傷害死亡:留学中の事故で死亡した場合の補償

・傷害後遺傷害:留学中の事故で後遺障害になった場合の補償

・治療・救援費用:留学中に病院で治療を受けた場合の治療費の補償

・疾病死亡:留学中にかかった病気で死亡した場合の補償

・賠償責任:他人に怪我をさせたり、他人のものを壊してしまったりした場合の賠償金の補償

・携行品損害:持ち物が壊れてしまったり、盗難の被害に遭ったりした場合の補償

基本的に必要な内容はカバーされています。さらに、治療・救援費用を無制限に設定することも可能で、多額の治療費がかかった場合にも安心です。

【3ヶ月超のみ】

緊急一時帰国費用:親族が死亡するなどして緊急で一時帰国する場合の費用

【オプション】

・留学生賠償責任:他人に怪我をさせたり、他人のものを壊してしまったりした場合の賠償金の補償

・留学生生活用動産:物が壊れてしまったり、盗難の被害に遭ったりした場合の補償

・留学継続費用:扶養者が万が一、事故で死亡または重度後遺障害となった場合に、留学継続ができるように費用の補償

ホームステイや寮等の場合は、ホテルと同様、旅行中の滞在先として盗難や賠償の補償対象となりますが、アパートや家などの住居を借りる場合保証対象外となります。

その場合は、オプションの留学生賠償責任保険と留学生生活用動産保険に加入する必要があります。アパートの水漏れなどで下の階に被害が及び、多額の賠償をしたという例もあるので、「うっかり入り忘れた」ということがないように注意が必要です。

3ヶ月未満で対象の「トラベルプロテクト」

3ヶ月未満の海外旅行保険の場合、「トラベルプロテクト」というサービスを利用することができます。トラベルプロテクトでは以下のサービスを無料で受けることができます。

緊急時の現金手配

現金盗難など緊急で現金が必要になった場合、最大US1,000ドルまで用立ててくれます。世界32万か所で受け取りが可能で、金利、手数料が無料です。

電話通訳

言葉が通じず困った場合に使える電話通訳です。全て通訳してくれるわけではありませんが、電話スタッフに伝えたいことを日本語で言えば、相手に現地語で伝えてくれます。特に留学初期に、空港や移動などで困ってしまった場合に心強いサービスです。43か国語に対応しています。

その他、日本の家族などに電話やFAX、電子メールでメッセージを伝達してくれるサービス、パスポートやクレジットカード盗難、紛失の場合のサポート、ホテルまでの送迎サービスなどもあります。

保険プランと料金

東京海上日動の実際のプランの補償内容や料金の例をいくつか見てみましょう。

オフィシャルプランN4

【補償内容】

傷害死亡:1000万円

傷害後遺障害:3,000万円

治療・救援費用:無制限

疾病死亡:1,000万円

賠償責任:1億円

携行品損害:20万円

航空機寄託手荷物:10万円

航空機遅延:2万円

【保険料】

3ヶ月まで:48,830円(トラベルプロテクト付き)

6ヶ月まで:102,480円

9か月まで:158,540円

1年まで:214,960円

2年まで:429,930円

留学生プラン S2

【補償内容】

傷害死亡:3,000万円

傷害後遺障害:3,000万円

治療・救援費用:無制限

疾病死亡:1,000万円

留学生賠償責任:1億円

留学生生活動産:60万円

【保険料】

6ヶ月まで:122,420円

9か月まで:186,210円

1年まで:250,470円

2年まで:500,930円

どちらのプランとも補償金額は足すこともできますし、減らすこともできます。また、生活動産などはオプションで外すことも可能です。

※保険料は変更になる場合があります。実際に申し込む場合は、オフィシャルホームページや代理店などで確認してください。

申込方法

6ヶ月未満の一般のプランであれば、インターネットで出発当日まで申込可能です。その場合は、支払いはクレジットカードでも可能です。

6ヶ月以上の長期プランの場合、代理店窓口で申込をします。インターネットでも、代理店のホームページがたくさん見られるので、サイトを見て信頼できそうな会社を選んでまずは資料請求からしてみましょう。

海外旅行保険や留学保険は、自宅を出発してから帰宅するまでが保障対象となります。そのため、基本的には出発後は加入することができません。留学先についてから、後日加入するということができないので注意が必要です。

まとめ

サポートが充実していて安心できる保険に加入したい人は東京海上日動がおすすめです。留学継続費用の補償もつけることができるので、扶養者の万が一の場合にも備えることができます。

プランごとに補償内容が様々で、必要に応じて補償内容を押さえれば、ご紹介した料金プランより安く抑えることも可能です。

他の保険会社も別途ご紹介しているので、それぞれの特徴を比較しながらご自身にあった保険を選びましょう。長期の留学の場合、保険会社の比較なども時間がかかるので、早めに準備を開始しましょう!

ABOUT ME
yuri
旅行大好き☆食べること大好き☆オーストラリアと韓国に留学経験!!特技は韓国語♡何より大阪を愛してやまないアラサーwoman