オイリー肌はニキビができやすい!?スキンケア方法と化粧水を紹介

オイリー肌はニキビができやすい!?スキンケア方法と化粧水を紹介

お肌の油分が多くベタつきがちなオイリー肌。肌タイプの中でも特にニキビの出来やすいタイプです。

ではオイリー肌さんに合った化粧品や、気をつけるべきスキンケアのポイントとはどのようなものなのでしょうか?

正しいケア方法を学んでニキビのないお肌を目指しましょう!

オイリー肌にニキビが出来る原因とは?

ニキビの原因は毛穴が詰まり、皮脂が溜まってニキビ菌が繁殖することが挙げられます。

思春期は成長ホルモンの影響で皮脂を分泌する男性ホルモンが増加するため、ニキビができやすくなります。

そして、大人になってからのニキビは、様々な要因によって皮脂がたくさん分泌されるために起こります。

例えば、普通肌の人はストレスや便秘などでホルモンバランスが崩れ、皮脂の過剰分泌が起こった時にニキビができやすくなります。

常に皮脂が過剰気味であるオイリー肌の場合は、ニキビ菌のエサである皮脂が常に豊富にある状態なのです。

つまり、ほかの肌タイプの人よりもニキビが出来やすいと言えます。

オイリー肌の特徴

オイリー肌タイプの人の特徴は以下の通りです。

  • 顔全体がテカりがち
  • 肌のキメが粗い
  • 毛穴の開きが気になる
  • 時間が経つと化粧が崩れやすい
  • 肌がベタつきやすい

このように、お肌の水分量とともに皮脂量も多いのがオイリー肌の特徴。

メイクが崩れやすく、乾燥よりもテカりやベタつきが気になるタイプです。

オイリー肌を引き起こす悪習慣

生まれつき皮脂の分泌量が多い、毛穴が開きがちな人も中にはいますが、オイリー肌は日頃の生活習慣の中にも原因があります。

「肌のベタつきや油分が気になって、しょっちゅう洗顔してしまう」

「しっかり汚れを落としてくれるから、オイルタイプのメイク落としを使っている」

こんなあなたは要注意です。

それでは、具体的な原因を見てみましょう。

洗顔のしすぎ

ニキビをケアするポイントとしてとても大切なのが「洗顔」です。

お肌が油っぽいと気になってついつい何度も洗顔してさっぱりさせたくなるものですよね。

特にクレンジングオイルの洗浄力は強力で、マスカラや汗に強いファンデーションなどもしっかり1度で落としてくれます。

ところが、この洗浄力の強さが肌にはかえって負担になっているということはご存知でしょうか?

