賃貸オフィス探しの「officee」が本気で仲介手数料無料に取り組んでいる理由を探ってきた

弊社nanairoは新しい事務所への引っ越しを考えているときに、初めて賃貸オフィス探しの「officee」に出会いました。 そこから、実際に物件の選定、内見、契約までの手続きを「officee」で行いましたが、無駄な仲介手数料等が本当に1円たりともかかりませんでした。 そんな、不動産の仲介会社では珍しいビジネスモデルを展開している「officee」について、運営する47株式会社へインタビュー取材に伺いました。

「officee」の仕組みを教えてもらえますか?

officee

今回、弊社としても「officee」を利用させていただいて、本当に仲介手数料が無料だったので、凄いサービスだなと感じたんですよ。自宅を探す場合でも、仲介手数料無料と宣伝していても、結局違う形でお金がかかるケースがほとんどじゃないですか?今回、それが手続きで無駄なお金が1円もかからなくて、驚きました。本当に仲介手数料無料の会社があるんだってことを、たくさんの方にも知っていただきたいなと思いました。なので、そのあたりの仕組みなども詳しく教えていただきたいなと思います。
この度はご利用ありがとうございました。仲介手数料無料の仕組みですが、実はとてもシンプルなんです。通常、オーナー様からは「広告料」などとして、お客様から「仲介手数料」として、それぞれ家賃1ヶ月分ずつの計2ヶ月分を成功報酬としていただくのが不動産の商慣習となっています。ですが、「officee」は純粋に、オーナー様から成約時にいただくフィーのみで運営しています。 ちなみに、nanairo様がお問い合わせくださったキッカケは何だったのでしょう?
インターネットの検索です。気になる物件名を検索したら上位に表示されたので、そのままお問い合わせをしました。
その際に、仲介手数料が無料だから、「officee」にお問い合わせいただいたというわけではなかったのですか?
そうですね、仲介手数料無料ってのは目に入ったのですが、その時はどうせ手数料を取られるんだろうなと思っていたんですよ。そんな仲介会社はないと思い込んでたので(笑)。だから、そこはあまり気にしていなかったです。それよりは検索した物件が、見やすく掲載されていたからですね。
弊社としては、正にそういったお客様のお手伝いをさせていただきたいと考えているんです。現在、たくさんのオーナー様や仲介会社様が、物件の情報をインターネットに公開しており、情報の質はどんどん上がっています。きっとお客様の中には、たくさん提案されたり、ゼロからコンサルティングされなくても、nanairo様のようにご自身で物件を見つけられる方も増えていると思うんです。
そのような方から家賃1ヶ月分の仲介手数料をいただくのはもらいすぎでは、という考えが根底にあります。気になる物件の内見、交渉や契約手続きがスムーズにできて、手数料分の浮いた費用を内装や家具に充てて頂く、そんなサービスを目指しています。
今後、店舗を構えて、移転を検討していない会社にもガンガン営業をかけてコストをかけるような旧来の不動産仲介モデルはどんどん減っていくと考えています。そして、WEB上で物件情報が質・量ともにますます充実していけば、お客様と仲介業者との情報の非対称性は無くなっていきます。物件情報を集めるところ、選ぶところはお客様に主導権を握っていただき、残りの契約のお手伝いだけを弊社が担うことで全体のコストを圧縮し、仲介手数料無料が実現できるという考えです。
といっても、仲介手数料無料にするとあまり儲からないですよね?それに、・・・そこまでして、本気で仲介手数料無料にしている理由って何ですか?
儲けることがゴールではないからですかね。確かに儲けようと思ったら、手数料はできるだけ取っておいた方がいいはずです。
そのゴールは、どこを目指しているんですか?
弊社のビジョンとして、「もっと暮らしやすくするための日本づくり」を掲げています。それって、暮らしのサービスをプラスの方向にもっと良くしていく、追求していくといったイメージでよく捉えられるのですが、どちらかというと、あるべき姿と比べてマイナスになってしまっているものを“普通”にしようよという考えなんです。
つまり、自分で選べるお客様から仲介手数料を頂くことは過剰かもしれないと思っているんです。お客様からすると、自分で探したのになぜこんなに払わないといけないんだという、納得感の低いコストですからね。弊社としても、運用コストを減らして、手数料無料でも事業が成り立つように目指しています。
ちなみに、同じ業界から嫌われたりしませんか(笑)?
そうですね、もしかしたら嫌われているかもしれません(笑)。やはり「無料」というのは人に警戒心を与えますし、入り口で安かろう悪かろうなんだろう、と思われる覚悟はしなければならないと思っています。丁寧に対応をして、そこの誤解を少しずつ解いていくのが毎日の課題ですね。
また、嫌われてしまうのは仕方がないと思うのですが、弊社のスタンスとしては他の仲介会社様のことを全く悪いとも、嫌いとも思っていません。「officee」というモデルはインターネットとの親和性の高いお客様には評判が良いですが、ゼロからコンサルティングが必要で毎回対面の打ち合わせをしたい、内見は全て車で回ってほしいというお客様には、別のサービスの方がマッチするかもしれません。様々な仲介サービスがある中で、選択肢の一つとして「officee」を使っていただければと思っております。

他の会社さんでは真似できないような「officee」のサービスってありますか?

