春のゆらぎ肌で増えるニキビや吹き出物!その原因と対策とは?

春になるとなぜか肌の調子が悪く、気づけばポツポツとできたニキビを見つける……ということはありませんか?

乾燥する冬でもなければ暑い夏でもない、春の季節なのにどうして?と思いますよね。しかし、実は春は一年の中で肌トラブルのリスクが一番高まる季節なのです。

そんな春のニキビを防ぎ、年度始めを美しい肌で乗り越えるためのスキンケア方法をご紹介します。

春ニキビの原因とは?

ニキビを防ぐためには、発生原因に応じたアプローチが必要となります。春ニキビの原因として主に挙げられるのは、「皮脂分泌の増加」、「紫外線による肌の乾燥と花粉の飛散量の増加」、そして「新しい環境によるストレス」の3つになります。

皮脂分泌の増加

寒い冬の季節は汗をかくこともないので、皮脂の分泌量も当然少ない状態です。春になり気温が上昇し、発汗量の増加に比例して皮脂の分泌量も増加します。

ニキビの原因は皮脂の毛穴詰まりですから、皮脂の分泌量が増加すると当然そのリスクが高まります。

つまり、季節の変わり目の春は、気温によって皮脂の分泌量が変化することからニキビができやすくなるのです。

乾燥と花粉

紫外線が最も強くなる季節は夏です。しかし、4月頃から徐々に紫外線が強くなってくることから、春は紫外線による肌への悪影響を受けやすい季節といえます。

紫外線ダメージを受けた肌は、乾燥によって肌のバリア機能が低下し、外からの刺激を受けやすくなりニキビができやすくなります。また、春の風によって肌の水分が受けやすく、乾燥しやすいことにも気をつけなければなりません。

加えて、春には花粉やホコリの飛散量が増えます。これらに対して体内の抗体が身を守るべく反応して生じるアレルギーは、鼻炎や目のかゆみといった花粉症以外にも炎症などの皮膚症状としてあらわれることもあります。

特にアレルギー体質の人やアトピー性皮膚炎の人は、花粉やホコリに対して過剰に反応しやすいので注意が必要です。皮膚の炎症以外にも、ニキビが悪化し炎症する恐れも高まります。

肌が乾燥によるバリア機能の低下、肌に刺激を与える花粉やホコリの増加など、春ならではの環境がニキビをもたらすのです。

環境変化によるストレス

入学・入社・転勤などの新生活のスタートにより、慣れない環境下でストレスを溜め込みやすくなる春の季節。忙しい毎日が続いたり寝不足になったりとストレスをどんどん溜め込んでしまうと、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

ホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンが普段よりも多く分泌されるようになります。男性ホルモンには、角栓発生・皮脂分泌促進といった働きがあります。

男性ホルモンの分泌量が増えれば、当然毛穴詰まりのリスクが高まりニキビができやすくなります。

春のスキンケア

気温の上昇や紫外線量の増加など、環境が変化する春にはゆらぎ肌となって肌の状態が非常に不安定です。そのため、洗顔や保湿ケアといった基本的なスキンケアで肌機能を正常に保ちながら、紫外線ダメージを防ぐ対策が必要となります。

春こそ十分な洗顔と保湿を!

気温の上昇による皮脂分泌の増加、花粉やホコリといった外からの刺激が多くなる春には、十分なクレンジング・洗顔が必要となります。分泌量が増えた皮脂による毛穴詰まりを防ぐだけでなく、外出中に肌に付着した花粉やホコリを綺麗に落とすためです。

クレンジングでしっかりとメイクをオフしたあとに、たっぷりの泡で優しく丁寧に洗顔をしましょう。クレンジングの際には肌へのダメージをなるべく抑えるために、手早く済ませることがポイントです。特に花粉症の人は帰宅後すぐに肌の汚れを落としましょうね。

また、洗顔後には保湿ケアをお忘れなく!乾燥状態に陥った肌はバリア機能が低下し、外からの刺激に弱くなってしまいます。強くなる紫外線ダメージや花粉・ホコリといった外からのダメージから守りニキビを防ぐためには、バリア機能を維持するための保湿ケアは欠かせません。

浸透力が高い、あるいは優れた保湿効果を誇るセラミドが配合されている化粧水や保湿クリーム、そして乳液がオススメです。特に乾燥が気になる部分には、化粧水や乳液をたっぷりと含ませたコットンでのパックで潤いを与えましょう。

紫外線対策も忘れずに!

