会社の上司や取引先とのゴルフで恥をかかない男性女性の服装マナー

ビジネスマンであれば、会社の上司や取引先とゴルフをプレーする機会もあると思います。仲間内でのカジュアルな場とは打って変わって、上司や取引先とのラウンドはそれなりのマナーを求められるもの。もちろん、ウェアについても同様です。

そこで今回は会社の上司や取引先とのゴルフというシチュエーションに限定して、守るべきウェアに関するマナーをご説明します。

ゴルフは『紳士のスポーツ』だから服装マナーも大切!

ゴルフの期限は18世紀のイギリスと言われています。以来、ゴルフは紳士のスポーツとして発展し、現在では多くのプレーヤーに楽しまれていますね。

しかし、紳士のスポーツであるからにはそれなりのルールやマナーが設けられていることは言うまでもありません。服装に関しても厳しいマナーが設けられており、マナー違反を犯すと最悪の場合プレーをお断りされてしまうケースもあります。それほどゴルフにとってドレスコードを守るのは大切なことなのです。

ゴルフ場の種類によってドレスコードは異なる

また、少しややこしいのですが、ゴルフ場によってもドレスコードが異なります。実はゴルフコースにはメンバーコースとパブリックコースがあり、それぞれ以下のような特徴があります。

メンバーコース

会員から集めた資金で運営されているコース。会員権を持っているプレーヤーが優先されます。比較的ドレスコードが厳しく、プレー時だけでなく来場時や退場時でもドレスコードに違反しないようしっかりと準備しておくことが必要です。

パブリックコース

会員制ではなくプレー代で運営されているコースです。ドレスコードは比較的緩めですが、最低限のマナーは守る必要があります。

ゴルフの服装マナー【男性編】

では、服装に関するマナーを細かく見ていきましょう。ますは男性からです。

ゴルフ場の行き帰りの服装マナー

ゴルフ場への来場時あるいはゴルフ場からの退場時には、以下の点に気を付けてウェアを選んでください。

全体的な印象

セミフォーマルなイメージです。ジャケットは必須になります。

ジャケット

材質は問いません。綿でも麻でも大丈夫ですが、無地のジャケットを選ぶようにしましょう。

シャツ

襟付きのシャツを着用しましょう。プレー時に着るポロシャツでも大丈夫です。

パンツ

チノパンでOKです。ジャージやジーンズはNG。シャツは中へインしましょう。

革靴などのフォーマルな靴にしましょう。スニーカーやサンダルなどはNGです。

プレー時の服装マナー

襟付きのポロシャツ+チノパンが基本の服装です。短パンを着用の際は、ハイソックスを忘れずに。また、危険防止の為、キャップ又はサンバイザーを着用しましょう。

季節ごとの服装のマナー

気温の変動が激しいため調整できる服装を意識しましょう。

着脱が楽なカーディガンやウインドブレーカーなど、暑くなってきたら簡単に調整できるアウターを着用するといいでしょう。

汗拭き用のタオルを首に巻くのは絶対NGです。吸汗速乾素材のウェアを選び、清潔感と涼しさを両立させましょう。また、いくら暑くても袖をまくってはいけません。

基本的には春と同じです。

厚着するとスイングの妨げになるので、ヒートテックなどのインナーで調整しましょう。また、薄手のダウンベストなども選択肢です。マフラーはNGです。

NGな男性の服装まとめ

  • 襟の無いトップス
  • ジーンズや作業着
  • サンダルやスニーカー
  • ジャージ・スウェット

などです。

ゴルフの服装マナー【女性編】

次に女性の服装マナーを見ていきましょう。

ゴルフ場の行き帰りの服装マナー

ゴルフ場への来場時あるいはゴルフ場からの退場時には、以下の点に気を付けてウェアを選んでください。

全体的な印象

男性と同じくセミフォーマルなイメージです。ただしドレスを着る必要はありません。

上着

ジャケットが無難ですが、カーディガンなどでも大丈夫なところが多いようです。

シャツ

襟付きシャツが基本です。ワンピースでも襟付きの物を着用してください。

パンツ

比較的自由ですが、あまり短すぎるスカートやスウェット・ジャージなどはNGです。

ヒールの低いパンプスが無難です。ミュールやハイヒールはNGです。

プレー時の服装マナー

男性と異なり豊富なバリエーションが楽しめます。ただし、トップスは襟付きで袖のあるものを着用しましょう。なお、ゴルフ場によってはノースリーブでもOKのところもあるようです。

季節ごとの服装のマナー

気温の変動が激しいため調整できる服装を意識しましょう。

Vネックセーターなどをシャツの上に着ると動きやすいですね。また着脱が楽なカーディガンやウインドブレーカーなど、暑くなってきたら簡単に調整できるアウターを着用するといいでしょう。

暑いからと言ってあまり露出する服装を着てしまうとNGです。ミニスカートは膝上10センチ程度までとしておきましょう。なお、日焼け対策を忘れずに。

基本的に春と同じです。

厚着するとスイングの妨げになるので、ヒートテックなどのインナーで調整しましょう。また、薄手のダウンベストなども選択肢です。マフラーやイヤーマフラーはNGです。

NGな女性の服装まとめ

  • キャミソール・ブラトップ
  • ジーンズ
  • サンダルやスニーカー
  • ハイヒール
  • ジャージ・スウェット

などです。

Q&A

最後に、初心者がよく疑問に思う内容について以下お答えいたします。

プレー中の服装はゴルフ専用ブランドでないとダメ?

ゴルフ専用ブランドでなくともOKです。むしろゴルフ専用ブランドで全身をコーディネートしているプレーヤーの方が少ないですね。ゴルフ専用ブランドは機能性に優れている分価格も高いので、無理して揃える必要はありません。

ユニクロの服でもOK?

マナーに違反していなければOKです。ユニクロはプロゴルファーでも着用しており、ゴルフ用に作られたウェアもラインナップされています。価格も安く、手軽にコーディネートを楽しめますよ。

サングラスはしてもよい?

大丈夫です。特に晴れの日は逆光でコースが見えづらい時があるため、サングラスを着用することを推奨します。その場合、動いてもずれにくいスポーツ用のものを用意してください。

ウェアを入れて行くバッグにマナーはあるの?

バッグについては特にマナーはありませんが、セミフォーマルな服装に合うバッグを選びましょう。スポーツバッグなどでも大丈夫です。

ラウンドの途中で着替えるのはよいの?

OKです。汗をかいた場合、ハーフとハーフの間で着替えることがあります。夏は予備のウェアを持参しておけば不快な思いをせずに済みますね。

避けたほうがよいウェアの色は?

金・銀・メタリック系のウェアは避けたほうがよいでしょう。また、全員緑色のコーディネートだと、ゴルフ場と一体化してしまうので危険です。

アクセサリーはしてもよい?

かまいませんが、あまり派手なアクセサリーは紛失やスイングの妨げになるので控えましょう。アクセサリーはコース内で紛失すると、まず見つけることが不可能です。

まとめ

簡単なようで意外と細かな点に注意する必要があるゴルフの服装マナー。基本的に「他人に不快感を与えない」服装を選ぶことを頭に入れておいてください。

なお、服装に関するマナーはゴルフ場によって異なります。コースへ行く前に、そのゴルフ場のホームページなどでドレスコードを確認し準備をするように心がけましょう。

この記事を書いたユーザー

hori
nanairoでは、転職、カードローン、脱毛、通販などのジャンルを担当させてもらっています。 horiの記事一覧

PICKUP

トップへ