【2021新春】名店おせちの予約状況

目元のクマを消す食べ物を知りたい…何を食べればいいの?

目元のクマは疲れた印象や老けた印象を与えてしまい、多くの方が悩んでいます。

私も現在、黒クマと茶クマで悩んでいるところです。

クマ対策には化粧品やエステ、美容皮膚科など外側からのアプローチがあります。

色々と試してみたけど…という方、外側からよりも内側から綺麗になりたいという方に向けて、クマのケアに良い食べ物を調べてみました☆

クマの種類と原因、見分け方

目元の皮膚は頬の皮膚に比べて約4分の1程度の薄さしかありません。

保水機能が低く、とても乾燥しやすい特徴があります。

瞬きも1日に約1万5千回行っていて、更にアイメイクやコンタクト、目を擦るなど多くの負担が皮膚に掛かってます。

目元はとてもデリケートな部位でトラブルが起こりやすく、多くの方が目元のクマを引き起こして悩んでいます。

目元のクマといっても、実は種類があります。

その見た目の色合いによって、「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」と3タイプに分けることが出来ます。

クマが出来てしまう原因は一様ではありません。

クマの種類とそれに対する原因と見分け方は以下の表の通りです。

クマの種類 原因 見分け方
青クマ 血行不良 目元の皮膚を引っ張るとクマが薄くなる。
茶クマ 色素沈着 目元の皮膚を引っ張ってもクマは薄くならない。
黒クマ 皮膚のたるみ

へこみ

目元の皮膚を引っ張った時と上を向いたときにクマが薄くなる。

クマを消す為には、ご自身のクマが何に当てはまるのかを判別することが大切です。

見分ける際に、こちらのページもご参照ください。

目の下のくすみ、クマで印象が変わる!クマの種類と対策を紹介

「青クマ」を消す食べ物

「青クマ」が出来る原因

「青クマ」が起こる原因は「血行不良」です。

目の周りには多くの毛細血管が張り巡らされています。

目元の皮膚は大変薄いので、酸素と結びつかず、よどんだ静脈血が滞って透けて見えてしまいます。

これが「青クマ」なのです。

「青クマ」を消す食べ物とは

青クマを消すには、「血行不良」を改善することが重要です。

「血行不良」を改善するには、次のような成分を摂取することをお勧めします。

EPA、DHA

青魚にEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)という不飽和脂肪酸が多く含まれています。

EPA、DHAには血中のコレステロールや中性脂肪を下げる働きがあり、EPAには特に血栓を作りにくくして血流を良くする作用があります。

DHAには悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす作用が確認されています。

EPAが多く含まれる食品

すじこ、サバ、いくら、鮭、ほっけ

DHAが含まれる食品

サバ、ブリ、マグロ、ハマチ、サンマ

ポリフェノール(アントシアニン、ヘスペリジン)

