【2021新春】名店おせちの予約状況

クレーターになったニキビ跡の針治療とは?ダーマローラーは痛いの?

ニキビ跡の治療方法はさまざまですが、その中に針治療もあることをご存じでしょうか?どうやら極微細の針がついたローラーを転がして行うんだそうです!針を使うなんて痛そうだし、その上それを転がすなんて、なんだか勇気がいりそうですよね。

ニキビ跡ケアで行われる針治療は、「ダーマローラー」と呼ばれています。これは、極めて細い針がついたローラー状の機器のことです。

一体どんな治療法なのか、そしてどんな効果が得られるのかを詳しく見ていきましょう。

ダーマローラ―の特徴とは?

ニキビ跡ケアで行われる針治療は、「ダーマローラー」と呼ばれています。これは、髪の毛よりも細い針がついたローラー状の機器のことです。

それを肌の上で転がして、目に見えないほど小さな穴を無数に開け、肌の回復や再生を促進します。また、その穴からそれぞれに合った有効成分を浸透させることにより、肌質の改善を促します。

穴を開けることで不安を感じられる方もいるかもしれません。しかし、実はダーマローラーによる治療は、術後に起こる乾燥や赤みといったダウンタイムも短いというのが特徴です。

ダーマローラ―のしくみ

ダーマローラーの特徴は先に述べたとおりですが、そのしくみについてもう少し詳しく見ていきましょう。

(1)真皮にごくわずかな傷をつける

まず施術する前に麻酔クリームを塗るか氷などで冷却をし、痛みを軽減させます。

ダーマローラ―を転がして肌に穴を開け、肌の表皮と真皮にはごくわずかな傷がつきます。この傷がニキビ跡改善に効果を生み出します。

穴を開けたり傷がついたりしますが、それは目に見えないほど小さく、細かいものです。だから数時間で傷はふさがります。

また、ローラーを転がすときには、同時にビタミンCやプラセンタ、ヒアルロン酸、グロースファスターといった、肌を回復させる成分を含む薬剤を塗布することもあります。

そうするとローラーで開けた穴を通じて、より肌の深部まで成分を浸透させることができるのです。

(2)コラーゲン生成で肌の修復

ローラーで穴が開くと、肌はその傷を治そうとサイトカインというたんぱく質を分泌します。これは成長因子とも言われます。

その分泌は約1~2か月間にわたって続きます。その間、真皮層では、コラーゲンやエラスチンの生成が飛躍的に増加します。

コラーゲンやエラスチンが生成されることは、クレーターなどで肌の凹んだ部分が改善され、平らに戻す効果につながります。

また、ターンオーバーも促進されるので、真皮層に残っていた色素沈着や赤みも徐々に上の層へ押し上げられ、最終的に排出することができます。

(3)数回の治療を繰り返す

ダーマローラーは一回の施術でも効果を実感できますが、肌をより改善するためには定期的な施術がおすすめです。

改善するまでの回数は個人差がありますが、2~6週間おきに6回程度の施術を受けることが効果的とされています。

3カ月ほど時間をかけてケアすることで、徐々に肌の入れ替えをすることができます。そして、なめらかでハリのある肌へと生まれ変わります。

ニキビ跡や毛穴引き締めが完治すれば、定期的に施術を受ける必要はありません。

ダーマローラ―のメリット

ダーマローラーの治療を行うメリットとして、次のような点が挙げられます。

「あらゆるニキビ跡や肌質に対応できる」

「こめかみ部分まで治療できる」

「自然の治癒力を利用する治療方法なので、効果が長期間持続する」

「強い副作用がない」

「他の治療に比べてリーズナブル」

ダーマローラーはコラーゲンの生成促進を利用して治療を行う方法なので、色素沈着、赤み、クレーターといったニキビ跡のすべてに効果が期待できます。

他の治療方法ではこめかみ部分のクレーターニキビ跡には施術が行いにくいですが、それもダーマローラーなら可能です。

また肌のコラーゲンという元からある細胞を増やし、自然の治癒力を利用して行うことで、治療効果も他の施術に比べて長期間持続します。針で穴を開けるということで危険に思われる方もいるかもしれませんが、安全性は高いです。

肌の弱い方でも施術ができるほど肌質を選ばない治療法で、レーザー治療を受けた後の肌でも施術が可能です。その際強い副作用が出る不安もありません。

このようにしっかり効果が得られるダーマローラーですが、一回あたりの費用は顔全体で5万円前後とリーズナブルです。レーザー治療より安価で施術が受けられるため、手軽であるというのも魅力の一つです。

ダーマローラ―のデメリット

メリットが多いダーマローラーですが、いくつかのデメリットもあります。

「治療後に肌の赤みや腫れ、一時的な色素沈着、出血の可能性がある」

「乾燥しやすい」

「針を使うことで痛みを感じることもある」

「数回の施術が必要」

「症状によっては効果が得られにくい」

比較的ダウンタイムが短いとされるダーマローラーですが、必ずしも全くないというわけではありません。人によっては治療後に肌の赤みや腫れ、炎症などによる一時的な色素沈着が起こります。

あるいは少量の出血がある場合もあります。そのため、これらが治まるまでには3~4日程度の期間を見ておくことが必要です。

施術後、人によっては肌の乾燥が気になる場合もあります。これは肌に穴を開けることで、そこから水分が蒸発してしまうからです。そのためしっかりと保湿をすることが重要です。

また、ローラーについている針は、ごく細いものですが針には違いありません。人によっては多少の傷みを伴う場合もあります。

ダーマローラーは一度だけ治療を受けても構いませんが、より効果を実感するためには数回の治療が必要です。比較的安価なのも魅力ですが、レーザーに比べると針のダメージは浅く、根深いニキビ跡には効果が得られない場合もあります。

このようにレーザー治療に比べて即効性がないことと、症状の度合いによっては効果が感じられない可能性があることもデメリットです。ただし、先に述べたようにあらゆるニキビ跡に対応でき、強い副作用もなく、レーザー治療のあとでも施術が可能というメリットがあります。自分の症状をよく相談してから施術を受けることが大切です。

まとめ

ダーマローラーは、肌に穴を開けるということで一見すると怖い治療方法に思えますが、穴自体は目に見えるものではなく、その穴もすぐにふさがるので安心です。リーズナブルで、ダウンタイムも比較的短いことは大きなメリットです。

ただし症状の度合いによって得られる効果が違うなど、いくつかデメリットもあります。施術を考える際は、信頼できる専門医の元で、自分の症状をよく相談してから行うようにしましょう。

それでもダーマローラーはレーザー治療と比べて、肌本来の自然治癒力を活かすことから強い副作用の心配がありません。その上長期間、治療の効果が得られることはとても魅力的です。レーザー治療はちょっと不安、という人は一度ダーマローラーでの治療を考えてみられてはいかがでしょうか?

参考文献:エルムクリニック ダーマローラ―療法

参考文献:エンゼルクリニック 美肌 ダーマーローラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

可愛いものに目がない♡猫大好き♡食べるの大好き♡ROCK女子!! nanairoでは美容・健康・妊娠・育児・グルメなどを執筆しています。

NEW POST