未分類

どこのコンビニが糖質制限ダイエットに向いている?実際に比較してみた

どうもnanairoのNAOです。
最近コンビニでいろいろな低糖質商品が、売り出されています。
それぞれ違った特徴で売り出されていますが、どのコンビニが糖質ダイエットに向いてるか?をに比較していきます。

パンのコンビニ別比較

パン、種類

コンビニに低糖質なパンはあるの?

パンが好きな人は多いと思います。糖質制限ダイエット中だから、パンが食べられないことが一番辛い、という人もいるようです。

糖質0gではありませんから食べ過ぎは良くありませんが、適度に取り入れることでストレスを軽減できそうです。

ブランパン(糖質量2.2g※1個あたり)ローソン

普通のパンと変わらない食感で、おいしいです。また柔らかく、もちもちしており間になにか挟んで食べてみてもおいしいです。

ブランのプルコギピザパン(糖質量13.8g)ローソン

味が濃厚で『本当に低糖質のパン?』って思ってしまうほどおいしいかったです。

ブランのバンズ(糖質量11.3g)ローソン

単体で食べることはなく、ローソンで一緒に購入できるLチキンを挟んで食べます。

もともとあったLチキンバンズに比べて1/3の糖質量になっています。

ブランのチーズ蒸しケーキ(糖質量9.7g)ローソン

チーズ好きにはたまらない商品です。チーズのいい香りがする上、生地もふわふわでとてもいい食感です。

RIZAP塩チーズパン(糖質量9.6g)ファミリーマート

チーズの濃厚な香りが、食欲をそそります。味もチーズと塩がマッチしており、とてもおいしいです。

RIZAPトマトとチーズパン(糖質量8.6g)ファミリーマート

トマトとチーズがおいしく、パン自体もとてもおいしいです。

結果

僕の中では、低糖質なパンを購入するなら、ローソンのパンをおすすめします。

ローソンの低糖質なパンが1番種類も多く、糖質量もきちんと記載されておりました。

またファミマは、ライザップのパンで売り出していたのですが、置いている種類が少なくて、毎日利用するには不便です。

セブンイレブンでは、低糖質といえるパンがなかったです。

サラダのコンビニ別比較

サラダ種類

コンビニの低糖質なサラダの選び方

どのコンビニでも売られているサラダですが、一緒のような種類、名前の商品が多いです。

しかし、比較してみれば、糖質量の違いがはっきりと見えてきます。

シーチキン&コーンサラダ(糖質量3.9g)ローソン

商品の画像

ツナとたまごのサラダ(糖質量5.2g)セブンイレブン

商品の画像

シーチキン&コーンサラダ(糖質量8.1g)ファミリーマート

商品の画像

  • 豚しゃぶのサラダ(糖質量4.2g)ローソン
  • 香味ドレッシングの豚しゃぶサラダ(糖質量6.3g)セブンイレブン
  • おろしポン酢豚しゃぶサラダ(糖質量9.0g)ファミリーマート

商品名は違いますが、入っている食材は、ほぼ一緒です。もちろん量が違ってはきますが。

糖質ダイエット中ですから、できるだけ糖質の低いもの食べてください。

その他のサラダ

まぜて食べるパリパリ麺サラダ(糖質量26.2g)ローソン

パリパリした麺に和風ドレッシングが、よく絡みつきサラダにも合い、とてもおいしです。

キーマカレー風サラダ(糖質量7.2g)ファミリーマート

鶏胸肉と大豆ミートをスパイスで炒めている商品です。カレーのドレッシングがついていて、ゆで卵、鶏肉、大豆がはっておりますので野菜を食べているという感覚が少なく感じました。野菜が苦手な人におすすめです。

8種具材とこんにゃく麺のサラダ(糖質量13.8g)セブンイレブン

ポン酢がついており、ゆずの香りが食欲をそそります。こんにゃく麺はしっかりと歯ごたえがあり、サラダとの相性がいいです。

結果

類似したサラダ商品で、糖質量がもっとも低かったのはローソンの商品でした。

類似のサラダでもコンビニによって糖質量が変わってくるので、注意してください。

また、各コンビニでいろいろなサラダが売り出されているので、試してみてはいかがですか?

麺(生麺・カップラーメン)のコンビニ別比較

ラーメン種類

コンビニに低糖質な麺はあるの?

