乾燥肌はニキビができやすい?乾燥ニキビの原因やおすすめの保湿化粧品を紹介

ニキビができやすい肌といえば、皮脂でテカテカしているイメージを持つ人が多いのではないのでしょうか?

しかし、そんなオイリー肌だけがニキビの生じやすい肌というわけではありません。

実は、乾燥肌はニキビを引き起こす主な原因のひとつに挙げられるのです。

今回は、乾燥肌がニキビを引き起こす原因と対策を解説します。

「テカってない、むしろカサついているのにどうしてニキビができるの?」と乾燥ニキビに悩んでいる人の参考になれば幸いです。

乾燥肌にできるニキビの特徴とは?

カサカサしていてツヤがない、肌荒れしやすいといった悩みを持っている人はいませんか?

このように肌の水分量や皮脂量が少なく、全体的にカサカサしている状態を乾燥肌といいます。

肌が乾燥状態にあると水分や皮脂が十分に分泌できず、肌のバリア機能を正常に働かせることができません。

正常なバリア機能が得られないことから、肌荒れしやすいといった肌トラブルも生じるのです。

乾燥ニキビはあごやフェイスラインにできやすい

乾燥肌による乾燥ニキビの特徴としては、もともと皮脂分泌が少ない、あご周りやフェイスラインにできやすいことです。

これは20代~30代の大人ニキビの特徴ともいえます。

10代の思春期ニキビは皮脂の過剰分泌によって引き起こされ、皮脂分泌の多いおでこや鼻といったTゾーンにできやすいのが特徴です。

反対に大人ニキビの原因になりやすい乾燥ニキビは、Uゾーンにできやすく、治りにくいのです。

乾燥肌にニキビができる原因

そもそもニキビはどうして出来るの?

そもそもニキビができる原因は、皮脂や老廃物が毛穴に詰まることです。

さらに皮脂を餌とするアクネ菌が毛穴の中で増えると、ニキビの症状は悪化します。

オイリー肌で顔がテカテカしやすい人は、それだけ皮脂の分泌量が多く毛穴詰まりを引き起こしやすいためニキビができやすいのです。

では、皮脂の分泌量が少ない乾燥肌に生じるニキビは、どのようなメカニズムによって生じるのでしょうか?

