なかなか治らない黒ニキビの原因と対策を紹介!潰して芯を出すのはNG!?

ゴマのように黒くポツポツとできるニキビは、小鼻やおでこにできやすくとても目立ちます。

肌が汚らしく見えることから大変気になりますし、なかなか治らないとメイクの度に憂鬱な気分になりますよね。

中にはどうすればいいかわからず、無理やり芯を押し出す人もいるのではないでしょうか。

こちらでは、なかなか消えない黒ニキビにお悩みの方向けに黒ニキビができる原因とそれに合った正しいケアの方法をご紹介します。

ニキビができにくい健やかな肌質へと根本的に改善する方法で、ニキビ知らずの美肌を取り戻しましょう!

黒ニキビとは?

まだ炎症を起こしていない、ニキビの初期段階

黒ニキビ

ニキビは一般的にその症状の段階によって種類分けがされており、その見た目からとった呼び名がつけられています。

小鼻やおでこにポツポツと黒く現れる黒ニキビは、まだ炎症を起こしていない初期段階のニキビのことをいい、専門用語で「開放面皰(オープンコメド)と呼ばれます。

これは簡単にいうと、皮脂が毛穴の中に収まりきらず、皮膚の表面に出てきた状態のことをいいます。

毛穴の表面に出た皮脂は酸素に触れると酸化し、色が黒くなって目立ってしまうため、その見た目から黒ニキビと呼ばれています。

この黒ニキビは、肌に皮脂溜まりプツプツとできる「白ニキビ」と同じく、まだ炎症を起こしていないニキビの初期段階なのです。

アクネ菌が増殖すると、赤ニキビや黄ニキビになる可能性がある

赤ニキビ

黄ニキビ

黒ニキビがいくらニキビの初期段階だからといって、スキンケアといった対策もせずに放置しておくと、毛穴の中でアクネ菌が増殖し、炎症を起こかねません。

炎症を起こしたニキビのことを「赤ニキビ」と呼び、その後に毛穴に膿が溜まった状態を「黄ニキビ」と呼びます。

これらは痛くない黒ニキビと違って痛みが伴うため、見た目もなんとも痛々しく目立ちます。

また、炎症が起きたニキビを潰してしまったり、放置してしまったりした結果、ニキビ跡にもなりかねません。

このように黒ニキビはひどくなると炎症をおこし、しまいにはニキビ跡になる可能性があるため、一刻も早く対処法をとる必要があるのです。

黒ニキビの原因は?

男性も女性も小鼻やおでこにできやすく目立ちやすい黒ニキビは、顔だけではなく背中や胸元といった体のあらゆるところに出来ます。

これ以外にも、耳の中やビキニラインにできる黒ニキビに悩む人もいるようです。

顔や体のあちこちにできる黒ニキビの原因は、その部位によって異なることもありますが、そのどれも「皮脂の過剰分泌」が根本的な原因となります。

20代や30代といった大人ニキビの主な理由としては、ストレスや生活習慣の乱れからホルモンバランスが乱れ、過剰に皮脂が分泌されることによって毛穴が詰まり、黒ニキビとなります。

10代にできる思春期ニキビは、成長ホルモンの変化によって皮脂の過剰分泌が起こることが原因となるのです。

黒ニキビの無理な芯出しはNG!

