いつまで続くの、この痛み!生理がおわってもまだ痛む、生理後痛とは?

いつまで続くの、この痛み!生理がおわってもまだ痛む、生理後痛とは?

生理が始まる直前から生理中の期間に生じる、下腹部や腰の痛みそして頭痛などの生理痛に悩まされている女性は少なくはありません。

毎月の生理痛のせいで生理期間にはどうしても憂鬱な気分になるものです。

こうした生理痛は生理が終わっていくのと同時に自然とおさまっていきますよね。

しかし、なかには生理が終わったのにも関わらず生理痛が続く場合があり、これは「生理後痛」と呼ばれています。

生理後痛は生理に伴うホルモンバランスの変化のみならず、何らかの病気が原因となって生じている恐れもありますから注意が必要です。

こちらでは、生理後痛が生じる原因とともに解消法や予防法を分かりやすくご紹介します。

生理後痛とは?

まず生理後痛とは、生理が終わった後にも生理痛のような痛みが生じることを指します。

生理後痛の痛み方や痛む部位といった症状は、生理痛とほとんど同じものになります。

生理後痛が生じると、生理後痛が治まった後すぐに次の生理に伴うPMS(月経前症候群)が引き起こされるタイミングに差し掛かり、常に何らかの不調に悩まされる事になりますよね。

ほとんどの期間をこうした女性特有の不調に悩まされるのは何としても避けたいものです。

生理後痛を避けるためにも、次にご紹介します生理後痛の原因についての知識を身に付け、正しい対処法・予防法へと繋げてくださいね。

生理後痛の原因は?

生理後痛が引き起こされる原因としては、「生理後に生じるホルモンバランスの乱れ」と「排卵痛」の2つが挙げられます。

それぞれがどのような形で生理後痛を引き起こすのでしょうか。

ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類が存在します。

生理後~排卵期にはエストロゲンが、排卵前後~生理開始前のタイミングにはプロゲステロンがそれぞれ活発になります。

エストロゲンとプロゲステロンとの2つの女性ホルモンによって毎月の生理が規則正しく来るように調整されているのです。

したがって、生理前のタイミングだけでなく生理が終わった後の女性の体内でもまた、次の生理に向けた準備としてのホルモンバランスの変化が生じるのです。

子宮が早いスピードで正常運転を再開しようとしたり、卵子が出てくる前の状態へと戻ろうとしたりしますから、生理前~生理中に次いでホルモンバランスが変化する時期だと言っても過言ではありません。

しかし、生理後~排卵前のタイミングで、ホルモンの分泌量が変化したりバランスが崩れたりといったことが原因となって生理中と同様のホルモン分泌になると、生理痛が継続してしまい生理後痛の可能性が高まるのです。

生理が終わったのにも関わらず、ホルモンバランスの乱れから生理中と同じようなホルモン状態から生理後痛が引き起こされる、と考えても問題ありません。

排卵痛

次の生理への準備として、女性の体内では生理後7~10日後には排卵期として排卵が行われます。

個人差はありますが体質によってはこのタイミングで排卵痛を感じる人も中にはいます。

下腹部全体に重く感じられる・鈍痛が生じたり、下腹部の左右どちらか一方のみに痛みが現れたりといった症状が上記のタイミングで生じる場合には、排卵痛として考えられます。

楽になりたい!どうしたらいいの?

生理後痛で婦人科を受診し「病気が原因ではない」と診断された場合には、ホルモンバランスの乱れが原因となっていることが考えられます。

ストレスや体の冷えそして生活習慣など、毎日の過ごし方が蓄積してホルモンバランスの乱れへと繋がります。

したがって、生理後痛の原因となるホルモンバランスの乱れを解消するには、「ストレスを溜め込まないための対策」「体の冷えへの対策」そして「生活習慣の改善」が必要となります。

