【2021新春】名店おせちの予約状況

赤みのあるニキビ跡を消す方法はあるの?おすすめの化粧水やケア方法を紹介

ニキビはほぼ治ったのに、赤みのあるニキビ跡がなかなか治らない…といったことはありませんか?

この赤いニキビ跡は、人によっては何年も残り続けることもあるくらい厄介なものなのです。

特に頬に赤いニキビ跡はできやすく、目立ちやすいので悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

今回はどうして赤くニキビ跡が残るのか、セルフケアで治るのか、原因と対策についてまとめました。

赤みのあるニキビ跡が消えない原因とは?

そもそもニキビは毛穴がつまり、そこにアクネ菌が増殖することで発生します。

アクネ菌はリンパ球などを誘導して炎症を起こさせます。そうすると肌は免疫反応を出し、傷を治そうとします。

その結果、治そうとする部分に毛細血管が集中し、炎症が治まったあとも、そこに毛細血管が残っているため、赤みのあるニキビ跡になります。

赤みのあるニキビ跡は皮膚の内側に炎症が残っている状態

特に、ニキビが治ってから半年以内の赤みについては、炎症の跡が肌に残った状態と言えます。

場合によっては治ったように見えて、皮膚の内側ではまだ炎症が治まっていないこともあるので注意が必要です。

あるいは、炎症を起こしたことで血流が遮断され、毛細血管に血液が停滞していることで赤くなっているケースもあります。

赤みのあるニキビ跡に長期間悩まされることも

炎症のダメージが皮膚の奥深くまで達している場合は、1年以上といった長い期間赤みのあるニキビ跡に悩まされることもあります。

深部までダメージが及ぶと、正常なターンオーバーが阻害され、なかなか赤みが消えなくなるからです。

そして、炎症によって皮膚も薄くなっているので血管や筋肉が透けてしまい、赤っぽく見えるのです。

色素沈着になる恐れもある

また、炎症が真皮層まで及んでしまうと、血管が損傷し、そこから出た血液が周辺の組織に浸透します。

血液にはヘモグロビンが含まれており、酸素を失うと変色し、紫や赤黒い色の色素沈着を起こすこともあります。

ニキビ跡の赤みのセルフケア方法

赤みのあるニキビ跡は、炎症がひどくなると治りにくいのが特徴ですが、セルフケアで治すことはできるのでしょうか。

赤み解消には肌のターンオーバーが重要!

赤みのあるニキビ跡は比較的症状が軽いため、セルフケアで解消できる可能性が十分あります。

その鍵となるのは肌のターンオーバーと呼ばれる、肌本来が持つ肌の再生機能です。

肌は通常28日周期で細胞が入れ替わるとされています。そうして古いものがはがれて、新しいものへと生まれ変わっているのです。

ニキビ跡という肌ダメージを受けた場合は、できるだけ早く新しい肌に生まれ変わることが必要です。

そのために毎日のスキンケアが重要となり、肌を清潔に保ち、保湿をしっかり行うことがニキビ跡改善の近道なのです。

ビタミンC誘導体が含まれた化粧品がおすすめ

赤みのあるニキビ跡をケアするためのスキンケアを選ぶ際には、「ビタミンC誘導体」が含まれたものがおすすめです。

ビタミンC誘導体といえば、美白成分として知られていると思いますが、それだけではなく抗炎症作用や抗酸化作用など様々な働きを持っています。

赤みのあるニキビ跡に対する働きとしては、

  • ニキビ跡の炎症を抑え、肌の修復を促進する
  • メラニンの生成を抑制し、ニキビ跡の色素沈着を防ぐ
  • 紫外線による活性酸素を取り除き、ニキビ跡の悪化を防ぐ
  • 皮脂抑制作用が毛穴詰まりを予防し、新たなニキビができるのを防ぐ

といったものが挙げられます。

ビタミンC誘導体だけではなく、ほかにもニキビ跡の赤みにおすすめの成分は以下の通りです。

グリチルリチン酸ジカリウム

甘草の根っこに含まれるこの成分は、ニキビの炎症を抑える有効成分として使われることが多いです。

肌が炎症を起こした状態の赤みニキビ跡におすすめの抗炎症作用を持った成分といえます。

ビタミンA

肌のターンオーバーを促進させる作用を持つビタミンA。

ビタミンA誘導体はトレチノインともいわれ、皮膚科でも処方をされる成分でもあります。

トラネキサム酸

メラニンの生成を抑える作用のある、注目の美白成分です。赤みのあるニキビ跡の色素沈着を防いでくれます。

ニキビ跡の赤みにおすすめの化粧品

赤みのあるニキビ跡におすすめのスキンケアを紹介していきます。

しっかりと有効成分を肌に浸透させるために、化粧水をニキビ跡の赤みケアができるものを使いましょう。

さらにしっかり集中してケアをしたい人は美容液を合わせて使うのもおすすめです。

おすすめの化粧水

シーボディVCローション
シーボディVCローション

価格:8,640(税込)

