シミ・そばかすは、ターンオーバーの乱れのせい!?原因と対策は?

目次 ※クリックで開閉します

肌のターンオーバーって言葉はよく聞きますが、それってそもそもどういうことなんでしょうか。それが乱れると肌の調子も悪くなる、というのはなんとなく理解できます。じゃぁそうならないためにはどんなスキンケアをすればいいんでしょうか。

ターンオーバーとは?

ターンオーバーとは「細胞が生まれ変わること」です。つまり新陳代謝によって肌が生まれ変わることを意味します。具体的には、約28日周期で肌の表皮の角質細胞が入れ替わります。

例えば、怪我をしてキズが出来たとします。キズが落ち着くとかさぶたが出来て自然と剥がれ落ちます。

そうするとキズがあった場所は新しい皮膚になっていますよね。

これも、ターンオーバーによって肌が生まれ変わっているからです。このように常にターンオーバーによって、古い皮膚はアカとして剥がれ落ちているのです。

ターンオーバーの仕組み

ターンオーバーは肌の表面の皮膚、いわゆる「表皮」という部分で起こるものです。

この表皮は、角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4つの層によってできています。

 

まず一番下の基底層で新しい細胞が生まれます。

基底層には血管から栄養を摂取して、新しい細胞を生み出す力があります。そしてその細胞は有棘層、顆粒層へと変化をしながら上がってきて、角質層へとやってきます。

角質層は肌の一番表面の皮膚です。その役目は体内で必要な水分を逃さずに保護することです。

役目を終えると角化(アカ)となり剥がれ落ちます。これがターンオーバーの仕組みです。

つまり基底層で生まれた細胞が肌を守り、最後は角化して剥がれ落ちるサイクルがターンオーバーです。

真皮はターンオーバーをしない!

真皮は基底層より深い場所にある皮膚のことです。

コラーゲンやヒアルロン酸が作られるなど、美しい肌を保つための重要な役割があります。

ところがこの真皮には、ターンオーバーの機能がありません。新しい細胞をつくり出す能力がないからです。

例えば真皮まで到達するような深い傷を負ったとします。

ターンオーバーする能力がないため、この傷は一生残ることが多いです。

小さい頃のやけど跡や傷跡が残っている人はこの可能性が高いです。

だからシミやそばかすの原因であるメラニン色素が真皮まで達すると、その改善は難しいです。

そしてそれはシワやたるみの原因にもなります。だから基底層までで止めてターンオーバーで排出させる必要があります。

また、ターンオーバーの乱れによって肌の層が薄くなると、真皮まで紫外線などが侵入しやすくなります。

ただでさえ加齢とともに紫外線の影響で肌の弾力やハリが失われます。

だから紫外線対策などを行うことで、表皮のターンオーバーを活発にしたり、基底層まででとどまるようガードすることが大切です。

ターンオーバーが乱れる理由は?

ターンオーバーが早まる

ターンオーバーが早すぎると、乾燥肌になったり、肌のバリア機能が弱くなります。これは、新しく生まれた細胞が肌を守るための十分な機能を持たずに角質層に届いてしまうからです。

 

未熟な状態だと、本来の役目である肌の水分を保つ機能や、外部刺激から保護する役目を果たすことができません。水分はどんどんなくなり、乾燥肌、敏感肌になったり肌荒れを招きます。ターンオーバーが早まる原因は、日焼けやアトピーなどの炎症が起こった場合や、肌をこすりすぎた場合に起こりやすくなります。

ターンオーバーが遅い

ターンオーバーが遅くなると、毛穴がつまりニキビが出来やすくなり、その跡も残りやすくなります。また、遅くなればなるほど角質が分厚くなることと比例します。肌の透明感がなくなり、くすみが生まれます。メラニン色素の排出も遅れるため、シミも出来やすくなります。

遅くなる原因の一つは加齢です。20代では28日前後であったものが、30代、40代になるにつれ40~45日前後かかるようになります。くすみやシワ、シミの増加などはこのせいでもあります。

ターンオーバーの乱れが与える肌への影響

ターンオーバーは早くなっても遅くなっても肌トラブルを招きます。乾燥が気になるならターンオーバーが早くなっているのかもしれません。肌のくすみ、シミやシワ、化粧品の浸透が遅い場合は遅くなっている可能性があります。

 

ターンオーバーは外的刺激や加齢だけでなく、日々のスキンケアで、自分に合っていない化粧品を使っていると乱れる場合があります。正しいスキンケアをしないと、どんなに丁寧なケアをしてもトラブルは減りません。

