【2021新春】名店おせちの予約状況

ニキビ肌におすすめのBBクリーム&CCクリームを紹介!違いはある?

韓国コスメとして紹介され、あっという間にベースメイクの定番となったBBクリーム。

実際にお使いの方も多いと思います。

ところで今、さらにCCクリームが流行り始めていることをご存じでしょうか?

今回は、ニキビ肌におすすめのベースメイクは定番の「BBクリーム」と話題の「CCクリーム」のどちらが良いのか、その違いを見ていきましょう。

BBクリームとCCクリームの違いは?

まずはBBクリームとCCクリームの違いを解説していきます。

それぞれ役割が少しずつ異なりますので、その特徴をみていきましょう。

BBクリームとは?

BBクリームは「Blemish Balm」の略で、「Blemish=傷、Balm=香油」。

つまり傷跡や炎症を隠すためのものを意味します。

BBクリームは肌の炎症を抑えながら傷跡をカバーする役割を持ったアイテムで、元々お医者さんで使われていました。

それを一般にBBクリームとして販売したところ大ヒットし、定番となったのです。

どちらかというとコンシーラーに近い役割があります。

CCクリームとは?

CCクリームのCCには、「Color Control(カラーコントロール)」「Color Condition(カラーコンディション)」といった顔色をコントロールするという意味が含まれています。

ただ製品によっては「Complete Correction(コンプリートコレクション=完全な補正)」「Combination Cream(コンビネーションクリーム=組み合わせクリーム)」などの意味で使われることもあり、はっきりした定義づけは今のところされていません。

BBクリームとの違いは、最初からメイク用品として販売されたことです。

そしてその特徴は、肌の欠点をカバーするのではなく調整して目立たなくするというところです。

さらにスキンケア効果も持ち合わせており、ほしい役割が全部入った「美容液ファンデーション」です。

BBクリームにも美容成分が含まれていますが、CCクリームはさらにその効果が高いです。

そのためカバー力こそBBクリームに劣るものの、より肌に優しくナチュラルにメイクができるという特徴があります。

ニキビ肌にはどっちがいいの?

BBクリームとCCクリームの違いがわかったところで、ニキビができたときに使うのはどちらが良いのでしょうか?

しっかりカバーするならBBクリーム

BBクリームの良いところは、なんといってもカバー力。

肌の調子が悪くても、パーティーやイベントなど綺麗に決めたい日はありますよね。

BBクリームなら、ニキビや吹き出物など肌が赤みを帯びている状態でもしっかりカバーしてくれます。

欠点を隠しつつ、さらにスキンケア効果もあるので、メイクしながらお肌をいたわることができます。

しかし、油分が多いBBクリームを選ぶと毛穴詰まりの原因にもなりかねないため、ニキビ用のBBクリームを選ぶことがおすすめです。

肌に負担をかけないならCCクリーム

どちらかというとナチュラルメイクが好みの方にはCCクリームの方がおすすめです。

素肌っぽく、より自然な仕上がりになります。

「今日は肌を休める日」というすっぴんの日にもCCクリームはおすすめです。

何もつけない、本当のすっぴんでいると紫外線の影響を直に受けてしまうからです。

さらに、空気中にはアレルギーを起こす物質も多く浮遊しているので、まったく化粧をしない状態も肌ダメージを受ける危険があります。

CCクリームならサッと塗れば日焼け止め効果もあり、肌ダメージから守ることができます。

肌もきれいに見せてくれますし、負担も少ないので安心です。

「BBクリーム+CCクリーム」がおすすめ

肌にあんまり負担をかけたくないけど、ニキビや肌荒れを隠したいという人も多いですよね。

そんな人にはCCクリームにBBクリームが配合されたものを選んだり、両方使う方法がおすすめです。

両方を使う場合、CCクリームは化粧下地としても使えるので、薄くなじませて顔色を整えたところでBBクリームを重ねづけしてみてください。

CCクリームの美容成分や日焼け止め効果と、BBクリームの高い補正力の両方を得ることができます。

ニキビ肌におすすめの「BBクリーム&CCクリーム」

ラウディ BB&CCクリーム

ラウディBB&CCクリーム

価格:2,800円(税抜)

容量:25g

カラー:ナチュラルベージュ、クリアグレージュ

UVカット:SPF35 PA+++

BBクリームのカバー力、日焼け止め防止効果などとCCクリームのスキンケア効果、カラーコントロール機能が一緒になったベースクリーム。

ヒト型コラーゲンやセラミド、ダマスクローズ、ビルベリー、シラン、ソメイヨシノ、プルーンなどの天然美容成分配合で肌の奥からも保湿。

薄づきでつけているのを忘れるほど軽い付け心地ですが、気になる部分はしっかりカバーしてくれます。

時間が経ってもくすまず、崩れにくく、透明感ある肌が持続します。

日焼け止め、化粧下地、ファンデーション、コンシーラーはこれ一本あればOK。

CC&BBジェルクリームモイスト

RUJE

価格:1,500円(税抜)

