いつまでも治らない思春期ニキビの原因とケア方法を解説!洗顔が重要?

10代の中学生や高校生の気になるお悩みといえば、顔や体にできる厄介な「ニキビ」ですよね。

青春のシンボルともいわれるほど、思春期にニキビは避けて通れないものとなっています。

今回は、ニキビが出来てしまう原因と正しいスキンケアについて詳しくご紹介します。

思春期ニキビにおすすめのスキンケアも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

思春期ニキビとは?

そもそも「思春期ニキビ」とは、10代の男女にできるニキビを指します。

中学生になる13歳ごろから徐々に増え、高校性の17歳ごろがピークと言われます。

思春期特有のニキビはおでこから鼻にかけてのTゾーンにできることが多く、皮脂腺が多く、脂っぽくべたつきやすい場所に発生します。

ニキビの原因菌が皮脂をえさに繁殖してしまうため、大量に次々とニキビが出来てしまうこともあります。

また、出来てしまったニキビが気になって潰してしまったり、中の膿を出してしまったりと間違ったお手入れをしてしまうと、ニキビ跡が残りクレーターになってしまうことがあります。

思春期ニキビの原因

思春期に出来るニキビには、10代の約半数が悩まされているというほどメジャーな悩みです。

友達や好きな人の目が気になって、なんとかしてニキビを治したい!という人も多いですよね。

ニキビのケア方法をみていく前に、なぜ思春期にはニキビが出来てしまうのかをみていきましょう。

成長ホルモンによって皮脂分泌が多くなることが最大の原因

思春期のお肌は一番成長ホルモンの分泌が活発で、皮脂が過剰に分泌されやすい状況にあります。

これは第二次性徴期に入り、ホルモンバランスが変化して男性ホルモンが急激に増え、皮脂腺が刺激されるために起こります。

年間を通してみると、春から夏にかけては皮脂の分泌がより活発になる時期でよりニキビができやすくなります。

そして部位で見ると、皮脂腺の多いTゾーンは、頬の約7倍も皮脂の分泌が多いためによりニキビができやすいのです。

ストレスや睡眠不足、紫外線も原因になる

テスト前の夜更かしなどによる睡眠不足、日々の人間関係などのストレス。

これらは自律神経のバランスを乱してしまうため、男性ホルモンが多く分泌されるようになります。

男性ホルモンは皮脂を分泌させ、角質を厚くするために毛穴がふさがり、そこに皮脂がたまることでニキビの原因となります。

また、部活中や登下校時の紫外線も肌の細胞にダメージを与えてしまい、肌のバリア機能を低下させます。

そうすると肌の状態が不安定になり、ターンオーバーを乱してしまうためにニキビができやすくなります。

思春期ニキビのスキンケア方法

思春期のニキビと無縁な人も中にはいますが、ホルモンの分泌にも個人差があります。

出来てしまった思春期ニキビに大切なのは、日々のスキンケアです。

特に皮脂量をコントロールし、肌を清潔に保つためには洗顔をすることが大切です。

洗顔はたっぷりの泡で優しく

正しい洗顔の基本は「余分な皮脂」を取り除くことにあります。

あくまでも過剰な皮脂を取り除くのであって、根こそぎ油分を取り除くことは間違いです。

皮脂を取り過ぎて肌が乾燥するとかえってニキビには悪影響なのです。

また、ニキビができている肌は刺激に敏感になっています。

洗顔の際にはしっかりと泡立てて、手が肌に直接触れないように「泡洗顔」を意識しましょう。

ニキビ対策の基本は洗顔にあり!正しい洗い方とおすすめの洗顔料とは?

化粧水でしっかり保湿する

洗顔でお肌を清潔にした後には必ず保湿することが大切。

肌の水分量が足りないと、皮膚のバリア機能が低下するため肌を守るために皮脂を分泌してしまいます。

化粧水でしっかりと肌へ水分を入れ込み、油分の少ない保湿クリームやジェルなどで蓋をするようにしましょう。

化粧水は、低刺激な敏感肌用のものがベストですが、少なくとも刺激成分となるアルコールが含まれていないものを選ぶようにしましょう。

10代の思春期ニキビに人気の化粧水は?ドラッグストアでも買える?

紫外線対策も行おう

にきびに紫外線は禁物です!

