【2021新春】名店おせちの予約状況

漢方は大人ニキビを体の中から撃退してくれる!?おすすめの漢方薬を紹介

漢方薬といえば、風邪の引き始めなどに服用することが多いですよね。しかし実はニキビ治療として漢方を飲むことをご存知でしょうか?

一見、ニキビと漢方薬は全く関係ないものだと思われがちですが、ニキビができる原因をみていくと漢方がニキビにいいと言われる理由が明らかになってきます。

今回はニキビの原因と漢方の効果について詳しくみていきましょう。

実は20~30代にかけてできる「大人ニキビ」に悩んでいる人が多い

ニキビといえば、10代のころにできる「思春期ニキビ」を思い浮かべる方が多いと思いますが、実は20代~30代にかけてできる「大人ニキビ」に悩む人も多いのです。

10代のころは主に成長ホルモンの影響で皮脂の分泌量が増えることによって、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができるといったメカニズムです。

この思春期ニキビは20歳ごろになるとホルモンバランスが整って自然に治るのですが、20歳を超えても治らないニキビは「大人ニキビ」と呼ばれ、10代のころの原因とは異なります。

大人ニキビの原因は一つだけとは限らず、様々な原因が重なっていることが多いため、原因を見つけることが難しく治りにくいのが特徴です。

また、ニキビが出来る部位も思春期ニキビは顔周りで皮脂分泌の多い、おでこから鼻にかけてのTゾーンにできやすいのに対して、大人ニキビは乾燥しやすく内臓の不調が現れやすい、こめかみからあごにかけてのUゾーンと呼ばれるフェイスラインにできやすいです。

治らない「大人ニキビ」ができる原因とは?

大人ニキビの主な原因としては、生活習慣の乱れやストレス、疲れからくるホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。

ホルモンバランスが乱れると、皮脂の分泌が過剰になり、毛穴詰まりが発生することで、ニキビとなってしまいます。

この大人ニキビは一度出来たら治りにくく、同じ場所に繰り返しできてしまいます。

特に25歳を境にお肌の曲がり角を迎えるため、20代後半から「ニキビや肌荒れが治らない」と感じる人が多いようです。

さらに女性であれば、生理前にニキビや吹き出物が出来やすくなる人が多く、これも女性ホルモンの分泌の変化によって起こります。

40代以降は更年期にさしかかるため、ホルモンバランスが乱れると同時にお肌の衰えから水分量が減り、肌の再生力も低下するため、この時期の乾燥肌もニキビの原因となります。

関連記事

ニキビといえば、青春のシンボルである「思春期ニキビ」を思い浮かべる方が多いと思います。しかし、20代以降になってからできる「大人ニキビ」に悩む人も多いといわれています。
「あなたの生活習慣、乱れていませんか?」大人ニキビが繰り返す原因とは? – nanairo 【ナナイロ】 | 暮らしを彩る情報サイト

漢方は大人ニキビを体の中から撃退してくれる!?漢方の効果とは?

そもそも漢方とは何なの?

漢方薬にはその人自身が持っている自然治癒力を高めたり、体のバランスを整えるという効果があります。

それができるのは、漢方薬が自然の薬草や草の根、茎や鉱物、動物などの、副作用がない生薬を組み合わせて作られているためです。組み合わせには2種類以上が使われます。

漢方薬は東洋医学に基づいて作られます。西洋医学がピンポイントで調子が悪いところに働きかけるような治療をするのに対し、東洋医学は体全体を見て、根本から体質を改善しようとする医学です。

漢方はニキビができにくい体質へ導いてくれる

漢方薬がニキビにもたらす効果は、肌の免疫力を高めたり、ホルモンバランスを整えたりして「ニキビができにくい体質へと導く」というものです。

赤ニキビや大人ニキビを始め、化膿したニキビ、炎症を起こしたニキビ、繰り返す慢性的なニキビ、アゴや背中などのしつこいニキビ、ニキビ跡などあらゆるニキビ治療に対応できます。

