【2021新春】名店おせちの予約状況

ニキビ跡が色素沈着してシミになる!?おすすめのスキンケアや予防法を紹介

ニキビは治ったのになんだか茶色く色素沈着して、そのまま放置してたらシミになったという経験ありませんか?

ニキビの炎症が原因で色素沈着し、シミのようなニキビ跡が出来てしまうことがあるのです。

顔にシミができると気になるし、なかなか治らないので、なんとかして消したいと思っている人も多いはず。

今回は、ニキビ跡が色素沈着してしまう原因と自宅で行えるケア方法、皮膚科での治療方法について見ていきましょう。

なぜニキビ跡が色素沈着するの?

ニキビ跡が茶色く色素沈着を起こし、シミのようになるのは、メラニン色素が原因です。

シミの原因物質として有名なメラニン色素は紫外線だけでなく、ニキビの炎症によって刺激を受けたときにも生成されます。

これは「炎症性色素沈着」と呼ばれ、ニキビの炎症が原因となってニキビ跡が黒く残ります。

色素沈着のメカニズム

それでは、どうしてニキビの炎症でメラニンが作られるのかみていきましょう。

ニキビの原因アクネ菌が繁殖して炎症が起きると、肌がそれを鎮めるために活性酸素を生成するところから始まります。

この活性酸素はアクネ菌だけでなく肌も攻撃してしまいます。

肌は自分を守ろうとホルモンを分泌するのですが、それがメラノサイトを刺激し、大量のメラニンを作ってしまいます。

この仕組みは肌が紫外線を浴びたときにメラニンを生成して紫外線をブロックし、肌を守るのと同じ働きなのです。

本来のメラニンはこのように肌を守るために存在し、役目を終えるとターンオーバーによって排出されます。

ところが、このターンオーバーが乱れると、メラニンが排出できず肌に残り、色素沈着を起こしてしまいます。

紫外線によって肌のターンオーバーが乱れることが原因

ターンオーバーが乱れる主な原因として挙げられるのが紫外線です。

過度に紫外線を浴びるとターンオーバーが活性化し、細胞が未熟なうちにターンオーバーを繰り返すことになります。

これが重症化すると、真皮まで色素沈着してしまいます。

この他にも、ストレスや睡眠不足によるホルモンバランスの乱れや間違ったスキンケアによっても肌のターンオーバーは乱れてしまいます。

赤黒いニキビ跡はヘモグロビンが原因!?

