【2021新春】名店おせちの予約状況

ニキビケアにおすすめの拭き取り化粧水ランキング!効果的な使い方は?

ニキビケアにおすすめの拭き取り化粧水を紹介!効果的な使い方とは?

ふきとり化粧水というものをご存じでしょうか?

普通の化粧水とは少し違って、洗顔のあと化粧水の前に使う化粧水なのです。

実はこのふきとり化粧水、ニキビ予防にも使えると人気が高まってきているのです。

今回は拭き取り化粧水の効果と使い方についてご紹介します。

またおすすめの拭き取り化粧水ランキングも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

拭き取り化粧水とは?

拭き取り化粧水とは、洗顔のあとクレンジングや洗顔で取り切れなかった汚れを拭き取り、化粧水の浸透をよくするために使うものです。

普段のスキンケアにプラスするだけで、ゴワゴワ・ザラザラといった肌をスッキリとした肌に導きます。

「拭き取り化粧水」と「化粧水」の違い

拭き取り化粧水と化粧水の大きな違いは「保湿」ができるかどうかです。

拭き取り化粧水は余分な皮脂や汚れを拭き取るのに対して、化粧水は肌にうるおいを与える「保湿」の役割をもっています。

スキンケアにおいて肌を健やかな状態にするために保湿は重要となります。

拭き取り化粧水は保湿効果はほとんどないため、拭き取り化粧水をした後は必ず化粧水、乳液といった保湿を行う必要があります。

拭き取り化粧水でニキビケアできる?

化粧水の前に使う拭き取り化粧水でニキビ予防はできるのでしょうか?

拭き取り化粧水のニキビへの効果について見ていきましょう!

古い角質や毛穴の汚れを取り除く

そもそもニキビの原因は、古い角質や汚れが毛穴を塞いでしまうことで起こります。

ふきとり化粧水は古くなった角質を柔らかくしたり、毛穴の皮脂汚れを取り除くピーリングのような作用があります。

ニキビの原因となる毛穴の詰まりを解消できるので、自然と肌のキメが整い、ニキビができにくい肌へ変化します。

クレンジングや洗顔で残った汚れを拭き取る

クレンジングをどんなにしっかりしたつもりでも、意外と汚れは毛穴に残っているものです。

そのままにしておくと、ニキビなどの肌トラブルの原因になりますが、ここでふきとり化粧水を使うことでそれを予防することができます。

化粧水や美容液の美容成分の浸透を高める

古い角質が残ったままだと、肌はごわごわして化粧水などもうまく浸透しません。

ふきとり化粧水を使えばそれがなくなるので、美容成分も浸透力が高まります。

拭き取り化粧水のデメリット

ふきとり化粧水のニキビへの効果はわかりましたが、使い方によってはニキビが悪化したり、肌荒れを引き起こしたりすることもあります。

そんな「ふきとり化粧水」のデメリットについて見ていきましょう。

化膿ニキビが悪化する場合がある

ふきとり化粧水は皮脂を洗浄する働きがあるため、製品によっては肌に過剰な負担をかけることがあります。

特にニキビが化膿している場合は、使用するとしみたり悪化することがあります。

ニキビ以外にも肌が乾燥している場合はしみることがあります。

このような状態のときは絶対に使用しないで下さい。

そして、購入する際はどんな成分が入っているかをしっかりと確認してから購入するようにしましょう。

強めに擦ると肌への刺激になる

コットンに染み込ませて使うふきとり化粧水ですが、染み込ませる量が少なかったり、汚れをとるために力を入れて強くこすったりしてはいけません。

肌にとって大きな負担となるからです。

また、ニキビができている場合は悪化する恐れもあります。

使用する際はピタピタというくらいたっぷりの量を使って、あくまで優しくなでるようにしてふきとってください。

保湿やうるおいのための化粧水ではない

化粧水と名前はついていますが、ふきとり化粧水はあくまで汚れを除去するのが目的です。

保湿や潤いを求めるものではなく、その効果も薄いです。

だからふきとりが終わった後はいつものスキンケアでしっかりと保湿してください

拭き取り化粧水の使い方と注意点

それでは、ふきとり化粧水の正しい使い方と注意点についてみていきましょう!

