シミ・そばかすのタイプと有効な化粧品の成分は?

一年のうち、これからの時期はますます紫外線が強くなります。シミやそばかすも出来やすくなりますが、正しいスキンケアをすれば効果が表れます。そのためにも自分に合った化粧品を選び、しっかり対策を取りましょう。

シミ・そばかすの原因は?

シミやそばかすの原因となるのはメラニンです。このメラニンは、メラノサイトと言われる物質が指示を出すことによって作られます。元々はチロシンと言われるアミノ酸ですが、チロシナーゼという酵素と結びついて酸化がすすむと、黒色のメラニンになります。

通常メラニンは紫外線から肌を守るために作られるので、生成されても肌のターンオーバーによって排出されます。日焼けをしても元の肌色に戻るのはそのためです。ところがこのターンオーバーに乱れが起こると、メラニンは排出されず肌に残ってしまいます。それがシミ、そばかすとなります。

ターンオーバーがうまくいかなくなる原因は、年齢や紫外線の影響、睡眠不足やストレス、ホルモンバランスの異常などです。他にも、メラニン色素の異常によって、色素を出し続けたままになることもあります。

あなたのシミはどのタイプ?

一口にシミやそばかすといっても、その種類は大きく分けて6種類あります。それぞれのどのようなタイプなのか知り、対策をとりましょう。

老人性色素斑

これは、過去に浴びた紫外線が原因でできるシミです。私たちが普段「シミ」と呼ぶのは、この老人性色素斑のことです。年齢とともに現れるので、老化の一つと捉えられることもありますが、若いころに日焼け対策を怠っていた場合多く表れます。これは、紫外線の影響です。

最初は色が薄いのですが、だんだん濃くなるという特性があります。比較的輪郭がはっきりしています。初期の段階であれば、美白化粧品が有効です。気になる場合はレーザー治療もできます。

肝斑

目の下などに左右対称に現れるのが特徴です。輪郭がぼんやりしているため、気づかない人もいます。30~40代くらいの年代に多く見られます。原因ははっきりしていませんが、女性ホルモンが関係していると言われています。

普通のシミにも似ているため、自分で判断せず専門家の意見を仰ぐのが一番です。改善方法は薬が一般的です。トラネキサム酸というメラニンの生成を阻害する内服薬を1カ月程度服用すると、薄くなります。

レーザーの除去はできないことはありませんが、時間がかかります。美白タイプの化粧品でも肌の透明感を出すことはできますが、こするのはやめましょう。

雀卵斑

雀卵斑は、いわゆるそばかすです。主に目の下に出来る細かな斑点のものです。そばかすの場合、遺伝による先天的なものと、紫外線の影響などによる後天的なものとがあります。

雀卵斑と書く場合は、先天的なもの、つまり遺伝によるそばかすのことを言います。色白の人に多く見られます。時期としては思春期の頃にできはじめ、範囲が広がったり、濃くなったりします。美白化粧品を使うことで薄くなることもありますが、完全とはいきません。レーザー治療はできますが、遺伝的要素から再発もしやすいです。

炎症性色素沈着

ニキビやキズ、虫刺されなどのあとに炎症を起こし、一時的に色素が濃くなることを炎症性色素沈着といいます。比較的改善しやすいシミですが、早めのケアが必要です。自然にしていて解消することもありますが、時間がかかります。

ピーリングを行うと即効性があります。ただし敏感肌の方は負担が大きいため、専門の医師などに相談してから行いましょう。

脂漏性角化症

皮膚の表面がイボのように出っ張って場合によっては黒色になるのが特徴です。最初は老人性色素斑だったのが、時間がたって皮脂が混ざり、脂漏性角化症になることがあります。皮膚の良性腫瘍ですが、紫外線にあたったりするとさらに大きくなることもあります。

美白化粧品では対応できません。レーザー治療や液体窒素で治療できます。レーザーの場合数回に分けて治療され、その後薄くなります。ただし治療に伴い炎症性色素沈着を起こすこともあります。

