【2021新春】名店おせちの予約状況

冬の乾燥で大人ニキビが悪化する?念入りなケアで外からも内からも保湿♡

冬といえば乾燥の季節ですよね。

冬は空気の乾燥から肌もカサカサしやすくなり、肌トラブルに見まわれる女性も少なくはありません。

そんな肌トラブルの中でも、特に意外なものがニキビではないのでしょうか?

一見、乾燥とニキビは関係のないように思われがちですが、大人ニキビの主な原因は乾燥肌だったのです。

夏にできるイメージがあるニキビですが、肌が乾燥する冬にこそ注意しなければなりません。

こちらでは、冬にできる大人ニキビの原因とそれに合った効果的なケア方法をご紹介します。

冬にできる大人ニキビの原因とは?

空気が乾燥する冬の季節には、肌もカサつきやすいですよね。

そんな季節にできるニキビは、乾燥肌によるバリア機能の低下とインナードライが主な原因となっています。

乾燥肌によってバリア機能が低下する

健やかな肌にはバリア機能が備わっており、外からの刺激や菌から身を守っています。

しかし、このバリア機能は、肌の水分量や皮脂量が保たれていなければ十分に働きません。

乾燥肌ではバリア機能が正常に働いていない状態のため、ニキビができやすくなってしまいます。

十分なバリア機能を得られなくなった肌は、角質層を厚くすることで乾燥や外からの刺激から見を守ろうとします。

ところが角質層が厚くなると柔軟性を失うだけでなく、毛穴が細く弱くなってしまいます。

結果的に少しの皮脂分泌でも毛穴詰まりが生じやすい肌となり、ニキビの発生リスクが非常に高くなります。

インナードライもニキビの原因に

冬の乾燥は、表面がテカって潤っているように見えても、肌内部では乾燥している状態といったインナードライを招くこともあります。

肌が乾燥しバリア機能が低下すれば、バリア機能を補おうと皮脂が普段よりも多く分泌されるようになります。

このような過剰な量の皮脂分泌は、当然ニキビを発生させます。

よってインナードライ肌による皮脂の過剰分泌もニキビの原因の一つに挙げられるのです。

このように空気が乾燥しやすい冬の時期は、お肌も乾燥をしているので、ニキビが増えることが多い時期といえます。

冬ニキビのスキンケア方法

冬ニキビの主な原因は、乾燥が原因ということが分かりましたが、どのように対策をしていけばいいのでしょうか。

肌が乾燥しがちな冬の季節には保湿ケアをしっかりと行い、肌のバリア機能を正常に保つことが重要になります。

洗顔後や入浴後には、化粧水・乳液・保湿クリームといったアイテムを使用し肌に潤いをたっぷりと与えましょう。

皮脂を取り過ぎないように洗顔する

洗顔の仕方もインナードライによる皮脂が気になるからと、ゴシゴシと洗ってはいけません。

かえって肌が乾燥しさらに皮脂の分泌量が増えるといった悪循環に陥りかねませんから、肌に優しいマイルドな洗顔料で優しく洗いましょう。

また熱いお湯で顔を洗ってしまうと、必要な皮脂まで洗い流し、乾燥状態を悪化させる恐れもあるので注意が必要です。

人肌くらいの37度ほどのぬるま湯か水できちんと洗い流すことを意識してくださいね。

化粧水は3回重ねづけをする

化粧水を使用する際には、「化粧水→浸透タイム→化粧水→浸透タイム→化粧水」というように、3回繰り返してたっぷり保湿する方法がおすすめです。

浸透させている間に歯磨きやボディケアをすれば、時間を無駄なく使えますよ。

方法
  1. 洗顔後、化粧水を付ける
  2. 付けた化粧水を手のひらでプレスし、染み込ませる
  3. しばらく間隔をおいたあと、もう一度化粧水を付けてハンドプレスで染み込ませる
  4. 最後にもう一度化粧水をつけ、同様にハンドプレスで浸透させる

乾燥予防のために保湿クリームも使おう

ニキビ肌には油分が悪いと思われがちですが、乾燥からくるニキビにはしっかりと保湿クリームを使いましょう。

化粧水の水分を逃がさないためにも、油分の多い保湿クリームで蓋をしてあげることが重要です。

特に冬のニキビには保湿クリームが最も重要なので、クリームを使って保湿ケアをしっかりと最後までやり遂げましょう。

ニキビ肌におすすめのクリームを紹介!クリームの役割と選び方とは?

