ホワイトニングの基礎知識!歯を白くするおすすめの方法や効果を紹介

歯を白くしたい!そう思ったときに一番に思いつくのが「ホワイトニング」ですよね?

あなたの歯を輝くような白さにしてくれます。口元の印象はあなたの印象をがらっと変えてしまいます。

歯が白いだけで爽やかに見えたり清潔感が増します。

でもいったいどうやって歯を白くするのか具体的なことを知っていますか?

ホワイトニングにも様々な方法があります。

これからホワイトニングをしたいと考えているあなたのために、ホワイトニングの基礎知識についてご紹介します。

本来の歯よりも白くできる?ホワイトニングの基礎知識を紹介

そもそもホワイトニングとは

ホワイトニングとは、特殊な薬剤を使って歯の着色汚れを落とすことをいいます。

普段の歯磨きでは落とし切れない色素汚れが蓄積すると、歯が黄ばんで見えてしまいます。

それはあなたの印象を悪くしてしまい、不潔であったり不健康なイメージを他人に与えてしまう可能性もあるのです。

そこで、歯の表面を削らずに、汚れそのものに作用して白さを取り戻すことを目的とした治療法になります。

ホワイトニングには大きく分けて2種類存在します。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニング

オフィスホワイトニング

まず1つめが「オフィスホワイトニング」。

これは、歯科医院に行って歯医者さんに治療をしてもらうホワイトニングをいいます。

オフィスホワイトニングは薬剤を歯に塗って光や熱を照射する施術です。

病院で行うため、濃度の高い薬剤を使うことができることが特徴です。

それにより白さを実感できるのが早いです。

ホームホワイトニング

2つめが「ホームホワイトニング」。

こちらは、一度歯科医院に行き、マウスピースを作成してもらいます。

そこに薬剤を充填して歯にはめる、自分で行うホワイトニングになります。

歯科医院に何度も通わずにお家で空いた時間にできるのが特徴です。

ホワイトニングに使う薬剤はオフィスホワイトニングに比べてかなり弱くなります。

黄ばむ理由とは?

ホワイトニングが黄ばんだ歯を白くしてくれるのはわかりましたが、そもそも歯が黄ばんでしまう理由って何なのでしょうか?

歯が黄ばんでしまう理由として挙げられるのは、歯石と色素沈着。

歯石は元々は歯垢の塊で食べかすが放置され固くなってしまったものです。これは歯科医院で歯のクリーニングを行えば除去でき、白さを取り戻すことも可能です。

しかし色素沈着であった場合、このクリーニングでは除去できません。

色素沈着の原因は、コーヒーやタバコ、色の濃い食事などの色素が歯の内部までしみ込んでしまうことによって起こります。

こうなってしまうとホワイトニングをしなければ本来の歯の白さに戻すことができないのです。

白くなるメカニズム

では、ホワイトニングによって歯が白くなるメカニズムってどんなものなのでしょうか?

ホワイトニングの薬剤には主成分として過酸化水素や過酸化尿素が含まれており、一定の温度になると水と酸素に分解されます。

この時発生した酸素が歯の汚れを無色透明に分解してくれるのです。

オフィスホワイトニングでは、ここで光やレーザーを当てることによって早く温度を変化させることができ、効率よく酸素を発生できるので効果の実感が早くなるのです。

ホワイトニングをしたらどれくらいで白くなるの?

早くなるってどれくらい?って思いますよね。

これも薬剤の濃度や個人差があるのですが、オフィスホワイトニングでは、1回目に白さを実感できる人が多いです。

しかし想像してるような真っ白にはならず、最低でも2、3回は通う必要があります。

1回で十分白く薬剤が浸み込みやすくなっている時に続けて行うのがベストなので1週間置きに行かなければいけません。

回数を重ねるごとに白さが増していきます。

ホームホワイトニングでは、マウスピースを装着する時間は最低1日2時間。

これを2~4週間続けることでオフィスホワイトニングと同様の効果を得られます。

装着する時間は歯科医院や薬剤の濃度によるので8時間つけることを指導されるところもあります。

じっくり白くしていく方法になるので自然な白さに仕上がります。

ホワイトニングの料金はどれくらい?

