夏に増えるニキビのケアにはオイル美容が効果的ってホント!?

汗で肌がベタベタになったり、強い日差しからの紫外線ダメージを受けたりといった夏特有の悩みから、ニキビが増えてしまう人も多いのではないのでしょうか?

夏の季節だけニキビに悩まされる人は、知らず知らずのうちに夏ニキビになりやすい肌に陥っているのかもしれません。

そんな人にこそ、夏のオイル美容でのニキビ解消が効果的です。

こちらでは夏ニキビができる原因から、効果的なオイル美容の方法まで簡単にご紹介します。

夏ニキビの原因とは?

そもそも、ニキビができる原因は毛穴に皮脂が詰まることで、その皮脂によってアクネ菌が増えると、ニキビの状態が更に悪化してしまいます。

夏にニキビができやすくなるのは、皮脂が普段よりも多く分泌され毛穴に詰まりやすくなることと強い紫外線ダメージに加え、肌がインナードライに陥りやすいからです。

過剰な皮脂分泌とインナードライ

夏の暑い季節には沢山の汗をかき、それに比例してどうしても皮脂の分泌量がふえてしまい、ニキビができやすくなります。

その他にも、過剰な皮脂分泌の原因としてインナードライという肌の状態が挙げられます。

インナードライとは、皮脂が多く分泌され肌表面がテカテカしている一方で、肌内部の角質層が乾燥している状態です。

汗や皮脂から乾燥しているとは感じにくくなる夏の肌は、実は紫外線ダメージやエアコンの悪影響から乾燥してしまいがちなのです。

メイク崩れやテカリの原因となる皮脂は、女性にとっては嫌な存在。あぶらとり紙や洗顔でこまめに皮脂を取り除く人も少なくはないはずです。

しかし、この皮脂の除去がかえってインナードライの状態を悪化させてしまうのです。

そもそも皮脂は、肌の潤いを保ったり外からの刺激から身を守ったりといったバリア機能のために分泌されているのです。

肌内部の水分を守ろうと皮脂が分泌されているのにも関わらず、その皮脂を取ってしまえば潤いがキープされません。

乾燥するだけではなく、肌を守ろうとさらに皮脂の分泌が活発になってしまいます。

この悪循環が続くと肌内部の乾燥が解消されず、肌表面では過剰な皮脂分泌が行われるという重度のインナードライの状態に陥ってしまいます。

紫外線によるダメージ

夏には皮脂の分泌量だけでなく、紫外線によるダメージも増大します。

紫外線ダメージは肌の内側に蓄えられている水分・油分を奪います。

肌を乾燥させることから、上記のインナードライを生じさせたり、悪化させたりと肌には大きな悪影響を与えます。

また、水分・油分を奪う紫外線ダメージは、肌本来が持つバリア機能を低下させてしまいます。

水分・油分が足りずにバリア機能を十分にいかせられない肌は、それでも紫外線から身を守ろうと角質を厚くします。

角質が厚くなってしまうと毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、結果としてニキビができやすい肌になってしまうのです。

夏のスキンケア

皮脂分泌が増える一方で紫外線やエアコンから乾燥しやすい夏の季節には、紫外線対策を皮脂と付き合いながら上手に行うことがポイントとなります。

肌のクールダウンを!

紫外線を浴びた肌は熱を持ち、ほてったように感じることがありますよね。

このほてりを放って毛穴を開いたままにしておくと、たるみやニキビの原因となります。そこで、開いた毛穴を引き締めるために冷やす必要があります。

洗顔後に冷えたタオルで日焼けや入浴後の顔のほてりを抑えましょう。

また、夏の季節に使う化粧水として、ひんやり気持ち良いクールタイプのものがオススメです。

クールタイプのものであれば毛穴を引き締め、皮脂を抑えられるので化粧くずれを防げます。

皮脂が特に気になる部分は化粧水でパッティングし、毛穴をしっかりと引き締めましょう。

顔全体をパッティングする場合には、下から上へと持ち上げるように行うのがポイントです。

抜かりないUV対策!