ポリフェノールにはコレステロールの酸化を防ぐ抗酸化作用があります。

人は酸素を取り入れてエネルギーを燃焼して活動しており、代謝が行われる際に活性酸素が発生します。

活性酸素は本来、細菌やウイルスを撃退するために存在していますが、ストレスなどの要因により悪性のものに変化することがあります。

悪性の活性酸素が大量に発生すると、細胞やDNAを傷つけ老化や生活習慣病を引き起こします。

コレステロールには血液中の油分を排出する働きがあり、コレステロールが血液中に溜まりすぎると血液がドロドロになります。

ポリフェノールが悪性の活性酸素を撃退し、コレステロールの酸化を防いでくれるので血流改善に効果があるとされています。

自然界にポリフェノールは約5000種類以上も存在しています。

ポリフェノールの中でも「アントシアニン」をお勧めします。

「アントシアニン」は青紫色をした色素で、目の健康に関する効果が期待出来るとされています。

また、ポリフェノールの一種「ヘスぺリジン」は、抹消神経を強化して血流を良くしてくれる効果があるとされています。

別名「ビタミンP」とも呼ばれています。

アントシアニン、ヘスペリジンが含まれる食品

ポリフェノール種類 食品
アントシアニン カシス、ブルーベリー、ビルベリー、黒ゴマ
ヘスペリジン サンタベリー、ブドウ
ビタミンE

ビタミンEは脂溶性のビタミンで、活性酸素から細胞を守る、高い抗酸化作用があります。

また血管の収縮を促す物質の生成を抑えて、血管の拡張を促す働きがあり、血流改善に繋がります。

ビタミンEを多く含む食品

玄米、食物油、大豆、落花生、アーモンド、ほうれん草、かぼちゃ、アボカド、サンマ、マーガリン

血行不良は冷えからも起こります。シナモンやショウガは漢方薬にも使用され、血行を促進し、冷えを改善したりする効果があります。

「茶クマ」を消す食べ物

「茶クマ」が出来る原因

「茶クマ」が起こる原因は「色素沈着」です。

目を擦るなどの外的刺激や、紫外線などの内部への刺激がメラニン生成を促進します。

メラニンが生成されても通常はターンオーバーによって排出されます。

肌代謝が上手くいかず、堆積してしまったらメラニンが色素沈着となり「茶クマ」が出来てしまうのです。

「茶クマ」を消す食べ物とは

茶クマを消すには、「色素沈着」を抑える、もしくは肌代謝を促進することが重要です。

ビタミンC

ビタミンCは高い抗酸化作用があり、メラニン色素の生成を抑制します。

メラニン色素の生成を抑える役割を果たすコラーゲンの生成にも関与しており、肌代謝に必要な栄養素です。

ビタミンCを多く含む食品

レンコン、カリフラワー、赤ピーマン、アセロラ、レモン、イチゴ、キウイ、ケール、ゴーヤ

亜鉛

亜鉛とはミネラル成分の一つで、体内で生成出来ないため食事から摂取しなければならない必須ミネラルです。

新しい細胞が作られる際のDNAの複製やタンパク質の合成に欠かせない物質です。

肌の新陳代謝を高めるためにも必要です。

亜鉛を多く含む食品

牡蠣、豚レバー、パルメザンチーズ、ココア、まいたけ

「黒クマ」を消す食べ物

「黒クマ」が出来る原因

「黒クマ」の起こる原因は、「皮膚のたるみ、へたり」が原因です。

肌の奥にあるコラーゲンやエラスチンがスプリング状になって、肌の表面を支えてハリ感を出しています。

「青クマ」で前記しましたように、「活性酸素」が肌老化を進めます。

老化と共にコラーゲンとエラスチンのバランスが崩れて、ハリ感がなくなり皮膚がへたります。

また、眼球の位置が下がってくることで目の周りにある脂肪が突出します。

へたりによって出来る影や脂肪の突出で出来る影が「黒クマ」を引き起こしています。

「黒クマ」を消す食べ物

黒クマを消すには、この「皮膚の老化」を防ぎ、ハリ感を上げることが重要です。

肌老化の原因となる「活性酸素」を撃退するには、抗酸化物質が必要です。

アンチエイジングに繋がる食べ物を摂取することをお勧めします。

ビタミンA・C・E

抗酸化物質の代表的なものとして、ビタミン類があります。

中でもビタミンA・C・Eの3つが特に抗酸化力が高く、ビタミンACE(エース)と言われています。

ビタミンAは脂溶性のビタミンで、体内でビタミンAとして働くβ-カロテンは高い抗酸化力を持っています。

また、ビタミンAには角膜・網膜の細胞を正常にし、涙の量を一定に保つ働きがあり、不足するとドライアイになりやすくなります。

ビタミンAを多く含む食品

レバー、大葉、モロヘイヤ、ケール、ニンジン

※ビタミンE・Cは上記していますので、「青クマ」・「茶クマ」をご参照ください。

ポリフェノール(カテキン・レスベラトロール・プロシアニジン)

青クマにて前記しましたように、ポリフェノールは光合成によってできる植物の色素や苦味成分のことで、5000種類以上発見されています。

ポリフェノールの中でも、カテキン(エピガロカテキンガレート)・レスベラトロール・プロシアニジンが高い抗酸化力を持ち、細胞を修復してくれる働きがあります。

ポリフェノールを含む食品

ポリフェノール種類 食品

カテキン

(エピガロカテキンガレート)

緑茶

レスベラトロール

ブドウ、コケモモ、ピーナッツ、ラズベリー

プロシアニジン

リンゴ
カロテノイド

カロテノイドとは動植物が持つ、天然の色素のことで、黄色や赤色の色素の総称です。

非常に高い抗酸化力をもっています。

代表的なものはβ-カロテンやアスタキサンチンやリコピン、ルテインなどがあります。

ルテインは目の疲れを取り、涙の質を高める作用があります。ルテインは目に蓄積する性質があるので、目への効果は期待が大きいです。

カロテノイドを含む食品

カロテノイド種類 食品

ルテイン

トウモロコシ、ほうれん草

アスタキサンチン

鮭、エビ

リコピン

トマト

β-カロテン

人参、ほうれん草
アミノ酸

肌のハリ感を出すためにはコラーゲンの生成が欠かせません。

コラーゲンはエラスチンと共に、表皮を支えて肌のハリ感を出しています。

黒クマを消すためにも必要な要素ですが、コラーゲンを多く含む食品を摂取しても、生命の維持活動に使用されるので肌への配分が少ないと言われています。

コラーゲンは体内でアミノ酸から作られています。

上質なアミノ酸を食事から摂取することも大切です。

アミノ酸を多く含む食品

鶏肉、牛肉、豚肉、卵、牛乳、あじ、鮭、カツオ

まとめ

肌を健やかに育むためには、酸素や栄養素が必要です。

それらを肌の細胞に届けているのは、肌の内側に網目のように張り巡らせされている血管です。

つまり血行が悪くなると肌に充分な酸素と栄養素が届きにくくなります。

すると、ターンオーバーのサイクルが阻害され、コラーゲンが作られる量も減り、結果として肌老化が進みます。

一つの問題が様々な問題を引き起こしています。

内側からのアプローチということで、今回はクマを消すために必要な食品をピックアップしました。

各クマで重複する食品もあります。

それぞれのクマに対する食品を摂取するアプローチをした上で、クマを改善するには全体的な視点が必要かもしれません。

様々な食品をバランスよく摂取することで、クマを消し、健康的な美肌を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

大阪出身♡趣味はアクセサリー作り・スポーツ観戦etc!!広島東洋カープにハマってます☆現在第1子妊娠中。

NEW POST