ホワイトニングって高いイメージがある?はい、その通り。

オフィスホワイトニングは高いです!

これまた歯科医院によって、使っている機材や設備によって変動しますが相場で1回25000円~30000円。

高額なところで、完了するまでで数十万円かかるところもあるようです。

歯1本につき500円~1000円と設定しているところもありますが結局トータル料金を計算してみると20000円以上はしてしまいます。

1度では真っ白にならない可能性も高いので真っ白な歯を目指す人は60000円ほどはしそうですね。

ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングに比べるとまだ優しいお値段。8000円から30000円。

しかしこれも最初にかかる金額で、薬剤を追加購入していくことになるので白さを求めれば求めるほど高額にはなっていきます。

相場で30000円ほど。

料金が高いからいい治療を受けれる、効果が高いとは限りません。

高い金額設定には広告料や経費を上乗せしている場合も。

逆に、安いからダメってわけでもないので見極めが必要となってきます。

ホワイトニングの効果はどれくらい続くの?

料金が高いのがわかったら気になるのが効果の持続性!ですよね?!

これも個人差はあります。

オフィスホワイトニングは、白くなるのも早いですがその分、元に戻るのも早いのです。

一生白いってことはあり得ません。

早くて2~3ヶ月。1~2年もすれば元に戻ります。

ホームホワイトニングは、じっくり白くしていくため効果を感じるまでに時間がかかりますが、白さを半年~1年は維持できます。

しかしこれも一生ものではありませんのでメンテナンスが必要となってきます。

白さを長く継続させる方法は?

できるだけ長く白さを持続させたいですよね。

ホワイトニングで手に入れた白い歯に色を付着させないようにする。これに限ります。

では具体的にはというと、

飲食物に気をつけること!

特にホワイトニング直後、色が付着しやすい状態となっています。

食事制限されるのでしっかりと守りましょう。

色の濃いものは避けるようにすること。

コーヒーや紅茶、タバコ等の習慣がある人は要注意です。

歯の表面だけの着色であればクリーニングで落とせますが、しつこい汚れになってしまうと、またホワイトニングする必要にあります。

定期的にクリーニング

ホワイトニングに比べると断然低価格で行えるクリーニング。

定期的に行うことで白さを保つことが可能です。

日本人は虫歯にならないと歯科医院に行く習慣がありませんが、欧米では予防歯科は当たり前です。

歯石や歯垢を除去することで虫歯予防にもなります。

歯磨きを正しく

自分で毎日できることと言えば歯磨き!

歯磨きも正しくすれば白さを保つ方法となります。

丁寧に磨く癖をつけましょう。

ホワイトニングって痛いの?

ホワイトニングって「痛い」って聞いたことあるんだけど?

これは知覚過敏が原因なんです!

なので痛い人と痛くない人がいるということ。

歯の表面にはエナメル質が存在し、これは歯の神経、象牙質を護っています。

このエナメル質に微細なヒビがある人や隙間がある人はキーンとした痛みがしてしまいます。

歯茎に炎症がある人も同様で、ホワイトニングに使う薬剤がそれらに刺激を与えるため痛みを引き起こします。

ホワイトニングの種類別の特徴や効果

ホワイトニングと言えばよく聞く「審美歯科」ってなに?

ホワイトニングをしてもらう歯科医院はどう選んだらいいのでしょうか?

「審美歯科」というのを聞いたことはありますか?

