生理中のだるおも~な倦怠感の原因はPMS!?解消法を紹介

生理中のだるおも~な倦怠感の原因はPMS!?解消法を紹介

月に一度の生理のたびに、体がだるおも~な倦怠感に襲われる方も多いのではないのでしょうか。

倦怠感のせいで普段なら問題なくこなせられる仕事や家事がうまくできずイライラしたり、中には布団から起き上がることも難しくなる人もいたりと、程度は人によって異なりますがどれも嫌な症状です。

毎月のことですから、できる限り楽に生理を乗り越えたいですよね。

そこで、こちらでは生理中の嫌な倦怠感の原因と対処法について分かりやすく解説します。

倦怠感の原因

生理中には体がだるかったり重かったり……あるいは強い眠気から無気力になったりと、症状に個人差はありますが体を動かすことがとにかく億劫になります。

そもそもどうして生理中には体がだるく感じられるのでしょうか?まずは倦怠感の原因について見ていきましょう。

原因はPMS(月経前症候群)

PMS(月経前症候群)とは、生理の数日前から生理中の1週間程度ものあいだに身体面や精神面の不調となって現れる症状のことをいいます。

精神的な症状では情緒不安定・イライラ・不眠・倦怠感など、身体的な症状では腹痛・むくみ・頭痛などの症状があります。

生理前~生理中は少しのことでもイライラしてしまう・気分が沈みがち、あるいは体がだるくなったり頭痛に悩まされたりと、生理中に必ずといって良いほど悩まされる心身の不調がPMS(月経前症候群)にあたるのです。

こうしたPMS(月経前症候群)は、エストロゲンやプロゲステロンの2種類の女性ホルモンの分泌量が変化することによって引き起こされています。

女性の体内では月に一度にきちんと生理が生じるよう、エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンの分泌量を変化させることで生理周期を管理しています。

生理前~生理中には特にプロゲステロンの分泌量が急激に増加し、ホルモンバランスが乱れがちな状態です。

このホルモンバランスの乱れこそがPMS(月経前症候群)の原因だとされています。

また、PMS(月経前症候群)はイライラや情緒不安定など精神面にも影響を与えますから、生理の時にはとても敏感で普段なら気にしないことでもストレスに感じてしまいます。そのストレスによってさらにPMS(月経前症候群)の症状を深刻にしているとも考えられています。

つまり、PMS(月経前症候群)から生理中の倦怠感が生じる、あるいはPMS(月経前症候群)のストレス増加によって体がだるく感じるのです。

貧血や低血圧も関係

血液中の赤血球が十分に酸素を運搬することができず、身体全体が酸欠に陥っている状態が貧血です。

生理で多くの血液を失うほか、食事制限によるダイエットからの鉄分不足など、女性特有の理由から貧血に陥る人が非常に多いです。

身体全体の細胞が本来得るべき酸素が足りていない状態になると、倦怠感だけでなく疲れやすい・疲れがとれにくくなります。

また、低血圧とは心臓から全身に血液を送り出す力が弱く、体の隅々まで血液が循環しにくい状態のことです。

生理中に活発に働く子宮付近の細胞に栄養や酸素を送り届けるべく、全身の血液が子宮に偏ります。

すると、脳に行くはずの血液が不足し、脳が十分な酸素を得られず酸欠に陥った結果として倦怠感や眠気といった症状が生じるのです。

つまり、生理中の倦怠感はPMS(月経前症候群)だけが原因となっているのではなく、生理中の体の変化から生じる貧血や低血圧といった症状も関係しているのです。

もしかすると食べ過ぎかも?

生理中に体が重くだるく感じるのは、食べ過ぎによる体重の増加も考えられます。

生理前~生理中には、プロゲステロンの増加によって食欲が増します。

これは、プロゲステロンが妊娠に備えて栄養や水分を体に蓄えようとする作用があるからです。

そのため、食欲が増すだけでなく実際に体重も増加するのですね。

増えた食欲のままに食べすぎてしまうと当然太りますし、普段よりも胃腸をはじめとした消化器官への負担が大きくなります。

体重や内臓への負担の増加が倦怠感の原因にもなりますから、生理前~生理中の食べ過ぎは避けるようにしましょう。

脚がだるい場合にはむくみが原因

脚全体がだるく感じる場合には、むくみが原因となって生じています。

生理前~生理中には、プロゲステロンの影響により体内に水分が溜まりやすい、つまり体がむくみやすくなっているのです。

脚がむくんでいるということは、本来なら脚から心臓へときちんと送り戻されるはずの水分が脚に溜まっている状態です。

すると、むくみから血行状態が悪くなるので、脚への酸素や栄養素の運搬が上手く行われなくなり、だるさや疲れやすいといった症状が引き起こされるのです。

解消法

生理に関連する様々な体の変化によって生じる倦怠感ですが、生活習慣や食生活を改善することで症状を和らげることが可能です。

次に、倦怠感を解消するために摂り入れたい対策法の数々をご紹介します。

生理中だけでなく、日頃から生理中の倦怠感を意識した食生活や生活習慣を心掛けることで、不快な症状をかなり楽にすることができますよ。

1.サプリメントでPMS対策

PMS対策ができるサプリメントがあるって知ってますか?