乾燥肌にできるニキビの仕組み

皮脂分泌が少ない乾燥肌にニキビができる仕組みとしては、主に二つの理由が挙げられます。

  • 乾燥による肌バリア機能の低下による肌荒れ
  • 肌の内側は渇いているインナードライ

それぞれの理由を詳しくみていきましょう。

肌バリア機能の低下による肌荒れ

乾燥肌によって肌のバリア機能が低下すると、水分がどんどん外へと逃げていきます。

肌の潤いが失われれば失われるほど、刺激に弱くトラブルが生じやすい肌になります。

乾燥状態が止まらない肌の角質は古く固くなり、同時に毛穴も細く弱くなってしまします。

そうすると、少量の皮脂分泌でも毛穴詰まりが生じる状態に陥ってしまうのです。

乾燥肌もオイリー肌と同じように毛穴が詰まりやすい状態になることが原因でニキビが発生します。

また肌のターンオーバーもうまく働かなくなり、古い肌の組織が新しく生まれ変わるサイクルも遅れがちになるため、ニキビも治りにくくなるのです。

肌の内側は渇いているインナードライ

もう一つの原因としては、肌がベタベタするからオイリー肌だと思っていたら、実は肌の内側は渇いているインナードライ肌だったということです。

このインナードライ肌は乾燥肌から引き起こされるもので、乾燥を防ごうとする肌の働きから引き起こされます。

肌の乾燥がひどくなると水分の蒸発を防ぐために、肌が皮脂の分泌を過剰にして肌を守ろうとします。

そうすると肌の内側は乾燥しているのに、肌の表面は皮脂の膜が張っているオイリー肌のような状態になるのです。

結果、皮脂の過剰分泌によって毛穴詰まりをしやすくなるため、ニキビができやすい状態になるというわけです。

乾燥ニキビのスキンケア方法

乾燥ニキビのケアでポイントとなるのが、にきびの根本的な原因となっている乾燥状態を保湿ケアで解消することです。

正しい保湿ケアの方法を紹介していきます。

低刺激な洗顔料や化粧水を使う

乾燥状態が酷く肌が荒れやすい人は、敏感肌用のものや低刺激のものなど、肌の状態にあった洗顔料や化粧水を使うようにしてくださいね。

特に皮脂を落とし過ぎる洗顔料は、乾燥を悪化させる原因となりますので注意しましょう。

また乾燥肌は普段に比べてとっても繊細ですから、優しく浸透させる必要があります。

化粧水は少しずつ手のひらに取り、手全体で優しく押しこむように肌に染み込ませましょうね。

乳液や保湿クリームを使う

化粧水の後には、必ず乳液や保湿クリームを使うようにしましょう。

乳液やクリームに含まれる油分が水分を外へ逃がさないように蓋をしてくれます。

乾燥の程度によって、乳液とクリームを使い分けるのがおすすめです。

乳液よりもクリームの方が油分が多く配合されているので、乾燥がひどい人はクリームを使うようにしましょう。

特に乾燥が気になる人は乳液とクリームを合わせて使うのもいいですよ。

乾燥ニキビの人にオススメの保湿成分

乾燥肌から潤いのある健やかな肌へと導くには、水分を与えることに加えて「潤いを保持する」ことも欠かせません。

肌に水分を保つ保湿成分が含まれたスキンケアを選ぶようにしましょう。

乾燥肌のニキビには、セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分が含まれた化粧品を使うといいでしょう。

また、セラミドはコラーゲンの働きを促進するので、コラーゲンも一緒に配合されているものであれば相乗効果を得られます。

乾燥ニキビにおすすめの保湿化粧品

乾燥によるニキビにおすすめのスキンケア化粧品をみていきましょう。

おすすめの乳液・クリーム

ビーグレンQuSomeモイスチャーゲルクリーム

GQS1

価格:6,480円(税込)

容量:30g

ビーグレンの保湿ゲルクリームは、さらりとした使い心地なのにしっかりと肌にうるおいを与えてくれます。

「アクアタイド」「アリスチン」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」といった4つの美容成分が、肌を潤し保湿してくれます。

肌本来のバリア機能も高めてくれるので、ニキビや乾燥に悩まない肌を作り出します。

b.glen(ビーグレン)ニキビケアのおすすめポイントや口コミを紹介!

パルクレールジェル

パルクレールジェル

価格:7,200円(税抜)

容量:40g

パルクレール

プラセンタとアラントインの2大有効成分を配合のニキビケアにおすすめの保湿ゲルクリームです。

これ一つで保湿クリームだけでなく、化粧水、美容液、乳液、化粧下地などの役割を叶えてくれるオールインワンジェルとなっています。

コラーゲンやヒアルロン酸、スクワランといった保湿成分や植物エキスも含まれているので、乾燥ニキビにおすすめです。

おすすめのニキビケアシリーズ

ノブACアクティブ

ノブACアクティブのラインナップ

乾燥によって肌が敏感になってるけど、ニキビケアもしっかりと行いたい人におすすめのシリーズです。

必要な皮脂までは落とさない「マイルドピーリング」採用なので、乾燥によって分泌された余分な皮脂だけを取り除きます。

またセラミドやヒアルロン酸、リピジュアといった保湿成分も豊富に含まれているため、保湿効果もバッチリ!

肌への負担や乾燥が気になる方は、ノブACアクティブでニキビケアをしましょう。

「ノブACアクティブ」はニキビケアにおすすめ?成分や口コミを紹介

エトヴォス バランシングライン

  エトヴォス

セラミドで保湿をして、ニキビの有効成分とビタミンC誘導体でニキビケアができるシリーズとなっています。

洗顔から美容液まですべてに保湿成分が含まれており、セラミド、ヒアルロン酸、アミノ酸が肌の乾燥を防いでくれます。

また抗炎症作用のある「グリチルリチン酸ジカリウム」がニキビを防ぎ、美白成分「ビタミンC誘導体」がニキビ跡によるシミ・そばかすを防いでくれます。

まとめ

オイリー肌の人だけでなく、乾燥肌の人でも生じるリスクが非常に高いニキビ。

乾燥ニキビの場合には保湿ケアをしっかりと行い、肌本来の様々な機能を正常に働かせるために健康な状態へと導くことが改善への近道です。

正しいスキンケアを続けていてもニキビが治らない場合には、皮膚科を受診し医師のもとで正しい治療法を受けてくださいね。

ニキビ痕として残さないために、なるべく早い受診をお勧めします。

毎日コツコツと続けるスキンケアが、美肌へと確実に導いてくれますよ。

正しいスキンケアと保湿ケアで、乾燥ニキビができない美しい肌をいつまでも保ちましょうね。