紫外線のダメージは肌の細胞深くまで届き、ニキビ跡が残る原因になります。

紫外線対策をしっかりと行い、登下校時やクラブ活動など外に出る際は日焼け止めなどのUV対策を取り入れましょう。

また汗をかいた肌に紫外線が当たると余計に肌にダメージを与えるため、汗はこまめにふき取りましょう。

汗をふいた後は、日焼け止めを塗り直すことが大切です。

紫外線でニキビが悪化する!?正しいUVケアで肌トラブルを回避!

思春期ニキビは生活習慣の乱れにも注意

思春期ニキビはスキンケアだけでなく、生活習慣の乱れによってもニキビができやすくなります。

夜更かしや暴飲暴食といった悪習慣は避けるようにしましょう。

夜更かしをしない

自由な時間をついつい夜更かしして過ごしてしまう人は多いですが、それではニキビを治すことはできません。

美肌を作る成長ホルモンは睡眠中に分泌され、肌のダメ―ジを回復させてくれるのです。

塾などで帰宅が遅く難しい場合は、規則正しくなるべく決まった時間に食事や睡眠のリズムを作るようにしましょう。

偏った食事をしない

また、スナック菓子やジャンクフード、甘いものが大好きな人は要注意!

偏った食生活は脂質や糖質が過剰になり、お肌に大切なビタミンが不足してしまいます。

過剰な脂質はお肌の皮脂の過剰分泌にもつながるため、ニキビができやすい環境を作ってしまいます。

なかなか治らない場合は皮膚科で治療しよう

最近では、ニキビは皮膚疾患であるとして保険適用での治療が受けられるようになりました。

治ってはまた出来る・・・繰り返すのが思春期ニキビです。

自分なりのケアを続けても症状がひどい場合は、皮膚科を受診することも検討してみましょう。

炎症を起こして皮膚の真皮が傷ついてしまうと、クレーター状のでこぼこニキビ跡になってしまいなかなか治りません。

  • ニキビが赤く腫れて痛みを伴う場合
  • 繰り返し何度もできる場合
  • ニキビ跡が出来てしまった場合

これらの症状がある場合は、皮膚科で相談してみると良いでしょう。

塗り薬や飲み薬の処方で症状が改善することが多いようです。

また、ニキビ跡がひどい場合は美容皮膚科の範囲になり保険適用外になる場合があります。

該当する医療機関に確認してから受診されることをおすすめします。

皮膚科での治し方について詳しく知りたい人はこちら

ニキビが出来たら皮膚科へ行こう!病院ではどんな治療が受けられる?

思春期ニキビにおすすめのスキンケア

最後に思春期ニキビにおすすめのスキンケアの中から、特におすすめの洗顔料を紹介します。

Non A

甘草成分と大豆エキスが配合された、ニキビ肌用の薬用洗顔石けん。

泡だちがとてもキメ細やかで、通常の石けんの約4倍とも言われます。

  • 無着色、無香料
  • ノンアルコール
  • パラベンフリー
  • 100g 1,980円(税込)

ニキビケア石鹸「Non A.(ノンエー)」の口コミと洗顔方法を紹介!

ファーストクラッシュ

ファーストクラッシュの商品画像

天然植物成分とニキビ予防の有効成分「サリチル酸」配合のニキビケア洗顔。

これ一つで洗顔・保湿・トリートメントが行える、手軽なオールインワン洗顔です。

  • 無着色
  • ミネラルオイリーフリー
  • 180g 4,085円(税込)

ニキビケア洗顔「ファーストクラッシュ」の特徴と口コミを紹介!使い方は?

ロゼット洗顔パスタ アクネクリア

  出典:ロゼット

有効成分のグリチルレチン酸ステアリルと和漢植物の力でニキビや肌荒れを防ぎます。

海泥&ガスールのWクレイを含んだ、もっちりとした泡で毛穴の汚れを吸着します。

  • グリーンハーブの香り
  • 無着色
  • 120g 547円(税込)

さいごに

思春期ニキビは鼻やおでこなど目立つところに出来やすいため、憂鬱になってしまうことも多いと思います。

しかし、あまり悩みすぎるのもストレスとなってしまい、ますますニキビを悪化させてしまいます。

その名前のとおり、思春期ニキビは思春期だけのもので、大人になれば症状は改善されるものです。

つらいニキビもそう長くは続きません。日々のスキンケアを大切に、思春期ニキビと向き合っていきましょう!