【2021新春】名店おせちの予約状況

大人ニキビが治らない原因とは?スキンケアと生活習慣でニキビ対策!

ニキビといえば、青春のシンボルである「思春期ニキビ」を思い浮かべる方が多いと思います。

しかし、20代以降になってからできる「大人ニキビ」に悩む人も多いといわれています。

一度出来ると繰り返し同じところに出来てしまう大人ニキビ。その原因は日頃の生活の中にありました。

今回は、大人ニキビができる原因とその対策についてご紹介します!

大人ニキビと思春期ニキビの違い

大人ニキビは思春期に出来たニキビとは異なる点が多く、その原因も出来る場所も違います。

思春期ニキビが出来る場所は、おでこや鼻などのTゾーンを中心に出来るのに対して、大人ニキビはあごや口のまわりなどのUゾーンを中心に出来ます。

思春期ニキビと大人ニキビが出来る原因について、それぞれみていきましょう。

思春期ニキビは皮脂の過剰分泌が原因

思春期ニキビがTゾーンにできるのは、おでこから鼻にかけて、またこめかみや頬のあたりに皮脂腺が集中しているためです。

思春期に出来るニキビは13歳〜15歳頃から徐々に現れます。

第二次成長期になると男性ホルモンの分泌が活発になり皮脂の分泌が急激に増えます。

すると毛穴から皮脂を排出するスピードが追いつかず、毛穴詰まりを発生させます。

毛穴が塞がることでニキビ菌が繁殖し、ニキビが出来てしまうという仕組みということなのです。

しかし思春期ニキビの場合は、第二次成長期が終わってホルモンバランスが整うと自然と治ることがほとんどです。

大人ニキビは生活環境が原因のことが多い

それでは、大人になってから出来るニキビは何が原因なのでしょうか?

20代~30代の間にできるニキビは、様々な原因が考えられますが、主に生活習慣に関係するものが多いと言われています。

仕事のストレスでニキビが出来た、メイクを落とさずに寝てしまったから肌荒れになった、という経験がある人も多いのではないでしょうか。

こういった生活習慣の乱れやスキンケアの怠りは、すぐにニキビとして表れてしまいます。

40代以降は更年期が原因の場合も

また40代からは、お肌の衰えから肌の水分量が減り、乾燥肌になるうえ、肌の再生力も低下してきます。そうすると、毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、ニキビが出来ても治りにくくなります。

特に、あご周りにニキビや吹き出物が多発し、なかなか治らないといった状態になるのです。

さらに、40歳以降は更年期にさしかかるため、ホルモンバランスの変化によってニキビや吹き出物ができやすいといった原因もあります。

関連記事40代以降にできる大人ニキビの原因とは?更年期は肌荒れしやすい!?

大人ニキビの原因とは?

20歳以降の治らないニキビや肌荒れは、生活習慣に関係があることが分かりましたが、その原因は様々です。

一つだけの原因ではなく、いくつもの原因が重なって引き起こされる大人ニキビ。

今回は大人ニキビの原因になる代表的なものを、詳しくみていきましょう。

ホルモンバランスの乱れ

思春期が終わり大人になると、女性はホルモンバランスが変化していきます。

特にストレスや、生理周期によるホルモンバランスの乱れが大きく影響していて、生理前に黄体ホルモンが増えると肌のターンオーバー周期が崩れて角質が厚くなり、ニキビが出来やすくなります。

関連記事ホルモンバランスが乱れるとニキビが出来る?改善するには?

ストレス

仕事や家庭のストレスなど、現代人と切っても切れないストレスの影響。

ストレスが大きく掛かったり、長く続いたりすると自律神経のバランスが崩れて交感神経がずっと優位な状態になります。

この交感神経は男性ホルモンを刺激するため、皮脂の分泌を活発にし、その結果、ニキビが出来やすくなります。

関連記事ニキビの原因と対策!ストレスはニキビに関係するの?

睡眠不足

夜中まで仕事をしていたり、夜更かしが続いたりと睡眠不足になるとニキビが出来やすくなります。

これは、睡眠中に行われるお肌の細胞が生まれ変わるターンオーバーの周期が乱れるため。

古い角質がきちんとはがれずに肌に残ったままになると、シミやくすみの原因になり、毛穴をふさいでしまいます。

ふさがった毛穴に皮脂が詰まることでニキビが出来やすくなるのです。

関連記事睡眠不足の影響でニキビが出来る!?その原因と改善法について

栄養バランスの偏り

インスタント食品や外食の機会が多い人や、スナック菓子や甘いものが好きなあなたは栄養バランスが偏っているかもしれません。

ニキビができやすくなるのは脂質と糖質の過剰摂取のせい。

これらを摂りすぎると皮脂がたくさん分泌されるので毛穴につまってニキビの原因となるのです。

肌の再生に欠かせない栄養素が不足するとニキビが出来やすく、また治りにくくなってしまいます。

関連記事あなたの食生活、乱れていませんか?食事からニキビを撃退する方法!