ルナベリー

ルナベリーの商品画像

1袋(約1ヵ月分)

4,400円(税込)

PMSの有効成分であるチェストベリーが医薬品レベルの含有量にあたる40mgも配合されています。

その他にも月見草やブラックコホシュなどPMS対策に期待できる西洋ハーブが8種類配合されています。

また、女性に嬉しいビタミンB群やカルシウムなどの栄養素も7種類配合されています。

こんにちは、nanairo編集部のrinaです。多くの女性が悩んでいる、生理前のイライラ・・・。毎月、生理前になると、どうしようもなくイラついてしまって、旦那や彼氏にあたってしまう!という人も多いはず。最近は、こんな症状をPMS(月経前症候群)といわれています…
生理前のつらいPMSのためのサプリメント!「ルナベリー」の成分や口コミは? – nanairo 【ナナイロ】 | 暮らしを彩る情報サイト
ムーンラック

ムーンラックの商品画像

1袋(約1ヵ月分)

4,500円(税込)

こちらもチェストベリーが42mgと高配合です。

最近では多くの国で女性のためのハーブとして用いられるカチプファシマも150mg配合されています。

3種類のハーブ、3種類の生薬、2種類の優良成分を元に作られたサプリメントです。

こんにちは、nanairo編集部のrinaです。女性なら誰もが悩んでいる、つら~いPMSや生理痛。毎月来る生理が嫌で、嫌でたまらない!!という人も多いのではないでしょうか。私もそんな生理のモヤモヤに悩まされている一人です。。しかし、その悩みを解消してくれる画期…
つらいPMSや生理痛のサプリメント「ムーンラック」の成分や口コミは? – nanairo 【ナナイロ】 | 暮らしを彩る情報サイト
Luna Thea(ルナテア)

ルナテアの商品画像

1箱(約1ヵ月分)

4,980円(税抜)

これは、粉末状のサプリメントで、お湯で溶かしホットドリンクとして飲みます。

チェストツリーエキスはもちろん、ブラックコホシュやショウガも配合されています。

ビタミンB群、ビタミンC、イソフラボンも配合されており、手軽にドリンクとして栄養補給ができます。

こんにちは、nanairo編集部のrinaです!突然ですが、女性のみなさんは毎月の生理前が憂鬱で嫌だと感じたことはありませんか?生理前になるとイライラしたり、気分が落ち込んだり、普段の自分を保てなくなる人も多いですよね。こういった生理前の症状は、「PMS(月経…
PMS対策ができるハーブティー「Luna Thea(ルナテア)」の特徴や口コミは? – nanairo 【ナナイロ】 | 暮らしを彩る情報サイト

2.ホルモンバランスを調整

先述の通り生理中の倦怠感は、生理前~生理中のプロゲステロンの急激な増加、つまりホルモンバランスの乱れが原因となって生じます。

そのため「ホルモンバランスの乱れをできる限りなくす」つまり「ホルモンバランスを調整すること」は、倦怠感の軽減に非常に役立ちます。

ホルモンの分泌は毎日の生活習慣やストレスの度合いによって大きく左右されます。

ですから、ホルモンバランスを調整するためには規則正しい生活や栄養バランスの優れた食事、そしてストレスを溜め込まないことが大切になります。

忙しい毎日でストレスを溜めがち・偏食しがち・睡眠時間が短いといった生活は、ホルモンバランスを崩しやすくする原因ですから、できる限り改善しましょう。

3.体を動かしてだるさを撃退

生理中~生理前には、倦怠感から体を動かすことが非常に億劫になります。

しかし、体を動かさずない状態が続けば、血行状態がさらに悪くなり倦怠感も余計に悪化します。

倦怠感を理由にダラダラし続けるのではなく、適度に体を動かすことが倦怠感の撃退には効果的ですよ。

当然、生理中は体調が優れないのですから、無理に体を動かす必要はありません。

お風呂上がりにストレッチを行い、身体全体を伸ばすだけでも十分な効果が得られます。

体の筋肉を伸ばし血行改善することが目的ですから、自宅でできる簡単なストレッチから習慣に取り入れましょう。

生理前にスポーツジムやヨガのレッスンを予約すれば、生理中の倦怠感の予防に効果を発揮します。

食べ物

生理中の倦怠感は、食生活を改善することである程度和らげることが可能です。

生理中のみならず、日頃から栄養バランスを考えた食生活を送ることでさらに効果的に改善することができます。

以下では生理中の倦怠感の改善に役立つ栄養素、また倦怠感をさらに悪化させるNG食べ物をご紹介します。

1.倦怠感解消にオススメの食べ物

鉄分:貧血予防に効果的!女性は鉄分不足に陥りやすいですから、生理中のみならず日頃から積極的に摂取しましょう。(レバー、ほうれん草、大豆、ひじきなど)