容量:150ml

最新型ビタミンC誘導体とビタミンA・Eを配合した、さっぱりとしたテクスチャーのローション。

できたニキビケアはもちろんですが、殺菌作用と角質ケアができる「サリチル酸」配合のため、ニキビ跡ケアにもおすすめです。

お肌に優しい処方になっているため、敏感肌の人でも使うことができます。

ニキビケア「シーボディVCシリーズ」の特徴や口コミは?ニキビ跡ケアもできる?

ドクターシーラボVC100エッセンスローション
200172_xl

価格:5,076円(税込)

容量:150ml

ドクターシーラボ

高浸透型ビタミンC誘導体(APPS)配合で、肌サイクルを整えながら肌トラブルの気にならない肌へ導きます。

コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分も含まれているため、乾燥しがちな肌にも使えます。

新しいニキビを予防しつつ、赤みのあるニキビ跡をケアしてくれる化粧水となっています。

グレープフルーツとオレンジの爽やかな香りで肌も心も癒してくれます。

Cマックスローション
ea23b6865b2cbc919fa01085a96b8ab7-229x420

価格:8,000円(税抜)

容量:100ml

キャシーズチョイス

高濃度ビタミンC誘導体をたっぷりと配合した化粧水。

肌本来のバリア機能や代謝を高めてくれるため、ニキビやニキビ跡だけでなく、乾燥や毛穴が気になる人にもおすすめの商品です。

肌のターンオーバーに働きかけるビタミンA、肌の修復力を高めるビタミンB5、抗炎症作用を持つカンゾウ根エキスといった成分も配合。

赤みのあるニキビ跡をケアしながら、ハリのある健やかな肌へ導いてくれます。

イオン導入やブースターとしても使用できるところが嬉しいポイントです。

おすすめの美容液

ビーグレン Cセラム
ビーグレンCセラム

価格:4,700円(税抜)

容量:15ml

ビーグレンCセラムは高い効果を持つ「ピュアビタミンC」配合の美容液です。

独自のテクノロジー「QuSome」によって、安定して肌に浸透させることができます。

ビタミンCの抗炎症作用と抗酸化作用、美白効果で赤みのあるニキビ跡にぴったりの美容液といえます。

b.glen(ビーグレン)ニキビ跡ケアのおすすめポイントや口コミを紹介!

パルクレール美容液
パルクレール美容液

価格:10,000円(税抜)

容量:15ml

パルクレール

化粧水、乳液、美容液、化粧下地のオールインワンでニキビ・ニキビ跡ケアができる美容液です。

有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」がニキビ跡の赤みのある炎症を落ち着かせてくれます。

また美容成分「プラセンタ」や「ヒアルロン酸」、植物由来成分が肌を健やかな状態に整え、トラブルのない肌へ。

日本人の肌に合わせて作られているため、どんな肌質でも使うことができます。

メラノCC しみ集中対策美容液
tmb_135011_01

価格:1,180円(税抜)