メラニンによる色素沈着は茶色っぽいシミのような痕ですが、赤黒い、紫のようなニキビ跡の場合はヘモグロビンが原因です。

ニキビの炎症がひどくなり、真皮まで傷ついてしまうとそこにある毛細血管が出血を起こします。

それが周囲の組織に染み込み、そのような色味の色素沈着を起こすのです。

いわゆる赤みのあるニキビ跡が悪化した場合に、赤黒い色素沈着となってしまうのです。

このヘモグロビンによる赤黒いニキビ跡は時間とともに薄くなっていきます。

色素沈着になるニキビ跡のスキンケア方法

色素沈着をしてしまった場合、時間がかかりますがセルフケアである程度まで気にならなくすることができます。

そこで色素沈着のニキビ跡ができてしまった場合のスキンケア方法を紹介します。

美白化粧品を使う

自宅で行える色素沈着を防ぐセルフケアとしては、美白化粧品の使用がおすすめです。

使用するのは、ニキビ用と書かれていなくてもシミ対策用の美白化粧品ならOKです。

これでお肌にメラニンが残るのを防ぎます。化粧水や乳液など普段のスキンケアで使うものを美白成分が配合されたものに変えましょう。

おすすめの美白成分

美白成分にはさまざまな種類があります。すでにできてしまった色素沈着をケアするなら、「ビタミンC誘導体」が有効です。

肌の修復を行うコラーゲンの生成促進やメラニン生成の阻害作用があり、ニキビ跡の赤みや色素沈着を改善する効果があります。

この他、「ハイドロキノン」や「トラネキサム酸」、「アルブチン」といった美白成分もおすすめです。

気になる部分があれば、その部分だけより濃厚な成分が調合された美容液やクリームなどを使っても構いません。

ホームピーリングもおすすめ

もう一つおすすめしたいセルフケアはホームピーリングです。

美容クリニックなどに行くと、フルーツ酸を使ったケミカルピーリングが受けられますが、自宅で行うことのできるピーリングです。

酸性の薬剤を塗布して古い角質を溶かすというピーリングは、ターンオーバーを促進すると同時に毛穴にいるアクネ菌を除去し、美白成分の浸透をよくするという働きがあります。

ピーリング剤は石鹸タイプや、ジェルタイプ、洗い流すローションタイプ、パックなどさまざまなタイプが売られています。

ニキビケアの場合は、できるだけ刺激を与えないものを選ぶのがポイントです。

ピーリング成分はフルーツ酸(AHA)やグリコール酸、乳酸、サリチル酸といったものが配合された、酸性のものを選びましょう。

ピーリングのやりすぎは逆効果!

ただし、ピーリングのやりすぎはダメージを与えて逆効果になることがあるので注意が必要です。

使用頻度は多くて週2回までにしましょう。また、目の周りは皮膚が薄いため、ピーリング剤がつかないよう注意してください。

ピーリングをしたあとは、古い角質が除去されて肌が薄くなっている状態です。

バリア機能が弱っている状態なので、十分に保湿し、紫外線対策もしっかりと行いましょう。

UVケアは必ず行う

色素沈着を防いだり、進行を遅らせるためには、UVカットの徹底は必須です。美白ケアとともにUVカットも並行して行いましょう。

また、紫外線は夏だけではなく一年中通して降り注いでいます。家の中でさえ窓越しに紫外線を浴びています。

だから普段の生活はもちろん、外出するときはなおさら季節やその日の天気、気温に関わらず、紫外線対策を行いましょう。

関連記事

紫外線でニキビが悪化する!?正しいUVケアで肌トラブルを回避!

色素沈着のニキビ跡におすすめのスキンケア

色素沈着してしまったニキビ跡のケアにおすすめのスキンケアをご紹介します。

さきほどスキンケア方法で説明したように、色素沈着の対策に必要な美白化粧品、ホームピーリング、日焼け止めに分けてみていきましょう。

おすすめの美白化粧品

ビーグレン ホワイトケア
ビーグレンホワイトケア
トライアルセット価格 1,800円(税抜)
公式ページ ビバリーグレンラボラトリーズ

【セット内容】

クレイウォッシュ(15g)
QuSomeローション(20mL)
Cセラム(5mL)
QuSomeホワイトクリーム1.9 (5g)
QuSomeモイスチャーリッチクリーム (7g)