カリウム:体内の余分な水分を外に排出するデトックス効果に優れた栄養素。むくみからの倦怠感の改善にgood!(バナナ、きゅうり、にぼし、スルメ、わかめ、ひじき)

大豆イソフラボン:体内に摂り入れられるとエストロゲンに似た働きをするため、ホルモンバランスを効果的に整えます。(豆腐、納豆、豆乳、大豆など)

ビタミンE:ビタミンEは卵巣の健康維持には欠かせない栄養素です。エストロゲンは卵巣で作られますから、卵巣の健康維持のほかホルモンバランスの調整に役立ちます。(アーモンド、オリーブオイルなど)

DHA:青魚に豊富に含まれるDHAは血液中の中性脂肪や悪玉コレステロール値を下げ、血液をサラサラにする効果が!そのため、血行改善には非常に役立ちます。

ホルモンバランスを整えたり血行を改善したり、そしてむくみを軽減できる栄養素を含む食材を積極的に口にしましょう。

栄養バランスの優れた食生活があってはじめて、それぞれの栄養素がきちんと機能します。

そのため、上記の栄養素を中心に摂取するのではなく、栄養バランスのとれた食事にこれらの栄養をプラスするイメージで食事のメニューを決めたいですね。

2.余計に体をだるくするNGな食べ物

チョコレート:血管を収縮作用から血行状態が悪くなり、倦怠感が酷くなる原因に。また、血糖値の急激な増加から精神的な不調に繋がることも。

インスタント食品:カロリー過多・添加物などが血行を悪くするほか、栄養バランスの悪い食事の原因に。

アルコール:アルコール分解のために多くの水分・栄養を消費するだけでなく内臓に大きな負担を与えるため、体の機能が低下している生理中には避けましょう。また、生理中の飲酒はホルモンバランスの乱れや貧血の原因にも。

カフェイン:倦怠感や眠気覚ましのためにカフェインを摂取する人も多いかと思いますが、カフェインには血管の収縮作用があるため倦怠感を悪化させる恐れも。生理中にはカフェイン頼りの眠気覚ましではなく、体を動かしたり気分のリフレッシュに役立つミントの香りを上手く使ったりして対処しましょう。

体を余計にだるくする食べ物としては上記の通りです。

どれも血行状態や栄養バランスを悪くするものばかりですね。

特に生理前~生理中には、食欲増加やストレス解消のためについつい食べすぎたり飲み過ぎたりしますから注意が必要ですね。

だるいけど、なかなか生理が来ない場合

妊娠している可能性も

毎月生理前~生理中のタイミングで体がだるく感じると、倦怠感とともに「そろそろ生理が始まる頃かな」と察することができますよね。

しかし、「そろそろ生理」と思っていたのにも関わらず、予定日を過ぎても生理が始まらない場合には妊娠を疑うべきかもしれません。

妊娠した体を安静に保とうとする作用が倦怠感として現れることから、妊娠の初期症状として体の倦怠感引き起こされるからです。

体の倦怠感だけでなく体のほてりや高温期が長く続く場合には、妊娠の可能性が高いですから妊娠検査薬を試してみましょう。

妊娠検査薬は生理予定日の7日以降から正しく反応しますから、必ずこのタイミングで使用してくださいね。

陽性反応が出た場合には、産婦人科の受診を。

何らかの病気が原因?酷い場合には病院へ

倦怠感が酷い場合には、生理や妊娠以外の何らかの病気が原因となっている恐れもあります。

そのため、日常生活に支障をきたすほどの酷い倦怠感に悩まされている場合には、病院での診察を受けてくださいね。

それに、だるさの原因が分からないままでいるよりも、何らかの原因が分かったほうが気持ち的にも楽になれます。倦怠感に不安を覚えたのなら、病院へ行くようにしましょう。

まとめ

生理中の倦怠感は、ホルモンバランスの乱れや心身や精神面の変化から引き起こされています。

根本的な原因となるホルモンバランスは、すぐに整えられるというものではありません。

日頃からの生活習慣を見直し、それを続けていく中でホルモンバランスを整えていくことが大切です。

また、生理中に口にする食べ物を意識するだけでも症状が和らぎますから、普段の生活以上に食事には気を付けたいですね。