頬にできるニキビは乾燥が原因!?繰り返しできやすい頬ニキビのケア方法

頬にできるニキビは乾燥が原因!?繰り返しできやすい頬ニキビのケア方法

しつこく繰り返す頬ニキビ。顔の中でも面積が広く、ニキビができると目立って嫌ですよね。

他の部分にできるニキビよりも大きいし、痛いことが多いほっぺのニキビをなんとか治したい!という人も多いのではないでしょうか。

今回はどうして頬にニキビができてしまうのか、その原因とケアの仕方についてご紹介します。

頬ニキビに悩んでいる人は、参考にしてみてください。

頬ニキビの原因とは?

ニキビは10代の思春期ニキビから20代以降の大人ニキビまで、年代問わず様々な人を悩ませる肌トラブルです。

顔の中でも様々な場所に発生し、頬にも大きなニキビやプツプツとした白ニキビができやすい傾向にあります。

そんな頬ニキビができる原因は何なのでしょうか?

主に乾燥のダメージによってニキビができる

肌が乾燥すると、本来持っている天然のバリア機能が低下し、紫外線やダメージを受けやすくなります。

さらに、乾燥している肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌し、それがもとで皮脂が毛穴につまって炎症を起こし、ニキビができやすくなったりします。

頬は顔の中でも皮脂が少ない部分なので乾燥しやすく、ニキビができやすいです。

また年齢を重ねるにつれて肌の水分量は失われていきますので、30代~40代の大人ニキビは乾燥が原因になっていることが多いです。

そのため、大人ニキビの特徴として頬を含むUゾーンにニキビができやすいといわれています。

洗顔のしすぎも乾燥の原因に!?

また、年齢や肌質を問わずに、洗顔料が原因でニキビが起こることもあります。

例えば使用する洗顔料が肌に合わないものを使っていると、汚れを落とすだけでなく必要な皮脂まで奪い取り、乾燥を招くことになります。

一日に何度も洗顔する人も要注意です皮脂が気になるからと洗いすぎると、そこから乾燥し、ダメージを受けてニキビが起こる場合もあります。

生活習慣の乱れよってできる場合も!

頬ニキビが出来る原因には、様々な理由があります。特に、生活習慣の乱れから起こりやすい特徴があります。

それでは、他の理由について詳しくみていきましょう。

偏食とお酒の飲み過ぎ

頬ニキビの原因は肌の乾燥からくる皮脂の過剰分泌だけが原因ではありません。

生活習慣の乱れから引き起こされることもあるのです。これは、頬ニキビが内臓機能の低下と密接な関係にあることからいえます。

例えば、糖分や脂肪分の多い食事は、胃腸や肝臓に負担をかけます。頬のニキビは胃液が減少したり弱くなったりした場合に起こりやすく、こうした食事が原因である場合もあります。

特にチョコレートやケーキなどの甘くて油分のあるお菓子や、お肉などの動物性脂肪はニキビを作りやすくすると言われています。また、肝臓に負担をかけるアルコールも、飲みすぎるとニキビを引き起こしやすくなります。

ヘアスタイルによる刺激

ニキビができた場合やってしまいがちなのが、ニキビを隠そうと髪の毛を頬に寄せることです。

人に見られるのが恥ずかしい気持ちは分かりますが、これはさらに刺激やダメージを与え、悪化する原因です。

空気中にはホコリやさまざまな菌が漂っています。特に髪の毛にはそれが付着しているので、隠そうとして頬を覆うような髪型にするのはやめましょう。

そうでなくとも整髪剤を使っていたらそれが毛穴を詰まらせてニキビの原因になることがあります。

またシャンプーやコンディショナーのすすぎ残しが付着して刺激となり、ニキビを招くこともあるので注意しましょう。

ホルモンバランスの乱れ

ニキビができる原因は、ストレスによるホルモンバランスの乱れも影響しています。

ストレスを感じると、肌に潤いを保つ女性ホルモンの働きが弱くなります。そうして乾燥状態を招くことで皮脂分泌が活発になり、ニキビができやすい肌になります。

また、大人ニキビの場合は男性ホルモンが影響していることもあります。

男性ホルモンは女性でも、ストレスや生活リズムの乱れ、睡眠不足、あるいは生理前の状態などが原因で、交感神経が刺激されると多く分泌されます。

そういった状態になると角栓が発生しやすくなり、毛穴が詰まってニキビができやすくなります。

ストレスをなくすことはできませんが、運動して発散したり、自分の趣味を見つけて解消するなど上手に付き合っていくことが大切です。

そういったことを無理に見つけなくても、お風呂にゆっくり浸かったり、アロマを利用してリラクゼーションを楽しむだけでも変わってきます。

寝具の汚れ

時折、どちらか一方の頬にだけニキビができるケースがあります。

この場合考えられる原因は寝具が不衛生な状態であるということです。もし普段眠っているときの姿勢をイメージして、下にしている方にニキビができているなら、その可能性が高いです。

人は寝ている間にたくさん汗をかくので、寝具が蒸れやすく、雑菌も繁殖しやすい状態にあります。

だから枕などにいる雑菌が寝ている間に頬に移って炎症を起こすこともあります。

定期的に枕カバーを取り換えたり、シーツを交換するなどして清潔な状態に保つようにしましょう。

頬ニキビのケア方法

頬ニキビのケアは、バランスのいい食事、ストレス解消、清潔な寝具を維持することなどに取り組む必要がありますが、特に力を入れたいのは日々のスキンケアです。

他のケアも重要ですが、肌が乾燥している状態だと、ちょっとしたことでも大きなダメージとなるからです。

正しい洗顔方法

まずは洗顔方法を見直しましょう。洗顔するとき、メイクや汚れをしっかり落としたいからといってゴシゴシ洗っていませんか?

