ニキビ跡がケロイド化する原因は?治療法と予防法を合わせて解説!

ニキビの炎症が治まったあと、その部分が赤みを帯びたまま盛り上がってケロイド化することがあります。

みみず腫れのように皮膚が盛り上がり、見た目も悪く、とても気になるニキビ跡です。

ではなぜニキビ跡がケロイドになってしまうのでしょうか?

今回は、ケロイドの原因と種類、そしてケロイドを治すことができるかについて徹底的に調べてみました。

そもそもケロイドとは何か?

ケロイドは皮膚に傷ができたときに皮膚が盛り上がる症状のことを言います。

症状が重いものをケロイド、軽いものを肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)とも呼ばれることが多く、手術跡や火傷跡として発生しやすいです。

このケロイドは誰もがなるのではなく、ケロイド体質の遺伝的なものでなることがほとんどです。

ケロイドになるニキビ跡の原因

ニキビ跡がケロイド化するときは、あまりにもニキビが悪化してしまったことが原因です。

ニキビの炎症がひどくなると、毛穴の組織が完全に破壊されます。

肌はそれを再生しようと無理やり修復するため、コラーゲン繊維が無秩序に折り重なります。

そして、皮膚の表面が凸状に盛り上がった状態になってしまうのです。

ニキビの場合、通常はそこまで悪化することはありません。

しかし、慢性的にニキビが続いている状態、あるいはアトピーなど他の皮膚疾患を併発している場合に起こることがあります。

盛り上がった部分の中には固まったコラーゲンや皮脂などが残っています。

特に顎やフェイスラインにできやすい!?

