ウォータープルーフの日焼け止めおすすめ10選♡正しい落とし方は?

目次 ※クリックで開閉します

暑くなってくると外に出ただけで汗が噴き出るという人も多いのではないでしょうか。汗をかくと服への汗染みや匂いはもちろんのこと、せっかく塗った日焼け止めが落ちてしまうのではないかと心配になりますよね。

そこで今回は、通常のものよりも落ちにくいとされる「ウォータープルーフ」の日焼け止めについて、その特徴や落とし方のほか、おすすめ商品もいくつか紹介していきたいと思います。

ウォータープルーフの日焼け止めとは

ウォータープルーフ(Waterproof)の日焼け止めとは、一言で言えば防水性・耐水性に優れた商品のことです。日焼け止め以外にマスカラやアイラインなどでもウォータープルーフの性質を持つ商品は多く販売されています。

ウォータープルーフの日焼け止めの特徴

ウォータープルーフの日焼け止めの一番の特徴は、“水や汗で落ちにくい”ことと言えます。そしてこういった性質を維持するために、ウォータープルーフの日焼け止めには合成界面活性剤のひとつである「乳化剤」が使用されているほか、全体的に油分が多めとなっているそうです。

また、乳化剤にはたいてい化学物質が使用されているため、肌へ負担は比較的大きいと考えられます。

ウォータープルーフだからと言って油断しない!

ウォータープルーフの日焼け止めは通常のものと比べて、確かに汗や水で落ちにくくはありますが、「まったく落ちない」というわけではありません。

実際にどんなに高品質な日焼け止めだとしても、1~2時間水の中に入っていると落ちてしまうと言われています。そのため、屋外プールや海など、長時間のレジャーへ出かける際は特に適度な塗り直しが必要となります。

ウォータープルーフの日焼け止めの落とし方は?

最近はウォータープルーフの日焼け止めとはいっても、普段使いの石鹸やクレンジングで簡単に落とせるようになってきました。しかし中には専用のクレンジングで落とす必要があるものもあるので、事前にパッケージに記載されている落とし方を確認しておくことをおすすめします。

成分によってはクレンジングで落とす必要があるものも

パッケージに「石鹸で落とせる」といった記載があっても、使用されている成分によってはクレンジングで落とした方が良い場合もあります。

例えば「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」「t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン」「オキシベンゾン-3」といった成分はウォータープルーフの日焼け止めに使用されることが多い紫外線吸収剤で、長時間つけていると肌への負担が大きいと考えられています。

そのため、必要無くなったら早めにクレンジングでしっかりと落とす必要があるようです。ほかにも、石鹸で洗い流しても日焼け止めが白く残ってしまったり、匂いが落ちなかったりする場合にはクレンジングで確実に落とすようにしましょう。

ウォータープルーフの日焼け止めの正しい落とし方

ウォータープルーフの日焼け止めをクレンジングで落とす場合には、以下の手順で行うことをおすすめします。

  1. 全身の水分をふき取っておく
  2. 全身に隙間なくクレンジングを塗り、馴染ませたらすぐに洗い流す
  3. クリームや乳液で念入りに保湿する

市販のクレンジング剤で日焼け止めを落とす際は、スピーディーに塗ることができるうえ肌馴染みも良いオイルクレンジングがおすすめです。また、日焼け止めは塗る時よりも落とすときの方が肌に負担がかかりやすいため、アフターケアを欠かさず行うようにしましょう。

汗・水に強いおすすめのウォータープルーフの日焼け止め

最後に数あるウォータープルーフの日焼け止めの中でも、おすすめの商品を10個紹介していきたいと思います。

サンキラー パーフェクトストロング プラスN

サンキラー パーフェクトストロング プラスN

価格:800円

(30ml、税込み)