もしそうやって洗っている場合は、今すぐ見直しましょう。

気持ちは分かりますが、ゴシゴシと強い摩擦を与えると、肌には大きなダメージとなり、必要な皮脂を奪い余計乾燥しやすくなります。

正しい洗顔の仕方は、たっぷりの泡を作って優しく洗い、ぬるま湯で十分にすすぎます。

ニキビ対策の基本は洗顔にあり!正しい洗い方とおすすめの洗顔料とは?

しっかりと保湿をする

洗顔後は化粧水や乳液を使って、しっかりと保湿をしましょう。洗顔のあとは肌のバリア機能が一時的に弱まっていますので、ここで保湿することがとても大切です。

また、化粧水だけのケアでは、水分が蒸発して乾燥してしまいます。それではせっかく肌をよくしようとしても逆効果です。

乳液やクリームには潤いを閉じ込めるフタの役割がありますので、それでしっかりと水分を閉じ込めましょう。

べたつきが気になる場合は、さらっとした使い心地のものを選ぶようにしてください。

化粧水だけでニキビケアと保湿はできる?正しいスキンケア方法を紹介

メイクや手で触るような刺激にも注意!

もしニキビができているときは、目立つからといって触ったり潰したりするのは厳禁です。

そうすると治りを遅らせたり、悪化させることが多いです。ひどいときにはニキビ跡になることもあります。気になる気持ちは分かりますが、グッとこらえて我慢しましょう。

そして頬にニキビがあるときは、メイクで隠そうと厚化粧すると逆効果です。どうしてもメイクする場合は軽く隠す程度にしましょう。

特に油分の多い化粧品は毛穴を抑え込むことになるので避けてください。

ファンデーションなら肌に優しいパウダーファンデーションを選ぶのが、ニキビ肌にはおすすめです。

ニキビ肌におすすめのファンデーションを紹介!フェイスパウダーは?

頬ニキビにおすすめのスキンケアシリーズ

頬ニキビのスキンケアを選ぶなら、乾燥対策がしっかりできて、肌バリアを高めることができるシリーズがおすすめです。

頬ニキビのケアにおすすめのスキンケアシリーズを紹介します。

ビーグレン ニキビケア

ビーグレンニキビケア

  • ニキビケアとニキビ跡ケアを同時に行えるニキビケアシリーズ
  • 肌本来が持つ保水力を高め、肌バリアを正常化させる
  • クレイ配合で毛穴詰まりを解消し、新しいニキビも予防

ビーグレンのニキビケアは、じっくりとニキビ予防をしたい人に向いているスキンケアシリーズです。

長時間保湿してくれるクリームもセットになっていますので、乾燥による頬ニキビに悩んでいる人におすすめ。

ニキビケアと乾燥対策をしっかり行いたい人は、ビーグレンのニキビケアを試してみましょう。

ビーグレン ニキビケアの価格や口コミを紹介!トライアルセットもある?

ヒフミド

ヒフミドラインナップ

  • 保水力に優れた「ヒト型セラミド」を配合し、肌の乾燥に強い肌を作る
  • ヒト型セラミドはⅠ・Ⅱ・Ⅲ型が配合されていて、トリプルサポートで肌のうるおいをキープ
  • しっとりするのにべたつかなず、つけ心地の良いテクスチャー

ヒフミドは乾燥ニキビにおすすめの保湿成分「セラミド」が配合された、スキンケアシリーズです。

セラミドは肌本来の保水力を高めてくれる成分なので、根本から頬ニキビをケアしたい人におすすめです。

ひどい乾燥による頬ニキビに悩んでいる人は、ヒフミドをお試しください。

まとめ

頬のニキビはストレスや食生活、寝具など考えられる原因はいろいろありますが、意外と乾燥からできることが多いです。

だから特に普段のスキンケアの見直しを行いましょう。正しい洗顔方法で、刺激やダメージを与えず行うことが大切です。そのあとの保湿もしっかりと行ってください。

また、頬は面積が大きい分ニキビができると気になりますが、炎症が起こっているときは触らずメイクも控えめにするよう心がけましょう。

スキンケアとともに生活スタイルを見直したり、清潔を保って嫌な頬ニキビからサヨナラしましょう。

参考文献:学研出版 最新版 肌美人になる スキンケアの基本 悩み解消パーフェクトBOOK P110‐115