全てのニキビは、単純に肌の状態が悪いから出てくる、というわけではありません。もちろん、それは一つの原因ではありますが、それ以前に体の不調から肌の状態が不安定になり、ニキビができることもあります。

先述した通り、ニキビの原因はホルモンバランスの乱れや胃腸の不調、ストレス、便秘、栄養バランスの偏りなどが起こった場合です。

大人ニキビをなくすには、このニキビの原因となる症状を改善していく必要があります。

漢方を服用することで体内バランスを整えれば、今できているニキビを治すと同時にこれからできてくるニキビを予防することもできます。

また漢方薬は一人一人の症状に合わせて、柔軟に処方することができます。この柔軟性が、その人その人のニキビ改善や予防を可能にします。

ニキビにおすすめの漢方薬

ニキビに効果を発揮する漢方薬はいくつか種類があります。それぞれどういった症例に向いているのかをみていきましょう。

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

  出典:ツムラ

生理不順で立ちくらみをしやすい、冷え性でむくみやすい人におすすめの漢方薬です。ホルモンバランスが乱れやすく、生理前にニキビが出来やすい人に適しています。

加味逍遥散(カミショウヨウサン)

  出典:ツムラ

イライラすることが多かったり、ストレスを感じるとニキビができやすい人、あるいは不定愁訴のある人に適した漢方薬です。頭痛や肩こり、便秘がちな人にも向いています。

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

  出典:ツムラ

どちらかというと紫っぽい赤ニキビができやすいという人におすすめの漢方薬です。のぼせやすい体質の人や、赤ら顔の人にも適しています。血行促進効果があり、滞っている血液や老廃物の流れをよくする作用があります。また、ホルモンバランスも整えてくれます。

十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)

  出典:ツムラ

化膿して大きくなったニキビができやすい人に向いています。また、背中やお尻に痛みを伴うおできができやすい場合にもおすすめです。

荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)

  出典:ツムラ

顔全体に皮脂量が多く、ニキビができると炎症が起こりやすい人には、抗炎症作用があり、肌に潤いをもたせる作用がある荊芥連翹湯がおすすめです。体の熱や腫れを鎮めてくれます。また元々赤ら顔の人や、小さなニキビがたくさんできる人にも向いています。

清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)

  出典:ツムラ

ニキビができると強い炎症を起こし、大きく腫れ上がることが多いという人や、額などの皮脂が多い部分に赤いニキビがたくさん出る人に効果的な薬です。若い人や男性のニキビ治療にも向いています。顔のかゆみや熱に反応して、炎症を緩和、抑制する作用があります。

漢方を飲む際に気をつけるべきこと

一時的に症状が悪化することがある

体質から変化が期待できるということで、なんだかとても良さそうに思える漢方薬ですが、注意しなければならないことがあります。それは好転反応があることです。

好転反応とは、体質が改善しようとする前兆として、一時的に症状が悪くなることをいいます。

これは、体内にあった有害物質が排出されたり、一部の細胞が拒否反応を起こすなど、体内が変化を始めている証拠です。

その症状は一過性のものです。人それぞれ違いますが、ニキビ治療の場合はニキビが悪化するということが多いです。

他にも人によっては頭が重い、眠い、下痢をする、便秘になる、めまいがする、体がだるいといった症状が出ます。

一過性のものといっても、それが一週間で終わるか、何か月もかかるかは人によって違います。

ただ、ニキビが悪化したからとここでやめてしまうと、改善することはできません。辛いですが、たくさん水分を摂取して排毒を進めるなどして乗り切りましょう。

今すぐにニキビを治したい人には不向き

また、漢方薬には即効性がありません。これは、漢方薬がニキビのできた原因や、体質の根本的な問題を解決するためのものだからです。

そのため漢方だけで治療するとなると、気長に取り組む気持ちが大切です。効果の現れ方は個人差があり、3日や1週間で感じられる人もいますが、ニキビ肌を改善するには1年半ほどの期間は必要です。

その間にどうしても人前に出なければならなかったり、この日までに治したい、という状況が生まれることもあります。

だから漢方を服用しつつ、皮膚科でも治療を受けるという方法もあります。そうすれば即効性があり、一時的に症状を抑えることが可能です。

漢方は病院でも処方してもらえるって本当?