黒ニキビを見つけると、黒いポツポツを早く消そうと潰して芯を取り出してしまいがちです。

YouTubeでも黒ニキビの除去方法の動画があるほど、大きい芯が取れたときは気持ちいいものです。

しかし、無理やり黒ニキビを潰したり、鼻パックで角栓をベリッと剥がしたり、あるいは強い洗顔料でゴシゴシと洗ったりといった強引な方法は逆効果なのです。

これらの方法は一時的に毛穴をスッキリさせられるように感じられますが、力任せで毛穴の汚れを取り除くことになり、毛穴を大きく開かせてしまいます。

大きく開いてしまった毛穴は、そのぶん皮脂や老廃物が溜まりやすくなり、かえって黒ニキビができやすい状態を作り出してしまうのです。

また、ニキビを潰すと皮膚の組織を傷つけ、そこから細菌が侵入し炎症へと繋がったり、傷跡として残ってしまったりと、美肌の大敵となる結果が生じるばかりです。

黒ニキビを綺麗に治す場合には、絶対に潰して芯を出すような行為はやめましょう。

一時的に改善されたと思われる強引な方法は、後に最悪な結果を招くこともあるので避けてくださいね。

黒ニキビ対策は洗顔と保湿から

黒ニキビのケアで一番大切なのが、洗顔と保湿ケアです。しかし、我流の洗顔方法や保湿ケアではいけません。正しい洗顔方法と保湿ケアで黒ニキビを撃退しましょう。

優しく丁寧な洗顔をコツコツと続ける

まず、肌に合った優しい洗浄力の洗顔料をたっぷりと泡立て、優しく丁寧に洗うという正しい洗顔を行いましょう。

たっぷりの泡で優しく顔全体を包み込むように洗うだけでも、毛穴の汚れを十分に落とすことが可能です。

毛穴の汚れを取り除きたいからと、強い洗浄力の洗顔料を使ったり、ゴシゴシとこすって洗ったりといった強引な洗顔方法はNGです。

毛穴への負担を大きくしニキビを悪化させるほか、毛穴を広げてしまいさらに目立つ黒ニキビへと繋がりかねないので避けましょう。

黒ニキビをケアするうえでは、優しく丁寧に毛穴詰まりを解消することが大切です。

一日で治すといった即効性はありませんが、毎日コツコツと時間をかけて徐々に汚れを優しく落としていく姿勢が、黒ニキビのケアでは重要となります。

保湿ケアで肌本来の機能を取り戻す

洗顔のあとには、保湿ケアもしっかりと行いましょう。保湿ケアで肌の水分を補うことで、ニキビの悪化を防ぐことが可能です。

黒ニキビをそのまま悪化させず、ニキビ痕になる前に治してしまうためにも、保湿ケアは欠かさないでくださいね。

また、保湿ケアを十分に行えば、肌が持つバリア機能を高めることができます。

というのも、肌のバリア機能には角質層の潤い度合いが大きく関係しており、角質層の水分量が高ければ高いほどバリア機能が高まります。

バリア機能を高めることで紫外線や刺激などの外からのダメージに強くなり、ニキビができにくい肌へと生まれ変わります。

つまり、肌質を改善することでニキビの根本的な予防が可能となるのです。

ニキビを悪化させない、そしてニキビを作らない肌作りのためにも、角質層を潤す化粧水や乳液で保湿しましょう。

黒ニキビにおすすめのスキンケア

酸化して黒くなってしまったニキビにおすすめのスキンケアを紹介します。

おすすめの洗顔料

ノンエー

ノンエーの商品画像

価格 2,940円(税込)
容量 100g

もちもちの濃密泡が特徴のニキビケア用薬用せっけんです。

有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」がニキビの炎症をケアしてくれます。

毛穴の汚れを吸着しながら、保湿成分で肌を整えてくれるので、つっぱらずにしっとりとした肌へ導きます。

然よかせっけん

長寿の里の然よかせっけん

価格 1,944円(税込)
容量 88g

天然ミネラルの「シリカ」が含まれた、一つ一つ丁寧に手作りされた練り石鹸です。
きめ細かい泡立ちで、毛穴の汚れも優しくスッキリ洗い上げてくれます。

ニキビの有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」も配合されているので、肌荒れ対策にもおすすめ。

おすすめのニキビケアシリーズ

ビーグレン

ビーグレンニキビケア

ビーグレンのニキビケアは、成分の浸透にこだわりをもって作られたニキビケアシリーズです。

洗顔と化粧水には天然のクレイ「モンモリロナイト」を配合し、潤いを守りながら毛穴をスッキリさせてくれます。

また美容成分を肌の角質層までしっかりと届ける独自技術「QuSome(キューソーム)」を採用。

ニキビケア成分と保湿成分をしっかりと浸透させてくれ、ニキビに悩まない健やかな肌へ導きます。

ビーグレン ニキビケアの価格や口コミを紹介!トライアルセットもある?

ノブACアクティブ

ノブACアクティブのラインナップ

ノブACアクティブは乾燥肌・敏感肌でニキビに悩んでいる人にもおすすめのニキビケアシリーズです。

洗顔料では優しく毛穴汚れを洗い流す「マイルドピーリング」が採用されています。

また乳液には保湿成分のほか、抗酸化作用のある「ビタミンC誘導体」も配合されています。

クレンジングから美容液まで幅広くラインナップされているので、トータルケアしたい人にピッタリです。

ニキビケア「ノブACアクティブ」の口コミを紹介!ニキビ跡ケアもできる?