メイクやヘアスタイルの刺激

メイクやヘアスタイルの刺激もニキビや肌荒れの原因のひとつです。

メイク汚れが完全に落ちていなければ、毛穴に詰まりニキビの原因となります。

また顔に髪の毛が当たるヘアスタイルは、髪の毛の刺激によってニキビになることもあり、特におでこにできるプツプツとした白ニキビは前髪が原因となっている場合もあるようです。

関連記事ニキビを治すためには、メイクとヘアスタイルを見直すことが必要!?

喫煙

タバコは百害あって一利なし。体にもお肌にも有害です。

喫煙すると体内のビタミンCが大量に消費されるため、肌のコラーゲンを作るためのビタミンが足りなくなります。

そして血行不良を招くため、ターンオーバーのサイクルも乱れてしまい、ニキビを治す力も弱まってしまいます。

関連記事美肌の危機!飲酒と喫煙がニキビにおよぼす悪影響とは?

乾燥肌

大人ニキビは、思春期特有の皮脂の過剰な分泌が落ち着いた後に出来ます。

大人の肌は皮脂でべたつくというよりもむしろ乾燥肌が多いもの。

それなのになぜニキビができるのかというと、肌が乾燥すると角質層が厚くなって毛穴をふさいでしまうことが原因です。

毛穴がふさがると皮脂がそこに溜まってニキビができてしまうのです。

また、肌が乾燥するとバリア機能が低下するため、緊急対応として皮脂をたくさん分泌して皮膚を守ろうとします。

関連記事乾燥肌はニキビが出来やすい!?その原因と改善方法とは?

生理前

普段はニキビができないのに、生理前になるとニキビができるという女性も少なくありません。

それは生理周期のホルモンバランスが関係していて、排卵日から生理が始まるまで増え続ける黄体ホルモンの働きにより、皮脂の分泌が活発になるのです。

この黄体ホルモンの急激な増加によって皮脂が毛穴に詰まりニキビの原因となります。

関連記事生理前になるとニキビがひどい!原因とスキンケア方法とは?

こんなNG行動していませんか?

これまで大人ニキビの主な原因を見てきましたが、ほかにもニキビの原因となるNG生活習慣はたくさんあります。

あなたはいくつ当てはまりますか?チェックしてみましょう。

  • 紅茶やコーヒーの飲みすぎ
  • お酒の飲みすぎ
  • 洗浄力の強い洗顔料を使っている
  • 洗顔を何度も繰り返す
  • リキッドファンデーションを使っている
  • 枕カバーをあまり交換しない
  • 睡眠不足
  • 顔によく触る
  • 油物やスナック菓子をよく食べる

このようにほんの少しのことでニキビを作ってしまう原因となります。

大人ニキビをなくすには、日々の生活の中のちょっとした行動を改善することがとても大切になってきますので、上記のような行動をしていた場合は、注意をするようにしましょう。