紫外線量は8月にピークを迎えますが、春も十分強い季節です。そこで、紫外線ダメージから肌を守るための紫外線対策を忘れずに行いましょう。

こまめな日焼け止めの使用、長袖の着用そして時には日傘などのアイテムを使用して紫外線から肌を守りましょう。おでこや頬など、日差しを特に強く受ける部分は日焼け止めを入念に塗るようにしてくださいね。

また、肌にダメージを与える紫外線は窓ガラスを通過し、室内にも降り注ぎます。ですから室内だからと油断するのではなく、室内でも日差しを受けるところにいる場合には日焼け止めを忘れずに使用しましょう。

春の不調にはハーブティーを!

花粉症や新生活によるストレスなどにより、春になると体の不調を抱える人も少なくはありません。そこで春の不調やストレスの緩和のために、嬉しい効能がたくさん詰まったハーブティーを飲んでみてはいかがでしょうか?

美味しくハーブティーを楽しみながら、悩みの種となる諸症状や肌トラブルを改善しましょう。春の嫌な症状に効果的なハーブティーをご紹介します。

カモミール

抗アレルギー作用の高いカモミールは、鼻炎や目のかゆみそして皮膚の炎症など花粉症の症状全般に効果を発揮します。鎮静作用もあわせ持つので、イライラやストレス、不眠や頭痛にも効果的!まさに、春の季節に飲みたいハーブティーです。

しかしながら、ブタクサアレルギーの花粉症には合わず、症状が悪化する恐れもあります。自分のアレルギー症状や体質と照らし合わせ、飲用するかどうかを判断してくださいね。

ジャスミン

豊かな香りから「香りの女王」とも呼ばれるジャスミンは、飲むだけでも高いリラックス効果を得られます。忙しい毎日や新生活によるストレスを感じる人は、ジャスミンティーでホッと一息をつきましょう。

また、ホルモン分泌を調整し、ホルモンバランスを正常な状態に保つ働きもあります。ストレス自体を解消するだけでなく、ストレスによるホルモンバランスの乱れも整えてくれるジャスミンは、春の季節にはとても嬉しいハーブティーですね。

ローズ

カモミール同様の鎮静作用と、ジャスミンと似たリラックス効果とホルモン調整作用のあるローズは、美肌効果やむくみの改善にも効果を発揮します。

疲れていて滅入った気持ちも明るく元気にしてくれるので、女性におすすめのハーブティーです。

ルイボス

「不老長寿のお茶」とも呼ばれるルイボスは、抗酸化作用の高いフラボノイドという成分を豊富に含むことから優れたアンチエイジング効果が得られます。

アンチエイジング効果により代謝が高まり肌のターンオーバーを促すので、ニキビや日焼けといった肌トラブルの解消に効果を発揮します。

アイブライド

「アイ」が含まれている名前の通り、アイブライドは目のかゆみや炎症そして眼精疲労に効果的なハーブティーです。

花粉症による目の諸症状だけでなく、デスクワークやスマートフォンの使用などによる目のトラブルを解消してくれるので普段から飲む習慣を取り入れても良いですね。

まとめ

意外にも肌への負担が多くなる春の季節ですが、保湿ケアや洗顔そして紫外線対策をコツコツと続ければニキビに悩まされることはありません。

また、花粉症やストレスなど春の季節ならではの原因には、ハーブティーを上手く取り入れて解消しましょう。

ゆらぎ肌に陥りやすい春だからこそ基本的なスキンケアを十分に行い、必要に応じてプラスアルファのケアを取り入れ、美肌で春メイクを楽しみたいものですね。