ニキビ肌に乳液は必要?乾燥対策におすすめのセラミド乳液ランキング

ニキビケアにとって毎日のスキンケアは欠かせません。

普段のスキンケアにおいて乳液は洗顔、化粧水と合わせて基本のケアとされています。

でも、ニキビ肌にとって油分となる乳液はよくない!なんて聞いたことはありませんか?

乳液をつけるとしっとりしますが、それは本当にニキビにとってよくないものなのでしょうか。

今回はニキビ肌への乳液の必要性とおすすめの乳液を紹介します。

乳液の役割とは?

一般的にスキンケアの順番としては、以下の順序で行われます。

  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. 化粧水
  4. 美容液
  5. 乳液
  6. クリーム

この中で乳液の役割は、洗顔後の肌に浸透させた化粧水や美容液の成分を肌に閉じ込めるというものです。

これは化粧水だけではすぐに蒸発して乾燥しまい、美容液で潤いを持続させているものの、それを閉じ込める働きまでは出来ないからです。

もし水分が蒸発すると、化粧水や美容液の効果が得られないどころか、角質や表皮の一部が傷つくことになります。

乳液はそうならないように膜をつくる役割を持っているのです。

また、水分の蒸発によって乾燥した肌は、皮脂の過剰分泌にもつながります。

だから乳液を使わないでいると、肌にダメージを与えたり、肌荒れの可能性が高まります。

ニキビ肌にも乳液が必要な理由

乳液は肌にとって大事な役割があることが分かりましたが、これはニキビ肌においても同じことが言えます。

なぜニキビ肌にも乳液が必要なのか、その理由をみていきましょう。

ニキビ肌に乾燥は絶対NG

ニキビケアの基本はまずは清潔にすること、そして保湿することです。この保湿は水分と油分のバランスがとても大切です。

特に、大人ニキビができる肌の8割以上は乾燥肌や混合肌です。これは、大人になると肌の保水力が弱まるためです。

肌は乾燥すればするほど、皮脂を分泌しようとします。保湿が足りないと、この過剰分泌によってニキビができやすくなるんです。

だから、ニキビといえどもしっかり乳液を使って保湿することが大切なのです。

乳液の選び方

それでは、ニキビ肌におすすめな乳液はどういったものを選べばいいのでしょうか?

肌に合った乳液を選ぶ

「べたつきを感じる」「ピリピリする」

もし乳液を使って、こんな症状が出たらその乳液が合っていないのかもしれません。

 ほとんどの乳液に含まれるオイルは少量で、ニキビを悪化させるほどのものではありません。

それがもし使っていてべたつきを感じようであれば、その乳液が肌に合っていない可能性があります。

特に敏感肌の人は事前にパッチテストを行ってから使用するようにしましょう。

その中から刺激を感じない、自分にあった乳液を選ぶのがおすすめです。

保湿成分配合のものを選ぶ

ニキビ肌の人が乳液を選ぶ際は保湿成分が配合されているものがおすすめです。

保湿成分といっても色んな種類があります。

ニキビケアにおすすめの保湿成分はいくつか挙げてみましょう。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • リピジュア
  • ビタミンC誘導体

ニキビ肌にはセラミド配合の乳液がおすすめ

ニキビケアにおすすめの乳液は、セラミドが配合されているものを選びましょう。

セラミドは油分にも水分にもなじみやすい性質を持っていて、ニキビに悪影響を与えません。

保水効果も高く、肌のバリア機能を回復する効果もあります。

ヒト型セラミド配合が特におすすめ

セラミドには「ヒト型セラミド」「植物性セラミド」「天然セラミド」「合成セラミド」の4種類があります。

このうちスキンケアに最もおすすめなのは「ヒト型セラミド」です。私たち人間のセラミドとほぼ同じだからです。

特に乾燥肌でニキビができやすい人はヒト型セラミドが含まれている乳液を選ぶといいでしょう。

選ぶ際は濃度も注目しましょう。製品によっては配合されていてもほんの少ししか入っていない場合もあります。

セラミド乳液を選ぶ際は、高濃度の「ヒト型セラミド」が入ったものを選びましょう。

ニキビケアにおすすめのセラミド乳液ランキング

ニキビ肌にもおすすめのセラミド配合の乳液をランキング形式でご紹介します!