  出典:isehan

強さ:SPF50+、PA+++

対象範囲:顔、ボディ

購入方法:ドラッグストアなど

専用クレンジング:不要

サンキラーシリーズの日焼け止めの中でも“最強”と称されているミルクタイプの日焼け止めです。最高基準のUVカット指数を持ちながら、ヒアルロン酸やハイビスカスエキス、コラーゲンといった3種のうるおい成分を配合しているため塗布後のベタつきやきしみもないようです。

また、いわゆる「スーパーウォータープルーフ」処方なので、耐久性も高く海に入っても白くなりません。匂いに関しては、独特の日焼け止め臭が少ないと評価している口コミが多く見受けられました。

ノブ UVシールドEX

ノブ UVシールドEX

価格:2,700円

(30g、税込み)

  出典:NOV

強さ:SPF50+、PA++++

対象範囲:顔、ボディ

購入方法:インターネットショップ、コスメショップなど

専用クレンジング:不要、石鹸で落とせる

無香料・無着色なうえ紫外線吸収剤を一切使用していないというノンケミカルなクリームタイプの日焼け止めです。

パッチテストやアレルギーテスト、光アレルギーテストは実施済みなうえ、低刺激なので敏感肌や乾燥肌、ニキビに悩まされている方でも安心して使用できるようです。また、保湿成分であるヒアルロン酸が配合されているため、しっとりした使い心地を実感できます。

雪肌粋 パーフェクトUVミルク

雪肌粋 パーフェクトUVミルク

価格:700円

(30ml、税込み)

  出典:sekkisu

強さ:SPF50+、PA++++

対象範囲:顔、ボディ

購入方法:ドラッグストアやコンビニなど

専用クレンジング:不要、普段使いの洗顔料や石鹸で落とせる

ハトムギやビワ葉、甘草葉といった保湿効果が高い和漢植物のエキスを配合したミルクタイプの日焼け止めです。ほかにも保湿成分としてグリセリンなどを使用しているため、紫外線のダメージから肌を守り、うるおいを持続させる効果が期待できます。

塗っても肌が白くなりにくく、落ちにくいという口コミが多く寄せられていましたが、その一方で「匂いが独特すぎる」という声も上がっていました。

資生堂 サンメディックUV 薬用サンプロテクト

資生堂 サンメディックUV 薬用サンプロテクト

価格:2,100円

(50ml、税込み)

  出典:shiseido

強さ:SPF50+、PA++++

対象範囲:顔、ボディ

購入方法:インターネットショップやドラッグストア

専用クレンジング:不要、石鹸で落とせる

防腐剤(パラベン)や着色料、香料、鉱物油を一切使用していないというミルクジェルタイプの日焼け止めです。

メラニンの生成を抑え、シミやそばかすの発生を防ぐ効果が期待できるトラネキサム酸やニンジンエキス・ウコンエキスといったうるおい成分が配合されているため、スキンケア効果も期待できるようです。

また、資生堂独自の「光スタミナ技術」を採用しているため、紫外線を浴び続けても防御効果の持続が長時間期待できます。

資生堂 アネッサ パーフェクトUV アクアブースター

資生堂 アネッサ パーフェクトUV アクアブースター

価格:2,679円

(60ml、税込み)

  出典:shiseido

強さ:SPF50+、PA++++

対象範囲:顔、ボディ

購入方法:インターネットショップやドラッグストアなど

専用クレンジング:不要、石鹸で落とせる

汗や水に触れると紫外線カット効果がパワーアップするという「アクアブースター技術」を搭載させたミルクタイプの日焼け止めです。

最高基準のUVカット率を誇りながら、バラ果実エキスやヒアルロン酸といった美肌エッセンスも配合しているため紫外線から肌を守りつつスキンケア効果も期待できます。

また、80分にわたる耐水テストで確かな耐水性も証明されている「スーパーウォータープルーフ」処方なので、レジャーにもおすすめです。

花王 ニベアサン プロテクトプラスウォータープルーフUVミルク

花王 ニベアサン プロテクトプラスウォータープルーフUVミルク

価格:840円

(40ml、税込み)