一般的にニキビが悪化しやすい場所は、アゴからフェイスラインにかけてと言われています。

これはあまり汗をかかない部分なので元々の毛穴が小さく、炎症が起こると毛穴がつぶれやすいからです。

ケロイドの種類

ケロイドの種類は具体的には2種類に分かれています。

真性ケロイド

小さな外傷が元になり、その部分が赤く膨れ、コブのように盛り上がるのが特徴のケロイドです。

進行はゆるやかですが、徐々に傷の範囲を超えて拡大します。上から圧迫しても痛みを感じませんが、強くつまんだりした場合は痛みがあります。

気づかないような小さな傷が元になることも多く、遺伝的要素も含まれると言われています。

一度ケロイド化した部分はなかなか治りにくく、治療には時間がかかります。

肥厚性ケロイド

ケロイドの多くはこちらの肥厚性ケロイドと言われるものです。

ヤケドなどの大きな怪我や、手術の際のメスを入れる方向、縫合方法が不適切だった場合などが元となり、その傷跡が厚く盛り上がります。

肥厚性の場合、肌を再生する組織が過剰に生成されることが原因で起こります。

真性ケロイドと違い、元の傷の範囲を超えてケロイドが広がることはありません。

痒みを生じることもありますが、通常は数カ月から数年経過すると自然と退色し、盛り上がった部分も落ち着いてきます。

ケロイドの治療法

ケロイドができるとセルフケアだけで治すことは難しいので、皮膚科や美容クリニックで治療を受ける必要があります。

美容目的の治療は保険がきかないものがほとんどなので、注意をしましょう。

治療を受ける前に病院で費用や内容を確認してから、受けるようにしましょうね。

ケロイドの治療には段階に合わせていくつかの方法があります。

内服薬

炎症が起きてすぐの初期段階で受診した場合は、内服薬で抗アレルギー剤の「リザベン」が処方されるのが一般的です。

これにより、色味やかゆみ、痛みを改善します。また、漢方薬を処方されることもあるようです。

塗り薬

塗り薬の場合は、軟膏や保湿剤の処方が一般的です。

具体的には、ステロイド系の軟膏によって炎症を抑え、ヘパリン類似物質の配合された保湿剤によって血行を促進し、血液が凝固するのを防ぎます。

また、シリコンゲルシートが処方される場合もあります。これは患部に貼り付けることで隆起を抑え、痛みやかゆみを軽減することができるというメリットがあります。

圧迫治療

包帯やスポンジなどの柔らかい素材を使って患部を圧迫する方法が、圧迫治療です。これによって患部の盛り上がりを軽減することができます。

レーザー照射

レーザーで患部を少しずつ小さくしていき、その上で他のレーザーを使って赤みを取り除いていくという治療方法です。

患部の様子を見て、複数のレーザーを使って治療していくのが特徴です。

ケロイド化したニキビ跡に有効なレーザーは真皮層まで熱を届けることのできるものです。

例えばスターラックス1540(xD)」や、「CO2レーザー」と呼ばれるレーザーがあります。

ステロイド注射

ケロイド化して盛り上がった患部に、直接ステロイド剤を局所注射する治療方法です。

これにより患部のふくらみが扁平化し、赤みの軽減に効果が期待できます。ただし注射では光沢は治りません。

外的手術

手術も治療方法の一つです。ケロイドの中心をくりぬくようにして切除し、縫合します。

手術を治療に取り入れる場合は、手術後のケロイド再発を防ぐため、他の治療方法も並行して行われるというのが一般的です。

ケロイド予防はニキビ予防をすること

ニキビ跡からケロイド化しないためにも、ニキビの炎症を起こさないことが大切です。

そのためにニキビ予防をするよう、普段から心がける必要があります。

具体的な予防方法には次のようなことが挙げられます。

ニキビ肌に合ったスキンケアをする

ニキビができる原因は毛穴詰まりなので、ニキビ肌を予防するうえで最も重要なのは洗顔で毛穴汚れを落とすことです。

またメイクをしている人や毛穴詰まりがひどい人はクレンジングで汚れを落とすのも重要です。

洗顔をしたら、ニキビの有効成分が含まれた化粧水や美容液で肌にうるおいを与え、乳液やクリームでフタをします。

このように丁寧なスキンケアがニキビ予防につながりますので、洗顔と保湿を念入りに行うようにしましょう。

良質な睡眠をとる

ニキビ予防には、古い角質を自然に排除してくれる肌のターンオーバーの存在が欠かせません。

そのターンオーバーの正常化には、ホルモンバランスを整える必要があるので、良質な睡眠をとることが第一です。

特に、睡眠後3時間の間に成長ホルモンが分泌され、肌のターンオーバーは一番活発になります。

そのため、少しでも良質の眠りを得るために、食事は就寝の2時間前までに終わらせて、血糖値が下がった状態で布団に入るようにしましょう。

栄養バランスを整える

ニキビ予防には食生活も重要です。これも肌のターンオーバーを正常化するために大切な要素となります。

バランスよく食べるのが一番ですが、特に意識して摂りたいのがビタミン類やミネラル、亜鉛といった栄養です。たんぱく質も欠かせません。

反対に避けたいのが炭水化物や糖分、脂質の摂りすぎです。

また、加工食品やファストフード、アルコールもビタミンやミネラルを壊してしまうため、なるべく避けましょう。

継続的な軽い運動

生活の中に軽い運動を取り入れるのも効果的です。無理をしてきつい運動をする必要はありません。

ストレス解消になる程度で無理のない範囲で継続することが大切です。

このような予防をしていても、ニキビができることがあります。それは仕方ないことなので、できた場合は放置せず、悪化する前にすぐに対処しましょう。

特に皮膚組織が柔らかいためケロイド化しやすい、フェイスラインやアゴのニキビには要注意です。

ニキビ予防におすすめのスキンケア

ニキビ予防におすすめのスキンケアを紹介します。

ニキビができにくい処方であったり、ニキビの炎症を抑える成分が入っていたりするスキンケアを選びましょう。

オルビスクリア

オルビスクリアのラインナップ

肌バリアを高めてくれる「紫根エキス」とニキビや肌荒れ予防の「甘草エキス」が配合された、ニキビケアシリーズ。

甘草エキスは「グリチルリチン酸ジカリウム」ともいわれ、ニキビ予防の有効成分として用いられます。

オイルカットでニキビができにくい処方になっており、保湿効果も高いため乾燥からくるニキビにも対応。

しっとりタイプとさっぱりタイプの2種類から、自分の肌タイプや好みで選ぶことができます。

ニキビケア「オルビスクリア」の特徴や成分は?気になる口コミも紹介

ルナメアAC

毛穴詰まりを細かい繊維状のスクラブが解消してくれるため、ニキビのもとを排除することができるニキビケアシリーズです。

ニキビ予防の有効成分「グリチルリチン酸ステアリル」と「トコフェロール酢酸エステル」とうるおい成分をナノカプセルに閉じ込めて、毛穴の奥に直接届けます。

ビタミンEやビタミンAといった美肌を作るうえで必要な成分も含まれているので、健やかな肌に導いてくれます。

ニキビケア「ルナメアAC」のおすすめポイントや口コミを紹介!

草花木果どくだみ

草花木果どくだみのラインナップ

ニキビの炎症を抑えてくれる植物エキスと有効成分を合わせて配合し、ニキビを予防してくれるスキンケアシリーズ。

植物エキスは「オウバクエキス」、有効成分は「グリチルリチン酸塩」、「トラネキサム酸」配合となっています。

植物由来のうるおい成分がたっぷり含まれているため、肌トラブルケアをしながら乾燥からも肌を守ってくれます。

植物のちからでニキビケア!「草花木果どくだみ」の特徴や口コミを紹介

まとめ

ケロイド化はニキビの炎症があまりに悪化した場合に起こります。

一般的には肥厚性のケロイドがほとんどですが、まれに真性ケロイドと言われる種類のケロイドであることもあります。

一旦、ケロイド化すると、自分でケアすることは困難なため、どういった症状か専門の機関に受診し、状態を診てもらうのが一番です。

また、ケロイド化したニキビ跡の治療は時間がかかります。できればそうならないうちに、予防することが大切です。

スキンケアをしっかりと行って、できているニキビと新しくできるニキビのケアを行いましょう。

そして、ニキビができないためにしっかり睡眠と栄養をとり、適度な運動をして肌の調子を整えましょう。

参考サイト:日本形成外科学会 ケロイドとは?