【2021新春】名店おせちの予約状況

混合肌にできやすいニキビの原因とは?おすすめのスキンケアも紹介!

「Tゾーンはテカりやすいのに、頬は乾燥しやすい」というように、肌の部位によって油っぽかったり乾燥したりという症状に覚えはありませんか?

このように、オイリー肌と乾燥肌が混じっている状態の肌を混合肌といいます。実は、日本人に一番多い肌タイプこそが混合肌なのです。

部位によって肌の状態が異なる混合肌だからこそ、ニキビを発見した後のスキンケアの方法に悩みますよね。

こちらでは、混合肌にできたニキビを改善するスキンケアの方法とニキビができる原因をわかりやすくご紹介します。

正しいスキンケアを行えば、混合肌にできたニキビも怖くありませんよ!

混合肌の特徴とは?

肌のタイプには乾燥肌やオイリー肌、普通肌など種類分けがされていますが、そのなかに混合肌といった肌タイプもあります。

このタイプは顔の一部分は乾燥肌だけれど、そのほかの部分はオイリー肌というように、乾燥肌とオイリー肌のどちらも併せもつ肌のことをいいます。

人の肌は気候に合わせて変化するといわれますが、高温多湿で四季の変化がある日本人には、混合肌タイプが多いといわれています。

そんな混合肌の特徴としては以下のようなものがあります。

  • おでこや鼻にかけてのTゾーンが油っぽい
  • 目元や口元は乾燥している
  • 頬やフェイスラインはカサカサしやすい
  • 洗顔後は部分的につっぱる
  • メイク崩れをしやすい

このような特徴のある混合肌ですが、もともとの肌がそのような状態であるということはありません。

混合肌は毎日の生活習慣も原因となって生じる肌の状態なのです。

混合肌になってしまう原因

混合肌を引き起こす生活習慣としては、主に、

  • 食生活の乱れによる内臓機能の低下
  • ストレスによるホルモンバランスの低下

など体の機能が低下することによって肌のコントロールが不安定になることが挙げられます。

さらに、強い紫外線ダメージやエアコンによる乾燥などの外側からのダメージを受けることが多い毎日を送っていると、当然、肌を健やかな状態に保つことは難しくなります。

たとえ今の肌が良い状態だったとしても、混合肌にならないというわけではありません。

蓄積した紫外線ダメージやストレスの多い毎日、そして乱れた食生活を送っていれば、誰もが混合肌になる可能性が十分にあるのです。

混合肌にはニキビができやすい!?

生活習慣で引き起こされるという混合肌は、肌トラブルとしてニキビができやすい傾向にあります。

なぜ混合肌がニキビを引き起こしてしまうのでしょうか?

ニキビができる原因から、混合肌とニキビの関係性についてみていきましょう。

オイリー肌にも乾燥肌にもニキビができる

オイリー肌だとニキビ肌になりやすいイメージがあると思いますが、実は乾燥肌にもニキビはできやすいのです。

そもそも毛穴詰まりからニキビは発生するのですが、オイリー肌の場合は余分な皮脂が毛穴に詰まり、アクネ菌が増殖してニキビができます。

一方で乾燥肌の場合は、肌の水分の低下によって肌バリアが低下し、毛穴が狭くなってしまって毛穴詰まりをしやすくなり、ニキビができやすくなります。

また肌が乾燥すると肌にうるおいを与えようと皮脂分泌が過剰になってしまいます。

そうすると肌の内側は乾燥しているのに、表面は脂っぽいオイリー肌になってしまうことがあります。

これをインナードライ肌ともいい、ニキビができやすい肌タイプのひとつなのです。

偏ったスキンケアがニキビを引き起こす

乾燥したり油っぽかったりと、顔の部分によって肌の状態が異なる混合肌。

混合肌の人は、オイリー肌の部分が多ければさっぱりとした仕上がりの化粧水を使ったり、乾燥部分が多ければ保湿成分がたっぷり含まれたスキンケアをしたりするとおもいます。