冬ニキビにおすすめの化粧品

冬に増えたり、悪化したりするニキビにおすすめのスキンケアを紹介します。

ニキビを予防しながらも保湿ケアに優れたシリーズを集めてみました。

ビーグレン ニキビケア

ビーグレンニキビケア

ビーグレンのニキビ跡ケアは、繰り返すニキビも有効成分と保湿が成分でケアしていくスキンケアシリーズとなっています。

4つのうるおい成分「アクアタイド」「アリスチン」「加水分解コラーゲン」「ヒアルロン酸」を配合したクリームがセットになっています。

洗顔料のクレイが毛穴汚れを吸着し、洗顔とローションに含まれる「グリチルリチン酸ジカリウム」がニキビの炎症を抑えてくれます。

b.glen(ビーグレン)ニキビケアのおすすめポイントや口コミを紹介!

ルナメアAC

ルナメアACはうるおいを与えながら毛穴ケアをすることで、ニキビケアをしてくれるシリーズとなっています。

独自技術でニキビの有効成分とうるおい成分を小さなカプセルの中に閉じ込めた「アクネシューター」が、毛穴の奥のニキビの原因に直接働きかけます。

植物由来の保湿成分も豊富に配合されているため、乾燥しがちな肌にうるおいを与えてくれます。

ニキビケア「ルナメアAC」のおすすめポイントや口コミを紹介!

冬の大人ニキビは体の内側からもケア

冬の季節には保湿ケアで外から乾燥肌をケアするだけでなく、体の内側からのケアも欠かさず行いましょう。

特にオレイン酸とセラミドを豊富に含む食材を取り入れ、バランスの良い食生活を送ることがおすすめです。

オレイン酸が肌にうるおいを与える

オレイン酸とは、皮脂の成分の中に最も多く含まれる脂肪酸で、肌に潤いをもたらす成分です。

不足し十分に分泌されていない皮脂を、オレイン酸を摂取することで補うことができるのです。

アボカドがおすすめ

オレイン酸に富むアボカドには、肌の新陳代謝や脂質の代謝を促進する働きのあるビタミンB2も豊富に含んでいます。

不足している皮脂を補いながら、健康な肌への生まれ変わりにアプローチできるアボカドは、乾燥肌の改善に非常に役立ちます。

オレイン酸を含む食材としては他にもオリーブオイル、アーモンド、マカダミアナッツなどがあります。

アーモンドをはじめとしたナッツ類をおやつとして食べれば、空腹感を満たしながら乾燥肌ケアができ、まさに一石二鳥ですよ!

セラミドが肌の乾燥を防ぐ

角質層の水分を保つ組織として細胞間脂質というものがあります。この細胞間脂質の約40%を占める成分こそセラミドです。

乾燥状態に陥っている肌では、この細胞間脂質つまりセラミドが不足しています。

こんにゃくがおすすめ

このセラミドを食べて補うためには、こんにゃくがおすすめです。こんにゃくの中でも、生芋こんにゃくは特にセラミドを多く含みます。

おすすめの食べ方としては、こんにゃくをたくさん食べられる味噌田楽に砕いたクルミを合わせるというものです。

クルミにはセラミドの生成に必要となるαリノレン酸を豊富に含むので、相乗効果により効率良く肌に潤いを与えられます。

こんにゃくの他に、きび、ほうれん草、ヨーグルトにもセラミドは豊富に含まれています。

オレイン酸が豊富な食材と合わせて食べ物からセラミドも摂取し、効率良く乾燥ケアをしましょう。

バランスの良い食生活が美肌への近道

乾燥肌ケアのためにと、上記の食材ばかりを食べればよいというわけではありません。

偏った食事はかえって肌の状態を悪化させることもあるのです。

主食・主催・副菜を揃え、果物や牛乳・乳製品を食事にとり入れることで、優れた栄養バランスの食事が完成します。

上記のような食材を取り入れながら、栄養バランスを考えた食事を心がけましょうね。

まとめ

ニキビに繋がる冬場の乾燥肌は、体の外からだけではなく内からの念入りなケアで予防することができます。

メイクの仕上がりや肌の印象、そしてニキビ痕を作らず美しい肌を保つためにも、未然にニキビを防ぐことは非常に大切です。

ニキビの予防や健やかで美しい肌を保つためにも、冬場の保湿ケアは入念に行ってくださいね。

毎日コツコツと体の外と内のとの両方から保湿ケアを行うことこそ、美肌を保つための礎となりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

可愛いものに目がない♡猫大好き♡食べるの大好き♡ROCK女子!! nanairoでは美容・健康・妊娠・育児・グルメなどを執筆しています。

NEW POST