「審美歯科」とは、「美しさ」と「機能」という意味があり、その2つに焦点を当てた総合的な歯科医療のことをいいます。

ホワイトニングもこの審美歯科の治療に分類されます。

審美専門歯科というのも存在し、審美治療に関して、より知識があり技術や経験も豊富な歯科医院となります。

オフィスホワイトニングには種類がいくつかあるので、その特徴によって選ぶのもおすすめです。

先ほどお話ししたように、歯科医院によって使われている機材が異なります。

この機材によってホワイトニングの種類が分けられています。

オフィスホワイトニングの種類

ブライトスマイル

アメリカで人気のホワイトニング。

NASAの科学者が開発した機材です。

ホワイトニングで最高の効果があるといわれており、60分で一度に20~24本を8~10段階白くする効果があります。

歯茎をガードして歯にジェルを塗ってプラズマの光を照射して行う方法です。

薬剤の濃度は低めなので刺激も少ないですが、最強と言われるだけに費用も高めに設定されがちで6~8万円が相場です。

ズームホワイトニング

Zoom!ホワイトニングは、アメリカのシェアNo.1企業のホワイトニングシステム。

いまでは3代目のZOOM!アドバンスを使用しているところが多いようで、こちらは45分ほどで6~8段階白くする効果をもっています。

メタルハライドという特殊な光を採用しており、短時間で白くできるのが特徴。

ブライトスマイルよりは料金が低くなりますが、相場3~5万円ほど。

ティオンホワイトニング

日本の企業が開発したホワイトニングなので日本人向け。

LEDライト使用していること、薬剤の濃度が低めで刺激が弱いことが特徴です。

ホームホワイトニングとしてティオンを扱っている歯科医院もあります。

1回で4~6段階白くなり、相場は2万5千円~5万円。

痛いのが嫌!という人におすすめです。

ビヨンドホワイトニング

アメリカのズームホワイトニングを参考にして開発された中国の企業のホワイトニング。

ハロゲンライトを使用していて、特殊フィルターによってライトから出る熱を抑えてくれるのが特徴です。

比較的リーズナブルで1回2万円ほど。3~5段階白くなります。

ポリリン酸ホワイトニング

薬剤にポリリン酸が含まれているホワイトニング。

刺激が少ないのが特徴で、歯の汚れを落としたり表面をコーティングしてくれる役割もあります。

治療費は安めで1回1万5千円~2万5千円程度。

あまり白くならないようですが、予防効果が大きいのがメリットになります。

レーザーホワイトニング

薬剤を塗布した歯にレーザー光を照射するホワイトニング。

即効性があり、着色汚れの分解が早い方法になります。

レーザー機器がかなり高額で、治療費も高額なところが多いです。相場が5万円~10万円。

ウォーキングブリーチ

歯の神経が死んでしまうと黒ずむ可能性が高くなります。

この黒ずみは、エナメル質に効果があるホワイトニングでは白くできません。

歯の中に漂白剤を入れて歩き回る(生活をする)という意味でウォーキングブリーチと呼ばれています。

費用は1回1000円~2000円ほどですが、続けて治療するためその都度費用はかかります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングと違って家で時間があるときにいつでもできる方法です。

オフィスホワイトニングよりは白くなるまでに時間がかかってしまいますが、歯科医院に通う手間も省け、料金も抑えられるメリットがあります。

マウスピースと薬液さえあれば、誰でもできるホワイトニングなのでお手軽です。

市販のマウスピースでもできるの?

市販のマウスピースでもできます。

通販でマウスピースと薬液がセットになったホワイトニングキットが販売されています。

しかし市販ということは、マウスピースの形が簡易的なものになってしまい、歯の形に沿っていないので薬液が十分に行き渡らない可能性があります。

その分薬剤を多く使ってしまうことにつながるので、マウスピースを市販のものにしたからといって、コストダウンはあまり期待できません。

自分で市販のマウスピースから作ることも可能ですが、歯医者さんにしてもらうのが一番効果的で効率よくホワイトニングできる方法となります。

矯正とホワイトニングを併用できるの?

矯正といえばワイヤーがあるものを思い浮かべますよね?

しかしいまでは「マウスピース矯正」というものがあり、透明で目立たない矯正方法として注目されています。

さらに、このマウスピースに薬液を流し込むと同時にホワイニングも可能なんです!