ストレスを溜め込まないための対策を

過度なストレスを感じたりストレスがどんどん蓄積されたりすると、自律神経の乱れからホルモンバランスが崩れに繋がります。

そのため、ホルモンバランスの乱れの予防策として、ストレスを溜め込まないようにする対策は欠かせません。

とはいえ、完全にストレスを感じないようにするのは無理な話ですから、自分に合ったストレスの解消法を見つけましょう。

夢中になって楽しめる趣味や友人と会って好きなものを食べるといった何らかの手段を見つけることこそ、ストレスの解消に大いに役立つのです。

時にはリラックス効果の得られるアロマやハーブティーを新しい習慣として取り入れてもgood♪

また、生理を嫌なものとして考えてしまうと、毎月やって来る生理のたびにストレスとして感じられてしまいます。

そこで、生理を「将来の妊娠のために必要な準備」あるいは「生理は健康維持のためには必要なこと」としてできる限り前向きに捉えるようにする心構えも必要ですよ。

冷え対策を

体が冷えると血行状態が悪くなると同時に、ホルモン分泌に大きく関係する卵巣や子宮の機能が低下します。

その結果としてホルモン分泌が正常に行われなくなり、ホルモンバランスの乱れが引き起こされてしまうのです。そのため、体の冷えを防ぐことも大切になります。

・夏場にはエアコンの温度を下げすぎない

・お風呂をシャワーで済まさずに湯船に浸かって体を温める

・冷たいものを食べ過ぎたり飲みすぎたりしない

・冬場には室内でも上着やひざ掛けを上手に使う

・体を温めるホットドリンクを飲むようにする

上記のように普段の生活の中で口にするものを変えたり、日頃の習慣を少し変えたりするだけで体の冷えを簡単に予防できます。

特に、日頃から手足の冷えを感じる方は、意識して体を冷やさないようにしましょう。

生活習慣の改善も必要

睡眠不足やダイエットの食事制限による偏った食生活もまたホルモンバランスの乱れを引き起こします。

したがって、栄養バランスの優れた食生活、規則正しい生活リズム、十分な睡眠時間の確保といった生活習慣の改善も必要となります。

こうした生活習慣をすぐには改善するのはなかなか難しいですよね。

しかし、少しずつ改善していこうという心掛けを続ければ、必ず正しい生活習慣へと繋がります。

自分の生活スタイル中でできる範囲内のことから取り組み、ホルモンバランスの乱れに繋がる要因を徐々に取り除くようにしてくださいね。

こうした生活習慣の改善は、ホルモンバランスの乱れの予防から生理後痛のみならず生理に関係する諸症状の緩和、そして健康維持にもとても役立ちますよ。

少しずつ健やかな毎日を送られるように改善していきたいですね。

もしかしたら、婦人科系の病気の可能性も?

ホルモンバランスの乱れや排卵痛以外にも、産婦人科系の病気が原因となって生理後痛が生じている恐れも考えられます。

「生理痛のようなものだし……」と軽く考えずに、痛み方や痛みが生じる期間といった特徴をきちんと知りセルフチェックを行うことこそ早期発見早期治療ではとても大切になりますよ。

生理後痛が伴う婦人科系の病気とは

子宮内膜症:本来子宮でしか増殖しない子宮内膜が卵巣や卵管などの子宮以外の場所で増殖する病気。

子宮筋腫:子宮内外の細胞壁に良性の腫瘍が生じる病気。

卵巣腫瘍:卵巣に腫瘍(良性・悪性・良性と悪性の中間にある境界悪性の3種類)が生じる病気。

 

生理後痛が生じる婦人科系の病気としては、子宮内膜症・子宮筋腫・卵巣腫瘍が挙げられます。こうした婦人科系の病気が原因となって生じる生理後痛には、痛み方や痛む期間に特徴が現れます。

痛み方と痛む期間に要注意

子宮内膜症・子宮筋腫・卵巣腫瘍の病気から生理後痛が生じている場合には、生理の3日目以降あるいは基礎体温が低い時期のみに下腹部の左右どちらかに針で指すようなチクチクとした痛みが生じます。

また、子宮内膜症から卵巣と子宮がお腹の下の方との癒着が生じていると脚の付け根が、腸とお腹の膜との癒着ではお尻のあたりに痛みが生じます。

生理後痛が何の原因から生じているのかをセルフチェックするには、「どこが痛んでいるのか」と痛む部位にも注意することが重要です。

そのほかにも生理のたびに酷い痛みが引き起こされたり、痛みの期間が次第に長くなったりという症状に心当たりのある場合には、できる限り早い段階で婦人科での診察治療を受けるようにしてくださいね。

生理後の下腹部痛は妊娠の可能性もある?

 

生理後の下腹部痛が、妊娠超初期症状として生じている場合もあります。

「基礎体温が高温期のまま続いている」そして「前回の生理が普段の生理周期とずれている」場合には、生理だと思っていた出血は着床出血として考えられ、妊娠の可能性が高まります。

婦人科系の病気から生じる生理後痛が生理中の痛みが酷くなったり、低温期のみに痛みが生じたりするのに対し、妊娠超初期症状としての下腹部痛は高温期の状態で生じるという違いがあります。

もしも上記の症状に心当たりがある場合には、下腹部が痛いからとすぐに鎮痛剤に頼るのではなく、一度妊娠検査薬での検査をお勧めします。

セルフチェックでの確認が大切

婦人科を受診するか否かの目安としては、「どのあたりがどのように痛むか」や不正出血などの他の症状が無いかの確認を行いましょう。

婦人科系の病気に早く気付くうえで、日頃から基礎体温を計ることも大切です。

基礎体温というと妊娠を目的としてチェックするイメージがありますが、婦人科系疾患の早期発見への重要な手がかりとなるということを覚えておいてくださいね。

生理後痛が続くなら婦人科の受診を

そして生理後痛が複数回の生理周期に渡って長く続く場合には、婦人科を受診するようにしましょう。

「どこか悪いから生理後痛があるのでは」と不安な状態が続けばストレスとなります。そこで一度きちんと病院で診察をしてもらい、「何の病気でもない」と診断をしてもらうことで不安が取り除かれ、安心感が得られますよ。

また、もしも何らかの病気が原因となって生じていた場合には、その病気を治療することで生理後解消にも繋がりますから、不安な方は一度婦人科での受診をお勧めします。

最後に

生理中のみならず生理が終わった後にも辛い痛みが生じる生理後痛は、ホルモンバランスの乱れや排卵痛から生じていることもあれば、時には妊娠初期症状や何らかの病気が原因となっていることもあります。

どの原因から生理後痛が引き起こされているかどうかは、痛む部位やその痛み方そして痛む期間からある程度確認することができます。

病気の早期発見早期治療や原因に応じた対処を行えるよう、生理後痛と向き合ってみましょう。

毎日の生活の中でご紹介しました対処・改善方法をコツコツと続けることも大切ですが、専門の医療機関を利用する姿勢も時には必要となります。

また、あまりにも痛みの程度が酷い場合には、速やかに婦人科を受診するようにしてくださいね。

この記事を書いたユーザー

asamin
九州出身♥自然大好き!旅行大好き!フットワークが軽いのが自慢です! nanairoでは、美容と健康を担当しています(^^) asaminの記事一覧

関連する記事はこちら

トップへ