日焼け止めで紫外線ダメージから肌を守るためには、塗り方や選び方が非常に重要となります。

肌を露出する部分には、きちんと日焼け止めを塗りますよね。

特に、顔や首はからだの中でも特に紫外線を受けやすい部分なので、他の部分よりもしっかりと日焼け止めを塗りましょう。

忘れがちな頭皮や耳といった部位の紫外線対策もお忘れなく。頭皮にはスプレータイプの日焼け止めを使いましょう。

こまめに塗り直す場合には、日焼け止めの効果が低く肌に優しいものがオススメです。UVカット効果が高い日焼け止めは効果が長時間持続するものの、それだけ肌への負担が大きくなりますから注意してくださいね。

汗や水などで濡れている肌にそのまま日焼け止めを塗るのはNG行為です。

皮膚の表面が濡れていると、本来持つバリア機能が正常に働かなくなってしまうからです。

日焼け止めを塗る際にはタオルやハンドタオルを押し当て、水分を吸い取ってから塗りましょう。

その際に、ゴシゴシこすって水分を取る・何回も洗顔をすると、必要な皮脂まで除去してしまい乾燥に繋がります。

あくまでも余分な水分や皮脂のみを吸い取る程度にとどめましょう。

夏こそオイル美容で肌をバリア!

オイル美容というと冬のイメージがありますが、紫外線が強く乾燥しがちな夏の季節にこそピッタリなのです。夏ニキビ・紫外線対策に効果的なオイルとその使い方を簡単に解説します。

日中の紫外線対策&保湿に!

夏にこそ使いたいオイルとしてオススメなのが、紫外線カット効果のあるアルガンオイルです。

ベタつかず伸びの良いテクスチャが特徴で、肌にも馴染みやすいので顔の紫外線対策にもピッタリです。また、植物由来で肌に優しいのも嬉しい点です。

さらに、優れた抗酸化作用を持つビタミンEやオレイン酸、そしてリノール酸といった美肌成分が豊富に含まれています。

高い浸透性と肌馴染みの良さから、美容成分が肌の奥深くまで行き渡るので、肌内部の保湿にもおすすめです。

このように、紫外線対策をしながらアンチエイジング効果や保湿効果を得られるアルガンオイルは、紫外線や乾燥によるダメージを受けやすい夏の肌に最適です。

オイル美容の方法

洗顔後すぐ・洗顔後のスキンケアの仕上げとして行うオイル美容法の他に、クレンジング時にオイルを使用することも夏ニキビや紫外線ケアに効果的です。

基本的なオイル美容の方法

洗顔後すぐのタイミングでオイルを使えば、肌への浸透力を高めその後のスキンケア効果を得やすい状態にします。

オイルを洗顔後のスキンケアの仕上げに使えば、水分を逃がさないバリアとして効果を発揮するので肌をしっとりモチモチにできます。

オイル美容をするタイミングによって得られる効果は異なりますが、オイルの塗り方は共通しています。

オイルの塗り方は以下の手順です。

①オイル1~2滴を手に取り、手のひらで伸ばしながら体温で温めます。

②温まったら、顔全体に馴染ませるイメージで優しく伸ばします。

皮膚が薄く、紫外線ダメージを受けやすく乾燥しやすい目元・唇はより丁寧に行いましょう。

クレンジングに混ぜて行うオイル美容

日焼け止めやメイクを落とす際、クレンジングにアルガンオイルを混ぜて使うことも有効なケアの方法です。

使用するクレンジング剤にアルガンオイルを1~2滴混ぜ、あとは普段と変わらないクレンジングをするだけの簡単な方法です。

アルガンオイルを混ぜることで保湿力が増し、クレンジング剤による肌ダメージを抑えられます。強い日焼け止めを洗顔で落とした後、肌のつっぱりや乾燥を感じる人にオススメのオイル美容法です。

また、アルガンオイル単体でも濃いポイントメイクのクレンジングに使えます。肌に優しく保湿しながら、日焼け止めやメイクをオフしてみてはいかがでしょうか?

おすすめのアルガンオイル

ビオオイル アルガンオイル

  出典:メルヴィータ

メルヴィーダ人気No.1の「アルガンオイル」は、@cosmeベストアワード2015 ベストオイル 第2位受賞の実力派。

様々な肌トラブルを整え、もっちりとした肌へ導きます。

★自然由来成分 100%

★オーガニック成分 100%

★50ml 3500円(税抜)

無印良品 アルガンオイル

  出典:良品計画

言わずと知れた「無印良品」のアルガンオイルです。

気になる部分になじませることで、肌トラブルを防いでくれます。

★無着色、無香料

★アレルギーテスト済

★100ml 4200円(税込)

さいごに

紫外線ダメージやエアコンの影響によってにきびができやすくなる夏。

夏ニキビを防ぐためには、皮脂と上手に付き合いながらしっかりと紫外線&保湿ケアを行うことが大切です。

毎年、夏ニキビに悩まされている人も、今年は正しいケアとオイル美容でニキビ知らずの美しい肌になって夏を楽しみましょう!