普段の生活でできるニキビ対策

毎日の生活習慣と密接に結びついているニキビの原因。大人ニキビを治すには、日頃の生活を見直すのが1番の近道です。

生活習慣の中で出来る、大人ニキビの対処方法についてみていきましょう。

バランスの取れた食事

栄養バランスの取れた食生活はニキビのないきれいなお肌をつくります。

1日3食きちんと食べ、油っこい食事やアルコールを控えるなど食生活を見直しましょう。

外食が多い人は回数を減らして時々は自炊にする、お菓子が好きな人はよりヘルシーな果物にかえるなど、できるところからひとつずつ改善に取り組みましょう。

お風呂に入る

お風呂に入るとスチーム効果で毛穴がしっかりと開き、シャワーだけの場合に比べて洗顔したときの汚れ落ちが違います。

お風呂で半身浴などしっかりと体をあたためると血流もよくなり、お肌へ栄養を届けることにもつながります。

ニキビ肌向けの薬用入浴剤を使うと、背中ニキビやデコルテニキビなど身体のニキビにもおすすめです。

十分な睡眠をとる

ニキビの対策の中でも特に大切なのが睡眠です。

睡眠時間が5、6時間という人も多いと思いますが、お肌にとっては7時間しっかりと睡眠時間を確保するのがオススメです。

特に夜の10時〜深夜2時は「お肌のゴールデンタイム」と呼ばれ、この時間に成長ホルモンが分泌されて肌の細胞も再生されます。

10時に寝るのは難しくても、なるべく12時までにはベッドに入りたいところです。

適度な運動

散歩やウォーキングなど適度な運動を取り入れましょう。

運動する習慣がないと最初はおっくうに感じるものですが、ストレッチやヨガなどゆっくりとした運動はストレスケアにも効果的です。

体を冷やさない

女性にとって冷えは美容の大敵です。

血行不良は新陳代謝を低下させ、末端まで栄養が行き届かなくなりニキビの治りも悪くなります。

冬だけでなく、夏でも冷房のきいた室内では体が冷えがちです。

体を冷やさないために、薄手の上着を持ち歩いたり、靴下をはいたりして対策しましょう。

服装に気を付ける

顔だけでなく、背中、胸や二の腕にできやすい大人ニキビ。

体に触れる衣類はニキビへの刺激になります。

汗をかいたらすぐに拭くことも大切ですが、吸湿性に優れた素材の下着を身につけることも大切です。

大人ニキビを予防する正しいスキンケア方法

いくら生活習慣を見直しても、ニキビケアの基本であるスキンケアを怠ってはいけません。

スキンケアを丁寧に行わないと、ニキビや吹き出物が治らない、といった状態になりかねません。

正しいスキンケア方法で大人ニキビに悩まない肌作りをしましょう。

洗顔で毛穴の汚れや皮脂を除去する

ニキビの原因は毛穴の詰まりから引き起こされるため、毎日の洗顔で毛穴の汚れや皮脂を落とすことは最も重要です。

アクネ菌が増殖してニキビの炎症にならないようにするためにも、たっぷりの泡で丁寧に顔を洗いましょう。

しかし、過度な洗顔で皮脂を取りすぎることは逆効果!1日に2回を限度として、朝晩と洗顔をするようにしましょう。

関連記事ニキビ対策の基本は洗顔にあり!正しい洗い方とおすすめの洗顔料とは?

化粧水で肌にうるおいを与える

ニキビ予防のスキンケアは化粧水で肌にしっかりと潤いを与えることも重要です。

特に抗炎症作用や抗菌作用といった、ニキビ予防ができる有効成分のものを選ぶのがおすすめ。

ニキビ肌に合った化粧水を使って、肌に十分な水分を与えるようにしましょう。

関連記事ニキビケアには化粧水が重要!選び方のポイントとおすすめ化粧水とは?

乳液やクリームで肌にうるおいを閉じ込める

スキンケアの最後は、乳液やクリームで化粧水のうるおいを肌に閉じ込めることが必要です。

乾燥肌からニキビができている人は、乳液やクリームで保湿ケアをすることは一番重要!

この工程を疎かにしてしまうと、ニキビの悪化にもつながるので気をつけましょう。

オイリー肌や普通肌の人は乳液だけを、乾燥肌の人はクリームまたは乳液+クリームで使うといいでしょう。

関連記事ニキビに乳液は必要!?効果的に使ってつるつる美肌になろう♡

関連記事ニキビ肌におすすめのクリームを紹介!クリームの役割と選び方とは?

それでも治らなければ皮膚科へ行こう

生活習慣を整えて、正しいスキンケアを行っても、顔のニキビや吹き出物が治らない場合は、一度、皮膚科で治療してもらい、薬をもらいましょう。

なかなか治らないニキビはれっきとした肌の病気ですから、保険のきく治療や薬もあります。

セルフケアを間違えて、赤い吹き出物といった炎症を起こしたニキビや膿のたまった黄ニキビにしてしまっては、ニキビが治らないどころかその後のニキビ跡に悩む可能性が高くなります。

ニキビ跡は赤みのあるものや色素沈着をしたもの、凸凹としたクレーターになったものなど、とても見た目も悪いです。

ニキビ跡になってしまうと、自分でニキビ痕を治すことは難しく、クリニックや美容皮膚科でレーザー治療などを受けるしかなくなります。

そうならないためにも、早めに皮膚科を受診し、まだニキビの症状が軽いうちにニキビを解消してしまいましょう。

関連記事ニキビが出来たら皮膚科へ行こう!病院ではどんな治療が受けられる?

まとめ

これまで見て来たように、大人ニキビの原因は様々です。

にきびを治すためにはまず、どんな原因によって大人ニキビができているのかを知ることが解決の第一歩になります。

地道な努力が美しい肌を作ります。まずは日頃の生活習慣を見直して、できるところから改善していくことが大切ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

可愛いものに目がない♡猫大好き♡食べるの大好き♡ROCK女子!! nanairoでは美容・健康・妊娠・育児・グルメなどを執筆しています。

NEW POST