最近は漢方専門外来が増えているので、そちらで漢方薬を処方してもらうことができます。特に漢方専門外来の場合、総合的に判断して自分に合う薬を調合してもらえます。

総合的というのは、ニキビができている部位だけでなく、精神面を含め全身の状態を診察した上で、ということです。その点からも、漢方薬治療をするのであれば専門の外来を受診することをおすすめします。

また、漢方薬を病院で処方してもらう場合は保険が適用されます。そのため市販の漢方薬を購入するよりも安価で手に入れることができます。

ただし漢方薬には即効性がありません。そのため、皮膚科でもらえる薬との併用をおすすめします。そのように漢方薬で気長に体質改善に向けて取り組みながら、いざという時は即効性のある薬を併用するという方法で、上手にニキビ治療に取り組んでいきましょう。

漢方薬はニキビ跡にもいいの?

ニキビや肌荒れが治らないといった人と同じように、ニキビ跡が治らないと悩んでいる人も多いですよね。

ニキビ跡はニキビがひどい炎症を起こした結果、赤みのあるニキビ跡や色素沈着、凸凹としたクレーターのような痕が残ってしまう状態のことをいいます。

このニキビ跡はセルフケアで完治させることは難しく、美容皮膚科やクリニックでレーザー治療やピーリングを行うこととなります。

こういったニキビ痕にも漢方は効くのかというと、今あるニキビ跡を漢方で治すことは難しいでしょう。

しかし、繰り返すニキビによってニキビ痕はできてしまいますから、ニキビができないように予防をすることで、ニキビ跡は防ぐことができるのです。

だから、漢方でニキビができない環境を作ってしまえば、ニキビ跡に悩むことも無くなります。

漢方を飲んでも、基本のスキンケアは大切!

いくら漢方を飲んで体質を改善したとしても、毎日のスキンケアが疎かになっていてはニキビは改善されません。

漢方薬を飲んだうえで、「洗顔・保湿」といったニキビケアの基本も忘れずに行いましょう。

特に、ニキビ菌であるアクネ菌は毛穴に皮脂や汚れが溜まった状態を好物として増殖しますから、正しい洗顔で毛穴詰まりを解消することが大切です。

そして、洗顔後は毛穴が開いた状態なので、しっかりと保湿をして肌を引き締めるために、化粧水と乳液といった基礎化粧品を使うこともニキビ対策のひとつです。

このように、丁寧なスキンケアがニキビの対処法となりますので、基本の洗顔と保湿を毎日行うことも心がけましょう。

関連記事

「ニキビが全然なくならない」「おでこやほっぺにできたニキビの治し方はどうすればいいの?」と、いつになってもニキビに悩まされている人は多いですよね。そんなニキビができたとき、どんなケアをしていますか?
ニキビ対策の基本は洗顔にあり!正しい洗い方とおすすめの洗顔料とは? – nanairo 【ナナイロ】 | 暮らしを彩る情報サイト

まとめ

漢方薬でのニキビ治療は、ニキビの問題を根本から解決し、体質改善を導くことができます。薬の種類も豊富なので、自分のニキビや体質に合わせた薬で治療することができます。

ただし漢方薬には即効性がありません。そのため、皮膚科でもらえる薬との併用をおすすめします。

そのように漢方薬で気長に体質改善に向けて取り組みながら、いざという時は即効性のある薬を併用するという方法で、上手にニキビ治療に取り組んでいきましょう。

セルフケアとしては新しいニキビを作らないように、洗顔と保湿を忘れずに行いましょう。

このように内側からと外側からのニキビケアをすれば、今まで悩んできたニキビやニキビ跡とおさらばすることができるはずです。

参考文献:池田書店 素肌美人になるためのスキンケア美容医学事典 P193、P196~197

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

可愛いものに目がない♡猫大好き♡食べるの大好き♡ROCK女子!! nanairoでは美容・健康・妊娠・育児・グルメなどを執筆しています。

NEW POST