乱れている人の特徴

健康な人の場合、ターンオーバーの周期は薬28日と言われていますが、

  1. 睡眠不足
  2. 食生活の乱れ
  3. 運動不足
  4. ストレス
  5. スキンケア
  6. 喫煙、飲酒
  7. 活性酸素の増加
⒈睡眠不足

ターンオーバーが最も乱れる原因は睡眠不足です。これはターンオーバーが就寝中に行われるからです。

だからといってたくさん眠ればいいわけではありません。質のいい睡眠を取る必要があります。

⒉食生活の乱れ

同じ生活習慣の乱れとして食生活や運動不足もあげられます。肉だけ、炭水化物だけ、野菜だけと偏食すると自律神経の乱れにもつながります。

また甘いもののとりすぎは体の糖化を進め、コラーゲンが破壊されます。肌が硬くなる、黄色くなる、ハリがなくなるなどの症状にもつながるので注意が必要です。

⒊運動不足

運動不足になると肥満だけでなく、基礎代謝の低下やストレスを招きます。

⒋ストレス

ストレスが多いと、基底層の働きである細胞づくりが阻害されます。

⒌スキンケア

日々のスキンケアも関係します。例えば洗顔する際のごしごし洗いは、まだ機能を果たせるはずの角質層まで落としてしまいます。

そうするとバリア機能が弱まり、外部刺激を受けやすくなります。

洗顔後の保湿も大切ですが、合わない化粧品を使っているとトラブルが起きやすくなります。

またケアする際は化粧水、美容液、乳液やクリーム、紫外線対策ときちんと使っているものに合わせて、ステップを踏まないといけません。

⒍喫煙、飲酒

喫煙は細胞を壊します。また、就寝前の飲酒も胃腸に負荷をかけ、知らず知らずのうちに睡眠中のストレスにになっていることがあります。

そうでなくともターンオーバーのためのエネルギーを消化に使うことになるので避けるようにしましょう。

⒎活性酸素の増加

喫煙やストレスなどが過剰な活性酸素が発生する原因です。これによって体が錆びます。

ターンオーバーを正常化するためには?

ターンオーバーはいくつかのポイントをおさえることで正常に導くことができます。

  1. 正しいスキンケア
  2. 食生活を整える
  3. 質のいい睡眠をとる
  4. 紫外線対策
⒈正しいスキンケア

まずは自分に合った化粧品を使い、正しいスキンケアをすることです。化粧水でしっかり保湿し、乳液やクリームなどの油分で水分の蒸発を防ぎます。気になる時はワセリンなどしっかりめのクリームで丁寧に保湿してください。肌の水分が失われると、紫外線などの外部刺激を受けやすくなったり、乾燥しやすくなります。

 

乾燥すればするほど、皮膚を守ろうとして角質が分厚くなります。これがくすみやシミを出来やすくします。気になる場合は適度なピーリングも効果的です。ただし肌が乾燥しているときは避けてください。

⒉食生活を整える

食生活はたんぱく質、ビタミン、亜鉛を中心に、バランスのとれた食事をすることが大切です。毎食が理想ですが、それが難しい場合は1日や1週間などある程度のスパンを決め、その中でバランスよく食事をしましょう。

⒊質のいい睡眠をとる

ターンオーバーに深い関わりがある睡眠は、就寝後3時間に質のいい睡眠をとることが重要です。身体の新陳代謝を促す成長ホルモンが分泌されるからです。

特に22時から翌2時くらいまでの間は化粧、食事、喫煙、飲酒、運動など体に負担となることは避けましょう。お風呂に入って2~3時間後に寝る習慣をつけるのもいいことです。

⒋紫外線対策

一年を通して日焼け対策は必須です。表皮に紫外線があたると、早く直そうとしてターンオーバーが早くなるからです。日焼け止めを使う際は2時間くらいで塗り直し、帽子や日傘も活用しましょう。

いつまでもキレイでいたいなら、生活習慣を見直しから♡

ターンオーバーは私たちの肌を美しく保つための自然のサイクルです。このサイクルが早まっても遅くなっても、シミやそばかすなど肌トラブルの原因になります。

ターンオーバーを正常な周期にするには、しっかり保湿し肌の水分を守れるようなスキンケアと、バランスのとれた食事が大切です。

また、夜は新陳代謝を促すために質のいい睡眠を取れる工夫をしたり、日々肌へダメージを与える紫外線に対し対策をとることが大切です。

PICKUP CONTENTS

トップへ