最近は低糖質麺などの商品もたくさん登場しています。低糖質な麺は、コンビニでも取扱が増えてきています。

それを選べば糖質制限ダイエット中でも麺類を食べることができます。

冷やしうどん風こんにゃく麺(糖質量6.2g)ローソン

麺は糖質量0gですが、つゆが糖質量6.2gもあります。歯ごたえがあり、こんにゃく麺がさほど気になりません。

ライザップ醬油豚骨ラーメン(糖質量17.5g)ファミマ

濃厚なスープに肉やネギがたっぷりはいっており、麺も美味しいです。本当に普通のカップラーメン負けないぐらい濃厚で、とてもおいしく、よく食べています。

豆腐そうめん風胡麻ダレ付き(糖質量7.3g)セブンイレブン

胡麻ダレがおいしく、そうめんに合います。

簡単に食べられるため、会社などで手間がかからないのでとてもいいです。量が少ないので、足りないと感じる人は、ホットスナックで補うといいですね。

結果

僕の中では、ファミマの低糖質なカップラーメンを1番おすすめします。

ライザップ醬油豚骨ラーメンは味付けがおいしく『本当に低糖質なの?』と思えるほど、濃厚なカップラーメンです。

またセブンイレブンの豆腐そうめん風胡麻ダレ付きは、味がおいしいかったのですが、量が少なく感じました。

ローソンの低糖質な麺は、量が少なく、味付けもあっさりしているため、満腹感は得られません。

お菓子のコンビニ別比較

お菓子種類

糖質制限ダイエット中でもコンビニのお菓子を買っていい?

お菓子は糖質制限ダイエット中には、NGと思われがちですが、低糖質のお菓子もあります。

種類も多く、中にはしっかりと甘みのあるものもありますから、甘党さんにおすすめです。

ブランチョコクリームサンド(糖質量8.4g)ローソン

普通のビスケットと変わらずチョコクリームしっかりと甘さがあるのでとてもおいしく食べられます。また小分けにしてくれているので保管にも便利です。

こんにゃくチップスコンソメ風味(糖質量8.6g)ローソン

こんにゃくチップスは普通のポテトチップスより食べ応えがあり、コンソメ味がしっかりとついて、おいしいです。

ライザップコーラグミ(糖質量18.4g)ファミマ

グミ本来の弾力があり、甘くておいしいです。またこのグミにはコラーゲンや食物繊維が摂取できます。

ミックスナッツ(糖質量8.6g)セブンイレブン

4種類のナッツが入っており、いろいろな味が楽しめます。

またナッツは栄養豊富な食材で、またお酒のつまみとしてもよく合いますよ。

メープルシロップくるみ(糖質量11.9g)セブンイレブン

くるみには豊富な栄養分がたくさん含まれています。

しかもくるみには、食物繊維が含まれております。

味はくるみにしっかりとメープルシロップがかかっており、おいしかったです。

結果

お菓子は、各コンビニそれぞれ低糖質な商品があります。

種類の数で言えば、ローソンが1番多いと思います。

スイーツのコンビニ別比較

スイーツ種類

コンビニの低糖質なスイーツの選び方

コンビニ各社の創意工夫によって、たくさんの商品が低糖質に作られています。通常のスイーツとは比べ物にできないほど、糖質が少ないです。

しかし、低糖質だからといって食べ過ぎには注意してください。

ふんわりミルククリームサンド(糖質量7.9g)ローソン

本当にふんわりしていています。『糖質は大丈夫なの?』と思うほど、クリームが甘く濃厚でおいしかったです。

しっとり濃厚ショコラケーキ(糖質量9.9g)ローソン

チョコレート本来の苦みや甘さが出ていてしっとりとした食感でおいしいです。見た目は小さいですけどこれひとつで満足のいくスイーツになります。

ライザップどら焼き(糖質量18.1g)ファミマ

普通のどら焼きの約半分くらいのライザップのどら焼きがあります。

味はとても良い甘さで生地もあんこもしっかり味があり、とてもおいしく食べられました。

チーズアイスバー(糖質量6.3g)ファミマ

アイスは基本低糖質ですが、さらに一般的なアイスの約半分の糖質をカットしてくれているライザップのアイス。

味はチーズが濃厚でチーズをそのままアイスにした感覚です。チーズ好きにはたまらない商品です。

寒天ゼリー(りんご味・糖質量1.75g)セブンイレブン

寒天ゼリーは甘みを出すために砂糖が使われていることが多いです。

そのため低糖質なイメージがあっても、一つで糖質量が約8g~13gもあります。

しかし、セブンイレブンの寒天ゼリーは体に吸収されにくい砂糖を使用しているために、低糖質に仕上がっています。

また種類も豊富で、様々な味が楽しめます。

結果

ローソン、ファミマ共に低糖質なスイーツが豊富で、おいしい商品ばかりです。

セブンイレブンは、寒天ゼリーしかなく、味の種類は何点かありますが、種類の数で言えば少ないです。

まとめ

僕の中では、ローソンが1番糖質制限ダイエットに向いてると思います。

糖質量の表記があるために、購入する際に便利です。

また、商品がいっぱいあるため、飽きずに続けていけます。

もし、飽きてしまえばローソンだけにとどまらずに、ファミマ、セブンイレブンにも低糖質な商品は、あるので試してみてください。

ABOUT ME
tojo
nanairoではモデル兼トレーニングの記事を執筆しています。