ニキビの炎症や紫外線の影響によって、ダメージを受けメラニンの生成が過剰になった肌を整える美白ケアシリーズ。

ニキビ跡の色素沈着だけでなく、しみやそばかすといった肌の悩みにもおすすめのスキンケアとなっています。

ビタミンC配合の美容液「Cセラム」のソフトピーリング作用で肌の生まれ変わりを促進させます。

注目の美白成分、ハイドロキノンを配合した「QuSomeホワイトクリーム1.9」がトラブルの原因に直接働きかけ、紫外線からもブロックしてくれます。

ドクターシーラボ VC100エッセンスローション
ドクターシーラボ
価格 5,076円(税込)
公式ページ ドクターシーラボ

浸透型ビタミンC誘導体(APPS)を高濃度200%配合した美白化粧水です。

オレイン酸誘導体とウィルブライトという二種類の浸透サポート成分によって浸透力をアップ、肌のキメを整えます。

肌のサイクルを整え、ハリと弾力を与えつつトラブルにアプローチしてなめらかな肌へと導きます。

富山湾の海洋深層水を100%使用し、とろみのある濃厚なテクスチャーがしっかりと肌の奥へうるおいを届けてくれます。

おすすめのホームピーリング

オルビス アクアピーリングジェル
128134_xl
価格 1,715円(税抜)
容量 120g

オルビス

海洋深層水配合の水ベースにアンズ果汁を組み合わせて、角質を自然に浮かせてはがれやすくします。

くるくるなじませるだけで消しゴムのようにポロポロとピーリングすることができます。

初めてピーリングをする人、刺激が気になる人にも安心のマイルド処方です。

ピーリングの後はしっとり、つるつるの触り心地で、化粧水の浸透力もいつもよりアップするのを実感できます。

きらりのつくりかた
きらりのつくりかた
価格 5,400円(税込)
容量 30g

ファンファレ

これ1本で毛穴ケア、美白ケア、しみ・くすみ対策ができるピーリングジェルです。

プラセンタエキスがメラニンに働きかけ、色素沈着やシミを防いでくれます。

古い角質も優しく落としてくれるため、キメの整った透明感のある肌へ導きます。

厳選された植物エキスも配合されているため、肌へのうるおいを与えながら角質ケアをすることができます。

おすすめの日焼け止め

ノブ UVミルクEX
57903
価格 2,160円(税込)
容量 35g

ノブ

ミルクタイプでのびがよく、みずみずしく付け心地も軽い日焼け止めです。

化粧下地としても使え、SPF32・PA+++ですが、お湯でオフできるのも魅力です。

無香料、無着色、低刺激で肌への負担も少なく、お子さんと一緒に使うこともできます。

また、クレンジングを使用しない男性にもおすすめです。ヒアルロン酸配合、紫外線吸収剤不使用、アレルギーテスト済み。

HANAオーガニック ウェアルーUV
ph (1)
価格 4,000円(税抜)
容量 30ml

ノンケミカルで肌に優しく、乳液のように肌に馴染みやすい日焼け止めです。

100%天然成分配合で肌にうるおいを与えながら、日中美容液、化粧下地、ファンデーションも叶えてくれる優れもの。

カラーはピンクとイエローの2色、日焼け止めはSPF30となっています。

クレンジング要らずの洗顔料だけで落とせるので、ニキビができやすい敏感な肌にもおすすめです。

紫外線やPM2.5、花粉からあなたを守るHANAオーガニックの新生ウェアルーUV

色素沈着の皮膚科での治療方法

もしセルフケアをしてみて、それでもよくならないという場合は、専門のクリニックで治療することもおすすめします。

その場合一般的に行われるケアは次のようなものがあります。

外用薬

色素沈着のニキビ跡の治療法として手軽に行われるのは、「ハイドロキノン」と「トレチノイン」の塗り薬です。

ハイドロキノンはメラニン色素の生成を抑え、色素沈着に直接働きかけます。

トレチノインはピーリング作用があるので、ハイドロキノンの効果を高める役割となっています。

これらの成分は市販薬や化粧品にも配合されていますが、美容皮膚科での塗り薬は高濃度で成分が含まれています。

自宅でケアするよりも速攻ケアができますので、効果を早く実感したい人におすすめです。

関連記事

ニキビ跡は皮膚科で治療!処方される治療薬ってどんなのがある?

ケミカルピーリング

自宅で行うピーリングも、クリニックではケミカルピーリングという方法で行われます。

AHAと呼ばれるフルーツ酸を使用し、それを肌に均一に塗布して余分な角質を除去する治療方法です。

これによってニキビの原因、アクネ菌の殺菌もできます。ケミカルピーリングをすることで肌のターンオーバーが促進され、色素沈着の改善が期待できます。

関連記事

ニキビやニキビ跡におすすめのピーリング治療とは?皮膚科で出来る?

レーザー・光治療

レーザーや光治療も色素沈着の治療法として行われることが多いです。

メラニン色素をレーザーで破壊し、肌のターンオーバーとともに剥がれ落とす仕組みとなっています。

治療法にはいくつか種類があり、炭酸ガスレーザーやフラクセルレーザー、フォトフェイシャルなどがあります。

関連記事

ニキビ跡のレーザー治療・光治療とは?デメリットや痛みはある?

