これも生理痛?背中の痛みはどうして起こるの?

生理前や生理中の女性には、様々な体の不調が現れます。

どのような症状が起こるか、どの程度の症状となるのかは個人差があります。生理に伴う体の不調として代表的な生理痛にも、「体のどの部分が痛むのか」「どの程度痛むのか」という違いが存在します。

そして多くの女性を悩ませる「生理前~生理中の背中の痛みや張り・凝り」もまた、こうした生理痛の1種として考えられます。

こちらでは、生理に伴って背中が痛むメカニズムと痛みの対策・改善方法について取り上げたいと思います。

生理前~生理中に生じる背中の不快な症状のほとんどは、生理によるホルモンバランスの変化や女性ホルモンの過剰分泌が関係しています。

生理痛の「背部痛」原因は?

生理痛の1種として引き起こされる背部痛は、「プロスタグランジンの過剰分泌」「子宮筋腫」そして「血行不良をはじめとした体の不調」が原因となっています。

プロスタグランジンの過剰分泌

生理痛として生じる背部痛の原因としては、まずプロスタグランジンの過剰分泌が考えられます。

プロスタグランジンとは生理前~生理中に多く分泌されるホルモンで、子宮を収縮させ経血の排出を促し、生理をスムーズなものにする作用があります。

こうした働きを担っているプロスタグランジンは生理には欠かせませんが、経血の排出が滞ると必要以上に多く分泌され、ホルモンバランスの乱れを引き起こします。

こうして生じたホルモンバランスの乱れが、背部痛を始めとした生理に伴う不快な症状の原因となります。

ホルモンバランスの乱れから生じる症状を総じて月経困難症と言います。

月経困難症の中でもプロスタグランジンの過剰分泌から生じるものは、特に機能性月経困難症と呼ばれています。

子宮筋腫

月経困難症には機能性月経困難症のほかに、器質性月経困難症と呼ばれるものがあります。

機能性月経困難症がプロスタグランジンの過剰分泌から生じているのに対し、器質性月経困難症は直接的な原因となる病気が存在します。

つまり、機能性月経困難症は病気ではなくホルモンの過剰分泌が、器質性月経困難症はホルモンの過剰分泌ではなく何らかの病気が原因となって生じているのです。

器質性月経困難症の原因となる病気にはいくつかの種類がありますが、背部痛を引き起こすものとしては子宮筋腫が挙げられます。

子宮筋腫とは、子宮内に良性の腫瘍ができる病気で、腫瘍が大きくなればなるほど何らかの症状が現れるようになります。

とはいえ、良性の腫瘍なので悪性腫瘍つまり癌ではありませんから、直接命に関わるケースは少ないです。

しかし、稀に悪性腫瘍へと変化することもあるため、油断して良い病気ではありません。

プロゲステロンによる血行不良

生理前~生理中の時期には女性ホルモンの分泌量が大きく変化し、それによって様々な変化が体内に生じます。

そもそも月経周期がきちんと機能し毎月生理がくるのは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量によって管理されているからです。

そして月経周期の中でも排卵後~生理前(黄体期)にあたる高温期には、プロゲステロンが多く分泌されるようになります。

プロゲステロンには、体内に栄養素や水分を溜めて妊娠を助ける作用があります。

妊娠のために大切な作用ではありますが、普段よりも水分が体内に溜まりやすく排出しにくくなり結果として体がむくみやすい状態へと変化します。

体がむくみやすい状態にあると、体内の余分な水分から血行状態が悪くなり、悪くなった血行状態から体の冷えが引き起こされます。

そうして引き起こされた体の冷えが、さらなる血行不良やむくみに繋がる……という悪循環を招くのです。

こうした悪循環から悪くなった血行状態が背中の凝りや張りを引き起こし、その程度が悪化すると背中の痛みへと変化します。

つまり、生理に伴って分泌量が増加するプロゲステロンの作用が、間接的に血行不良からの背中の痛みを引き起こすと考えても良いですね。

和らげるためには?

ご紹介しました原因から生じる背部痛を和らげるには、「原因となるホルモンの過剰分泌を抑えるためにホルモンバランスを整える」「痛みへと繋がる凝りを防ぐために血流を促進させる」といった対策・改善方法が効果的となります。

ホルモンバランスを整える

規則正しい生活へと生活習慣を改善することが、ホルモンバランスを整えるための基本となります。

しかし、月経困難症の場合には簡単にホルモンバランスを整えることができませんから、婦人科での治療が必要となります。

1.生活習慣の改善

ホルモンバランスを整えるには、しっかりと睡眠をとる、規則正しい生活、栄養バランスのとれた食生活、そして適度な運動といった健康維持の基本にもなる生活習慣が基本となり大切なことです。

したがって、食事制限によるダイエットや栄養が偏った食事、睡眠不足や乱れた睡眠サイクル、そして運動不足などに心当たりがあるのなら、それらを改善する必要があります。

ホルモンバランスはすぐに正常な状態へと整えることができません。

しかし、生活習慣を正しいものへと改善しそれを毎日の中で続けていくことこそ、ホルモンバランスを整えるための近道となりますよ。

食生活を改善し様々な栄養素を摂取する際には、ビタミンB6を意識して摂り入れると良いでしょう。

というのも、ビタミンB6にはホルモンバランスを整える働きがあるものの、生理1~2週間前には体内での消費量が増えることにより不足しがちになるからです。

ビタミンB6は豚肉・大豆・玄米に多く含まれていますから、これらの食材をうまく取り入れてみてはいかがでしょうか?