正しい使い方

ふきとり化粧水には正しい使い方があります。

それぞれ注意することもあるので合わせて知っておきましょう。

必ずコットンを使って拭き取る

ふきとりを行う際は、必ずコットンを使用し、力を入れず肌の表面を優しくふきとるようにしましょう。

そのためにはたっぷりと化粧水を含ませることが大切です。一度の使用は500円玉硬貨くらいの大きさが目安です。

すぐに保湿をする

ふきとりが終わったらすぐに保湿します。

汚れや角質が除去されている状態でフタをしなければならないからです。

化粧水や乳液、クリームを使ってしっかり保湿するようにしてください。

効果的な使い方

ふきとり化粧水は朝と夜とでそれぞれ得られる効果が変わります。

朝と夜の効果的な使い方をみていきましょう。

朝は寝ている間の汚れやほこりを落とす

朝に使うと、寝ている間についた汚れやホコリ、分泌された皮脂を取り除くことができます。

この場合は朝洗顔したあとに使ってもいいですし、洗顔代わりにふきとりを行っても構いません。

夜は一日の汚れをしっかりと落とす

一日の汚れをしっかり落としたい場合は夜に使うのが効果的です。

その場合は洗顔の後、化粧水の前に使用しましょう。

化粧水の前にふきとりをすることで、浸透力もアップします。

注意点

ふきとりを行う際使用するコットンは、なるべく上質のものか、専用のものを使用するようにしてください。

ガサガサのコットンだと肌を傷める原因になります。

また、ふきとりのしすぎにも注意が必要です。

使用頻度が多すぎると、肌が過剰に乾燥したり傷んだりして逆効果です。

一日に何度もふきとるのはもちろん、ピーリングなど同じような角質除去効果のあるアイテムを使用した日はふきとりはお休みするようにしてください。

ニキビケアにおすすめの拭き取り化粧水ランキング

【1位】リプロスキン

リプロスキン
価格 5,600円(税抜)
容量 50ml

肌の浸透力を高めてくれるニキビケア化粧水。ブースター効果があるため、拭き取り化粧水としてもおすすめです。

ナノBテクノロジー3.0によって、ニキビケア成分「グリチルリチン酸ジカリウム」と美白成分「プラセンタ」を肌の奥まで届けます。

潤いが無くなりがちな拭き取り化粧水ですが、リプロスキンは化粧水としても拭き取り化粧水としても使えるため、肌のうるおいもしっかりと守ります。

【2位】アクポレス クリアローション

アクポレス クリアローション
価格 5,000円(税抜)
容量 150ml

ニキビや黒ずみの原因となる角質を取り除いてくれる、アクポレスの拭き取り化粧水。

ライスパワーエキスNo.1とNo,10配合で、肌を整え、皮脂コントロールをしてくれます。

ニキビケアに有効な「グリチルリチン酸ジカリウム」も配合しているので、ニキビの炎症にも働きかけます。

無香料、無着色、石油系界面活性剤不使用、動物性原料不使用、アレルギーテスト済、刺激テスト済。

【3位】オードムーゲ 薬用ローション

オードムーゲ
価格 970円(税抜)
容量 160ml

有効成分イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ニカリウムが、肌荒れを防ぎつつ余分な汚れや皮脂を取り除いて清潔に保ちます。
殺菌効果でニキビのできにくい肌へと導きます。

無着色、無鉱物油、界面活性剤不使用、パラベンフリー、アレルギーテスト済み。

【4位】SK-Ⅱ フェイシャル トリートメント クリア ローション

SK-Ⅱ フェイシャル トリートメント クリア ローション
価格 7,000円(税抜)
容量 160ml

洗顔で取り切れなかった汚れや古い角質を穏やかに取り除く3種のAHA(α‐ヒドロキシ酸、クエン酸、乳酸)を配合。

肌表面を滑らかに整え、潤いを与えます。

使用後は化粧水や乳液の浸透を促進し、透明感ある肌に変化します。

【5位】ちふれ ふきとり化粧水

ちふれ ふきとり化粧水
価格 550円(税抜)
容量 150ml

クレンジングやマッサージ後の余分な油を溶かしながら落とすので肌に負担をかけずスッキリと落とすことができます。

保湿成分トレハロース配合なので肌に潤いを残し、みずみずしくしっとり感を保つこともできます。

【6位】ネイチャーコンク 薬用 クリアローション

ネイチャーコンク 薬用 クリアローション
価格 オープン価格
容量 200ml

古い角質は天然由来のヨクイニンエキスで取り去り、消炎作用のあるグリチルリチン酸ジカリウム配合でニキビの出来にくい肌へ導きます。

保湿成分にはユキノシタエキス、チンピエキス、トウニンエキスや、アロエ、リンゴ、キウイ、ラベンダーなどのエキスを配合。

この一本でふきとり化粧水としてだけでなく、朝の洗顔代わり、保湿、毛穴のひきしめ、美白、肌荒れ防止の6役が実現します。

ドラッグストアや薬局でも販売されていて、手軽に購入できるのも嬉しいポイントです。

【7位】明色化粧品 明色スキンコンディショナー

明色化粧品 明色スキンコンディショナー
価格 950円(税抜)
容量 200ml

洗顔後のアルカリ性に傾いた肌を弱酸性のニュートラルな状態に戻し、化粧水など浸透しやすい肌へと整える、ブースト効果が期待できます。

また、肌を活性化するオーガニックローズ水や、美白効果のあるプラセンタエキス、ハトムギエキスなどの保湿成分もしっかり配合されています。

ふきとりだけでなくさっぱりタイプの化粧水としても使ってもOK。

拭き取り化粧水のあとは「化粧水」を忘れずに

ふきとり化粧水は洗顔のあと、化粧水の前に使います。

そうすることで、にきびの原因となる毛穴の汚れや古い角質を取り除くことができます。

それがニキビができにくい肌へと導くことになるため、トラブルのない肌を作るためのアイテムとして加えてみてはいかがでしょうか。

しかし、肌を保湿したり、できたニキビの予防をするためには、ニキビ向けの化粧水でケアをすることが必要です。

拭き取り化粧水を使った後は、必ずニキビ肌におすすめの「化粧水」を使うようにしましょう。

ニキビケアには化粧水が重要!選び方のポイントとおすすめ化粧水とは?

まとめ

ニキビケアにおすすめの拭き取り化粧水のポイントをまとめました。

  • 拭き取り化粧水はクレンジングや洗顔で落ちなかった毛穴の汚れを除去できる
  • 古い角質も除去することができるので、ニキビケアにおすすめ
  • 拭き取り化粧水後の化粧水や美容液の浸透が高まる
  • ニキビが化膿しているときは刺激になるので、使用は控える
  • 必ずコットンを使って、優しくなでるように拭き取る

拭き取り化粧水はニキビの原因になる、毛穴の汚れや角質を除去してくれる便利なアイテムです。

肌のごわつきが気になる人は、ぜひ化粧水の前に拭き取り化粧水をプラスしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

可愛いものに目がない♡猫大好き♡食べるの大好き♡ROCK女子!! nanairoでは美容・健康・妊娠・育児・グルメなどを執筆しています。

NEW POST