色素沈着によるニキビ跡の予防法

色素沈着になってしまったニキビ跡はセルフケアで治すことは大変で、皮膚科での治療も費用がかかってしまいます。

すぐに治せない色素沈着に悩まないようにするための予防法をみていきましょう。

生活習慣を整える

色素沈着を予防するためには肌のターンオーバーを促進させることが必要です。

睡眠不足や偏った食生活は、体のバランスを乱すことになるので、おのずと肌のターンオーバーも乱れてきます。

また新たなニキビを作ってしまう原因にもなるので、不規則な生活は改めましょう。

たっぷりの睡眠とバランスの良い食事、ストレスのない生活といったように生活習慣を整えることが重要です。

このように身体の内側からもケアして、ニキビ跡になりにくい肌作りをしましょう。

スキンケアでニキビ予防

一番大切なニキビ跡の予防法は、「新しいニキビを作らないこと」です。

ニキビが炎症を起こさなければ、ニキビ跡もできないので、ニキビ跡があるけどニキビも出来る人はニキビケアをしっかり行いましょう。

ニキビを引き起こす原因は様々ですが、メカニズムとしては毛穴詰まりから発生します。

この毛穴詰まりを予防するためには、毎日の洗顔から保湿といったスキンケアが重要です。

ニキビとニキビ跡どちらとも治したい人は、日々のスキンケアを念入りに行うようにしましょう。

ニキビ予防におすすめのスキンケアシリーズ

ニキビやニキビ跡のケアに必要なのは、基本のスキンケアです。

今回は、ニキビ跡に悩みながらも、新たなニキビを作らないようにしたい人におすすめのスキンケアシリーズを紹介します。

ファンケルアクネケア
ファンケルアクネケアのラインナップ

ファンケルアクネケアは、皮膚科専門医の協力のもと生まれた、無添加処方のお肌に優しいニキビケアシリーズです。

漢植物エキスが肌のバリア機能を高めてくれるので、ニキビや肌荒れといったトラブルに悩まない肌を作り出します。

また有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」配合で、ニキビの炎症を抑えてくれます。

美白成分「アケビアエキス」も入っているので、ニキビ跡ケアにもおすすめ。

関連記事

ファンケルアクネケアの特徴と口コミを紹介!ニキビケアに効果はある?

ノブACアクティブ
ノブACアクティブのラインナップ

ノブACアクティブはニキビの悩みに積極的に働きかけるスキンケアシリーズです。

古い角質を洗い流すマイルドピーリング作用は毛穴詰まりが原因のニキビ予防にも効果的ですが、肌のターンオーバーを促進させる意味では色素沈着にも有効です。

肌のバランスを整え美肌を作り出す、数種類のビタミンや保湿成分も含まれているため、トラブルに悩まない肌へ導きます。

ビタミンC誘導体も含まれているので、ニキビ跡に悩んでいる人にもおすすめのシリーズとなっています。

関連記事

「ノブACアクティブ」はニキビケアにおすすめ?成分や口コミを紹介

まとめ

ニキビが治ったあとに色素沈着を起こすのは、ニキビの炎症によるダメージによるものです。

これらはターンオーバーが正常に行われれば、自然と気にならなくなります。

ただし、ターンオーバーが乱れるとメラニン色素が排出されず、そのままシミになる可能性があります。

まずは美白化粧品を使い、紫外線対策を万全にしてセルフケアをしっかり行いましょう。

それでもなかなかよくならない場合は、専門のクリニックで施術を受けるという方法もあります。

色素沈着のニキビ跡で悩まないようにするためには、ニキビ予防が重要となってきます。

ニキビやニキビ跡ケアができる基礎化粧品を使って、正しいケアできれいな肌へと導いていきましょう。

参考サイト:浜口クリニック 梅田 ニキビ跡治療

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

可愛いものに目がない♡猫大好き♡食べるの大好き♡ROCK女子!! nanairoでは美容・健康・妊娠・育児・グルメなどを執筆しています。

NEW POST