【1位】ラウディ クリーミィモイストミルク

ラウディ クリーミィモイストミルク

価格:4,000円(税抜)

容量:100ml

乳液・美容液・クリームが一つになった、オールイン乳液。

浸透力の高い「ヒト型セラミド」と「ヒト型コラーゲン」で肌の奥までしっかりと潤いをあたえます。

花エキスも配合で透明感のあるふっくらとした肌へ導いてくれます。

いつもの化粧品に1本プラスするだけで、しっかりと保湿ケアできるのが嬉しいポイントです。

公式サイトの定期購入なら、初回価格が税込1,980円で送料無料!!

2回目からはレフィルでのお届けとなり、2,880円(税抜)となります。

【2位】エトヴォス モイスチャライジングセラム

エトヴォス モイスチャライジングセラム

価格:4,000円(税抜)

容量:50ml

1本で美容液と乳液の役割を果たしてくれる、保湿効果抜群のスキンケア。

ヒト型セラミド、ヒアルロン酸、アミノ酸といった保湿成分を配合しています。

乾燥しがちでニキビや肌荒れが出来やすい人に、しっかりと潤いを与えてくれます。

エトヴォスバランシングライン2週間のトライアルセットなら、1,900円(税抜)の送料無料でお試しできます。

【3位】ヒフミド エッセンスミルク

ヒフミドエッセンスミルク

価格:4,860円(税込)

容量:100ml

3種類のヒト型セラミドを配合した、肌の水分と油分を整える保湿乳液。

肌トラブルを予防するカンゾウ根エキスやグリチルレチン酸ステアリルも配合されているため、ニキビケアにもおすすめです。

しっかりと保湿をしながら、ニキビに悩まない肌へ導きます。

【4位】ノブACアクティブ モイスチュアミルク

ノブACアクティブ モイスチュアミルク

価格:3,240円(税込)

容量:50ml

ニキビ予防をしながら、ビタミンC、E誘導体やビタミンB2配合なので美白ケアもできるという嬉しい乳液。

セラミド、ヒアルロン酸など4つの保湿成分でニキビが気になる肌も潤いをキープし、柔らかく整えます。

無香料、無着色、ノンコメドジェニックテスト済み。しっとりしすぎず、サラッとした使い心地です。

トライアルセットなら、7日間入ったノブACアクティブシリーズを1,500円(税抜)でお試しできます。

【5位】ロコベースリペア ミルク

ロゴベースリペア ミルク

価格:1,800円(税抜)

容量:48g

なめらかで伸びがよく、セラミド、コレステロール、脂肪酸がバランスよく配合された乳液です。

水分を多く含ませることができる特殊な技術で長時間の保湿とバリア機能とを実現。

肌荒れ予防の「グリチルリチン酸2K」配合で、ニキビ予防にもおすすめです。

無香料、無着色、防腐剤無添加、アレルギーテスト済みで低刺激なので肌の弱い方にも安心です。

【6位】ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク

ミノン アミノモイスト モイストチャージ ミルク

容量:100g

保湿アミノ酸が肌の状態を整え、うるおいを与えてくれる乳液。

濃厚なテクスチャーですがべたつかず、よく伸びます。

またセラミドは含まれてはいませんが、「アミノ酸系セラミド類似成分」を配合しています。

乾燥してごわごわした肌にもスッとなじんでなめらかな肌へと変化します。

まとめ

ニキビ肌におすすめの乳液の選び方をまとめてみました。

  • 乾燥によるニキビを防ぐために、保湿成分の含まれた乳液を選ぶ
  • ニキビ肌はセラミドが含まれている乳液がおすすめ
  • セラミドの中でも高濃度の「ヒト型セラミド」が特におすすめ
  • ピリピリせずに自分の肌に合った乳液を選ぶ

ニキビ肌の人にとって乳液は不要、なんてことはほとんどありません。むしろ乾燥による大人ニキビであれば、なおさら必要です。

もし使わなければ、肌はどんどん乾燥して傷つき、ターンオーバーが乱れたりして肌荒れやにきびが悪化する可能性があります。

ニキビ肌におすすめのセラミドが含まれている乳液を使って、乾燥や刺激から肌を守りましょう。