【2021新春】名店おせちの予約状況

シミ・そばかすにいいって聞くけど、ハイドロキノンって大丈夫なの?

シミやそばかすの改善に、ハイドロキノン化粧品の美白成分が最も効果が高いといわれています。気になる反面、肌への刺激や副作用も気になります。それも知った上で、正しく使ってきれいな肌になるなら試してみたいですよね。シミの原因はメラニンです。

メラニンはメラノサイトという物質によって作られます。このメラノサイトを刺激し、活性化する原因は大きく分けて3つあります。

シミはどうしてできるの?

シミの原因はメラニンです。メラニンはメラノサイトという物質によって作られます。このメラノサイトを刺激し、活性化する原因は大きく分けて3つあります。

紫外線

まずは紫外線です。紫外線はUVAとUVBという二つの波長があります。メラニンに関係するのは波長の短いUVBです。これが直接皮膚の細胞を攻撃して傷つけます。紫外線を感じると、細胞を守るためにメラノサイトが刺激され、メラニンを活発に作りだします。

紫外線を感じなくなるとメラニンを作るのはストップし、ターンオーバーによって元の肌色に戻ります。ところが紫外線によってDNAが傷つけられると、メラノサイトが活性化したままの状態になり、シミになります。

炎症

ニキビ跡などの炎症によるシミもあります。ニキビ以外に、日焼け、摩擦、虫刺され、やけどや外傷、湿疹、化粧品の刺激などが原因になります。これは、皮膚に炎症が起こるとダメージを回復しようと新しい細胞を作る動きとともにメラノサイトまで活性化してしまうことによって起こります。

作られたメラニン色素は色素沈着を起こします。外傷やニキビなど、見た目に分からない程度の炎症であっても、長期的に続くとシミの原因になります。

活性酸素

活性酸素の発生もメラノサイトを活性化する一因です。活性酸素は紫外線のUVAによって発生します。UVAは真皮で免疫細胞を刺激し、炎症を起こすからです。また、紫外線以外にも活性酸素を発生させる原因があります。それはストレスや喫煙、飲酒、睡眠不足、便秘、激しい運動、食品添加物、排気ガス、電磁波などです。

ハイドロキノンとは

ハイドロキノンは「お肌の漂白剤」と言われるほど、美白効果があると期待されています。美容クリニックなどでシミ・美白治療に使われています。このハイドロキノンには、シミのもととなるメラノサイトの働きを抑制し、メラニンの発生を抑える働きがあるとされています。

元々医薬機関だけの取り扱いでしたが、現在は一般化粧品でもハイドロキノン2%以下の配合なら、薬局や化粧品店でも購入できます。最近では通販でも取り扱っているところがあります。美容クリニックなどに比べると市販品は濃度が低く抑えられていますが、値段は高額です。

ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンの効果は、シミの予防だけでなく、すでにできてしまったシミやそばかすにも効果があります。

同じシミ・そばかす予防にビタミンCも効果がありますが、すでに出来てしまったものに対して効果があるのはハイドロキノンだけです。その美白成分は、ビタミンCの10~100倍あるともいわれています。これはハイドロキノンのもつ、メラニン色素の還元作用によるものです。

正しい使い方

ハイドロキノンの効果を得るためには、正しい使用をする必要があります。

  1. パッチテスト
  2. 1日1回、就寝前
  3. 洗顔
  4. 少し時間を置いてから塗る
  5. 綿棒を使う

ハイドロキノンは非常に刺激が強い成分です。そのためまずは使用しても大丈夫かどうか、パッチテストを行いましょう。方法としては、絆創膏にハイドロキノンクリームを塗って、二の腕などに貼ります。そして24時間程度放置してください。赤みや炎症などの異常が起こらなければ、使用して問題ないと考えられます。

使用する場合は、1日1回、夜に使用しましょう。塗ったあと、そのまま就寝するのが一番だからです。ハイドロキノンを塗った状態の肌はバリア機能が壊れ、弱った状態にあるからです。それに肌のターンオーバーは入眠後3~4時間の間に起こると言われています。だからそれを利用するには就寝前が一番効果的です。

塗る前は必ず洗顔を行いましょう。メイクをしている場合はクレンジングもしてください。そして少し時間を置いてから塗布します。洗顔直後は角質層に水分が多く含まれていて、ハイドロキノンが浸透しやすくなり、効きすぎる可能性があります。

