【2021新春】名店おせちの予約状況

シミ・そばかすは産後に増える!間に合う内にケアをスタート!

出産後、シミが増えるかもしれないってご存じでしょうか。

ただでさえ消えづらくて困りもののシミがさらに増えるなんて、知らずにいたら恐ろしいですよね。でもその理由を知って、ケアの方法を知っておけば大丈夫です。今から早めのセルフケアをして、怖いシミから逃れましょう。

産後にシミが増える理由

出産後にシミが増えるのは、女性ホルモンとストレスによる影響が大きいです。

どうしてそんな影響を受けるのでしょうか。

女性ホルモンの影響

シミに影響するのはエストロゲンと、プロゲステロンと呼ばれる二つの女性ホルモンです。

妊娠中はこの2つのホルモンが通常の100~1000倍に増えます。

エストロゲンは美肌ホルモンとも言われ、肌をもちもち、つやつやにする作用があります。

そして肌が衰える原因になる活性酸素の発生を抑制します。

その反面、光老化を防ぐためメラニンを作るメラノサイトを活性化するという厄介な一面を持っています。

もう一つのプロゲステロンという女性ホルモンは、妊娠中、胎児を成長させるため重要な役割を果たしますが、こちらも同時にメラニンの働きを活性化します。妊娠中のシミは、これが原因です。

そして、出産が終わると2つのホルモンは元の量へと減少します。エストロゲンが減少すると、それまで美肌を保つように守られていた肌のバリア機能は弱まるので、外部の刺激をとても受けやすくなります。

その結果炎症を起こし、シミになります。出産後はホルモンバランスの崩れによって、肌は非常に弱く、無防備な状態になるんです。

ストレス

出産後の育児の大変さは半端なものではありません。

ただでさえホルモンバランスが崩れて、イライラするなど精神的に情緒不安定になりがちです。授乳があるから睡眠不足にもなります。子どもはかわいいけど、ストレスはたまります。

また、母乳の場合、せっかく栄養を摂っても赤ちゃんに与える分が必要です。

そうでなくとも、それまでと違ってゆっくりスキンケアをする時間もなくなります。そうして肌のターンオーバーも乱れ、ストレスと相まってシミやそばかすが増える原因になります。

産後にできるシミの種類

実は出産後にあらわれるシミは、2種類に分かれます。

ケアするにしても、どちらのシミか正しく判断しないと意味がありません。どちらか一方だけでなく両方という場合もあるので、気を付けて見極めましょう。

妊娠性肝斑

妊娠性肝斑は、妊婦の7割が経験するとも言われるものです。

これはプロゲステロンの影響によるものす。妊娠中、プロゲステロンはメラノサイトを刺激し、メラニンの生成を活性化する働きをします。このため、紫外線を浴びることなくシミができてしまいます。

特徴は、左右対称で頬骨、こめかみ、目の周りが白っぽくなることです。季節によって、色の濃さが変わったりもします。

ただ、シミの輪郭がぼんやりしていたりするので、気づかない人もいます。

広範囲なこともあり、くすみと間違えられることもあります。肝斑かどうか判断しかねたら、身体のシミも確認してみてください。肝斑の場合、顔だけでなく身体のシミも濃くなることがあるからです。

老人性色素斑

老人性色素斑は、過去に浴びた紫外線がシミとなってあらわれるものです。

妊娠中にUVケアを怠っていると、通常はターンオーバーで排出されるはずのメラニンが残ってしまうことがあります。

妊娠している期間は約1年です。その間しっかり対策をとっていないと、常にメラニンが生成されている状態で、それがシミに変化します。

また、ストレスによるターンオーバーの遅れも関係します。ターンオーバーが遅れれば遅れるほど、古い角質が肌の表面に残ります。そうすると、やがてそれがくすみとなり、シミになります。

産後シミから守るケア

出産後のシミから肌を守るには、次のようなセルフケアを行う必要があります。

  1. 紫外線対策
  2. 丁寧なクレンジング
  3. しっかり保湿
  4. バランスのいい食事
  5. 適度な運動
  6. ストレスを減らす
  7. お医者さんへ相談

日焼けしないために、紫外線対策は必須です。

日焼け止めはもちろん、日傘や帽子などと併用して厳戒態勢をしきましょう。曇りや屋内だからといって安心できません。紫外線は窓越だろうと関係ないです。一年を通して、毎日UVケアを怠らないようにしましょう。

そして日焼け止めやお化粧をしたあとは、しっかりと落とすように心がけてください。化粧残りは肌荒れや、ひいてはシミの原因になります。きちんとクレンジングできたら、その分の保湿も大切です。ただし、産後は肌が特に敏感な状態です。いつもの化粧品では合わなくなることもあります。その場合は刺激の少ないタイプの化粧品に変えてください。

あわせて美白を行うなら、低刺激の油溶性甘草エキスやカモミラETなどの美白成分の入ったものを使いましょう。時間がない時はシートマスクを活用すると便利です。

スキンケアと同じく大切なのが、ホルモンバランスを整えることです。これのせいでシミが増える増えないの問題になってきます。ホルモンバランスを整えるには、食事のバランスをまず整えましょう。

女性ホルモンに対しては大豆イソフラボンが効果的です。他にもビタミン類は欠かせません。例えばブロッコリーにはビタミンCが、レバーなどにはビタミンAが多く含まれています。それからバナナやまぐろなどに含まれるビタミンB6、かぼちゃやナッツに豊富なビタミンEがあげられます。

食事とあわせて、運動も大切です。とはいえ産後なので無理は禁物です。ウォーキング程度の運動で十分です。慣れない育児でストレスがたまるのは当然ですが、なるべくリラックスするようにもしましょう。

意外かもしれませんが、母乳を上げている間はシミが出来にくいといわれています。これはエストロゲンが赤ちゃんのために活動を自粛し、分泌量が減るからです。ただ母乳を作るためには大量のビタミンCを消費します。

だから尚更しっかりしたスキンケアと、食事からビタミンCを取り入れることが大切になります。そうしないと油断すると、母乳をあげていてもシミが濃くなったりすることがあります。

もしどうしても気になるときは、専門の皮膚科へ相談するという方法もあります。美容皮膚科などでは、レーザー治療が出来る場合もあります。ただし費用が高額になることもあるので、よく相談してからにしてくださいね。

今日からスタート!

出産後は女性ホルモンやストレスの関係で、シミが濃くなったり増える可能性があります。そのシミは2種類あるので、よく観察して判断してからケアを行うことが大切です。

シミが出来やすくなるのは生理的なものでどうしようもありません。ただ、早め早めからケアすることで改善できます。そのために、妊娠中から紫外線対策を怠らないようにしましょう。

それは産後も引き続き継続し、さらに食事バランスに気を付けたり、丁寧なスキンケアを心がけましょう。きちんとケアすることで、シミが薄くなるということもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

九州出身♥自然大好き!旅行大好き!フットワークが軽いのが自慢です! nanairoでは、美容と健康を担当しています(^^)

NEW POST