歯並びをきれいにしつつ歯を白くできる。一石二鳥の治療となっています。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングとは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する治療方法です。

オフィスホワイトニングの即効性と、ホームホワイトニングの持続性のどちらも実現できます。

いいとこどりの方法とは言えますが、その分やはり料金は高額になります。

相場で7万円~10万円。確実に白くなり、芸能人並みの白さを手に入れることができます。

セルフケアホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングは自由診療となり、保険がきかないためにかなり高額の治療費がかかってしまいます。

安くても1万円以上。もっとコストを抑えたい…。

そんな人にはセルフケアホワイトニングがおすすめです。

もちろん歯科医院での治療に比べると白くはなりにくいです。

しかしコストはかなり節約できます!

セルフケアホワイトニングにはどんな種類があるでしょうか?

歯磨き粉

歯磨き粉には汚れを落とす研磨剤が配合されています。

ホワイトニング用とされていますが、漂白作用はなく、着色汚れを除去する成分や歯をコーティングする成分等が含まれています。

歯の消しゴム

シリコンの消しゴムに研磨剤が含まれた商品です。

普段の歯磨きより汚れを落としてくれますが、歯の表面が傷つきやすいので注意です。

歯のマニキュア

爪に塗るマニキュアと同じように歯に塗るだけ!

成分は天然樹脂でサプリなんかに使われるものなので口に含んでも大丈夫です。

もちろん歯専用の物を使用してくださいね!

すぐ白くできるメリットとムラができてしまうデメリットがあるようです。

ホワイトニングテープ

アメリカで人気のホワイトニングテープ。

日本では販売されていませんがあるスポーツ選手が使っているとのことで有名になりました。

このテープには過酸化水素が含まれており、ホワイトニングできるという仕組み。

ホームホワイトニングのマウスピースがテープになったような商品です。

ホワイトニングジェル

歯磨き後に歯に塗るタイプの商品です。

着色汚れを浮き上がらせ、コーティングする成分が配合されています。

ホワイトニングとセラミックを比較

歯を白くする治療として挙げられる「ホワイトニング」。

その他にも「セラミック治療」というのが存在します。

どちらも審美歯科で治療できますが、歯を白くしたいと思ったとき、ホワイトニングとセラミックのどちらを選ぶべきなんでしょうか?

そもそもセラミックとは?

差し歯等に使われている素材で、金属を使用しない治療として採用されています。

金属に比べて軽いこと、そして変色しにくいことが特徴です。

セラミックといっても種類があり、使用箇所によっては値段が変わってきます。

セラミックは詰め物(インレー)として、被せ物(クラウン)としても使用でき、秀逸な素材となります。

ハイブリットセラミック

レジン(合成樹脂)と混合された素材。自然な白さで柔らかいのが特徴。

メタルボンドセラミック

外側がセラミックで内側が金属を使用。強度が上がるが、透明度が劣る。

オールセラミック

100%セラミック。天然の歯に一番近い。耐久性があり金属不使用なので安全。

ホワイトニングとセラミックの違いって??

ホワイトニングとセラミック、歯を白くする上でどちらがいいのでしょうか?

2つの違いは、ホワイトニングは天然の自分の歯を漂白して白くする方法、セラミック治療は天然の歯の上からセラミック素材の白い歯を被せる方法ということ。

2つを比べたときのセラミックのメリットとしては、

短期間で白さと歯並びを手に入れられるということ、

ホワイトニングで治療不可能な部分セラミックでは白さを実現できること、

変色が起こりにくいために色の後戻りがしないことです。

ホワイトニングのメリット・デメリット

ではホワイトニングのメリット、デメリットはなんでしょうか?

いままでの話を軽くまとめながら紹介したいと思います。

メリット

歯が白くて綺麗になる

ホワイトニングをすることの一番のメリットは、やはり歯が白くなること。

歯が白くなることで印象が明るく、いままで歯を気にして笑顔を見せれなかった人も思いっきり笑えます。

笑顔に自信がつくことで仕事や恋愛でうまくいくかもしれません!