だから洗顔後、20分くらい時間をおいてから塗りましょう。もしその時間が待てない場合は、化粧水や乳液で整えた後、その上から塗ってください。

塗る時は、綿棒を使うのがおすすめです。これはシミのできていない部分への影響やトラブルが出ないようにするためです。綿棒を使って、シミの部分だけにきちんと塗るようにしてください。

副作用

ハイドロキノンは非常に高い美白効果とともに、副作用の問題もあります。副作用は使用上の注意を守らなかったときや、体質に合わなかった場合に出る可能性があります。また、濃度が高すぎるものを使った場合にも起こることがあります。具体的な副作用は次のようなものです。

赤みや炎症

体質に合わなかったり、劣化した製品を使った場合に起こりやすいのが赤みや炎症です。これはハイドロキノンの安定性が悪く、酸化しやすい物質だからです。劣化していると刺激が強く、肌にダメージを与えます。

こういった副作用が出ないようにするために、パッチテストを行ってから使用しましょう。そして、使用期限が過ぎたものや、酸化して茶色く変色しているものは使わないようにしましょう。

色素沈着の悪化

ハイドロキノンは紫外線を浴びるとシミを濃くする作用があります。だから紫外線対策は必ず行ってください。ハイドロキノン化粧品を使っているときは、SPF20以上の日焼け止めクリームを塗るのは必須です。最近は飲む日焼け止めもあります。併用して紫外線から守りましょう。他にも帽子やマスクなど日焼け対策をすることが大切です。

白斑

白斑は、濃度の高いハイドロキノンを長期間使用することで、塗りこんでいた部分が必要以上に白くなってしまうという副作用です。濃度5%以下のものではまだトラブルが起こったことはないようですが、シミが出来ていない部分に付着しないように気を付けましょう。綿棒はこのためでもあります。

高濃度のものを使う時はシミやそばかすが薄くなったら使用をやめるようにしましょう。また、長期間の使用も避ける方が無難です。

アレルギー

まれに、ハイドロキノンでアレルギー反応が起こる場合があります。割合としては2%程度でごく少数ですが、使用前は必ずパッチテストを行いましょう。また、アレルギーがなくてもかぶれることがあります。

一番最初に使う時は濃度を2%のものにして、個人的に使うのは4%までにするなど、注意して使用しましょう。

注意点

ハイドロキノン化粧品を使う際は、以下の点に注意しましょう。

使用期限

ハイドロキノンは熱や光、空気によって酸化しやすい物質です。使用する際は、使用期限に注意し、開封後1、2カ月以内に使い切りましょう。

紫外線対策

ハイドロキノンをつけたまま外出すると、紫外線にとても弱くなります。消したかったシミが濃くなったり、肌トラブルを引き起こす可能性があります。できれば夜に使用するのがのぞましいですが、日中使う場合は必ず日焼け止めなど紫外線対策を行ってください。アウトドアは避けてください。

シミが薄くなったら使用を中止

ハイドロキノンを長期間同じ場所に使用すると、肌が弱くなる可能性があります。シミが薄くなって来たら、使用を中止するようにしましょう。

妊娠中は控える

妊娠中はハイドロキノンの使用は控えましょう。催奇性があると判断されているわけではありませんが、刺激が強いことに変わりありません。

また、授乳中、ハイドロキノンを乳首に塗るのは絶対にやめましょう。赤ちゃんには害になります。それ以外の部位についても、出産後様子を見て使用するようにしましょう。

保存は冷蔵庫

ハイドロキノンの保存は必ず冷蔵庫で行って下さい。これも酸化を防ぐためです。もし茶色く変色した場合は使用しないようにしてください。それ以外でもトラブルを避けるため、1、2カ月以上たったものは使用しないようにしましょう。

正しく使ってハイドロキノンを味方につけよう!

ハイドロキノン化粧品は医療機関のみで使用されていましたが、現在は薬局やネットで簡単に買えるようになりました。市販の配合率は低いもので2%程度ですが、海外製のものだとさらに高い効果のものが安価で手に入ることがあります。ただし、ハイドロキノンは高い効果と同時に、副作用や注意しなければならないことがあります。正しい知識や使用方法を守って、シミ・そばかすの悩みから解放されましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

九州出身♥自然大好き!旅行大好き!フットワークが軽いのが自慢です! nanairoでは、美容と健康を担当しています(^^)

NEW POST