容量:20ml

ロート製薬

ロート製薬から販売されているメラノCCの美容液は、ニキビ・ニキビ跡としみ・そばかすケアを同時に叶えてくれます。

不安定なピュアビタミンCを独自技術で安定させ配合。メラニンの生成を抑え、ニキビ跡の色素沈着を防いでくれます。

また殺菌成分「イソプロピルメチルフェノール」と抗炎症成分「グリチルリチン酸ジカリウム」も配合。

ニキビ跡の赤みやニキビの炎症を抑え、ニキビ跡とニキビケアにもしっかりと働きかけます。

メラノCCは薬局やドラッグストアでも手に入りやすく、お手頃価格なのが嬉しいポイントです。

赤みニキビ跡は生活習慣の改善も大切

肌のターンオーバーを整えることは、ニキビ跡の赤みを解消するために何より重要なことです。

ターンオーバーはとても繊細なもので、日々のストレスや生活習慣によってすぐに乱れてしまいます。

ニキビ跡に悩まない健やかな肌を作るためにも、日々の生活習慣を見直すところから始めましょう。

十分な睡眠

睡眠は自分でできる最高のスキンケア

肌のターンオーバーには「成長ホルモン」が大きく関わっています。それは、成長ホルモンによって、新しい肌が生み出されるということです。

成長ホルモンは、眠りに落ちた直後の3時間に最も分泌されるといわれています。その時間帯に、良質な睡眠を取ることがとても重要です。

そのためには、体をリラックスした状態に導いておくことが重要です。

人間の体には自律神経と副交感神経というものがあります。そのうち、副交感神経が優位な状態で眠りにつけると、質のいい睡眠へと結びつけられます。

しっかりと入眠するためには、以下の事に気をつけましょう。

食事は就寝の2時間前まで、入浴は1時間前

普段から食事をとるのは、最低でも就寝の2時間前までに済ませるようにしましょう。

血糖値が下がっている状態で布団に入ると、副交感神経が働きやすくなります。

もし眠る前の2時間以内に食事をとってしまった場合は、軽い運動などをして血糖値を下げてから布団に入るようにしましょう。

また、入浴の時間は就寝の1時間前が理想です。しっかりと体を温め、寝る前に体温が戻っている状態だと一番です。

就寝前はスマホを触らない

パソコンやスマホ・携帯電話の光は自律神経を刺激するため、就寝前は触らないようにしましょう。

夜更かしなどで睡眠不足になると、ホルモンバランスはすぐ乱れます。そうすると肌のターンオーバーの乱れにもつながります。

一度乱れると元に戻すのは大変なので、規則正しい睡眠習慣を心がけましょう。

バランスの良い食事

ターンオーバーの正常化にはバランスのいい食事をとることも重要です。偏った食事をするのではなく、1日3食をしっかりと食べましょう。

特にしっかり摂りたいのがビタミンCです。ビタミンCは抗酸化作用があり、肌の再生を助ける働きがあるとされています。

ミカンといった柑橘類をはじめ、果物や緑黄色野菜に多く含まれています。

ただし熱に弱いため、なるべく加熱調理ではなく生の状態で食べるようにしましょう。

そのほかの必要な栄養素

同じビタミン類で、ビタミンB群やビタミンA、ビタミンE群、それから亜鉛などのミネラルもターンオーバーを促進させるために欠かせません。

また、細胞をつくる良質な脂質や、たんぱく質も重要です。野菜だけでなく、豚肉や大豆製品、卵といった食材もバランスよく摂りましょう。

避けたい食事は?

反対に避けたいのが炭水化物や糖質、脂質のとりすぎです。

例えばファストフードやアルコール、加工食品などは体内のビタミンやミネラルを消費したり、流出させてしまいます。

なるべく摂取しないよう心がけましょう。

適度な運動

適度な運動を行うことも健康な肌を保つためには重要なことです。

通勤の行き帰りに歩く距離を増やしたり、お風呂上りにストレッチをしたりするなどで十分なので、全身を動かすことを心がけましょう。

自分に無理のない範囲で軽い運動を行い、代謝をアップさせることで、ストレス発散にもなります。

運動することで健康な体を手に入れられるとともに、ターンオーバーも正常に導くことができます。まさに一石二鳥ですね。

赤みのあるニキビ跡の皮膚科での治し方

スキンケアや生活習慣を見直しても赤みが改善しない、という場合は皮膚科で処方薬をもらうか、専門のクリニックでの治療をおすすめします。

これらの治療法は保険がきかないものが多いので、注意をしましょう。

しかし早く効果を出したいという人には有効。皮膚科やクリニックでは次のような治療が受けられます。

外用薬

ニキビ跡の外用薬として、塗り薬が処方されることが多いです。

ビタミンA誘導体を配合した「外用レチノイド」や肌の漂白剤ともいわれる「外用ハイドロキノン」、「ビタミンC誘導体クリーム」などが処方されます。

内服薬

飲み薬としてはビタミンA、ビタミンB群、ビタミンEなどのビタミン剤が処方されることが多いようです。

イオン導入

イオン導入はビタミンC誘導体やプラセンタなどの成分を、微弱な電流を使って肌に浸透させる方法です。

副作用も少なく、比較的抵抗なく受けられる治療のひとつといえるでしょう。

自宅で出来るイオン導入器もありますが、ビタミンC誘導体にこだわるなら美容皮膚科の方がおすすめです。

ケミカルピーリングと合わせて行うとさらに効果的です。

関連記事ニキビ跡の治療法にイオン導入!自宅でも出来るイオン導入器とは?

ケミカルピーリング

フルーツ酸などの薬剤を使用し、それを肌に塗布して古い角質を溶かす治療方法です。古い角質が取り除かれることにより、表皮の細胞が活性化してターンオーバーを促進します。

肌の状態や症状にもよりますが、定期的なケアが必要です。一般的には2~4週間に1回のペースで、1クール3~6回に分けて行われます。

レーザーピーリング

赤みに反応するレーザーを使ってのピーリング治療です。使用する波長の性質によって血流を抑え、赤みの改善へと導きます。

治療後すぐに赤みが解消され、即効性があるのが魅力です。その反面、施術には痛みを伴うことがあります。

関連記事ニキビやニキビ跡におすすめのピーリング治療とは?皮膚科で出来る?