しかし、こういったスキンケアの偏りによって、それぞれの症状が進行し、さらにニキビができやすい肌になってしまう可能性があります。

ですから、混合肌は乾燥ケアやオイリーケアといったどちらか一方に偏ったスキンケアをするのではなく、その部分に合ったスキンケアを行うことが必要なのです。

混合肌のニキビケア

混合肌にできたニキビを綺麗にケアする際に大切なのが、自分の肌質を正しく知ったうえでスキンケアを行うということです。

具体的にはどのようなことをすればよいのかみていきましょう。

自分の肌質を正しく知る

Tゾーンは皮脂が多いのに、頬や口周りは乾燥しているというように、混合肌では顔の部位によって肌の状態が異なります。

Tソーンがオイリー肌になっているからと、さっぱりとした化粧水や洗顔料といった皮脂を抑えるアイテムを使うと、他の部位での乾燥状態が悪化しニキビができやすくなるばかり。

良かれと行うケアが逆にニキビの原因となってしまわないように、部位別に異なる肌の状態をきちんと把握しましょう。

顔全体ではなく顔の部位別に肌診断を受ければ、それぞれの部位での皮脂量・水分量が正確に測定できますよ。肌診断は化粧品店などで受けられます。

どの部位が乾燥しているのか・オイリーなのかが判明したら、普段のスキンケアに加えて診断結果に応じた部位別のケアを行いましょう。

スキンケアの基本は変わらない

混合肌にニキビができてしまうと、肌の状態が部位によって異なることからケア方法に戸惑うことも多いはずです。

しかし、混合肌の人でもにきびのケアで必ず行っておくべき大切なケアは、他の肌質の人と同じ正しい洗顔と保湿ケアです。

優しい洗顔が大切

洗浄力がマイルドで肌に優しい洗顔料をしっかりと泡立てて、泡で汚れを落とすように優しく丁寧に洗いましょう。

少ない泡でゴシゴシとこすって洗ったり、タオルでゴシゴシと水分を拭き取ったりと強引な方法は、肌へ大きなダメージを与えてしまうので厳禁です。

保湿ケアが健やかな肌への第一歩

化粧水で肌に潤いを与えた後、乳液や保湿クリームで蓋をする、という基本的な保湿ケアが大切になります。

使用する化粧水はさっぱりタイプではなく、潤うしっとりタイプを。そして保湿クリームや乳液は油分が強すぎないナチュラルなテクスチャのものを選ぶのが好ましいです。

空気が乾燥しがちな冬場や肌が乾燥しやすいエアコンの効いた室内など、乾燥した環境にいることが多い時には、こまめに保湿を行うことを意識してください。

乾燥部分のケアを優先する

20代~30代の大人ニキビの場合、混合肌でオイリー肌の部分があったとしても、内側は渇いているインナードライになっている可能性が高いです。

乾燥部分の保湿ケアを最優先して行い、乾燥する部分には、乳液や保湿クリームそしてオイルを重ね付けしましょう。

特にニキビのできやすい肌の保湿ケアとしては、セラミド成分を配合したアイテムがオススメです

セラミドは肌本来が持つ水分保持機能を高めてくれるので、乾燥状態だけでなく乾燥しにくい肌へと生まれ変わることができます。

混合肌におすすめのスキンケア

それでは混合肌でニキビに悩みやすい人におすすめのスキンケアを紹介していきます。

洗顔料から乳液クリームまで紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

洗顔料

ノンエー
ノンエーの商品画像

価格:2,940円(税込)

容量:100g

きめ細かい泡立ちが特徴のニキビケア用石鹸です。

肌荒れ防止成分の「グリチルリチン酸ジカリウム」配合で、ニキビのできにくい肌へ整えます。

ピーリング成分は不使用で肌に優しく、大豆エキスが皮脂分泌にも働きかけてくれます。

香料や着色料、鉱物油、アルコールも一切使用していません。

ニキビケア石鹸「Non A.(ノンエー)」の口コミと洗顔方法を紹介!