容量:30g

カラー:ナチュラル、ライト

UVカット:SPF30 PA+++

出典:RUJE

CCクリームとBBクリームの良さを兼ね揃えたジェルクリーム。肌をナチュラルにカバーし、潤うのにべたつきません。

伸びがよく、つけやすいのに崩れにくいというのもポイント。アルコールフリーで肌にも優しく、洗顔料だけでオフできます。

毛穴隠しをしてくれる光反射パウダーも配合で、つけた瞬間に成分がオイルベースになりメイク崩れを防ぎます。

保湿成分と整肌成分も詰まっていますので、日中の肌にも優しくなっています。

ニキビ肌におすすめの「BBクリーム」

アテニア BBクリーム

アテニア BBクリーム

価格:2,160円(税込)

容量:30g

カラー:ナチュラル、ライト

UVカット:SPF30 PA+++

アテニアBBクリームは、美容液・UVケア・下地・ライトメイク・コンシーラーの5役に合わせて、くすみをカバーして自然な血色感を出す「華色肌」にしてくれる1本の6役。

隠しピンク設計で明るく華やかなツヤ感を演出してくれます。

ムースのような感触で伸びやすく、忙しい朝もサッと顔に塗ることができます。

オルビス ホワイトニングBB

オルビスBBクリーム

価格:2,700円(税抜)

容量:35g

カラー:ライト、ナチュラル

UVカット:SPF40 PA+++

この一本があれば美容液、日焼け止め、化粧下地、ファンデ―ション、コンシーラー、パウダーの6役が可能の薬用BBクリーム。

ビタミンC誘導体配合なので、日中の美白ケアも同時に叶えることができます。

無香料、紫外線吸収剤不使用、酸化しやすい油分不使用、アレルギーテスト済みで敏感肌の方にもおすすめです。

汗、皮脂にも強く、日中も崩れにくくキレイな状態をキープしてくれます。

ラロッシュポゼ UVイデア XL プロテクションBB

ラロッシュポゼ UVイデア XL プロテクションBB

価格:3,400円(税抜)

容量:30ml

カラー:ライト、ナチュラル

UVカット:SPF50+ PA++++

アジア人の敏感肌を考えて開発と、敏感肌に優しいBBクリームです。

SPF50+でPA++++の強力なUVカットに加え、肌の深部までダメージを与え、シミやシワなどの原因となる紫外線UVA波から肌を防御する、「ロングUVA防御テクノロジー」を採用。

無香料、パラベンフリー、皮膚科学テスト済み、アレルギーテスト済み、ノンコメドジェニックテスト済み。

クレンジング不要、石けんで落とせるのも魅力的です。

ニキビ肌におすすめの「CCクリーム」

米肌 澄肌CCクリーム

米肌CCクリーム

価格:3,500円(税抜)

容量:30ml

カラー:やや明るい自然な肌色、普通の明るさの自然な肌色

UVカット:SPF50+ PA+++

これ1本で5役の化粧下地、ファンデーション、フェイスパウダー、クリーム、日焼け止めを叶えられるCCクリームです。

皮脂吸着パウダーと毛穴ロックポリマーで、毛穴レス&テカリ知らずのさらさら肌を作り上げます。

ニキビ肌に多い、オイリー肌やドライスキン肌によって顔がテカってしまうのをカバーできるのがおすすめポイントです。

美容成分も配合されているので、紫外線の刺激や乾燥からも肌を守ってくれます。

SK- Ⅱオーラアクティベーター CCクリーム

SK- Ⅱオーラアクティベーター CCクリーム

価格:8,500円(税抜)

容量:30g

カラー:ナチュラル

UVカット:SPF50+ PA++++

複合成分「デイソフトオーラホワイト」配合、使い続けることで本来の内側から輝くような肌へ導きます。

肌につけるとピタッと密着し、気になる部分を自然にカバーしてくれます。

微粒子型カバー成分のチタンがバランスよく配合されているので、血色感を活かしながらトラブルだけをカバーしてくれます。

そして微細パールによって輝くような透明感あるオーラ肌に仕上げます。

スキンフラット CCジェル カバー&モイスト

BCL   スキンフラット CCジェル

価格:1,200円(税抜)

容量:30g

カラー:ナチュラルベージュ

UVカット:SPF35 PA+++

肌の悩みの一つ、毛穴に着目したCCジェル。手に取ったときはジェル状ですが、肌にのせるとパウダー状に変化します。

少量でよく伸び、短時間で毛穴の凸凹、テカりをカバーしサラサラの肌へ。

これ一本で美容液、化粧下地、ファンデーション、パウダー、日焼け止めの効果が期待できます。

まとめ

一本でスキンケア効果とメイクが完了するBBクリームやCCクリームは、もはや手放せないアイテムのひとつです。

ニキビ肌の人の選び方のポイントをまとめてみました。

  • ニキビやニキビ跡をしっかりとカバーしたいときはBBクリーム
  • 素肌感を出したいとき、肌を休めたいときはCCクリーム
  • 両方効果がほしいときは重ねづけか、両方の役割を持ったBB&CCクリームを使うのもおすすめ

このように使う目的に合わせて、BBクリームとCCクリームを使い分けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

可愛いものに目がない♡猫大好き♡食べるの大好き♡ROCK女子!! nanairoでは美容・健康・妊娠・育児・グルメなどを執筆しています。

NEW POST