エチケット

誰にも言えないデリケートゾーンのにおい対策!【おすすめグッズ4選】

誰かに聞く事も難しいのが、デリケートゾーンのにおい対策です。

相談する事が出来ない分、ケアの仕方が分からない人も多いかと思います。

今回は、デリケートゾーンのにおい対策や、おすすめのグッズについてご紹介します。

デリケートゾーンの悩み

デリケートゾーンについての悩みは、多くの人が経験している悩み事です。

特に、におい問題は、周りに不快感を抱かせてしまう可能性もあり、頭を抱える事の多い問題です。

まずは、デリケートゾーンのにおいがどうして発生するのか、ケアをする時には何に気を付けるべきなのかを知りましょう。

デリケートゾーンのにおいが気になる

デリケートゾーンのにおいを気にする女性はたくさんいます。

女性の場合、生理やホルモンバランスの影響によってにおいに変化が起きる事もある為、においに敏感になってしまう人もいるでしょう。

一種独特なにおいや、酸っぱいにおいがするので、すぐにどこのにおいか分かってしまうのも困りものですね。

デリケートゾーンのにおいが生まれる原因はたくさんありますので、原因に基づいたケアを行う事が重要になっていきます。

においの原因は?

雑菌

デリケートゾーンのにおいが発生する原因の一つに、皮膚上の雑菌があげられます。

雑菌が、おりもの等の分泌物を分解する事によってにおいが発生しているのです。

においがきつくなってしまう、すそワキガもこの雑菌の働きによるものだと言われています。

デリケートゾーンのにおいケアでは、この雑菌に対するケアがとても重要になっていきます。

においが気になる時は、定期的に清潔にしておきましょう。

食事

この他、体臭をきつくする食材が関係している事もあります。

ニラやニンニクといった香草や、肉、アルコールを大量に食べる生活をしていると、体臭がきつくなります。

これはデリケートゾーンも例外ではありません。

体臭に影響を与える食べ物を食べ続けている場合は、それらの食材を控える必要があります。

お肉よりも野菜や果物、海藻等の体の中をきれいにしてくれる食品を食べるようにすると効果的です。

ホルモンバランス

ホルモンバランスの乱れによってにおいが変化している事もあります。

不規則な生活や栄養の偏った食事、過度のストレスがかかっている状態になると、ホルモンバランスが乱れていきます。

ホルモンバランスの乱れが起こると、肌が持つ汗を調節する機能や、肌を守るバリア機能が低下します。

においを生み出す雑菌が繁殖しやすい状態になる為、デリケートゾーンのにおいが強くなるのです。

生理によって引き起こされるホルモンバランスの乱れでも同じ現象が起きますから、生理が近くなるとにおいがきつくなる人もいます。

生活習慣の乱れが原因である場合は、規則正しい生活を心掛けるようにして下さい。

ストレスが原因の場合、ストレス源から離れるのが一番ですが、それが難しい場合は運動や趣味を行う時間を設けるとストレスの影響を軽減できます。

生理による乱れが原因の場合は、ホルモンバランスを整える食品やサプリメントを活用するといいでしょう。

病気かも?

この他、病気によってにおいが発生している場合もあります。

いきなりデリケートゾーンのにおいが強くなった場合や、ホルモンバランスが乱れた状態が長引いた場合は、病気の可能性を疑いましょう。

性病や感染症にかかっている可能性が高いので、できるだけ早く婦人科や泌尿器科での診察を受けるようにして下さい。

ケアには専用のものを使いましょう

デリケートゾーンのにおいは、皮膚の上にいる細菌がにおい物質を生み出す事により起きています。

その為、清潔にする事が大切になります。

しかし普通に体を洗う時の様に、ボディーソープや石鹸で洗うとかえってにおいが強くなってしまう場合もあるのです。

においを生み出す悪い菌の他に、こうした菌類の活動を抑え込む良い菌もいます。

普通のボディーソープや石鹸で洗ってしまうと、悪い菌だけでなく良い菌まで洗い流してしまうのです。

その為、毎日のように洗っていると、かえってにおいが強くなってしまう場合があります。

また、デリケートゾーンは他の部分よりも傷付きやすい部分ですから、普通のボディーソープや石鹸で洗ってしまうと肌を傷付けてしまう可能性もあるのです。

洗う時は、専用のケア用品を使用する必要があります。

また、デリケートゾーン専用のケア用品でも、使い過ぎると逆効果になってしまう事もありますから気を付けて使用する必要があります。

おすすめのデリケートゾーン用ケアグッズを紹介!

インクリア

産婦人科医と共同開発された、デリケートゾーンをケアするジェルです。

タンポンのように膣へ挿入して使う、使い切りタイプになります。

膣洗浄というよりかは、膣内の自浄作用をサポートし、デリケートゾーンのにおいやおりものを軽減してくれます。

中のジェルは乳酸を配合しており、膣内を酸性に傾け、雑菌の繁殖や侵入を防ぎます。

お値段は、3本入り1,296円、10本入りが3,888円です。

pHケア フェミニンウォッシュ

世界各地で販売されている、デリケートゾーン専用のボディーソープです。

天然のアロマオイルが配合されており、5種類の香りから選ぶ事が出来ます。

このボディーソープはデリケートゾーンと同じ酸性度で作られており、肌を守る良い菌を保持しながら、においを生み出す悪い菌を洗い流す事が出来ます。

肌のバリア機能を壊さずに洗浄できるので、肌を痛める事なくデリケートゾーンを清潔にする事が出来るのです。

値段はミニボトル(60ml)が税込み586円、ビッグボトルが997円となっています。

この他、全ての香りが30mlのお試しボトルに入っている、お試し用セットも販売されています。

コラージュ フルフル

フケ防止シャンプーで有名なコラージュ フルフルでは、デリケートゾーン用のボディーソープを販売しています。

デリケートゾーンに繁殖しやすいカビ菌と雑菌を殺菌する成分が含まれています。

弱酸性で出来た泡を使うので、肌をいたわりながら洗う事が出来ます。

優しく洗う事が出来るのに、すっきりとした洗い心地なので、ボディーシャンプーの持つヌルヌル感が苦手な人でも気持ちよく使う事が出来ます。

通販で購入出来る他、ドラッグストアでも販売されている事があります。

価格は150mlが税抜1,800円、300mlが税抜2,300円、詰め替え用の210mlが1,380円となっています。

ソフィ デリケートウェット

おりものや生理でデリケートゾーンが汚れてしまった時に使えるのが、ソフィのデリケートウェットです。

においの元をしっかりと拭きとる事が出来る他、髪の毛よりもずっと細い繊維で作られているので、肌を傷付けずにきれいにします。

ポーチにもすっぽり入るサイズな上に、水に溶けるようになっている為、使用後はトイレに流す事も出来ます。

外出中気になった時にさっとケアをするウェットティッシュです。

無香料とフレッシュフローラルの2種類が販売されています。

まとめ

誰にも言えない部分だからこそ、デリケートゾーンのケアはしっかりと行っておきたいものです。

デリケートゾーン用のケアグッズをうまく使い、常に清潔な状態を保てるようにしましょう。

    ABOUT ME
    kimako
    奈良出身!ファッション・おしゃれ大好き!海外ドラマにハマり中。 nanairoでは主に健康ジャンルを担当しています!