ビタミン摂取で体の内側から黒ニキビ対策

正しい保湿ケアと洗顔によるケアと合わせて、ニキビ予防に効果的なビタミンを摂取し体の内側からのアプローチも行うことが重要となります。

次では、ニキビケアにオススメのビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンCのそれぞれが持つ効果をご紹介します。

皮脂分泌を抑えるビタミンB2

古い角質や皮脂が毛穴に詰まっている黒ニキビを改善するためには、皮脂分泌を抑え、肌のターンオーバーを促進する必要があります。

脂質の代謝を良くし、皮脂分泌をコントロールするために、ビタミンB2の摂取をおすすめします。

ビタミンB2は、鶏レバー、たま、納豆、モロヘイヤといった食品に多く含まれます。

サプリメントも活用したりしてビタミンB2を補いましょう。

肌のターンオーバーを促すビタミンB6

肌のターンオーバー機能を促すためには、肌や髪など細胞の生成に働くビタミンB6がおすすめです。

ビタミンB6は、カツオやマグロといった赤身の魚豚肉レバーバナナなどが豊富な食材です。

先ほど紹介したビタミンB2と相性が良く、相乗効果をもたらしますので、ビタミンB2とビタミンB6 が含まれる食材を合わせた料理を作ってみるのもいいかもしれません。

抗酸化作用のあるビタミンC

色素沈着して痕に残りやすい黒ニキビを綺麗に消すには、シミ・そばかすを予防し、肌を健やかに保つ働きのあるビタミンCの摂取も欠かせません。

レモンやオレンジなどの柑橘類、イチゴ、柿、アセロラなどに豊富に含まれるビタミンCは、抗酸化作用もあるため、黒ニキビの酸化を予防するためにも効果的です。

市販のものも多く展開されているビタミンCのサプリメントを上手く活用し、毎日の生活にビタミンCを摂り入れましょう。

食事からの摂取が難しい場合はサプリメントで補おう

肌の健康を維持するのに重要な栄養素のビタミン類は、食事から摂取するのが一番です!

でも、忙しい人は毎日、栄養バランスに気をつけて食事をするのは難しいですよね。

そんなときは、不足しがちな栄養素を補えるサプリメントに頼るのも一つの方法です。

1日たった1粒~5粒を飲むだけで、必要な栄養素が摂れるサプリは現代人の強い味方!

最近、栄養が偏りがちでニキビができやすいと感じている人は、サプリメントに頼ってみてはいかがですか。

ニキビにおすすめのサプリメントとは?マルチビタミンの成分と働き

それでも治らなければ、皮膚科へ行こう

黒ニキビのセルフケアをしても良くならない場合は、皮膚科での治療を行ってもらいましょう。

いくつかある治療法のうつ、主な方法についてみていきましょう。

面皰圧出

黒ニキビは自分で潰してはいけないといってきましたが、白ニキビや黒ニキビといったニキビの初期段階は中の芯を取り除くことで、治りが早くなることがあります。

そのため、病院では「面皰圧出」と呼ばれる治療を行う場合があります。

これは面皰圧出器(コメドプッシャー)という、先端に穴が開いた専用の器具でニキビを潰して芯を取り出す方法です。

治療費は保険がきくため、黒ニキビが出来た場合は、皮膚科で潰してもらうのもおすすめです。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、酸性の薬剤を肌の上に直接塗って肌の角質を除去し、ターンオーバーを促進させる方法です。

薬剤の種類としては主に、AHA(フルーツ酸)やグリコール酸、サリチル酸などが用いられます。

肌がゴワゴワしてニキビが出来やすいといった人におすすめです。

外用薬の服用

あとは、ニキビに直接外用薬を塗って良くしていく方法です。

外用薬としては、ディフェリンゲルやトレチノインといった塗り薬が処方されます。

ディフェリンゲルは「アダパレン」という成分が含まれ、ニキビの炎症を抑え、殺菌します。

保険の適用もされるため、ニキビの治療薬としてよく使われます。

トレチノインは、ピーリング作用がありターンオーバーを促進させますが、保険適用外となります。

ほかにもニキビの薬はあるため、皮膚科で処方してもらうようにしましょう。

まとめ

なかなか治らずついつい芯を出してしまう黒ニキビですが、洗顔や保湿といった基本的なスキンケアが一番大切なのです。

すぐに治そうと強引な方法で芯を出すと悪化し、最悪の場合にはにきび痕になりかねません。

焦らずに長いスパンをかけてケアする姿勢が、黒ニキビの治療では大切です。コツコツと黒ニキビを改善し、そしてニキビを作らない肌へと生まれ変わらせることこそ美肌への近道です。

治らないと諦めてしまうのではなく、今日からできるケアを始めて続ける努力がニキビ知らずの肌へと導いてくれますよ。