WEBサービスである以上、コピーしようと思えばできるかもしれません。ただ、弊社はWEBに掲載する情報を集めることにかなり力を入れて頑張っています。恐らく、他の会社さんは真似したくないくらい、地味で面倒で手間のかかるやり方だと思います(笑)。
WEB経由でお客様と出会うキッカケを作るのは、不動産業界ではなかなか難しい部分だと思っているのですが、そこをとにかく頑張っています。クローリングで情報を集めるといったテクニカルな方法ではなく、現地に足を運んだり、電話やFAX等のIT業界がやりたくないような方法で地道にやってます。
徹底的に現場を周って、写真も撮ってるってことですか?
そうですね。WEBに掲載している写真は全て、弊社のスタッフが撮影したものです。購入したデータなどは一切ありません。内見や契約をする前の部分で、お客様にどれだけ時間を節約していただくか、というところで価値提供をしたいと考えています。お客様も法人様なので、無駄な内見は会社にとってのコストになってしまいます。
たとえば同業の方が入居している物件を契約することはないのに、現地でそれが判明するとか、そういったことを、極力事前に防げるよう、情報収集とその公開を徹底しています。サービスを開始したはじめの頃から、ひたすら現地に写真を撮りに行って、1件ずつコメントも入力して、データ入力してきました。そうすることで、現地に行かなくてもWEB上だけで物件のことがわかるっていう状態に近づけられるようずっと努力してきました。
今では物件のほとんどを撮影済みですが、とはいえ新築ビルができたり1階店舗が入れ替わったりしてアップデートする必要があるので、継続して現地取材をしています。
血の滲む努力ですね(笑)。だから、「officee」はあんなに見やすかったんですね。私も新しい事務所を探しましたけど、やっぱり断トツで見やすかったですよ。
ありがとうございます。将来的にはさらにお客様に有益な情報をご提供できるようにVR(Virtual Reality)等も取り入れていければいいなとは考えています。内見で昼に行ってもわからない夜の景色であったり、違うフロアの様子であったり、今までリアルでも見れなかったことも、もしかしたら見れるようになるかもしれないので。これからも頑張っていきます。

今後、全国展開も考えているのですか?

現在は拠点が東京のみ、取り扱いエリアは主要都市だけなので、大阪への支店展開や仙台や広島などの情報追加も考えてはいます。
あっ、こちらの「47株式会社」の意味は、47都道府県からきてるんですか!?
そうなんです、実は(笑)。一時「47オフィス」という、「officee」の前身となる全国のオフィス仲介サービスを展開しており、その後東京に情報を集約したんですけど、ようやくこの3年くらいで大阪などの主要都市はデータが充実してきました。

「47株式会社」は、創業してからどれくらいですか?
2002年に創業したので、15年経ちますね。昔は住宅やマンションもやっていたことがあるのですが、今はオフィス中心です。住宅やマンションの場合、情報を網羅することがなかなか難しく、仲介手数料無料を実現できる物件も限られていたためお客様にメリットをご提供できませんでした。途中でクローズすることになりましたね。またいつかチャレンジできればと思っています。

最後に

47株式会社のお洒落な打ち合わせスペース

私も今までオフィスや自宅で賃貸契約を何度も経験してきたのですが、本当に苦い思い出ばかりでして。引っ越しするたびにすぐに手数料でボッタクられて・・・御社みたいに正規の適正価格でサービスを提供しているのは、本当に素晴らしいことだと思います。今回、弊社で「officee」を利用させていただいて、実際に契約させていただきましたが、本当に仲介手数料無料なんだと、驚いたとともに結構感動しましたね。
ありがとうございます。これからも頑張っていきたいです!

nanairoの新オフィスをofficeeで契約しました!

nanairoの新オフィス エントランズ

弊社の新オフィスもofficeeで実際に契約したので、契約の流れを紹介します。officee内で興味がある物件を探して、問い合わせをすると、担当の方から連絡があり、物件の管理会社にコンタクトを取ってくれて、日程をすり合わせて物件見学を行います。 そして物件の申し込みを決めると、契約書や重要事項説明書が全て郵送してくれます。 その後、officeeの担当の方と日程を決めて、重要事項説明を受けるのですが、重要事項説明も、今はインターネットで映像で受けることができます。

at home

at homeが提供しているサービスにログインして、映像で、重要事項説明を受けました。 重要事項説明が終わったら、契約書などの捺印箇所を教えてもらい、契約書を返送することで契約が完了し、本当にインターネット上だけで契約ができました。

nanairoの新オフィス 打合せスペース

何回も会ってやり取りする必要もないので、すごく楽でスムーズに進みましたし、それで仲介手数料までかからず通常よりも安く契約することができたので、ある程度自分で物件選びをしてて候補が決まっている場合は確実におすすめです。 また、エリアと広さを伝えると、その候補物件もすぐにメールで送ってくれるため、情報の漏れも無さそうですし、急ぎで営業マンに探して欲しい!と思ってる方でも十分満足できるのでは?と思いました。 nanairoとしては事務所選びの際、officeeは本当におすすめできる素晴らしいサービスだと思ったので、ぜひ事務所選びの際の参考にしてください! 【仲介手数料無料の賃貸オフィス探し「officee」】

PICKUP CONTENTS

トップへ