2.月経困難症の治療

プロスタグランジンの過剰分泌から生じる機能性月経困難症の場合には、生活習慣の改善から簡単にホルモンバランスを整えることができません。

そのため、婦人科で月経困難症の治療を受けたほうがより早く効果的に改善できます。

婦人科での血液検査でホルモンバランスの乱れが生じているかどうかの診断を受け、もしも乱れている場合には低用量ピルや漢方薬での治療が行われることが多いです。

背部痛が生じている場合には、子宮筋腫からの器質性月経困難症である恐れも否定できません。

そうした判断を専門の医師にきちんと行ってもらうことも視野に入れ、一度婦人科を受診することをお勧めします。

ストレッチや入浴で血行促進

背部痛をはじめとした背中の張りや凝りは、血行不良も原因となりますからストレッチや入浴で血行を促進してあげましょう。

お風呂もシャワーで済ませるのではなく、湯船にしっかりと浸かって体の芯から温めるよう意識してくださいね。

また、体が温まって血行状態が良くなっているタイミングでストレッチをすると、凝りを効果的にほぐせます。

半身浴などでしっかりと温まったお風呂上がりにストレッチを行うと、相乗効果から凝りや張りそしてそれらから生じる背部痛を解消できますよ。

どうしても痛い時は

背部痛はそれ自体が直接命に関わる危険なものではありません。

しかし、背部痛が生じる原因の中には子宮筋腫からの器質性月経困難症の恐れも否定できません。

特に子宮筋腫が大きくなればなるほど症状が強く現れますから、どうしても背中が痛む場合には速やかに婦人科を受診するようにしてください。

良性の子宮筋腫が悪性に変化することは滅多にありません。

とはいえ、婦人科での治療では現在悩まされている症状を早く軽くすることが可能なのですから、医療機関での治療を前向きに捉えることも大切ですよ。

 

サプリメントに頼ってみるのも一つの方法

サプリメントは栄養補助のイメージがありますが、実は女性の健康をサポートしてくれるサプリメントもあります。

 

生理前のイライラやPMSによる体の不調、背中や足などの部位が痛いなど、生理痛の辛い症状のときにサプリメントに頼ってみるのも一つの方法です。

おすすめの生理痛・PMSサプリメントは「ルナベリー」

runa

容量:14.7g(490g×30粒)

価格:4,400円(税込)

一日当たり:146円

ルナベリーは様々なサプリメントを取り扱っている、オーガニックレーベルから販売されているサプリです。

女性のPMSや生理痛といった毎月の不調を整える、9種類の西洋ハーブが含まれています。

ムーンラックと同じく、チェストベリーも40mg配合されており、1日1粒で一日の推奨量を摂取することができます。

さらに、女性の健康をサポートする、ビタミンB群やカルシウムといった栄養素も含まれているのも嬉しいポイントです。

特に生理前のイライラや気分の落ち込み、生理前から生理中にかけてのだるさに悩んでいる人におすすめです。

お得な購入方法

ルナベリーは店舗販売やAmazonや楽天といった通販サイトでの購入は出来ないため、公式サイトから購入することになります。

一番おすすめなお得な購入方法は、初回限定のトクトクコースです。

これは4ヶ月継続が条件の、1ヶ月に1回に商品が届く定期購入で特別価格となっています。

初回購入はなんと送料分の500円のみで実質無料なのです!2回目以降も10%OFFの3,960円でずっとお得!

4ヶ月続けてみて効果がなければ、全額返金もしてくれますので、初めて購入する人におすすめのコースとなっています。

ルナベリーの公式サイトへ

最後に

生理中の背部痛は、月経困難症や生理に伴うホルモン分泌の変化からの影響を大きく受けて引き起こされていることが分かりました。

特に月経困難症の場合には、プロゲステロンの過剰分泌から生じる機能性月経困難症、そして子宮筋腫といった直接的な原因となる病気から引き起こされる器質性月経困難症が挙げられます。

子宮筋腫はほとんどが良性で、悪性に変化することは稀です。

しかし、腫瘍が大きくなればなるほど背部痛をはじめとした生理痛の程度や生理に関連した不快な症状が悪化しますから、背部痛に悩まされている場合には速やかに婦人科を受診しましょう。

背部痛の原因となるホルモンバランスの乱れは、毎日の過ごし方を健やかなものにしていくことで確実に整えられます。

背部痛に繋がる背中の張りや凝りを解消しながら、今一度生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

asamin
九州出身♥自然大好き!旅行大好き!フットワークが軽いのが自慢です! nanairoでは、美容と健康を担当しています(^^) asaminの記事一覧

関連する記事はこちら

トップへ