お肌の皮脂を取りすぎると、皮膚のバリア機能が失われどんどん肌の水分が蒸発し、刺激にも弱くなってしまいます。

すると肌は皮脂をたくさん分泌して皮膚を守ろうとします。これがお肌をしっかり洗っているのにすぐに油っぽくなってしまうメカニズムなのです。

スキンケア不足

洗顔後のスキンケアで1番大切なのは「保湿」です。

べたつきが気になってお手入れを適当に終わらせてしまったり、乳液やクリームを使わなかったり・・・。

皮脂が多いので、乳液やクリームなど重たい化粧品を使わないことは一見理にかなっているように思えます。

そもそもオイリー肌は元々お肌の水分量は多いほうなので、乾燥肌の人のように化粧水を何度も入れなくても特に乾燥はしない良いように感じるかもしれません。

ですが、化粧水や乳液といったスキンケアを手抜きすると、いくらオイリー肌でも肌が乾燥してきます。

そうすると、肌はさらに皮脂を分泌するので、またオイリー肌になるといった悪循環に陥ります。

たとえオイリー肌であっても、洗顔後の乾燥しやすいお肌にはまずしっかりと水分を入れ込んで保湿をしましょう。

オイリー肌のニキビケア方法

オイリー肌さんがニキビとサヨナラするには、皮脂コントロールが大切です。

そのためにはオイリー肌に合わせたスキンケアを行いましょう。

オイルカット処方のものを選ぶ

まずはスキンケアラインを見直して、オイリー肌用やニキビ肌用の化粧品を使うのも良いでしょう。

これらのスキンケア化粧品の中でもオイリー肌に特におすすめなのはオイルフリー処方です。

お手入れ完了後もさっぱりとした使い心地のものが多いので、ニキビケアにぴったりです。

またノンコメドジェニック処方になっているものもおすすめです。

クレンジングは洗浄力がマイルドのものを選ぶ

メイク落としは、洗浄力がマイルドなミルクタイプやクリームタイプを選びましょう。お肌の潤いを奪うことなく負担も軽いため、マスカラなどが落ちにくい場合もあります。

その際はポイントメイクリムーバーなどを使って、別々に落とすのがベストです。

ニキビ肌のクレンジングの選び方とは?おすすめのクレンジングを紹介

洗顔はたっぷりの泡でやさしく

ニキビの洗顔方法は、洗顔ネットなどでしっかりと泡立て、泡をすべらせるようにして洗いましょう。

泡立てる量は、泡を顔に乗せた時に手がお肌に触れない状態が理想的。両手いっぱいに泡があるくらいを目安にしましょう。

手のひらでゴシゴシとこすってしまうと、皮膚が傷ついたり皮脂を取りすぎたりしてしまうため気をつけましょう。

また洗顔料はお肌と同じph値が弱酸性のものがおすすめ。洗い上がりにつっぱらないものを選ぶと、肌の皮脂を取りすぎません。

ニキビ対策の基本は洗顔にあり!正しい洗い方とおすすめの洗顔料とは?

浸透力アップの保湿方法

洗顔後はすぐに化粧水をつけるようにしましょう。

化粧水をつけずにいると過乾燥と言って、洗顔前よりもお肌が急激に乾燥してしまうので気をつけてくださいね。

お肌に必要な化粧水の量はスプーン1杯分と言われています。

化粧水の浸透力アップするためには、以下の方法がおすすめです!

  1. コットンを二枚重ねて、下まで染み渡るくらい化粧水をたっぷりと含ませましょう。
  2. コットンが毛羽立ったら裏返しにして水分がなくなるまでしっかりとパッティングします。

お肌がひんやりしっとりとしたら、しっかりと水分が入った合図です。

油分が少なめのクリームや乳液でフタをして、お肌の水分を逃がさないことがポイントですよ。

ニキビ肌に乳液は必要?乾燥対策におすすめのセラミド乳液を紹介!

オイリー肌におすすめのニキビケア化粧水

オイリー肌のニキビケアにおすすめの化粧水をご紹介します。

オルビスクリア 薬用クリアローション

オルビスクリア薬用ローション

価格:1,500円(税抜)

容量:180ml

オルビスクリアはオイリー肌におすすめのオイルカット処方となっていて、薬用クリアローションもオイルカットの化粧水です。

紫根エキスと甘草エキスが肌バリアを整え、ニキビのできにくい肌へ導きます。

オイルカットなのに高保湿成分が含まれているので、しっかりと肌のうるおいをキープすることができます。

またノンコメドジェニックテスト済みで、しっとりタイプとさっぱりタイプの2種類から選べます。

ニキビケア「オルビスクリア」の特徴や成分は?気になる口コミも紹介

ファンケル アクネケア 化粧液

ファンケルアクネケア化粧水

価格:1,620円(税込)

容量:30ml

漢植物エキス配合で肌バリアを高めて、ニキビの根本から防ぐ化粧液。

アケビアエキスも配合されているので、ニキビ跡による色素沈着も防ぎます。

潤いを保るのに、さっぱりとした使い心地なのがオイリー肌におすすめの理由です。

ファンケルアクネケアの特徴と口コミを紹介!ニキビケアに効果はある?

シーボディVCローション

シーボディVCローション

価格:8,640円(税込)

容量:150ml

最新型ビタミンC誘導体、高機能ビタミンA・E誘導体が含まれた、ニキビケア化粧水です。

ビタミンCには皮脂抑制効果があるので、オイリー肌で皮脂が過剰になりやすい人におすすめです。

また角質ケアや皮脂ケアにおすすめの「サリチル酸」がアクネ菌の殺菌もしてくれます。

植物性エキスが肌にうるおいを与え、ニキビに悩まない肌へ整えます。

ニキビケア「シーボディVCシリーズ」の特徴や口コミは?ニキビ跡ケアもできる?

草花木果どくだみ 整肌化粧水・どくだみ

草花木果どくだみ

価格:3,024円(税込)

容量:180ml

草花木果どくだみは植物エキスがギュッと詰まった、自然の力でニキビケアをする化粧水です。

トラネキサム酸とグリチルリチン酸塩を合わせた有効成分で、できたニキビにしっかりと働きかけます。

皮脂吸着成分によってべたつかずにさっぱりとした使い心地で、オイリー肌の人でも心地よく使えます。

また100%天然香料でお手入れの気分を高めてくれます。

植物のちからでニキビケア!「草花木果どくだみ」の特徴や口コミを紹介

まとめ

以上、オイリー肌とニキビの関係について見てきました。

自己流のケアはニキビの悪化の元になります。

ついつい皮脂を取り除くことにフォーカスしがちですが、「皮脂をなくすのではなく適量をキープする」ことが美肌への道。

オイリー肌の特徴をよく理解して、適切なケア方法を取り入れることが大切です。

「皮脂を取りすぎず、保湿をしっかり行う」ことを意識して、オイリー肌を卒業しましょう!

参考文献:学研出版 最新版 肌美人になる スキンケアの基本 悩み解消パーフェクトBOOK P92~P97