MENU

英語を英語のままで理解できてる?英語脳を作るポイントとは?

英語を勉強する上で「英語脳」を作ることはとても大切。英語脳とは英語をそのまま英語として理解することです。さて、英語脳を作るにはどうすればよいのでしょうか?

目次

英語脳とは?

昔から、「英語を勉強するなら、英語を日本語に翻訳するのではなくそのまま理解する必要がある」といわれていますがこれが英語脳です。たとえば、「Hello」といわれたときに「こんにちは」と訳すのではなく、そのまま「Hello」で理解することです。

英語を英語で理解するというのは、英語でものを考えるということではありません。「英語の意味は日本語を使わずイメージで理解する」ということです。たとえば「boy」を日本語の少年として理解するのではなく、少年のイメージと結びつけるわけです。

しかし、イメージと結びつけるときには日本語で英語を学習することも避けては通れません。日本人の大人にとっては日本語を使わないで英語を勉強するのはとても難しいからです。

なぜ英語脳が必要なのか?

英語脳は会話をする上で必要なものです。なぜなら英会話において、相手の言葉をその都度日本語に訳していたら、相手のペースについて行くことができません。つまり会話が成立しなくなってしまうのです。

また、英文が日本語訳と一致しない場合は意味がわからなくなります。たとえば、傘をさすは「Open your umbrella」ですが、直訳すると意味が分かりづらくなります。訳さないでそのまま考えた方がしっくりきますね。これこそが英語脳の強みというわけです。

英語脳を作るpoint

英文を語順そのままで理解する

英語の語順は主語の次に動詞がきます。

日本語では動詞は最後ですので、「私はあなたが好きです」は「I like you」」となります。つまり「私 好き あなた」という語順ですね。このように、相手の言葉を語順通りにとらえていくことで、リアルタイムでの会話ができるようになります。

日本語に訳さない

倒置法で理解するようにしていくと、ある段階で「自分は日本語に訳していない」ということに気がつきます。これこそが英語脳の第一歩です。

長い文は関係代名詞を意識する

長い文は、意味がとりづらくなると思っていませんか?

ネイティブの人たちは、長文を理解しやすくする工夫をしています。それが、「that」や「which」「what」などの関係代名詞です。

関係代名詞を使うような長めの文章は日本語に訳そうとすると理解するのは難しいでしょう。逆に英語をそのままで理解していれば、さほど難しくはありません。

まずは中学の英文法を覚えよう

英語脳のためにはある程度の知識が必要です。そこでお勧めなのが中学までの英文法をしっかり覚えることです。

「それぐらいなら分かっている」と思っていても意外に忘れているものですから、もう一度復習してみましょう。

中学までの英文法を覚えるのには理由があります。

中学の英語文法がすべて英語で理解できるようになれば、ほとんどの日常会話がこなせるようになるからです。それほど分量も多くありませんので、遅くとも数週間で効果が実感できることでしょう。

英語環境を作る

さて、英語を訳さないで理解するようにできたら、次にしなければならないのが「英語環境を整える」ことです。英語環境といってももちろん海外へ行く必要はありません。日本にいながら英語環境簡単につくることができます。

1,普段使っている機器やサービスの言語設定を英語にする

携帯電話、スマートフォンには英語の言語設定があります。またgoogleやFacebook、twitterなどの設定も英語に変更しましょう。

これによって英語に慣れ、瞬間的に理解できるという効果が期待できます。

2.英語から情報を得るようにする

情報源を英語にしてみましょう。日常的に読んでいるメルマガや新聞などは英語のものにします。新聞で日本のニュースを読むならジャパンタイムズ、アメリカのニュースならニューヨークタイムズなどがよいでしょう。

もし、BBCやCNNが見られるのなら、ニュースも英語で聞きましょう。テレビ画面を見ながらだと、案外理解できるものです。それが自身にもつながりますので、お勧めです。

また、テレビドラマや映画を見るときも字幕の有無に関わらず極力英語で聞きましょう。最初のうちは意味が分からなくても大丈夫です。耳が英語に慣れることが一番大切なのです。

3.調べものは英語で

分からないことがあったら英語で調べる習慣をつけると英語力が格段にアップします。

英単語を調べるのも英和辞典や和英辞典ではなく「英英辞典」がお勧め。あまり知られていませんが、英英辞典は、読み物としてもおもしろいです。ただし、抽象的な語や専門用語は、英英辞典では分からないこともあります。そのときは英和辞典を使いましょう。

言語係数0.3の壁とは

英語を学習している人の誰もが、最初は順調に英語力が伸びていきます。本人もそれは実感でき励みになります。ところが、ある程度までいくと頭打ちとなりそこからなかなか伸びなくなってしまいます。それは、海外留学をしていても同じです。

ある程度というのは、個人差があるので一概には言えませんが、日常会話ではだいたい困らないというレベルです。

たとえばレストランでオーダーする、道案内をするといったところです。しかし、少し突っ込んだ話になるとついていけなくなります。また、ネイティブがゆっくり話してくれれば分かるけれど、ふつうのスピードで話されると分からないという状態でもあります。

その状態を言語係数0.3とされています。言語係数0.3とは「相手の言うことが3割分かる。自分が言いたいことは3割しか伝えられない」という状態です。この状態でとどまっている人は非常に多く、海外に何年も住んでいても言語係数は0.3のままの人もいるそうです。

この状態から脱するのに必要なのが英語脳というわけです。

英語脳を手に入れるためには

英語脳を手に入れるためには、どうすればいいのでしょうか?様々な方法があるのですが、以下の3つは比較的簡単なのに効果があります。是非実行してくださいね。

発音を矯正する

正しい発音でなければ、言葉は通じません。また、相手が話している言葉も理解できません。発音を矯正するには、ネイティブの発音をしっかり聞くことが一番。

最近では、スマホのアプリでもネイティブの発音を聞けるものがあります。ほとんどが無料のアプリですので気軽に試してみてはいかがでしょうか。

ヒヤリング力と語彙力を付ける

正しい発音を身につけるための訓練をすると、自然にヒヤリング力もアップします。ただ、せっかく聞き取れても単語の意味が分からないと意味がありません。

そこで、語彙を増やしていく必要があります。まず中学の英語教科書に出てくるような基本単語をマスターしましょう。また、文法が分からない。基本的な文法も習得しましょう。

英文を読む

英文を読むことも英語脳を作ることに有効です。その際、大切なのは自分のレベルに合った本を読むことです。

あまりに難しいものを読むと、英語自体が嫌いになってしまうかもしれません。英語力に自身がない人は語彙を制限した簡単な読み物の「語彙制限本」や「対訳本」がお勧め。対訳本は見開きページに日本語と英語が書かれていますので、英語の言い回しを覚えるのにも適しています。

他には、英字新聞や英語のニュースサイトもお勧めです。日本では報道されないようなニュース、また世界のトレンドが分かるため、楽しく読み進めることができます。

このように英語脳を鍛えていけば、言語係数を1に近づけていくことができます。言語係数1とは相手が話したことが即座にわかり、正しく自分の考えを相手に伝えることができるというものです。つまり日本人は日本語の言語係数が①と言うことになりますね。

まとめ

英語脳を作ることで、英話の力が向上します。英語を英語のまま感じ取ることは難しいようですが、しばらく勉強を続けると効果が実感できるでしょう。英会話の勉強をするなら、英語脳をつくるのは必要不可欠なものです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

旅行大好き☆食べること大好き☆オーストラリアと韓国に留学経験!!特技は韓国語♡何より大阪を愛してやまないアラサーwoman

コメント

コメントする

目次
閉じる