花弁状色素斑

花弁上色素斑は海や山など、アウトドアで強烈な紫外線を浴び続けた場合に起こります。シミが発生する場所は顔だけでなく、首や肩、背中、腕と広範囲です。この場合メラニンが真皮まで到達しているため、スキンケアでは対応できません。

患部は熱を帯びている状態なので、冷やすことが大切です。またビタミンCを豊富に含むブロッコリーなどの食べ物を積極的にとりましょう。レーザー治療であれば即効性があり、根本的に改善できます。

シミ・そばかすに有効な成分

シミやそばかすを予防するには、次の3種類が必要です。

  1. チロシナーゼを抑制する成分
  2. メラノサイトの活動を抑制する成分
  3. メラニン還元作用のある成分
⒈チロシナーゼを抑制する成分

チロシナーゼとは、メラニン色素を作り出す酸化酵素のことです。このチロシナーゼを抑制するのは、アルブチンやビタミンC誘導体、エラグ酸、コウジ酸、リノール酸、ルシノール、プラセンタエキスなどがあります。

アルブチンは即効性があり、肌に吸収されるとメラニン色素を除去する力を持っています。

ビタミンC誘導体は、普通より吸収されやすく、体内でビタミンCへと変化するものです。

エラグ酸はベリー系によく含まれる抗酸化作用のある成分です。

コウジ酸は日本酒の醸造に使われるコウジがもとになっています。

リノール酸はベニバナなどからとれるもので、ルシノールと合わせて浸透性の高さが知られています。

プラセンタエキスはチロシナーゼ抑制のほか、新陳代謝や血行改善の効果があります。

⒉メラノサイトの活動を抑制する成分

メラノサイトの活動を抑える効果があるのは、トラネキサム酸やカモミラETと言われる成分です。

トラネキサム酸はメラノサイトの活動を抑制するだけでなく、炎症を抑え、ニキビ跡などの色素沈着を防ぎます。他にも肝斑や肌荒れを改善する効果があります。また、カモミラETの場合かぶれにくく、アンチエイジングの効果もあるとして美容皮膚科でよく使用されます。

⒊メラニン還元作用のある成分

メラニンを還元する作用がある成分としてはビタミンC誘導体のほか、ハイドロキノンが有効です。特にハイドロキノンは高い美白効果があり、「肌の漂白剤」とも言われています。ただしその効果とともに、使用には注意が必要です。

選ぶときに大切なのは

シミやそばかす対策で美白化粧品を選ぶ際のポイントは3つです。

  1. どういう目的で使うか
  2. 試すこと
  3. 医薬部外品指定か、それ以外
⒈どういう目的で使うか

美白化粧品を選ぶ際は、予防のために使うのか、すでにできてしまったものに対して効果がほしいのかによって選ぶ化粧品が変わります。もし予防のために使うのであれば、メラニン抑制効果のある美白化粧品を選択しましょう。すでにできてしまっているものに対しては還元効果のあるものを選ぶのが効果的です。

試すこと

使用する前は必ず試してからにしてください。美白成分は多様で、化粧品に使われる際の配合も無数です。効果の出方に個人差があるのと同時に、肌に合う・合わないは出てきます。

⒊医薬部外品指定か、それ以外か

安心感を求めるなら医薬部外品指定と書いてある化粧品を選びましょう。これは厚生労働省の認可を受けたというしるしです。つまり臨床的にも効果があったと実証されている化粧品といえます。

さいごに

シミやそばかすのケアは、出来てからではなく、その前から行うことが大切です。そのために紫外線対策は必須です。シミが出来る一番大きな原因だからです。紫外線は季節を問わず、一年中降り注いでいます。日陰であろうと、家の中だろうと関係ありません。対策は、一年を通して行う必要があります。

美白化粧品を使う際も、同じように一年を通して使えるテクスチャーのものや、続けられる価格のものを選びましょう。そして、毎日のケアを怠らないようにしてください。そうやって選んだ化粧品でも、肌のタイプによって、合うあわないがあるので、もしも肌に異常が出た場合は、すぐに使用を中止してください。

また、医薬部外品指定は誰にでも効果が出るわけではありません。効果が「期待できる」程度だと踏まえて使う必要があります。