歯を削らない

ホワイトニングは、歯を削ったり抜いたりしません。

ホワイトニングが普及される前は、着色部分を削ったりして治療していました。

薬剤の副作用等もないので安心して治療を受けられます。

セルフでも可能

効果はもちろん審美歯科にしてもらうのがベストですが、自分でもホワイトニングケアができます。

いまでは様々なホワイトニング商品が手軽に変える時代になっています。

日本では薬事法によりホワイトニング商品の販売は禁じられていますが、アメリカはオーラルケアに対して関心が高い国になるのでホワイトニング商品を多く販売しています。

ただ日本人向けには作られていないので、なにかあったときは自己責任にはなるので注意です!

自分の歯で治療できる

先ほど紹介したセラミック治療では、自分の歯にセラミック製の歯を被せます。

これに抵抗がある人、自分の本来の歯を白くしたいという人はホワイトニングがおすすめ。

デメリット

値段が高い

ホワイトニングは自由診療になり、歯科医院によって料金が変わりますし、保険がきかない治療になります。

セラミック治療は1本10万円ほどかかるので、それに比べると安いですが、ホワイトニングもかあり高額のものもあります。

しっかりと治療する審美歯科を見極める必要がありますね。

半年~1年で元通り、メンテナンス必要

ホワイトニングは永久的なものではありません。

毎日の食事等が影響して元の色にだんだん戻ってきます。

これをメンテナンスするために再度歯科医院に行き、ホワイトニングする必要があります。

痛いかも

先述したように、知覚過敏の人、歯周病の人は薬剤がしみて痛い可能性もあります。

ホワイトニングする前に治療するか、濃度の低い薬剤を選ぶかになります。

できない人もいる

妊娠中や授乳中は薬剤が完全に影響ないとは言えないので避けたほうがいいでしょう。

その他にも虫歯の人や知覚過敏がひどい人はできません。

危険度が高いのは、無カタラーゼ症と光過敏症の人。

無カタラーゼ症は過酸化物が文愛できなため、一般的な過酸化水素での治療は危険な疾患を招く恐れがあります。

光過敏症はライト照射していないオフィスホワイトニングか、ホームホワイトニングを選択すれば可能です。

こんな人におすすめのホワイトニング

ホワイトニング治療には、いろんな種類があることをご紹介してきました。

自分に合ったホワイトニング方法を選択してください。

簡単に歯を白くしたい

簡単であれば、オフィスホワイトニングがおすすめ。

全て歯医者さんが行ってくれる上に2,3回の施術で白さを手に入れられます。

値段が安くてできるだけ効果的な方法がいい

コストを抑えたい人には、ホームホワイトニングがおすすめ。

オフィスホワイトニングより断然コストダウンでき、時間がかかりますが、かなり効果的です。

高くてもいいから効果重視で歯を白くしたい

コストを無視するのであれば、デュアルホワイトニングが一番白くなります。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングのいいとこどりの方法になります。

歯のヤニを取りたい

歯のヤニ取りはホワイトニングというよりかは、クリーニングになります。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)といい、歯科医院で専用器具を使って清掃してもらう治療のことをいいます。

歯石除去や着色汚れを落としてもらうことでヤニ取りをすることができます。

市販のヤニを落とす歯磨き粉には、荒い研磨剤が含まれている可能性もあるので注意してください。

短期間で歯を白くしたい

オフィスホワイトニング全般が短期間で白くできますが、その中でもレーザーホワイトニングが即効性があります。

料金が高めに設定されているところが多いです。

市販の商品で簡単に歯を綺麗にしたい

市販の商品でおすすめは、クレストのホワイトニングテープ。

ホームホワイトニングと同じで過酸化水素を含んだシールが歯に密着するので、手軽に白くできます。

まとめ

いかがでしたか?

ホワイトニングの基礎知識についてご紹介しました。

白い歯はあなたの印象をぐっと明るくしてくれます。

普段からの歯磨きで汚れを落とす対策も必要ですが、ホワイトニングをすることで一気に白い歯を手に入れることができます!

自由診療になってしまうので、料金は高くなってしまいますが、是非自分に合ったホワイトニングの方法を見つけてみてください!