フォトフェイシャル

光治療の一つで、赤い色に反応する光を顔全体に照射し、毛細血管を収縮させて赤みの軽減に結びつけます。

また、赤みの範囲が広い場合や色素沈着を一緒に治療したい場合にも対応できます。

さらにフォトフェイシャルの場合、時間が経った赤みでも改善したり薄くなるという効果が期待できます。

関連記事ニキビ跡のレーザー治療・光治療とは?デメリットや痛みはある?

ニキビ跡の赤みを隠したい場合はコンシーラーを使おう

ニキビ跡の赤みを完全に消すには、セルフケアにしても皮膚科やクリニックにしても、ある程度の期間が必要です。

ニキビの炎症のようにすぐに治るものではありませんので、赤みが気になって憂鬱になってしまうこともあるでしょう。

そんなときは、ニキビやニキビ跡向けのコンシーラーを使って隠してしまうのがおすすめです。

ニキビ向けのコンシーラーにはニキビを防いでくれる成分が含まれていたりするので、ニキビ肌の人でも安心して使えます。

ニキビ跡の赤みにはグリーン系かイエロー系がおすすめ

またコンシーラーの色味の選び方でニキビ跡の赤みを気にならなくさせることができます。

赤みのあるニキビ跡にはグリーン系かイエロー系のコンシーラーがおすすめです。

コンシーラーは普段メイクをする女性は抵抗なく使えますが、最近は男性でも使っている人が増えてきているようです。

ニキビ跡の赤みを治すまでの間になんとかして隠したい!という人は、男女問わずコンシーラーを使ってみてはいかがでしょうか。

関連記事ニキビを隠す万能コスメ♡おすすめのニキビ用コンシーラーを紹介!

赤みニキビ跡の最大の対策はニキビ予防

今回、赤みのあるニキビ跡の原因や対策についてみてきましたが、一番の対策としてはニキビを作らないことです。

ニキビができなければ、赤みや色素沈着といったニキビ跡に悩むこともありません。

日ごろからニキビができないように、ニキビケアに特化したスキンケアでニキビのできにくい肌を目指しましょう。

最後にニキビ予防におすすめのスキンケアシリーズを紹介します。

シーボディVCシリーズ

シーボディVCシリーズのラインナップ

シーボディVCシリーズは、赤みニキビ跡のケアにおすすめの成分としても紹介した「ビタミンC誘導体」が全商品に含まれているニキビケアシリーズ。

新しいニキビの予防し、今あるニキビを落ち着かせ、ニキビ跡のケアも行ってくれる、ニキビのあらゆる悩みに対応するスキンケアです。

また思春期ニキビでも大人ニキビでも使えるので、ニキビとニキビ跡に悩んでいる、すべての人におすすめです。

ニキビケア「シーボディVCシリーズ」の特徴や口コミは?ニキビ跡ケアもできる?

ビーグレン ニキビケア

ビーグレンのニキビケアは、繰り返しできるニキビにアプローチしてケアしてくれるスキンケアシリーズ。

このセットだけでニキビケアだけでなく、乾燥や毛穴ケアも叶えることができます。

乾燥からニキビができる人、毛穴が気になる人にもおすすめのシリーズとなっています。

赤みニキビ跡におすすめの美容液Cセラムも入っていて、ニキビ跡ケアにも使うことができます。

b.glen(ビーグレン)ニキビケアのおすすめポイントや口コミを紹介!

まとめ

ニキビ跡の赤みのケアは、肌のターンオーバーを正常化することがとても重要です。

そのために普段の睡眠や食事など、生活習慣を整えるように心がけましょう。

ただし、炎症を起こしてから時間が経っている場合などは、生活習慣を整えるだけでは改善しないこともあります。

その場合は、専門のクリニックで治療する方法も視野に入れてみてください。

時にはコンシーラーで赤みを隠す手段も取り入れつつ、ニキビ跡の赤みと上手に付き合うことも必要です。

ニキビ跡に悩まないようにするためには、ニキビを作らないことが一番!

毎日のスキンケアを大切にして、ニキビ跡やニキビに悩まない肌を目指しましょう。

参考サイト:倉敷平成病院 総合美容センター ニキビ・ニキビあと

参考文献:池田書店 素肌美人になるためのスキンケア美容医学事典 P344~P345

参考サイト:赤須病院 レーザーピーリング

参考サイト:タカミクリニック タカミ式フォトフェイシャル

ABOUT US

可愛いものに目がない♡猫大好き♡食べるの大好き♡ROCK女子!! nanairoでは美容・健康・妊娠・育児・グルメなどを執筆しています。

NEW POST