  出典:kao

強さ:SPF50+、PA++++

対象範囲:顔、ボディ

購入方法:インターネットショップやドラッグストアなど

専用クレンジング:不要、普段使いのクレンジングや石鹸で落とせる

高保水型ヒアルロン酸やキハダ樹皮などの天然植物エキスといったうるおい成分を配合しているミルクタイプの日焼け止めです。また、ドライベールパウダー配合なので馴染みも良く軽い着け心地が実感できます。

香料や着色料は一切不使用ですが、服に付着してしまうとピンク色に変色することもあるようです。

カネボウ アリィー エクストラUVプロテクター (パーフェクトアルファ)S

カネボウ アリィー エクストラUVプロテクター (パーフェクトアルファ)S

価格:2,800円

(60ml、税込み)

  出典:kanebo

強さ:SPF50+、PA++++

対象範囲:顔、ボディ

購入方法:インターネットショップやドラッグストアなど

専用クレンジング:不要、普段使いのクレンジングで落とせる

パラベンや鉱物油といった添加物や香料を一切使用していない、ローションタイプの日焼け止めです。

高い耐久性やUVカット効果を誇りますが、保湿成分としてヒアルロン酸が配合されているため肌の乾燥を防ぐ効果も期待できます。

また、塗った後のべたつきは少ないようですが、口コミを調べていくと「独特のにおいが気になる」という声が複数見受けられたので、普段使いというよりはレジャーの時などに限定して使用した方が良いかもしれません。

カネボウ アリィー エクストラUVジェル(ミネラルモイスト ネオ)

カネボウ アリィー エクストラUVジェル(ミネラルモイスト ネオ)

価格:2,800円

(60ml、税込み)

  出典:kanebo

強さ:SPF50+、PA++++

対象範囲:顔、ボディ

購入方法:インターネットショップやドラッグストアなど

専用クレンジング:不要、洗顔料や石鹸で落とせる

保湿成分としてヒアルロン酸や美肌トリートメントエッセンスを配合した、うるおうジェルタイプの日焼け止めです。

また、肌のキメや毛穴による凸凹にフィットするという「スキンフィット技術」を搭載しているため、ムラなくカバーすることができます。ちなみに香料や着色料、パラベンや鉱物油といった添加物は一切使用されていません。

プラスリストア UVローション

プラスリストア

価格:2,800円

(30ml、税抜き)

  出典:JMEC

強さ:SPF50+、PA++++

対象範囲:顔、ボディ

購入方法:インターネットショップやクリニックなど

専用クレンジング:不要、クレンジングで落とせる

美肌・保湿成分を配合した無添加・アルコールフリーのローションタイプの日焼け止めです。

紫外線により生じる活性酸素を吸収・無害化する作用を持つ「フローレン」という抗酸化成分を配合しているため、シミやそばかすといった肌トラブル予防にも有効と言われています。

また、さらさらとした使い心地なので広範囲に塗りやすいうえ、塗った後に白くなることもないほか、レーザー脱毛後や美容治療後にも安心して使用できるそうです。

ココサンシャイン

ココサンシャイン

価格:2,808円

(80g、税込み)

  出典:nakisurfsho

強さ:SPF45、PA+++

対象範囲:顔、ボディ

購入方法:インターネットショップなど

専用クレンジング:不要、水やクレンジングで落とせる

ウォータースポーツを楽しむ方ように作られた強力防水・スーパーウォータープルーフ仕様のクリームタイプの日焼け止めです。

保湿成分であるヒアルロン酸や肌を滑らかにするスクワランオイル配合なので、美容効果も期待できます。また、パッケージもおしゃれなうえ、マイルドココナッツの南国風の香りが楽しめるようです。

まとめ

海や屋外プールなど、紫外線が強い場所でのレジャーを楽しむ際はウォータープルーフの日焼け止めでしっかりと対策しておきましょう。また、効果が薄れないようにこまめにしっかりと塗りなおすことをおすすめします。

PICKUP CONTENTS

トップへ