VCOマイルドソープ
VCOマイルドソープ

価格:2,847円(税抜)

容量:85g

ヴァージンココナッツオイルが配合された、肌にやさしい低刺激な石鹸です。

肌に必要な皮脂だけを残してくれるので、洗い上がりもつっぱらずもっちりとした肌を作り上げてくれます。

保湿成分ヒアルロン酸も配合なので、潤いを保ってくれます。

安心・安全にもこだわり、防腐剤・石油系界面活性剤・香料・着色料は無添加となっています。

化粧水

ノブACアクティブ フェイスローション
ノブACフェイスローション

価格:3,240円(税込)

容量:135ml

ノブACアクティブのフェイスローションは、敏感肌の人でも使いやすい、ニキビケア化粧水です。

ベタつかないのに、しっかりと肌にうるおいを与えてくれます。

ニキビケア成分の「サリチル酸」と「アラントイン」などが含まれ、保湿成分には「リピジュア」が含まれています。

乾燥が気になる人向けのモイスチャータイプもあるので、お好きなタイプも選ぶこともできます。

ニキビケア「ノブACアクティブ」の口コミを紹介!ニキビ跡ケアもできる?

ビーグレン QuSomeローション
ビーグレンQuSomeローション

価格:5,400円(税込)

容量:120ml

肌の角質層までしっかりと潤いを届け、長時間キープさせてくれる化粧水です。

角質を健やかに整えてくれる、「ペプチド」を含んでおり、ふっくらとした肌へ導きます。

みずみずしく濃厚なテクスチャーとなっており、肌につけるとスッとなじみの良いローションとなっています。

ビーグレン ニキビ跡ケアの特徴や口コミを紹介!お試しセットはある?

乳液・クリーム

ヒフミド エッセンスミルク
ヒフミドエッセンスミルク

価格:4,860円(税込)

容量:100ml

3種類のヒト型セラミドを配合した、ニキビ肌におすすめのミルクタイプの乳液です。

肌の油分と水分のバランスを整えてくれるので、混合肌にもぴったり!

ふっくらとハリのある肌へ導いてくれるので、乾燥による小じわ対策にもおすすめです。

エトヴォス 薬用アクネVCクリームジェル
エトヴォス美容クリーム

価格:4,500円(税抜)

容量:50g

ヒト型セラミドとビタミンC誘導体が含まれた、美容クリームです。

セラミドは乾燥部分に、ビタミンC誘導体はオイリー部分に働きかけてくれるので、混合肌におすすめのクリームです、

またニキビケア成分の「グリチルリチン酸ジカリウム」も入っているので、ニキビ予防にもおすすめ。

低刺激処方でゆらぎがちなトラブル肌にも安心して使えます。

ニキビケア「エトヴォス バランシングライン」の特徴と口コミを紹介!

まとめ

顔の部位によって皮脂が多かったり少なく乾燥していたりする混合肌は、ニキビができてしまうとそれだけケアの方法に戸惑ってしまいます。

しかし、混合肌にニキビができたとしても、他の肌と同様に保湿ケアと正しい洗顔がニキビケアの鍵です。

部位別で異なる肌の状態に合ったスキンケアが行うために、まずは肌の状態をきちんと知りましょう。そして、状態に合った保湿ケアを続ければ、ニキビの根本的な原因を解決し確実に美しい肌へと生まれ変わることができます。

また、混合肌の原因となっている生活習慣を改善することも、ニキビの治療や予防には欠かせません。混合肌になっている原因に心あたりがあるのであれば、今一度改善してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

可愛いものに目がない♡猫大好き♡食べるの大好き♡ROCK女子!! nanairoでは美容・健康・妊娠・育児・グルメなどを執筆しています。

NEW POST